咳 が 出 そう に なる。 息を吸うと咳が出る原因・対処法・予防法を徹底紹介!

高齢者を悩ませる「咳」の対処法1<咳が出る原因とメカニズム>

咳 が 出 そう に なる

By - 公開: 2019-07-03 更新: 2019-07-03 ニッポン放送「草野満代 夕暮れWONDER4」(6月26日放送)で、咳について医師が解説した。 リスナーから寄せられた健康にまつわる質問メール。 「咳が出そうなとき、我慢して止めるとよくないの?」東京衛生病院の先生は、以下のように回答した。 「コンサートや静かな場所など、咳がでてはいけない場面で咳が出そうになることを経験した方はたくさんいらっしゃると思います。 ですが、咳を我慢したり薬で無理に咳を止めたりすると痰がたまってかえって病気が悪化する可能性があります。 咳は空気の通り道である気管や気管支が刺激を受けたときに起きる、体の自然な作用です。 気管や気管支、肺などに炎症を起こす病気が主な原因となります。 また、タバコの煙や大気汚染など外から受ける刺激も咳の原因になります。 咳がひどいときは体力を消耗しますし、ひどい咳が続く場合は肋骨が折れてしまうこともあります。 ですから咳を起こす原因がわかったらその治療をすることが大切です。 病気が治れば自然に咳も止まります。 長引く咳があるときは医療機関を受診してください。 また、タバコを吸っている方の咳は禁煙すると軽快することが多いので、ぜひ禁煙してください」 FM93AM1242ニッポン放送 月曜-木曜16:00-17:40.

次の

長引く咳にご注意!咳喘息(せきぜんそく)

咳 が 出 そう に なる

風邪でもないのに咳が止まらなくなることもあります。 その場合の咳には、症状や出やすいタイミングに特徴があります。 また対策も風邪の時の対策とはまったく違います。 そこで、自律神経の乱れでなぜ咳が出るのか? どんな咳が出るのか? ふだんの生活でできる対策とは? についてお伝えします。 【目次】• 自律神経の乱れでなぜ咳が出るの? 風邪を引いたときなどに咳が出るのは「体の中に侵入してきた異物を外へ追い出す」ため。 しかし自律神経の乱れから来る咳は、風邪をひいた時などに出る咳とはすこし種類がちがいます。 自律神経失調症は、活動をつかさどる 『交感神経』と、休息や体の回復をつかさどる 『副交感神経』 の バランスがくずれている状態。 このときには、心臓や肺などのはたらきに関係している自律神経も乱れてしまうのです。 ストレスや不安に押しつぶされそうになったとき、わたしたちは自分の体を守るために、交感神経のはたらきを活性化させています。 ということは、体の中のはたらきが活性化するということ。 脈拍が異様に速くなったり、血圧が上昇してしまったりします。 そんな交感神経の暴走を止めようと、今度は正反対のはたらきをする副交感神経もあわててはたらきを活性化。 しかし、自律神経のバランスがうまくとれていない状態にあるために、副交感神経も過剰にはたらいて、今度は血圧が低くなり過ぎてしまいます。 副交感神経がはたらいているときは、気管や気道が狭くなります。 息をするための通り道となる部分が狭くなっているので、呼吸が苦しくなって、結果として咳が止まらなくなることがあるのです。 もちろん咳には、咳喘息、アレルギー、もしくはその他の病気からくる場合もありますので、医師の診断を受けずに断定することはできません。 「咳が全然止まらない」、「咳止めも全然効かない」 という状態が続くようなら、医師の診断をあおぎましょう。 次に、 自律神経からくる咳はどんな咳なのかについて、お伝えします。 スポンサーリンク 咳が出やすいタイミングはいつ? 風邪を引いているわけでもないのに、首を触ったり冷たい空気を吸い込んだりしたときなどに咳が続きます。 また、 夜間によく咳が出る傾向があります。 これは、夜になると副交感神経が優位になることが原因。 咳の症状としては、空咳であることが多いようです。 では、自律神経失調症からくる咳への対策として、ふだんの生活の中でできる方法をいくつか紹介します。 咳への4つの対策とは? 咳が出ないようにする対策をいくつか紹介します。 (1)横向きに眠る あお向けで寝ていると、鼻水がのどに流れやすくなることが原因で、咳が出やすくなることもあります。 横向きで寝るようにしてみましょう。 また、横向きで寝ている姿勢は、副交感神経のはたらきが強まったことで狭くなった気管や気道を広げるのに、有効な方法でもあります。 (2)鼻呼吸を意識しよう 口呼吸をしている方は、無意識のうちにいつも口が開いている傾向があります。 いつも口が開いていると、のどが乾燥しやすくなるので咳がひどくなる原因にも。 鼻呼吸をするように心がけるとともに、口が開いていることに気がついたら、すぐに口を閉じるようにしてみましょう。 (3)マスクをする マスクをすることでのどの乾燥を防ぎます。 マスクの中で湿った息が充満するので、加湿器のような潤いが保てますね。 この方法、とても手軽ではありますが、意外と効果を感じる人が多い方法なのです。 ちなみに、鼻を覆わないでマスクをつける人もいますが、 のどの乾燥を防ぐためには鼻もマスクで覆うようにしましょう。 (4)あたたかい飲み物を飲む 『咳には冷たい飲み物がいい』と勘違いをされている人も多いですが、 咳の対策に有効なのはあたたかい飲み物。 冷たい飲み物はのどを刺激するので、副交感神経のはたらきによって収縮した気管がますます収縮して、咳が止まらなくなってしまうこともあります。 あたたかい飲み物をちびちびと飲むことにより、湯気でのどを潤すことができます。 また、 「ハチミツは、小児用咳止めシロップよりも効果がある」 という研究結果も出ている 「ハチミツ」。 ぜひあたたかい飲み物に入れて飲んで、咳対策をしましょう。 何を試してもダメだった私が1ヶ月でスッキリ! 」 不思議だけどスゴい! ハーブエキスほか 天然由来100%の全身用ジェル『 プアーナ 』。 自律神経からくる咳の原因、咳の特徴、対策についてお伝えしました。 ご参考になればうれしいです。

