ご笑納 類語。 「ご査収」の意味と使い方、返事の仕方!類語「ご確認」との違い、英語も解説!

「ご笑納」の意味は?ビジネスでの使い方・返事の仕方、類語、英語表現を紹介

ご笑納 類語

「ご笑納」の意味と使い方 「ご笑納」の意味と読み方 「ご笑納」とは、字のとおり「たいした品物ではないのですが、笑ってお納めください」という意味です。 ご笑納は「ごしょうのう」と読み、「ご笑納(ごしょうのう)ください」という形で使われるのが一般的です。 「ご笑納」の使い方は「ご笑納ください」 「笑納(しょうのう)」という名詞の頭に謙譲語にあたる「ご」がつき、「ください」という丁寧語で締められている「ご笑納ください」という言葉は、相手に謙遜の意味を伝えることができます。 「ご笑納」という言葉自体は、相手に対して自分がへりくだった言い方ではありますが、少々フランクな印象を与えてしまうこともあるので、使い方には注意が必要です。 ビジネスシーンで使える3つの例文 ここでは実際にビジネスシーンで使える3つの例文をご紹介します。 「ご笑納」の使い方に自信がないという方はぜひ参考にしてください。 お中元を贈る場合 「夏のご挨拶としてささやかではございますがお中元の品をお贈りいたします。 お笑納いただければ幸いです。 」 お歳暮を贈る場合 「日頃の御礼と歳末のご挨拶の代わりに心ばかりのお歳暮の品をお贈りいたしました。 ご笑納いただければ幸いです。 」 お礼の品を贈る場合 「先日は大変お世話になりました。 感謝の気持ちを込めてお贈りいたします。 つまらないものではありますがご笑納いただければ幸いです。 」 「ご笑納」を使う際の注意点 「ご笑納」をビジネスシーンで使う場合にまず考えるべきなのは、相手と自分の関係性と置かれている状況です。 使う相手や状況を間違えると失礼にあたるので十分に注意をしましょう。 「ご笑納」を目上の人に使うのは失礼 フランクな印象を与える「ご笑納」という言葉は目上の方には失礼にあたるため、使わないのが普通ですが、相手と信頼関係が十分に築けていて、冗談が言い合えるような仲であれば許される場合もあるでしょう。 しかし、相手との関係性が崩れてしまう可能性はゼロではありませんので、目上の方に「ご笑納」を使う場合は、相手との関係と状況をしっかりと見極めましょう。 自信がなければ使わない方が無難です。 「ご笑納」をお詫びの際に使うのはNG 相手にお詫びをしなければならない状況で「ご笑納」はどんなに相手と仲良しであってもNGです。 「たいしたものではありませんが、笑って納めてください」という意味である「ご笑納」は、お詫びの際に使う言葉としては相応しくないからです。 相手を更に怒らせてしまうことになりかねません。 相手も写る写真を送るときは「ご笑納」は使わない 親睦会や視察で取引先など外部の方と写真を撮るようなことがあった場合、後日お手紙と共に写真を送付するかと思いますが、このときに「ご笑納」を使うのは不適切です。 しつこいようですが、「ご笑納」には「たいしたものではありませんが」「つまらないものですが」といった意味があります。 取引先の方が写っている写真を「つまらないもの」と記して送付するのは失礼と受け取られてしまう場合があります。 「ご笑納」の類語 では、「ご笑納」がそぐわない状況や相手にはどのような言葉を使うのが相応しいのでしょうか。 それは「ご笑納」の類語を上手に使い分けることで解決することができます。 「つまらないものですが」の意味と使い方 「つまらないものですが」は相手に贈り物をするときによく使うフレーズですが、本当につまらないものを贈るわけではなく、謙遜して「つまらないもの」としているだけです。 自分がへりくだることで、相手を立てることができるのです。 他にも「ささやかではありますが」「心ばかりですが」は謙遜を表す言葉であり、目上の方やお詫びの際に使うのが良いでしょう。 「お納めください」の意味と使い方 「お納めください」は汎用性が高く、ビジネスシーンではよく使われる言葉です。 「ご笑納」を使うことに少しでも疑問を感じたら、「お納めください」を選ぶと失敗しません。 他にも「お受け取りください」という言葉が同じ意味で使われます。 どちらも目上の方やお詫びの際に使える言葉ですが、「お納めください」の方がよりかしこまった言葉になります。 食べ物を送る場合の「ご賞味」「ご笑味」 贈る物が食べ物の場合は「ご笑納」の同義語である「ご賞味」や「ご笑味」を使うことができます。 どちらも「ごしょうみ」と読みますが、意味が異なります。 「ご賞味」の意味と使い方 「ご賞味」とは、「味わいながら食べてください」「おいしいので食べてください」という意味となります。 「ご賞味ください」は飲食店の人がお客さんに対して使うことが多い言葉です。 ただし「味わいながら」という意味を含むため、目上の人に対して使ってしまうと失礼に当たりますので注意が必要です。 「日頃の感謝の気持ちを込めてお菓子をお贈りいたします。 ぜひご賞味くださいませ。 」 「ご笑味」の意味と使い方 「ご笑味」は「ご賞味」に比べてへりくだった言い方になります。 「おいしいか分かりませんが笑って食べてください」と謙遜の気持ちが現れた言葉です。 目上の方には、「ご笑味」を使うようにしましょう。 「当社の新商品のお菓子でございます。 皆様でご笑味いただけると幸いです。 」 「ご笑納」と似た言葉の違い 「ご査収」は「調べて受け取る」という意味 ビジネス用語で「ご笑納」と「ご査収」は類語であると間違えて覚えている方もいるかもしれませんが、実は全然違う意味の言葉です。 確かに「ご査収」には「受け取ってください」という意味があるのですが、「しっかりと調べて、受け取ってください」というのが正しい意味なので、贈り物を受け取ってほしいというよりは資料や書類を送るシーンで使われる言葉となりますので覚えておきましょう。 まとめ 「ご笑納」を使う際に注意するべきポイントは「目上の方ではない」「お詫びをする状況ではない」「贈る物は食べ物ではない」この3つです。 「ご笑納」を正しく使うことができれば社会人としてのマナーを心得ていると、相手に良い印象を与えることができます。 使えるビジネス用語の1つとして機会があったらぜひ活用してください。

