質問 が ござい ます。 ご不明な点がございましたらの例文9選!英語とビジネスメールの返信も

「ございませんか?」という言葉が気になります。

質問 が ござい ます

「ご質問」という言葉は、ビジネスシーンにおいてよく用いられています。 ビジネスシーン外でも、お客側として見聞きしたことがあると言う方も多いでしょう。 意味を具体的に説明しなくても何となく意味がわかる「ご質問」という言葉ですが、ビジネスシーンにおいては言葉の使い方が重視されます。 そのため、何となく意味がわかる言葉のことも、詳しく調べてみると良いでしょう。 「ご質問」は、ビジネスシーンにおいて、こちらが使用する側になることが基本です。 相手がお客様という立場ではなく、社外の取引先などであった場合は、相手もビジネスシーンとしての丁寧さを意識して「ご質問」の言葉を使用してくることでしょう。 また、お客様や利用者様といった相手がビジネスの状況ではない場合も、丁寧な方であった場合は「質問」ではなく「ご質問」と言うこともあります。 それでは、「ご質問」の意味を紹介します。 「ご」の意味 「ご質問」の言葉において、意味を成す部分は「質問」です。 「質問」という言葉は、名詞の扱いになり、意味は「分からないところ・疑わしいところについて問いただす」ことです。 また、「問いただした内容」を指すこともあります。 「問いただす」は、全てを漢字にすると「問い質す」と書き、意味は「はっきり分からないところを聞いて明らかにする」と「真実を答えさせるために厳しく追及する」です。 「追及」は「責任・欠点・原因などをどこまでも問いただす」意味を持つので、「問いただす」の後者の意味では「かなり厳しく問いただす」意味合いが込められることになります。 「質問」の意味では「問いただす」の厳しい方の意味合いではなく、前者の「はっきり分からないところを聞いて明らかにする」が当てはまります。 尊敬語は、相手の立場を上にする表現です。 謙譲語は、自分の立場を相手より下だと示すことで、相手を目上の人であると表しましたが、尊敬語は自分を下とするわけではなく、相手の存在・言動・様子などに対して敬意を示す敬語表現になります。 そのため、尊敬語で「ご質問」を表すべき状況は「目上の相手が誰かにご質問した時」ということです。 「ご質問」を尊敬語にすると、「お聞きになる」または「お尋ねになる」になります。 「質問を(あなたが私に)してください」ということを表す時には、「お聞きください」や「お尋ねください」と言います。 ただ「ください」には、命令形のニュアンスが含まれるため、使用する状況には注意が必要です。 相手がこちらに質問した方が良いであろうことがある可能性が考えられる時に、「ください」を用いると良いでしょう。 「ご質問がございます」で登場した「ございます」を、「ございましたら」にした表現です。 一見問題ないようにも思えますが、「ご質問」に「ございましたら」が続くと冗長と捉えられることがあります。 冗長とは「述べ方が長ったらしくて無駄がある」ことを言い、「ございましたら」よりも簡易的な言い方にした方が良いとされています。 「ございましたら」のもとである「ございます」は「あります」および「ある」の意味ですので、「ご質問がございましたら」は「ご質問がありましたら」の言葉遣いで使用した方が冗長な印象が取り除かれます。 敬語は、相手にどういった印象で受け取られるのかも重視して用いる必要があるため、冗長な印象を与える可能性を避けるために、「ございましたら」ではなく「ありましたら」を使用しましょう。 ご質問があります 「ご質問があります」は、自分が相手に質問をする状況で用います。 しかしながら「お聞きしたいことがあります」や「お伺いしたいことがあります」といったように、謙譲語で表現した方が良い状況もあります。 また、社内の上司や先生などに対しては「ご」を除いた「質問があります」でも問題ない状況もあります。 ビジネスシーンにおいては、目上の相手に対して「ご質問」したい時、「ご質問があります」よりは「お聞きしたいことがあります」または「お伺いしたいことがあります」を使用した方が、失礼な印象を与えにくいとされています。 すなわち、無難な表現は「お聞きしたいことが〜」です。 同僚や部下といった目上以外の相手には、「質問があります」で良いでしょう。 「ご質問」と「お問い合わせ」は似たような意味合いで用いられていますが、細かく見てみると少しニュアンスが異なります。 「ご質問」および「質問」は「分からないところを明らかにするために問いただす」ことで、「お問い合わせ」および「問い合わせ」は「はっきり分からないところを確かめるために問う」ことです。 すなわち、「ご質問」は「こちらが全く分からない」前提で相手に問いただすことを言います。 一方の「お問い合わせ」は「正確かどうか定かではない内容が正しい内容なのかを確かめる」目的で相手に問うことを言います。 「お」と「ご」はどちらも「御」と書きますので、違いは読み方にあります。 「お」という読み方は和語(訓読み)で、日本固有の漢字の読み方とされています。 「ご」は漢語(音読み)で、中国から伝わった後に日本語となった漢字の読み方です。 基本的には、訓読みである「お」は訓読みの語句に、音読みである「ご」は音読みの語句に付けられます。 「質問」の「質(しつ)」は音読みであり、「問(もん)」の方も音読みです。 このことだけで考えると「質問」に適するのは「ご」であり、「ご質問」の言葉で用いることが正しい表現ということになります。 しかしながら、音読みに訓読みを組み合わせたり、訓読みに音読みを組み合わせる表現方法もありますので、「お質問」という言葉の存在を否定することはできません。 ただ、実際に読んでみると分かりますが、「お質問」よりも「ご質問」の方が聞こえが良くなります。 そのため、「ご質問」を用いた方が無難と言えます。

