小松原詩子。 映画『あの頃、君を追いかけた』小松原詩子役の松本穂香がかわいい!魅力を考察してみる。 | ドラマ・シネマガイドブック@動画配信

映画『あの頃、君を追いかけた』フル動画を無料視聴する方法!台湾の大ヒット作品を山田裕貴と乃木坂46の齋藤飛鳥がリメイク

小松原詩子

2018年、秋。 結婚式への身支度を終えた水島浩介が立ち上がる。 式場で待つ花嫁は、早瀬真愛。 浩介の胸に、懐かしい日々が蘇っていく。 のどかな気候と美しい景色に恵まれた地方都市で、小さな豆腐屋の一人息子として育った水島浩介 山田裕貴 は、受験を控えた高校3年。 クラスの仲間、寿音 中田圭祐 、健人 國島直希 、一樹 遊佐亮介 、陽平 佐久本宝 らと、明るく伸び伸びと高校生活を楽しんでいた。 しかし教師たちからは問題児と見なされ、医者の娘で学校一の優等生、早瀬真愛 齋藤飛鳥 の前へと、席替えを命じられる。 浩介の生活態度や勉強を彼女に指導させようというのだが、美少女で真面目を絵に描いたような真愛は、浩介にとって苦手な存在。 幼なじみの小松原詩子 松本穂香 が真愛の親友であることぐらいしか接点がなかった。 ある日、英語の教科書を忘れた真愛を浩介が救ったことで、2人の関係に変化が起こる。 その返礼とでも言うように、真愛は、浩介の苦手な数学の成績を少しでも伸ばそうと、自作の小テストを作ってきたのだ。 初めは拒んだ浩介だったが、真愛の諦めない一途さに折れ、朝と放課後、2人で勉強を始めることに。 融通のきかない優等生とばかり思っていた真愛が、意外と天然で明るく、軽やかに自分のことを話すのに驚く浩介。 一方の真愛も、浩介がただのお調子者ではなく、根っから人に優しく、自分自身を懸命に探しているのだと知る。 少しずつ距離が縮まる2人。 しかし、やりたいことや夢が見つからない浩介は、自分への自信のなさから、その想いを真愛に伝えられぬまま、卒業を迎えてしまう。 そして真愛は、医者になる夢を胸に、東京の大学へと進学。 見送った浩介は、地元の大学で寮生活を始めるが・・・・・。 結婚式への身支度を終えた水島浩介が立ち上がる。 式場で待つ花嫁は、早瀬真愛。 浩介の胸に、懐かしい日々が蘇っていく。 のどかな気候と美しい景色に恵まれた地方都市で、小さな豆腐屋の一人息子として育った水島浩介 山田裕貴 は、受験を控えた高校3年。 クラスの仲間、寿音 中田圭祐 、健人 國島直希 、一樹 遊佐亮介 、陽平 佐久本宝 らと、明るく伸び伸びと高校生活を楽しんでいた。 しかし教師たちからは問題児と見なされ、医者の娘で学校一の優等生、早瀬真愛 齋藤飛鳥 の前へと、席替えを命じられる。 浩介の生活態度や勉強を彼女に指導させようというのだが、美少女で真面目を絵に描いたような真愛は、浩介にとって苦手な存在。 幼なじみの小松原詩子 松本穂香 が真愛の親友であることぐらいしか接点がなかった。 ある日、英語の教科書を忘れた真愛を浩介が救ったことで、2人の関係に変化が起こる。 その返礼とでも言うように、真愛は、浩介の苦手な数学の成績を少しでも伸ばそうと、自作の小テストを作ってきたのだ。 初めは拒んだ浩介だったが、真愛の諦めない一途さに折れ、朝と放課後、2人で勉強を始めることに。 融通のきかない優等生とばかり思っていた真愛が、意外と天然で明るく、軽やかに自分のことを話すのに驚く浩介。 一方の真愛も、浩介がただのお調子者ではなく、根っから人に優しく、自分自身を懸命に探しているのだと知る。 少しずつ距離が縮まる2人。 しかし、やりたいことや夢が見つからない浩介は、自分への自信のなさから、その想いを真愛に伝えられぬまま、卒業を迎えてしまう。 そして真愛は、医者になる夢を胸に、東京の大学へと進学。 見送った浩介は、地元の大学で寮生活を始めるが・・・・・。