次の

咳の原因は自律神経の乱れ!?その特徴と4つの対策とは?

咳 が 出 そう に なる

咳が出るときにはほかの症状を併発することも多いですね。 例えば鼻水が一緒に出たり、だるさを訴える方もいます。 そんな中で咳によって吐き気がするというケースの場合はどんなメカニズムが働いているのかを知っておきましょう。 咳での吐き気は咽頭反射? 咳での吐き気の原因の一つと考えられるのが咽頭反射です。 咽頭反射は自分で制御できるものではありません。 歯磨きをしたり、歯科の診察を受けた時に吐き気がしたことのある方も多いはずです。 それは喉の奥を刺激すると嘔吐するという人間の体の仕組みがあるからです。 咳をしている場合にも喉の奥が常時刺激されるので咽頭反射が働いて、吐き気を催したり実際に吐いてしまうことがあります。 消化器系の風邪の可能性 咳と吐き気を伴う症状で咽頭反射以外に考えられるのは消化器系の症状を伴う風邪です。 咳も吐き気も風邪の症状のひとつだからです。 消化器系の症状を伴う風邪は、秋から冬になるとみられやすいので注意が必要です。 咽頭反射との区別は素人には難しいですが、下痢や腹痛などがあれば単なる咽頭反射ではなく消化器症状を伴う風邪の可能性が高いです。 アレルギーによる咳と吐き気の可能性 消化器系の症状を伴う風邪、咽頭反射以外のケースではアレルギーという場合もあります。 特に食物アレルギーの場合には問題となっているアレルギー物質を胃の中から出そうと胃や消化器系が反応することも少なくはありません。 咳だけではなくじんましんや呼吸障害などがみられる場合はアレルギーの危険性が高いのですぐに病院へ行ってください。 咳によって吐き気がする原因として考えられるのは消化器系の症状を伴う風邪、アレルギーによるもの、咽頭反射があります。 咽頭反射は喉を押すと吐き気がするという体の仕組みのことです。 意外な原因も!?春の咳の原因と可能性とは? 春になると急に咳こむようになってしまったという方もいるかもしれません。 春の咳にはどんな原因があるのでしょうか。 具体的には埃、微細な物質、花粉などがアレルギー性の咳を引き起こしています。 花粉症の症状には鼻水の他に咳もあります。 春は風の強い日も多く、埃が舞いやすい、黄砂やPM2. 5などが来る、花粉の季節である、という3つの特徴を持っているので、複合して咳につながるケースもみられます。 アレルギー性の咳とのかかわりが深いほか、季節によって症状の出方が違う病気でもあります。 咳喘息の場合は気管支拡張薬が最も効果的なので、病院で診察を受けて薬を処方してもらうのがベストです。 急激な気温、気圧の変化に体が耐え切れずに自律神経失調症になり、咳がでる可能性も否定はできません。 咳の他に息切れがする、なんとなく息苦しい、お腹のあたりが気持ち悪い、元気がないなどの症状があれば病院を受診してみてもよいでしょう。 春の咳の原因にはアレルギー、咳喘息、自律神経失調症などさまざまな可能性が考えられます。 いずれの場合でも咳がひどいなと感じるときにはまず内科を受診してみて、その結果専門科での治療が必要ならそちらへ行きましょう。 痰がでる咳、でない咳で考えられる病気は違う! 咳がでるときに一緒にでる症状といえば頭痛、鼻水、痰などがあります。 特に痰は咳と同じように喉からでてくる症状です。 