次の

【文例付き】ビジネスメールでの質問の書き方と注意点

質問 が ござい ます

まずご 質問の同党のマニフェストで ござい ますが、本日公開されると承知をしており ます。 しかし、これは衆議院選挙に関連しました公党のご議論で ござい ますので、コメントは差し控えさせていただきたいと思い ますが、ご 質問の金融行政という点について申し上げ ますと、金融行政には3つの任務、1つは金融システムの安定、2点目は利用者の保護と利用者利便の向上、3点目は公正・透明で活力ある市場の確立という3つの任務が課されており ます。 私どもといたしましては、引き続き、その実現に向けて1日1日行政に取り組んでいくということかと思い ます。 that the DPJ's that you today. , 's the , comments. the , has missions. the , and their and , and market. will these missions. This applies worldwide. 書籍名:ボヘミアの醜聞 著者名:サー・アーサー・コナン・ドイル 原書:A Scandal in Bohemia 底本:インターネット上で公開されているテキスト 訳者名:大久保ゆう c 2001 Ver. 著作者に無断で複製、再配布できます。 作者に対する「メール、苦情、質問、指摘、叱咤激励、その他諸々」はここ(zlc-chap-i geocities. jp)まで。 もしくは、「掲示板」まで。 ホームページ「The Baker Street Bakery」にこのファイルの最新版があります。