次の

サンカット トーンアップUV(2020)CM女優は誰?【清潔感あるきれいな女性は松本穂香】

小松原詩子

〇松本穂香(まつもと ほのか)〇 生年月日 1997年2月5日 出身地 日本 大阪府堺市 身長 162 cm 血液型 O型 職業 女優 ジャンル テレビドラマ・映画 所属 フラーム 松本穂香さんは1997年2月5日生まれの23歳です。 高校時代から演劇部に所属して芝居に取り組んできました。 連続テレビ小説「あまちゃん」を見て本格的に女優になりたいと女優を志すようになります。 高校在学中に現在の所属事務所フラームのフラームのオーディションに応募し、見事合格すると、2015年1月に公開されたロッテの商品とのコラボによる短編映画シリーズ 『LOTTE SWEET FILMS』の第2弾「MY NAME」に初めて出演し、女優としてデビュー。 続いて同年3月公開の『風に立つライオン』で長編映画デビューも果たしました。 高校卒業後は上京し、担当マネージャーが有村架純さんと同じということもあり、「有村架純の妹分」のキャッチフレーズで女優として本格的に活動を開始しました。 NHKひよっこの青天目澄子役・松本穂香さんは、映画「風に立つライオン」で航一郎さんの学生時代のクラスメートだった子よね。 最近まで風に立つライオンのwikiに名前が載っていなかったんだけど、ひよっこ効果か、やっと名前が掲載された〜。 松本穂香さんといえばauのCMシリーズ「意識高すぎ!高杉くん」への出演でお馴染みの若手人気女優さんですよね。 「可愛い!」が先行していますが、演技力を評価する声も多いんですよ!松本さんの演技に泣いたという声も多く、人を魅了するような演技ができるのも彼女の強みですね! テレビドラマ「この世界の片隅に」で応募者3,000人のオーディションを見事突破し、主人公のすず役に抜擢されたのを機に、その他映画やCMに多数の作品に出演しているのりにのっています。 また、高校卒業後は女優業に専念するため大学へ進学せずに上京して活動しています。 本当に今後が楽しみな女優さんの一人でこれからにも期待大です。 ) チワワちゃん(2019年1月18日) — クマ 役 君は月夜に光り輝く(2019年3月15日) — 岡田鳴子 役 おいしい家族(2019年9月20日) — 主演・橙花 役 わたしは光をにぎっている(2019年11月15日) — 主演・宮川澪 役 his(2020年1月24日) — 吉村美里 役 酔うと化け物になる父がつらい(2020年3月6日) — 主演・田所サキ 役 みをつくし料理帖(2020年秋公開予定) — 主演・澪 役 テレビドラマ 美しき三つの嘘 第2話 「炎」(2016年1月4日、フジテレビ) いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう(2016年2月15日 — 3月21日、フジテレビ系月9) — 松川 役 ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子(2016年7月12日 — 9月6日、関西テレビ) — 伊集院きらり 役 模倣犯(2016年9月21日・22日、テレビ東京) — 古川鞠子 役 黒い十人の女(2016年9月29日 — 12月1日、読売テレビ) — 秋子 役 連続テレビ小説 ひよっこ 第4週 — 最終週(2017年4月29日 — 9月30日、NHK) — 青天目澄子 役 ひよっこ2(2019年3月25日 — 28日) ブランケット・キャッツ 第5話(2017年7月21日、NHK総合) — 佐々木悦子 役 脳にスマホが埋められた! わたしはねんとなが大好きです。 キャストさん、スタッフさん、みんな大好き。 そんなみんなの愛が、少しでも伝われば幸いでございます。

次の

中国電力の見守りサービスどこじゃーTABICA CMの女性(女優)は誰?千鳥と共演の松本穂香!

