かく しごと アニメ。 アニメ『かくしごと』第11号「最終回平気彼女」感想・作品情報│Hi.アニ!

【70点】かくしごと(TVアニメ動画)【あにこれβ】

かく しごと アニメ

「かくしごと」ラストや結末はどうなるのか? 18歳と小学4年生の2つのストーリーを同時進行しているのがめっちゃ好き😆🎺 — もっちゅ。 zuJzOooivPJBuwp マンガ「かくしごと」では冒頭と末端のカラーページが18才になった姫が登場しています。 なのでマンガ「かくしごと」は ・小学4年生の姫 ・18才の姫 の同時進行で物語が進んでいる作品になります。 小学4年生の姫は中目黒に住んでいますが、18才になった姫は七里ヶ浜にいます。 なぜかそこには中目黒と同じ間取りの家があります。 そこに後藤のアシスタントの墨田羅砂(すみたもすな)と十丸院五月(とまるいんさつき)が案内しています。 なぜかそこを案内しているのは後藤ではなくアシスタントです。 またアシスタントの墨田羅砂は意味しげな発言をしています。 墨田「ついに知っちゃったか」 十丸院「鍵渡したの?羅砂ちゃん?」 墨田「まさか、わたしにそんな権利あるわけないでしょう」 このやり取りからして ・姫は可久士が漫画家だということに気づくことになる ・アシスタントの墨田羅砂は可久士から頼まれて姫を七里ヶ浜につれてきた ・可久士は自ら連れていっていない ということがわかります。 中学生になった姫は可久士の職業に気づくことになる バレたとしても隠してきたことに意味はあるよね! — もっちゅ。 zuJzOooivPJBuwp Sponsored Link 中学生の姫は七里ヶ浜の可久士の家を訪れています。 その家はなんと中目黒の家とまるで同じ間取りだったのです。 そして その家には大量の漫画がありました。 姫はその時、父は漫画家だったということを知ったのです。 zuJzOooivPJBuwp 可久士の娘の姫は可久士のアシスタントの墨田に連れられて七里ヶ浜の家を訪ねています。 普通なら、可久士がみずから連れて行くはずですが、 可久士の姿はありません。 これは可久士に頼まれていたのではないかと考えれます。 ここで疑問が浮かびます。 それは アシスタントに可久士が頼んだのはいつなのか? ということです。 墨田は可久士からいつ頼まれていたのか? 七里ヶ浜の家には年齢の書かれた箱がありました。 これは中目黒の家にもありました。 中目黒の家の箱は姫の母が、姫がその年になったら開けるように用意してくれていたものです。 それが七里ヶ浜にもありました。 しかし姫はそれが開ける前から、今までの箱と違うことを見抜いているようでした。 そして開けてみるとそこには漫画が入っていました。 なのでこれは可久士が作ったと考えれます。 出典:かくしごと(作者:久米田康治) しかも年齢は17歳~20歳までの箱です。 姫が七里ヶ浜の家を訪ねたのは18歳です。 つまり、 可久士は姫が17歳の時点で本来七里ヶ浜の家に行かせる手はずを組んでいた と考えれます。 なので可久士はアシスタントの墨田に少なくとも1年以上前に姫を七里ヶ浜の家につれていくように頼んでいたと考えられます。 ではそんなことをする必要があったのでしょうか? 可久士は自分の手で渡せなかった可能性があります。 可久士はすでに死亡しているのか? 死亡フラッグたってるよね・・・ — もっちゅ。 zuJzOooivPJBuwp 可久士は墨田に少なくとも1年以上も前に姫を七里ヶ浜の家に連れていくように頼んでいたと考えられます。 なぜそんな前もって頼んでいたのでしょうか? おそらく病気ではなく、漫画が書けなくなったか、何かしらの事情があって失踪したからだと予測しています。 引用元:「かくしごと」10巻より 可久士は記憶喪失になってい ました。 可久士は何かしらの理由があって漫画家を引退したと考えられます。 そのあと肉体労働をしていました。 しかし ある日工場で高く積まれていたマンガが倒れてきて事故にあいます。 そして病院に運ばれますが、意識は回復しませんでした。 しかしある時可久士は目覚めます。 ただ 姫を見てもそれが誰だか分からないという状態になっていました。 姫はその時もう高校生にです。 がしかし可久士は 「姫はまだ10才だ」 引用元:「かくしごと」10巻より と言い出しました。 昏睡状態は1年近くということが判明しているので 事故に会ったのは姫が高校生の時だと推測できます。 なので 可久士は最近の記憶は失って1番楽しかったころの記憶に戻ってしまったのでしょう。 「かくしごと」ラストのその後は? 可久士の記憶は戻るかどうかはわかりません。 しかしここからは ・記憶は戻らず、全てを誰かから聞き理解して生きていく ・記憶は戻り、隠していたことを白状して生きていく のどちらかになるでしょう。 この 「かくしごと」は漫画家が漫画家の苦労を作品(かくしごと)に込めた物語だと感じられます。 なので 作者はヒロインの姫にそういった漫画家としての可久士の苦労や葛藤をすべて受け止めて生きていく姿を書いていくのではないでしょうか。 まとめ ついに「かくしごと」スタートしたーーーーー! — ジェラード将軍 3WWsSEzqeu9MBZH ・可久士の娘の姫は父が漫画家だったということに気づきます。 またそれを中目黒の家と同じ間取りをした七里ヶ浜の家で知ります。 ・姫は可久士が隠していた嘘などを見抜き、すべて受け止めて立派に生きていくと考えられます。

