うさぎ と かめ あらすじ。 まんが日本昔ばなし〜データベース〜

まんが日本昔ばなし〜データベース〜

うさぎ と かめ あらすじ

なかなか子どもを授かることができないので、 夫婦は 魔法使いのところへ行きました。 魔法使いは、ここにある大麦を植えると何かが起こるからやってみなさい、と言いました。 夫婦は急いで帰り大麦を植えると、土の中から何かが動き出し、あっという間に芽が出て大きな赤いつぼみをつけ、チューリップを咲かせました。 よく見てみると花の真ん中に小さな女の子が座っていることに気がつきました。 女の子はおやゆび半分の大きさしかありませんでしたので、「 おやゆび姫」と名付けました。 おやゆび姫は歌が得意で、甘くやさしい歌声には誰もがうっとりしていました。 ある夜、 おやゆび姫がクルミのからのベッドで眠っていると大きな醜い ヒキガエルが部屋の中に入ってきました。 ヒキガエルは おやゆび姫を自分の息子の嫁にしようと思い、眠ったままの おやゆび姫をクルミごと持ち上げ連れ去りました。 沼に住んでいる息子のもとへ おやゆび姫を連れて行きました。 眠ったままの おやゆび姫は蓮の葉の上に乗せられ、翌朝目覚めるといつもと違う場所にいることに驚き、自分は ヒキガエルの嫁になることを聞かされ悲しくて泣いていました。 ヒキガエルの嫁になることを不憫に思った メダカたちが蓮の茎を噛み切り、 おやゆび姫を乗せた葉っぱは川を流れていきました。 お腹が減った おやゆび姫は 野ネズミの家を見つけ、麦をひとつぶくれるように頼みました。 おやゆび姫のかわいそうな話を聞いた 野ネズミは、 おやゆび姫を自宅に上げ、楽しい毎日を過ごすようになりました。 野ネズミの近所にはお金持ちの モグラが住んでおり、 モグラは おやゆび姫に一目ぼれして嫁にしようと考えていました。 そんなある日、 おやゆび姫はケガをして道に倒れている ツバメを助けてあげました。 おやゆび姫の献身的な世話のおかげで ツバメは元気を取り戻し、やがて旅立つ時がきました。 ツバメは おやゆび姫に感謝し、一緒に緑の森へ行こうと誘いました。 ツバメのことが好きだった おやゆび姫は喜びましたが、 野ネズミを残していけないと誘いを断りました。 ツバメが旅立ってすぐに モグラに結婚を申し込まれ、 おやゆび姫は結婚することになりました。 モグラと結婚したら大好きなお日様にも2度と当たることができず、 ツバメにも会うことができないので おやゆび姫は悲しくて泣きました。 するとそこへ ツバメがやってきて、一緒に南の国へ行こうと言いました。 おやゆび姫は決心して ツバメの背中に乗り、大空へと舞い上がりました。 こうしてあたたかい南の国へ到着し、 ツバメは おやゆび姫を大きな花の上に乗せました。 よく見ると、花の真ん中に おやゆび姫と同じ大きさの人がいました。 おやゆび姫はとても驚きましたが、実はその人は花の妖精の 王子様で、 王子様は おやゆび姫を見てとても喜びました。 それから2人は結婚し、幸せに暮らしました。

次の

うさぎとかめとは (ウサギトカメとは) [単語記事]

