ピクト アート。 SHIBUYA PIXEL ART 2020(シブヤピクセルアート2020)

SHIBUYA PIXEL ART 2020(シブヤピクセルアート2020)

ピクト アート

デジタルサイネージにはグラフィック・デザインだけであったり、文字情報だけであったりするコンテンツも存在するが、動画の配信がデジタルサイネージの醍醐味のである。 ではデジタルサイネージの動画撮影は普通の撮影と何が違うのであろうか?それはズバリ「縦型の動画」でる。 もちろんデジタルサイネージには横型も存在するが、ここでは縦型にフォーカスをあてて話を進めたい。 スチールカメラマンは縦と横の両刀使いであるが、ビデオカメラマンは長い間、横のみで画を作ってきた。 スマホの登場と発展で今や縦型の映像は世の中に溢れるようになった。 デジタルサイネージの縦型ディスプレイの登場でビデオカメラマンも縦構図を考えなくてはいけなくなった。 人間を含めの動物の目は横に列んでいる。 これは横に広く、多くの情報を得るためだ。 簡単に言えば敵から自分を守るための進化である。 そしてそこには目の錯覚という現象が生まれる。 わたしもそうであったが、16/9の横画像を縦にすると、縦が長く見える錯覚が起こる。 この錯覚は馴れてくるのでいいとして、縦構図の感性を磨くのには時間が掛かる。 もっと言えば縦構図にしか収まらない被写体も多い事に気がつく。 広大な自然はパノラマ画角が良いのに対して、縦構図にあう被写体と構図がデジタルサイネージの撮影の肝である。 デザインで言えば広告ポスターなどは縦サイズが多い。 これは広告としての情報を詰め込むと、縦の方が収まりが良いのであろう。 そして私が着目しているのが日本の文化である。 縦文字、掛け軸、襖、のぼりなど、海外と比べると日本は縦の文化と言ってよいと思う。 この日本の縦文化を表現する上でデジタルサイネージは有利である。 別のブログでも書いたが、屋久島の縄文杉は縦でしか表現できないのだ。 そしてデジタルサイネージの撮影に関してもうひとつだけ付け加えるならカメラである。 通常のビデオカメラは当然横型の撮影を前提に作られている。 私も昔、L字クランプに着けて縦で撮影した事もあったが当然扱いづらい機材となってしまう。 やはり一眼カメラでの撮影がベストな環境といえよう。 レンズの豊富さや高画質などとっても、もはやビデオカメを使う気にはならない。 結論として「縦撮影を制するモノはデジタルサイネージを制す」のである。 ピクトパスカルは現在、縦構図のコンテンツのみをラインナップしているが、デジタルサイネージには横型も多くあるわけで、将来的には横デザインのコンテンツも追加しなくてはいけないと思っている。

次の

プレゼンで役立つ、ピクト図解の書き方を学んでビジネスモデルをスマートに提案!話題の具体例6選

ピクト アート

レイヤー& レイヤー効果 レイヤーとは透明なシートのようなものです。 絵を描いたり写真を配置して重ね合わせることで簡単に合成加工ができます。 また、レイヤーに様々な効果を加えるレイヤー効果で表現の可能性がぐっと広がります。 充実の フィルタセット フィルタを利用すると画像に様々な効果を簡単に加えられます。 また、このフィルタを組み合わせることで、本格的な加工や編集が可能になります。 アルファ チャンネル アルファチャンネルに対応しているので、 透過画像や半透過画像の重ね合わせなどが表現できます。 ウェブ用の画像を作成する場合にも非常に便利です。 レイヤーとは透明なシートのようなものです。 絵を描いたり写真を配置して重ね合わせることで簡単に合成加工ができます。 また、レイヤーに様々な効果を加えるレイヤー効果で表現の可能性がぐっと広がります。 分かりやすい ツールバー ツールバーにはそれぞれの機能が整理され並んでいるので、 使いたい機能のアイコンを選ぶだけでスムーズな操作が可能です。 自由なカスタマイズで 自分仕様に PictBear ではツールのアイコンの表示・非表示を切り替えたり 並び順を変更したりと、使いやすいよう簡単に整理することができます。 自分仕様のカスタマイズで作業効率も格段にアップします。 ツールバーにはそれぞれの機能が整理され並んでいるので、 使いたい機能のアイコンを選ぶだけでスムーズな操作が可能です。 その他の機能• タブ切り替え表示 複数ドキュメントのタブ切り替え表示が可能です。 いくつもの画像を平行して編集する場合も、スムーズに作業を行えます。 無制限アンドゥ 無制限のアンドゥ(やり直し)が可能。 すべての操作を記憶しているので、数百の工程でも遡って作業をやり直せます。 対応フォーマット PictBear は次の画像フォーマットに対応しています。 自動グリッド機能 PictBear ではとてもスムーズに拡大・縮小ができます。 特に拡大時には、自動的にグリッドが表示されるので、ドット絵やイラストを描く際にとても役立ちます。 スクリプトで作業を効率化 スクリプトを使って自分で機能を作ることができ、手間のかかる操作を簡単に済ませられます。 たくさんの画像の一括保存やカラー変更、レイヤー操作など、複雑な作業を簡単にしたり、作業時間を大幅に短縮できます。

次の

デジタルサイネージでお店を素敵なアートギャラリーへ

ピクト アート

もくじ• ふちにかける方法 黒いふち 完成形のイメージはこんな感じです。 そうすると、 なんということでしょう!自動的に外のふちにぼかしがかかった画像が自動で出来上がります! あとはこちらを以下の記事などを参考にしながら任意の場所に保存するだけです。 ・(過去記事) 白いふち 黒いふちは既にエフェクトが用意されていましたので簡単にできました。 実は白いふちにすることもココまでの作業にプラスアルファするだけなので非常に簡単です。 画面上変化はありませんが、白の色が選択された状態になります。 あとは上記のように「サイズ」や「フェード」などをお好みで調整して仕上げて行ってみて下さい。 全体にかける方法 ぼかしを画像全体にかけることで写真自体に暖かみを与えたり、白昼夢のような少し幻想的な雰囲気を与えたりと、ぼかしだけでもだいぶニュアンスを変えることができます。 見ていただくと分かる通り、幻想的な雰囲気に。 少しだけ左右にブレている見え方で、目の焦点があっていないような不思議な感覚に。 部分的にかける方法 上下にぼかしを入れる 特にInstagramで見る機会が多い手法ですが、2枚の画像を重ね合わせて、背景素材にぼかしを入れて画像全体をオシャレに見せることができる手法です。 やり方 こちらも非常に簡単で、機能一覧に「四角に合わ…」というアイコンが有るかと思います。 すると このように元画像をひと回り小さくし、上下左右にぼかし画像がフレーム的な形で入っている画像を作成することができます。 まとめ いかがでしたでしょうか? スマホが登場し色々な画像編集アプリの登場のお陰で 画像加工が以前よりは一段と身近なものになったかと思いますが、どうしても「絵が上手い人」や「絵的なセンスがある人」のみがこのような画像を制作できると思いがちですが、このようにアイコンひとつをタップするだけで流行りの加工技術を適用することができますので、 今の加工アプリは賢くて仕方ありませんねw また、いままでぼかしは何かを隠すために使用されていたところから全体的・部分的にかけるエフェクトとして不可欠なものになりつつあります。 この機会にいろいろなぼかしエフェクトと併用して満足行く画像編集を楽しんでいただければ幸いです!.

次の