痰がでるタイプの咳、痰がでないタイプの咳では考えられる病気が異なります。 痰って何? 痰がでる咳と痰がでない咳の違いを見る前に、まずそもそも痰とは何かを見ていきます。 痰は別名で喀痰という名前を持っている粘液です。 呼吸器系で作られた粘液で、その中には白血球の死骸、埃などがあります。 基本的には痰は健康な人にも見られるものですが、咳とともにでてこないのは飲み込んでしまっているからです。 もちろん痰の量が少なく、無意識に飲み込める範囲であれば体には影響はないので安心してください。 気管支肺炎、急性・慢性気管支炎、肺結核、肺気腫などが痰のでる咳を伴う病気とされています。 なお、気管支肺炎や気管支炎の場合はほとんど固形のような痰がでるケースが多いです。 一方で肺結核などでは血痰 血を含む痰 が見られることもあります。 百日咳の場合には乾いたような咳が続くことによってどんどん声が枯れてくるのが症状の特徴といえるでしょう。 胸膜炎では咳よりも発熱や呼吸のしにくさ、喉の下から胸にかけての痛みなどがあるので咳ではなく、ほかの症状で病気に気づくことが多いです。 痰は健康な人にも見られる粘液のひとつで、体に異常がある場合は多くの痰が作り出されます。 痰がでる咳を伴う病気には気管支炎や肺気腫などがあり、痰のでない乾いた咳を伴う病気には百日咳や胸膜炎があります。 咳はなぜでるの?~風邪のひきはじめ~ 風邪は万病のもととも言われます。 風邪を引くということは、体の免疫機能が低下しているということです。 ですから、風邪をひくことによってさらに体の機能が低下し、様々な疾患の原因になるかもしれません。 風邪のひきはじめに咳がでるという人は、割合として多いようです。 風邪をひいて咳がでるというのは、体の防衛本能として、体の中に入ってきたウイルスを、体の中からどうにかだそうとしていることによって起こるものです。 このように書いてしまうと、風邪はウイルスなどの微細な物質によって起こされるものと考えがちです。 それは確かに正しいことなのですが、別の考え方をした方がよいかもしれません。 というのも、本来ウイルスが体の中に入っても、体の方が健康であれば問題がないのです。 咳がでている状態は、ウイルスによって咳が引き起こされている状態というよりも、免疫力が低下して体が弱っている状態と考えるのがよいでしょう。 咳は体温を上げるため 咳は、体温を上げるためにでるものという考え方もあります。 免疫力が低下した状態では、体を温めることによって体の機能回復をはかります。 その時に体の中の空気を積極的にだして、新しい空気を取り込もうとすることと同時に、激しく息を吸い込むことによって体を温めようとしているようです。 これも本能的に体を守ろうとする反応で、胸、腹、脊の筋肉の運動と咳の動きが、連動することによっても体が温まるようです。 咳がでたら、体の免疫機能が落ちていると考えましょう。 そのため、変に咳を止めようと考えるのではなく、しっかり睡眠をとったり十分な休養をとったりすることが大切です。 秋に急増中!女性に多い咳喘息!空咳だけが長く続く場合、ただの風邪ではないかも… 季節の変わり目は風邪を引きやすくなります。 ただ、風邪と思ったらどうも「咳だけが治まらない」ということはありませんか? 風邪を引いたと思って、そのまま咳だけが数週間も続いているとなったら、それはすでに風邪ではない可能性が大きいです。 