小松原詩子

映画『あの頃、君を追いかけた』のあらすじ 遡ること10年前、地元の高校に通う山田裕貴さん演じる水島浩介は、4人の仲間と一緒にバカなことばかりして楽しい高校生活を過ごしていた。 夢や目標も見つからないままお気楽な毎日を繰り返していた浩介でしたが、 ある日浩介のおふざけが教師の逆鱗に触れ、浩介のお目付け役に齋藤飛鳥さん演じる早瀬真愛が任命されます。 真面目で堅い真愛を疎む浩介でしたが、ある時浩介の胸がグラつきます。 それは真愛が浩介と4人の仲間にとって、中学時代からの憧れの存在だったからでしょう。 一方、真愛は浩介を子どもっぽいとしか思っていませんでした。 しかし、ある日教科書を忘れた真愛を浩介が救ったのをきっかけに浩介のことが気になり始めるのでした。 時間を重ねるうちに、真愛が作った数学テストや青ペンの跡が染みた白シャツなど二人の思い出も増えていきます。 しかし、別々の大学に進学した二人の心は徐々にすれ違い、浩介の格闘技を見たのをきっかけに二人は疎遠になってしまうのでした。 そのうち真愛は結婚することになり、結婚式前に浩介は真愛と過ごしたあの頃を思い出すのでした。 10年前に言えなかったお互いの思いを知った浩介と真愛に待ち受ける結末とは… 映画『あの頃、君を追いかけた』の出演者・スタッフ 監督 監督は 長谷川康夫監督です。 1990年に『バカヤロー!3 へんな奴ら』で映画監督デビューし、その後多くの作品の脚本や舞台演出を担当しています。 キャスト 水島浩介 山田裕貴 早瀬真愛 齋藤飛鳥 小松原詩子 松本穂香 大野陽平 佐久本宝 町田健人 國島直希 秋山寿音 中田圭祐 杉村一樹 遊佐亮介 水島浩介を 山田裕貴さん、早瀬真愛を 齋藤飛鳥さんが演じます。 特に、乃木坂46の人気メンバーである齋藤飛鳥さんは本作が映画初出演で初ヒロインとなります。 齋藤飛鳥さんが持つ可憐な空気感が、早瀬真愛のキャラに抜群にマッチしています。 主題歌 主題歌を担当したのは Thinking Dogsです。 過去多くのドラマや映画の主題歌として楽曲が使用されています。 Thinking Dogsが担当した本作の主題歌は 「言えなかったこと」です。 【ネタバレ】映画『あの頃、君を追いかけた』の各シーンの考察 リンゴを食べるシーン 居残りで勉強していたある日、浩介がリンゴを持ってきます。 浩介は教室でリンゴを丸かじりしますが、お堅い真愛は家に持ち帰り丁寧に皮をむいて食べます。 個人的に、このシーンは二人の性格を比喩的に表していて印象に残りました。 まるで自分に殻なんか存在しないとばかりにりんごを丸かじりする浩介と、どこか素を出せずにいるお堅い真愛が比喩的に表現されていたように感じます。 真愛がポニーテールになるシーン ある時、二人はテストで勝負することになります。 浩介が負ければ坊主に、真愛が負ければポニーテールという約束でした。 勝負は当然真愛が勝ち、浩介は坊主になって二人で笑い合います。 その後、すぐに学校で体育大会が開催されます。 普段は髪を下ろしている真愛でしたが、その時浩介と4人の前を通ったのはポニーテールをしている真愛でした。 その姿を見た浩介たちは美しい真愛に見惚れるのでした。 このシーンで真愛がポニーテールになった理由は何でしょうか? 体育大会だったからというのもありますが、個人的には浩介に負けたことを示しているのではないかと感じました。 では、何で負けたのか? それは、 恋です。 真愛の心が浩介に落とされたことを示しているのではないでしょうか。 あくまで個人的な考察ですが、私は真愛が浩介との 恋の勝負で負けたように思います。 パラレルワールド 「パラレルワールド」は物語の後半で何度も出てくるというワードなので、何かを示唆しているように感じました。 二人が連絡も取らないまま数年が経ったある日、大きな地震が起こります。 その時、浩介が一番に電話したのが真愛でした。 そこで浩介は真愛になぜ自分と付き合わなかったのかを尋ねます。 そして、真愛はこう答えます。 「本当の自分の姿を見せて失望させるのが怖かった。 浩介のことがよく分からなかった。 近づきすぎるのも怖かった。 さらに真愛は浩介が坊主にした時、髪を切ったのが自分だったら付き合っていたんじゃないかと言います。 そして、浩介は次のセリフを言います。 「パラレルワールドを信じるか?そこでは俺たち付き合っているかもしれない」と。 実は、浩介が髪を切ってもらった理容室は、次の日通ると存在していなかったというシーンが前半であります。 すなわち、浩介はあの 一瞬だけパラレルワールドにいたのではないでしょうか? そして、もしパラレルワールドに浩介が一切移らない世界があったとしたら… 二人は付き合っていたということでしょう。 たった一瞬の出来事が未来を大きく変えるというメッセージだと思います。 小説家・水島浩介 浩介は真愛にパラレルワールドの話をしたのをきっかけに、パラレルワールドを題材にした小説を書きます。 その小説が出版社の目に止まりデビューする浩介。 10年前、上手く言葉にして思いを伝えられなかった浩介が、小説家という言葉だけで伝える職業に就く。 浩介が過去の経験を通して成長した証だと感じました。 そして浩介は結婚式を終えて、ある小説を書きます。 その題名は 「あの頃、君を追いかけた」 あの頃伝えられなかった真愛への思いを小説として書き留めるのでした。 さいごに 今回は映画『あの頃、君を追いかけた』を紹介しました。 様々な思いが交錯していた二人。 「あの頃、こうしていれば」と思う二人に対して、二度と戻らない時間。 皆さんもきっと「あの頃」の後悔がいくつもあるのではないでしょうか? 後悔した過去がある方も、青春真っ只中の方にも見て欲しい作品です。 きっと懐かしいあの頃を思い出したり、後悔しないために一歩踏み出す勇気をくれる映画になるでしょう。 気になる方は、ぜひご覧ください。

次の