次の

音楽情報

かく しごと アニメ

出典:「」公式ページ 年内に年始の原稿を書き溜めることで、年末年始の休みを多くとろうと考える可久士だったが、余裕ができたことで怠けてしまう可久士だったのです。 姫に「計画性のなさ」を遠回しに指摘されつつロクを連れて散歩をしていると、商店街のふくびきが。 試しに回してみると、なんと「伊豆旅行チケット」が当たりました。 そのチケットが1月末までの期限ということで、俄然やる気をだして原稿を書き始める可久士。 無事に年始までの原稿を完成させた可久士。 旅行に向けて仕事を終わらせることができたものの、可久士は体調を崩して寝込んでしまいました。 可久士の寝床に、お見舞いと称してアシスタントだけでなく、先生たちもやって来ました。 出典:「」公式ページ 熱も下がってきた可久士。 翌日起きると、無事に体調は治っていました。 予定通り伊豆旅行に向かうことになった可久士と姫とロク。 泊まることになった旅館の目玉は、「犬も泊まれるということ」と、「徳川家の隠し湯」があるということ。 隣の部屋はどうやらいわくつきのようですが、温泉タイムに。 姫の温泉タイムを見守る要因としてアシスタントを投入したのですが、姫と入れ違いになってしまったことで、全く無意味になってしまいました。 夕食はカニ。 カニを食べている最中、周りの隠しごと暴露タイムが急に始まりました。 隠し事を吐いていくモブキャラ達。 可久士の番になってしまい、隠し事を吐きだすよう追い詰められてしまいます。 「私の隠しごとはー」と口を開いた可久士を引き留めるのに十分な女性の悲鳴が。 悲鳴の元にやってくると、いわくつきの部屋で黒い影が動いたとの話がありました。 仲居が言うに、どうやら本当に「出る」部屋のようです。 出典:「」公式ページ 可久士が部屋に戻ってくると、ロクがいわくつきの部屋に入っていってしまいました。 怖がりつつも可久士が部屋に入ると、そこにいたのは「ハクビシン」でした。 ほっとした可久士は、その部屋で死んだ文豪の恩恵を受けるべく、その部屋でネームを書き始めました。 …このせいで幽霊が出る部屋のウワサを強めてしまうことになったのです。 そして、未来。 可久士が辞めたもの、それが「書く仕事」だと気づいた姫。 どうして父が漫画家を辞めたのか考える姫の裏で、十丸院と墨田は話しています。 「ー売れなくなったから辞めたのでは?」 「ーそうじゃないの、知ってるでしょう?」 要するに、可久士は「ある事があって」書けなくなってしまったのです。 悲惨なプライベートを知られてしまったことが、可久士が漫画家辞めるきっかけになってしまったようです。 なんか最後事故の記事とか出てきましたけど…? 『かくしごと』第10話のTwitterでの評判・口コミ かくしごと10話見たら温泉に入りたくなり いつも入ってるけど 気がつけば奥出雲の亀嵩温泉まで来てしまった。 久しぶりに来たけど安いし、島根は良い温泉揃ってるね🥰 — たけのこ温泉 キャラなりきり好き takewaka0915 「かくしごと」第10話。 伊豆旅行回。 家族旅行エピソードと年末進行エピソードを合わせ技で描く構成がお見事。 旅行にウキウキな姫ちゃんも最高に可愛いのです。 そしてラストの未来パートも核心に迫ってきて、いよいよ終盤が近いと予感させてくれるのが寂しくもある…。 — 鳴神 seimei7777 かくしごと 10話 ぼくは・・・っ!! 羅砂さんと筧さんの温泉入浴シーンが見たかった・・・っ!! クソみたいなマンガの温泉回が好きなんだ・・・!!! 先生、次回どうなっちゃうんですか・・・ぼくは最終回が平気な自信がありません。 — なかてる nakaterun 10話感想S3. 1 年始年末の休みを取るために描き貯め、伊豆へ行く温泉回。 今回は最後のシリアスパートで今までに比べてより重大なことが判る描写やセリフがありましたね。 高橋李依さんが演じる18歳編姫ちゃんの、呟くようなあの喋り方すごく好きです。 改めて、声でのお芝居って深い。 これが最後の家族旅行なんて無いですよね…? そして次回のタイトルは、「最終回平気彼女」 どうなってしまうんでしょうか??.