なんで?咳だけが治らない病気って? 秋というのは、似たような症状を持つ病気がいくつか並びます。 風邪、花粉症、ハウスダスト、喘息など、いくつかの症状を総合的に考えないと、病気を判断できないことも多くあります。 そんな中、咳だけが続くという場合には、「咳喘息」の可能性があります。 これは慢性的に咳が続く気管支の病気で、女性に多い傾向があります。 寒く、乾燥した秋になって風邪に併発して始まることが多く、1週間ほどで風邪の他の症状は治まるのに、咳だけが残るのです。 咳喘息って喘息とは違うの? 咳"喘息"と言うと、喘息との関係が気になると思います。 確かに喘息と同様、気道が狭くなって、色々な刺激に過敏になり、炎症や咳の発作が起こります。 ここで、咳喘息と喘息の違いを症状から見ておきましょう。 咳喘息の咳は「空咳」です。 この空咳が1ヶ月以上続くのです。 さらにひどい場合には1年以上続くこともあります。 喘息の咳と比べると、ゼイゼイ、ヒューヒューといった喘鳴、呼吸困難、発熱、痰といった症状はみられません。 また他の特徴として、以下のような症状がみられます。 ・夜中から明け方に激しい咳がでる ・寒暖差のある状況で咳がでる ・喫煙をしたときに咳がでる ・のどのイガイガ感がある ・喉を長時間使ったとき、のどの渇きや枯れが生じる ・咳が激しいとき、胸痛、嘔吐、失神が生じることもある これらは喘息と共通するところもあります。 喘息との一番の違いは、咳そのものの違いかもしれません。 咳の症状だけだと、発熱や鼻水ほど生活の邪魔にならないからか、放っておいてしまうこともあります。 ですが、咳ということはつまり、呼吸器に異常があるということです。 長く続くようならば、病気の可能性を考えましょう。 風邪でもないのにどうして!?夜に咳がでる理由 風邪ではないのに夜になると咳がでてしまうという悩みを持っている方もいるかもしれません。 風邪ではないにも関わらず、夜眠るときに咳がでる原因はいくつか考えられます。 夜になると日中は忙しくて考えなかったことに目がいくという方も多いでしょう。 そして、中にはネガティブな考えに支配されてしまい、リラックスして眠るはずが、緊張してしまう場合もあるのです。 緊張したときには自律神経系が乱れ、自律神経が乱れると首を触ったり、少し冷たい外気を吸い込んだだけでも咳がでることがわかっています。 ストレスを抱え過ぎると毎晩咳に悩まされ、眠れなくなることもあるようです。 ベッドに埃があると喉で埃を吸い込んでしまい、その埃が刺激となって咳をするケースが見られます。 軽微な症状のために気づいていないだけで、実は埃に対するアレルギーを持っている可能性があります。 普段以上にベッドや寝室の掃除を徹底して行い、埃やカビをなるべく避けるように注意した方がよいです。 冬場は空気が乾燥しやすく、部屋の湿度も下がりがちです。 寝ているときには口呼吸になってしまう方が多く、口呼吸では喉が乾燥するので咳がでやすくなります。 一度寝付いたものの咳で目覚めてしまうという場合は、喉の乾燥が原因と考えられるので、鼻呼吸を習慣づける、マスクなどで喉の乾燥を防ぐのが有効です。 風邪ではないのに夜になると咳がでるという場合は、ストレスや部屋の汚れ、喉の乾燥などの原因が考えられます。 jpg?

次の