次の

ご質問がございます

質問 が ござい ます

実は「ございますでしょうか」は間違った日本語なので注意が必要です。 「ございますでしょうか」は、 「ある」の丁寧語「ございます」+「だろう」の丁寧語「でしょう」+疑問を表す終助詞「か」で成り立っています。 「ございますでしょうか」は丁寧語が二つ含まれているので二重敬語となり、誤った日本語ということになります。 「ございませんでしょうか」も二重敬語 ビジネスシーンにおいて「何かご不明な点はございませんでしょうか」と使われていることがありますよね。 実は「ございませんでしょうか」も間違った表現です。 「ございませんでしょうか」は、 「ありません」の丁寧語「ございません」+「だろう」の丁寧語「でしょう」+疑問を表す終助詞「か」で成り立っています。 「ございません」と「でしょう」はともに丁寧語のため、二重敬語となります。 「ありますでしょうか」も二重敬語 「ありますでしょうか」は「今、お時間ありますでしょうか」「就業経験はありますでしょうか」といったように使われています。 「ありますでしょうか」は、 動詞「ある」+丁寧語「ます」+「だろう」の丁寧語「でしょう」+疑問を表す終助詞「か」で成り立っています。 「ます」と「でしょう」と丁寧語が二つ含まれているため、二重敬語となります。 「ありますか」「あるでしょうか」は「ございますか」より少しカジュアル 「ありますか」「あるでしょうか」も正しい敬語表現です。 「ありますか」は、 動詞「ある」+丁寧語「ます」+疑問を表す終助詞「か」、 「あるでしょうか」は、 動詞「ある」+丁寧語「です」+疑問を表す終助詞「か」で成り立っています。 「ありますか」「あるでしょうか」は少しカジュアルなため、目上の人に対して使う場合は「ございますか」がベターです。 「ありますか」「あるでしょうか」は目上でも親しい間柄だったり、同等の立場の人に対して使います。 例文 ・こちらの商品を四つ注文したいのですが、在庫はありますか。 ・当社製品につきまして、何かご意見はあるでしょうか。 ・来週お伺いしたいと思っておりますが、何かご予定はありますか。 「おありですか」は「ございますか」より丁寧 「おありですか」という表現があります。 「おありになる」「おありだ」は「ある」の尊敬語です。 「おありですか」は、 「ある」の尊敬語「おありになる」+丁寧語「です」+疑問を表す終助詞「か」で成り立っています。 尊敬語+丁寧語で二重敬語にはあたらず、目上の人に対して使うことができる正しい敬語表現です。 「おありですか」は「ございますか」よりも丁寧な表現です。 例えば、「ご意見はございますか」でも「ご意見はおありですか」でも意味は同じですが、尊敬語には相手を立てるニュアンスがあるため、「おありですか」の方が丁寧な度合いが高いです。 例文 ・ご事情がおありかと存じますが、ご返信のほどよろしくお願いいたします。 ・何かとご都合がおありかと思いますが、お返事お待ちしております。 ・企画についてご質問がおありでしたら、私の方までご連絡ください。 「おありでしょうか」「おありになりますか」は丁寧すぎる 「おありでしょうか」は、 「ある」の尊敬語「おありになる」+「だろう」の丁寧語「でしょう」+疑問を表す終助詞「か」で成り立っています。 「おありになりますか」は、 「ある」の尊敬語「おありになる」+動詞「なる」+丁寧語「ます」+疑問を表す終助詞「か」で成り立っています。 「おありでしょうか」「おありになりますか」は二重敬語ではなく正しい表現です。 しかし、どちらもかなり丁寧な表現なので、あまり日常的にビジネスシーンで使用するのには適しません。 かえって相手を恐縮させてしまうことがあるので、「ございますか」「おありですか」を使うとよいでしょう。 かなり一般的に使われている表現ではありますが、「ます」と「でしょうか」がどちらも丁寧語なので、「いらっしゃいますでしょうか」も二重敬語です。 「いらっしゃいますか」と言い換えのがベストです。 「おりますでしょうか」も「ます」と「でしょう」が使われているので二重敬語です。 「いらっしゃいますか」とするのがよいでしょう。 正しくは「お願いできますか」になります。 「お願いできますか」は正しい敬語ですが、直接的な表現なので、ビジネスシーンで依頼・お願いする場合はあまり使用されません。 代わりに、「〜していただいてもよろしいでしょうか」「〜していただくことは可能でしょうか」などがよく使われます。 「資料をお送りいただけますでしょうか」「ご確認いただけますでしょうか」などと使います。 「ます」と「です」はどちらも丁寧語なので、二重敬語にあたります。 正しくは「いただけますか」とします。 ただ「いただけますか」は直接的な表現のため、お願いをする場合は「恐れ入りますが、お名前を教えていただけますか」などとクッション言葉を入れるのがよいです。

次の