次の

【70点】かくしごと(TVアニメ動画)【あにこれβ】

かく しごと アニメ

【内容紹介】 ちょっと下品な漫画を描いてる、漫画家の後藤可久士先生は、一人娘の姫ちゃんが何にもまして、最優先。 そんな親バカの後藤先生が、この世で1番恐れていることは、娘に仕事がばれること。 漫画家だなんて知られたら、もしかしたら娘に嫌われるのでは!? アシスタントや編集者を巻き込んで、今日も心配症の後藤先生の1日が始まります! 第一印象としては、キャラが多い。 というのも読み続けていけば分かるが、 主人公とその娘さん、漫画の担当とアシスタント達、そしてハーレム要員のヒロイン達と、メインキャラの多くは1巻の時点で大半が出揃っている。 ハーレム要素があったことに少し驚きましたが、 花屋さんみたいに1巻で登場以降ほぼ出番がないキャラもいたりと、そこはあまり重要視していなさそう。 絵に関しては絶望先生の頃からほぼ変化がなく、 漫画家としての絵柄は、もう完成しているご様子。 ストーリー性はあまり高くない作品なので、 1巻が合わなければ今後も楽しめない可能性は高いです。 なので気になっている方は、とりあえず1巻を読んでみて判断するのが吉だと思いますね。 第2巻感想 【内容紹介】 漫画家の後藤可久士先生は、娘の姫ちゃんのこととたると超がつくほど心配性。 後藤プロの若手スタッフたちや、ご近所の女性の皆様を巻き込んで、毎日がトラブルの連続! 成長した18歳の姫ちゃんの、謎多き過去をめぐる旅の続編も、フルカラー8Pで描き下ろし収録!久米田康治のおまけエッセイ「描く仕事の本当のところを書く仕事」も1巻に続き、大好評掲載です! らしさを発揮というかなんというか(笑)。 キャラにイェーガーみたいな格好良い名前を付けるのは中学生みたいで恥ずかしい、背景を書いていないジャンプの人気作を「息を止めて1話で読める」と評するなど、「進〇の巨人」や「ブ〇ーチ」などを小ばかにしたようなシーンがあるこの第2巻(笑)。 確かに打ち切りだった作品だし、ロボアニメとしては微妙ですが、 ヒューマンドラマは一級品なんですけどねー。 話が逸れましたが、8年後の高校生編では先生が行方不明?っぽかったりと、 続きが気になる要素が多い巻でもありました。 【内容紹介】 漫画家という仕事を、娘の姫ちゃんにひた隠す後藤可久士先生。 そんな折、後藤家に届いた謎のランドセルの送り主は、姫ちゃんの母親の関係者!? 新たな登場人物とトラブル発生で、後藤家や後藤プロダクションに激震走る第3巻! そして今巻もフルカラー8P描き下ろし収録の「18歳の姫ちゃん編」。 鎌倉で見つけた箱には、どんな親子の「かくしごと」が!?大好評・漫画業界の裏事情を暴露するエッセイ「描く仕事の本当のところを書く仕事」も4本収録! 漫画家ネタが多め。 確かにそういうこともあるのかもしれないと思わされる。 「なんで売れているのか不思議な漫画は7つどころじゃない」かー。 まあそうかも(笑)。 