次の

「ご査収」の意味と使い方、返事の仕方!類語「ご確認」との違い、英語も解説!

ご笑納 類語

「ご笑納ください」という文は日常的によく使われることが多いでしょう。 「ご笑納ください」を使った文はどんなものがあるのか例文をいくつか見てみましょう。 「ご笑納ください」例文1 先日は温かいお心遣いをありがとうございました。 心ばかりではございますが、ご笑納くださいませ。 「ご笑納ください」例文2 お変わりございませんか。 先日、家族で旅行に行って来ました。 珍しいお土産を見つけましたので送らせていただきます。 ご笑納くださいますと嬉しいです。 「ご笑納ください」例文3 日頃は大変お世話になり感謝いたしております。 ささやかではございますが、お中元を送らせていただきましたのでご笑納くださいませ。 「ご笑納ください」例文4 今年も早、師走の月となりました。 何かとお世話になりましたこと心よりお礼申し上げます。 気持ちばかりではございますが、ご笑納くださいますと幸です。 「ご笑納ください」は、どんなときに使われるのでしょう。 使い方を見てみましょう。 「ご笑納ください」とは、つまらないものではございますが笑って納めて下さいという意味があります。 「ご笑納ください」を使う相手は、親しい間柄であることが望まれます。 目上の人には使わな方が良いでしょう。 また、弔事には間違って使うことのないよう気をつけましょう。 香典やお供え物を送る際に一言添える場合、書いてしまわないよう注意するべき言葉です。 敬語 「ご笑納ください」を敬語で伝える場合はどんな言葉になるのでしょう。 「ご笑納ください」を目上の人や親しくない相手へ使うのは避けた方が良いとされています。 失礼だと感じる人もいるため、不快な気分にさせてしまってはせっかくの贈り物が台なしです。 失礼にならず、目上の人にも使える言葉を選びましょう。 「お受け取り下さい」・「お納め下さい」などが適しています。 「ご笑納ください」への返事の仕方 内祝いは、結婚や出産のときにいただいたお祝いのお返しとして贈る品物です。 内祝いをいただいたことのある人は多いでしょう。 おめでたいことは和やかな気持ちになります。 内祝いを贈る側になったときは、感謝の気持ちをきちんと伝えましょう。 結婚内祝いと出産内祝いに分けて文例を見てみましょう。 結婚内祝い例文 この度は温かいお心遣いをいただきまして、誠にありがとうございました。 ささやかではございますが、内祝いの品を送らせていただきます。 どうぞご笑納くださいませ。 未熟な2人ではありますが、温かい家庭を築いていけたらとおもっております。 今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。 出産内祝い例文 この度は、長男の誕生に際しまして温かいお心遣いをいただきまして本当にありがとうございました。 心ばかりではございますが、内祝いを送らせていただきます。 ご笑納くださいますと幸いに存じます。 おかげさまで母子共に元気にいたしております。 今後ともご指導のほど、よろしくお願い申し上げます。 お中元 夏には、お中元を送る人が多いでしょう。 日頃お世話になっている人などへ感謝の気持ちを込めて贈ります。 お中元を贈る際にも一言添えておくと気持ちが伝わるでしょう。 お中元例文 厳しい暑さが続いておりますが、お変わりございませんか。 日頃は何かとお世話になり、ありがとうございます。 心ばかりではございますが、お中元の品を送らせていただきました。 どうぞご笑納下さいませ。 まだまだ暑さもこれからです。 一層のご自愛のほどお祈り申し上げます。 おすそわけ 「ご笑納ください」と同じような意味の言葉があるなら、そちらを選びたいときもあります。 贈る相手や状況に合わせて言葉を選ぶと良いでしょう。 どのような類語があるのか見てみましょう。 「ご笑納ください」は目上の人には向きませんが、類語なら目上や上司などに使っても失礼にならない言葉が多くあります。 目上の人にも使える例文をご紹介します。 お受け取り下さい 心ばかりではございますが、お礼の品を送らせていただきます。 どうぞお受け取り下さいませ。 お納め下さい 先日は、温かいお心遣いをありがとうございました。 ささやかではございますが、お礼の品を送らせていただきました。 どうぞお納め下さい。 相手別「ご笑納ください」の使い方 「ご笑納ください」を使うときに気を付けたいのは、相手により失礼になる場合があることです。 目上や上司、立場が上の人などに使うのには適していません。 相手により言葉を変える方が良いでしょう。 目上 目上の人に「ご笑納ください」を使うのは避けましょう。 「お納め下さい」・「お受け取り下さい」とした方が失礼にならず、相手も気持ち良く受け取れるでしょう。 「ご笑納ください」と「お納めください」の違い 「ご笑納ください」と「納めください」は似ているようですが何が違うのでしょう。 何か品物などを贈る際に、どちらを使えば良いのか迷います。 文意と相手に合わせて使い分けましょう。 「お納めください」は相手を選ばず使える言葉です。 どうぞ受け取って下さいという気持ちが込められた言葉です。 受け取ってほしい意を丁寧に表現した言葉なので、目上の人にも失礼になりません。 ビジネスシーンや、あらたまった場面にも使われます。 「ご笑納ください」は謙譲表現として用いられています。 つまらないものですが笑って受け取って下さいという意味が込められた、へりくだった言葉です。 そのため目上の人や上司、忌事には使わないように気を付けましょう。 「ご笑納ください」を活用しよう 何か品物を送るとき、お礼を送るときには一言添えておくと気持ちが伝わります。 お返しであれば、感謝の気持ちを伝えることが大切です。 「ご笑納ください」とは、何だか楽しくなるような言葉です。 そっと一言添えられていると嬉しい気持ちになることでしょう。 笑って受け取って下さいという気持ちが届きます。 誕生日や結婚・出産のお祝い品を送る際に活用したり、内祝いやお中元・お歳暮の品物を送る際にも活用できます。 立場が上の人には向きませんので、類語を活用しましょう。 活用に際しては、使う相手や状況に応じて「ご笑納ください」と類語を使い分けるようにしましょう。 感謝やお祝い、お礼の言葉が相手に伝わり喜ばれることでしょう。 ドライバーの仕事情報を探す 現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!.