うさぎ と かめ あらすじ

なかなか子どもを授かることができないので、 夫婦は 魔法使いのところへ行きました。 魔法使いは、ここにある大麦を植えると何かが起こるからやってみなさい、と言いました。 夫婦は急いで帰り大麦を植えると、土の中から何かが動き出し、あっという間に芽が出て大きな赤いつぼみをつけ、チューリップを咲かせました。 よく見てみると花の真ん中に小さな女の子が座っていることに気がつきました。 女の子はおやゆび半分の大きさしかありませんでしたので、「 おやゆび姫」と名付けました。 おやゆび姫は歌が得意で、甘くやさしい歌声には誰もがうっとりしていました。 ある夜、 おやゆび姫がクルミのからのベッドで眠っていると大きな醜い ヒキガエルが部屋の中に入ってきました。 ヒキガエルは おやゆび姫を自分の息子の嫁にしようと思い、眠ったままの おやゆび姫をクルミごと持ち上げ連れ去りました。 沼に住んでいる息子のもとへ おやゆび姫を連れて行きました。 眠ったままの おやゆび姫は蓮の葉の上に乗せられ、翌朝目覚めるといつもと違う場所にいることに驚き、自分は ヒキガエルの嫁になることを聞かされ悲しくて泣いていました。 ヒキガエルの嫁になることを不憫に思った メダカたちが蓮の茎を噛み切り、 おやゆび姫を乗せた葉っぱは川を流れていきました。 お腹が減った おやゆび姫は 野ネズミの家を見つけ、麦をひとつぶくれるように頼みました。 おやゆび姫のかわいそうな話を聞いた 野ネズミは、 おやゆび姫を自宅に上げ、楽しい毎日を過ごすようになりました。 野ネズミの近所にはお金持ちの モグラが住んでおり、 モグラは おやゆび姫に一目ぼれして嫁にしようと考えていました。 そんなある日、 おやゆび姫はケガをして道に倒れている ツバメを助けてあげました。 おやゆび姫の献身的な世話のおかげで ツバメは元気を取り戻し、やがて旅立つ時がきました。 ツバメは おやゆび姫に感謝し、一緒に緑の森へ行こうと誘いました。 ツバメのことが好きだった おやゆび姫は喜びましたが、 野ネズミを残していけないと誘いを断りました。 ツバメが旅立ってすぐに モグラに結婚を申し込まれ、 おやゆび姫は結婚することになりました。 モグラと結婚したら大好きなお日様にも2度と当たることができず、 ツバメにも会うことができないので おやゆび姫は悲しくて泣きました。 するとそこへ ツバメがやってきて、一緒に南の国へ行こうと言いました。 おやゆび姫は決心して ツバメの背中に乗り、大空へと舞い上がりました。 こうしてあたたかい南の国へ到着し、 ツバメは おやゆび姫を大きな花の上に乗せました。 よく見ると、花の真ん中に おやゆび姫と同じ大きさの人がいました。 おやゆび姫はとても驚きましたが、実はその人は花の妖精の 王子様で、 王子様は おやゆび姫を見てとても喜びました。 それから2人は結婚し、幸せに暮らしました。

次の

ウサギとカメ <福娘童話集 きょうのイソップ童話>

うさぎ と かめ あらすじ

あらすじ 昔ある所に足の速いのを自慢にしているうさぎがいた。 しかしカメはそのことが気にくわず、うさぎを毛嫌いしていた。 そこへカメの子分のふくろうがやって来て、何やらカメに入れ知恵をした。 ある日うさぎがいつものように野原を走っているとふくろうが「うさぎどんはたいそう足が速いそうだが、カメどんにはかなうまい。 カメどんの足の速さは天下一じゃからな」と言った。 それを聞いたうさぎはカメがオレより速いわけがない、駆け比べをしろと言ってきた。 そこでうさぎとカメは駆け比べをし、うさぎはあっと言う間にゴールに着いた。 ところがどういうわけか、すぐ引き離したはずのカメがそこで汗をふいていた。 驚いたうさぎはもう一度やろうと言って、今度は元来た道を駆け戻った。 するとまたまたカメがそこにいた。 うさぎはどうしても負けたことが信じられず、何度も何度も行ったり来たりして駆け比べをしたが、何度やってもカメはうさぎより先にゴールに着いていた。 うさぎは悔しくて悔しくてひとしきり泣き、とうとう泣き過ぎて目が真っ赤になってしまった。 うさぎはとぼとぼと帰っていったが、実はカメには双児の兄弟がいて、ひとりずつ反対のゴール地点にいただけだった。 うさぎの悔しそうな姿を見てカメとふくろうは大喜びだったが、そこへ神様がやって来て、うさぎを騙したカメとふくろうを叱りつけた。 そして杖でカメの甲羅を強く叩き、カメの甲羅にはヒビが入ってしまった。 そしてカメに悪い入れ知恵をしたふくろうは、お天道さまの下に置いておくわけにいかないと、夜しか目が見えないようにしてしまった。 うさぎの目が赤く、カメの甲羅にはヒビが入り、ふくろうが夜しか目が見えなくなったのはこういう話があったからだそうだ。 (引用/まんが日本昔ばなし大辞典) ナレーション 常田富士男 出典 瀬川拓男(角川書店刊)より 出典詳細 動物の世界(日本の民話01),瀬川拓男,角川書店,1973年5年20日,原題「うさぎ・亀・ふくろう」,伝承地「近畿地方」• 新着コメント(コメント24件)•

次の