といっても、仮にそういうアンケートとかを取れば、 上位は人気作で埋め尽くされるでしょうけど。 人気な分アンチも多いわけで。 今だったら、ジャンプの某鬼退治漫画がトップになりそう。 結局そういうのは主観なんですよね。 第4巻感想 【あらすじ】 漫画家という仕事がバレないように、育児にいそしむ後藤可久士先生。 授業参観や秋のレジャーへお出かけで、小4の娘・姫ちゃんと、忙しくも楽しい毎日だ。 そんな後藤家に突然、新しい家族が増えることになりそうで!? まさかまさかの急展開!! 巻末カラー連載「18歳の姫ちゃん編」には、ついにあの先生が登場!? 「言いやすいジャンル言いづらいジャンル」のピラミッドは、 確かにそういうのはあるなと思わされる(笑)。 スポーツものは知人レベルの人にも読んでいると言いやすいけれど、 エロや下ネタものはなあ(笑) かなり親しい間柄じゃないと中々言えないとは思う。 いずれにせよラブコメは言いづらい。 ぶっちゃけ、上記ピラミッドで最下層に置かれている、下ネタ、エロ系よりもラブコメのほうが言いづらいところがあるように思う。 なんだろう、オッサンになるとセックスよりもキスのほうが、何か気恥ずかしい響きをもつような気がするのだが、それと同じじゃなかろうか。 微妙にピュアっぽいところが、気持ち悪さを加速させるのか? 年を取ってくると、エロ系よりラブコメの方が人に言いづらい説。 ある・・・のかな? ただ、奇しくも本作と同クールで放送される「イエスタデイをうたって」みたいのだとどうなんだろう。 この理論だとああいう純愛は、よりアウトな気がするが。 第5巻感想 【内容紹介】 漫画家・後藤可久士先生、連載100回記念!でも誰も祝ってくれなくて?「逆風」の漫画家パパと「成長」の小4娘物語、最新刊! 連載100回を認識していなかった担当が相変わらず酷いw 今回新しい家族となった犬の名前が決定しますが、 小学生とはいえさすがにそんなことは無いのではと感じてしまった(笑)。 本来癒されるべきシーンなんでしょうけども。 編集さんが漫画家を先生と呼ぶのは蔑称なのかー。 確かにこの巻で挙げられた例だと蔑称だなと思わされますが、極端な例なだけな気も(笑)。 第一印象を超えられないっていうのは、物作りをやる人なら共感できそうなお話。 ゲームのキャラクリエイトなんかでも、上手く言ったキャラを間違って消しちゃって新しく作り直すと、どうしても前の方が良かったように感じてしまいますからね(笑)。 第6巻感想 【内容紹介】 後藤先生が朝起きたら、姫ちゃんがいない。 家出!? パパの心配MAXな第7巻! 描き下ろしカラー「高校生姫ちゃん」編は急展開! 前巻で登場した弟君は、正確には弟ではなく従妹でした。 家を整理していたのはこの従妹君なのでしょうか? そして、後藤先生が隠し子だったことも判明。 親は有名な歌舞伎役者なのか・・・。 主人公の出生が明らかになったことによって、これまでの伏線が繋がり始める第7巻。 出生のシリアスさを隠すために裸で漫画を描いたりしていたと・・・。 なるほどなー。 