次の

「ご笑納」の意味と使い方・例文・「お納め」との違い|食べ物

ご笑納 類語

目上の人や付き合いの短い会社に品物を贈るとき• 謝罪やお詫びの意を込めて品物を贈るとき• 品物の中に相手が写っている写真が含まれているとき それぞれ詳しく見ていきましょう。 目上の人やまだ関係の浅い取引先には使わない 「ご笑納」は、目上の人や、まだ関係の浅い取引先には使うべきでありません。 「ご笑納」には「フランクな意味合い」も含まれているため、相手によっては「軽い挨拶」と捉えられてしまうでしょう。 、契約したばかりの取引先へお近づきのしるしに品物を送る際、「ご笑納ください」と言ってしまうと「まだそんな関係ではないのではないか」と思われてしまいます。 以上のことにより、「ご笑納」は「ある程度の関係性が築くことができている取引先や、目上の人」に使えるのです。 間違っても、初対面の場合や、関係の浅い取引先には使わないようにしましょう。 お詫びのときには使わない 「ご笑納」を謝罪やお詫びをする際に用いるのは、相手に失礼にあたります。 謝罪やお詫びをするときというのは、相手に不快な思いをさせたときや仕事でミスをしたときが考えられ、決して笑える場面ではありませんよね。 「ご笑納ください」の意味を知っている人には「こんなときに笑って受け入れろというのか」と思われてしまい、ますます怒らせてしまうでしょう。 謝罪やお詫びをするときは、「お詫びのしるしです。 」と言って、そっと差し出すのが社会人としてのマナーです。 「ご笑納」は謝罪やお詫びの場面では絶対に使わないようにしましょう。 相手が写っている写真を送るときは使わない 「ご笑納」は贈り物の中に、相手の写真が入っているときも使ってはいけない言葉です。 「ご笑納」には「」という意味合いが含まれており、この意味合いが失礼に当たる可能性があります。 例えば、取引先とのゴルフコンペなどで写真を撮った際、後日記念品と一緒に写真を贈ることがあるかもしれません。 品物の中には当然貰い手が写っている写真が入っていますが、もしこのような場面で「ご笑納」を使うと、「つまらないもの」として扱ってしまうことになるのです。 つまり、「相手が写っている写真」が「つまらないもの」と判断され、相手にとって失礼な発言。 以上のことから、「ご笑納」は相手が写っている写真を贈るときにも使ってはいけない言葉になるのです。•

次の