そして、今の漫画家はネトゲに逃げ込んでいるというお話。 実際どうなんだろ? 某ゲームのシナリオライターがフロムゲーのハマってサボってるというような噂話はよく聞いたけど(笑)。 しかし、深刻な話なのに笑えてしまうのは何故だろうかw 昔の漫画が今更アニメ化となるのは、昔の読者が業界に入って力を得たからという話。 そういうことなのかな? 原作が枯渇しているというのもありそうだけど。 最後は8年後パートで、 後藤先生の過去が週刊誌にスクープされ、最悪の結果になった事が判明します。 ネットでの叩かれようが、妙にリアルで怖い。 しかし実際どうだろ。 奥さんが亡くなっても読者のために漫画を描き続けたって評価されそうな気もするけど。 ただ下ネタ漫画だからなぁ。 こういう反応になる可能性はあるか。 【内容紹介】 漫画家バレを防ぐため、仕事場引っ越し計画中の後藤先生。 というか、実際キャラの数だけは多くてそれぞれの掘り下げは全くできていない作品は枚挙にいとまがない。 スポーツが例として出てきますけど、 実際「スラムダンク」が名作なのは、5人制スポーツであるバスケを題材にしたからというのも大きいと思うんですよね。 そこから共通認識の話へ。 こういうものだと分かっていれば、無駄な説明が省けて中身を濃く出来る。 それが現代の異世界転生なのだとか。 ただ個人的には、異世界に転生したばかりの主人公から「ステータス」なんて言葉がいきなり飛び出す共通認識は、どうかと思っていますけどね。 なんかお約束みたいになっていますけど、違和感しかないですし。 8年後パートでは、後藤先生が昏睡状態であることも明らかに・・・。 8年後の後藤先生、ついに目覚める。 昏睡状態にあった後藤先生ですが、いよいよ目を覚まします。 しかし、記憶は現在(8年前)まで退行してしまっていました。 そのころが一番楽しかった時期だから?なるほど。 長年続いた漫画は読者が入りづらいというのは確かに。 ただ最近ではアニメ化によってブーストがかかる作品も多々あるので、 良い企画と制作会社に恵まれれば、ワンチャンあると思いますけどね。 というか長年続いた漫画もそうですけど、 途中で他紙から移籍してきた漫画とかどうなんでしょうね。 新しい読者とか付いたりするのだろうか。 第11巻感想 アニメ第1話と第2話のペース配分から、アニメは大体原作でいうところの5巻か6巻くらいまでの内容になると予想できます。 から、TVアニメが1クールであることは確定していますから、とりあえずはそこで一区切りということになりますね。 「かくしごと」の原作漫画は全12巻での完結が予告されているので、てっきり同じ雑誌で連載されていたみたいに原作とアニメが同時に終了する手法を取ってくるのかと思っていましたが、思ったより丁寧なアニメ化となっていました。 しかしそうなってくると、アニメで完結まで描かれるかどうかは確定していないということになるため、人気が出るかどうかが重要になってきます。 今後の盛り上がりに期待したいところです。

次の