アメリカ 人 マスク しない。 【朗報】アメリカ人「我々は他所の国と違って自由がある。だからマスクは付けない」|5chまとめのモネッス

たったそれだけ? アメリカ人の風邪対策 (1/4):みんなの暮らし日記ONLINE

アメリカ 人 マスク しない

《日本人コスパ悪すぎ!?心配しすぎ!?》 新型コロナウイルスが騒がれる中、現在東京では8割くらいの人々がマスクを着用しているように思えます(2020年2月上旬)。 みなさんはマスクを着用していますか?私はマスクしない派なんですけど、どうしてでしょう?うーん、、その理由も踏まえ今回は、日本のマスク文化に関して面白い発見があったのでみなさんとシェアしたいと思います。 ぜひコメント欄でみなさんの考えも聞かせて欲しいです。 アメリカで寮生活していたときにアメリカ人のルームメイトが、「オレ、インフルになっちゃった」とマスクをせず咳を飛ばしながら話しかけてきたことが今でも忘れられません。 ラッキーなことに私は日本からマスクを持ってきており、なんとか感染は免れましたがインフルエンザにかかったなら少しは気を遣ってマスクをしろよと思ってしまいました。 アメリカにはマスクの文化がないので、日本人って風邪の時マスクするし、その辺の気遣いができていいなぁなんてアメリカにいた時は思っていました。 しかし、そんな日本人に対する私の考えも今回のコロナウイルスの件で変わってしまいました、、、(悲) 普段はマスクを着用しない私も薬局でマスクを3枚ほど買いましたが、それは一緒にいたアメリカからの友達2人に日本文化を伝授するためでした。 「日本ではマスクを予防するために着用する人も多いが、 なにより風邪にかかった時に周りの人にうつさないように必ずマスクをするんだ」ということを教えました。 黒のマスクを買ったので彼らはKpopスターになったようだなんていって楽しんでましたが(笑) 本題に入ります。 薬局に行き着くまでのコンビニでマスクを購入しようとしたのですが、3軒回ったのにマスクはどこも売り切れ!!!そこで考えました。 みんなまとめ買いしすぎ!一緒にいたアメリカ人の友人達と議論しましたが彼らも私の考えには賛同してくれました。 今や薬局にもありません、、、、、 結局、コロナウィルス対策でまとめ買いをしている人たちって自分の首を絞めているという考えです。 また、まとめ買いしたマスクを高額で売り出す人々がいますが、目先の小遣い稼ぎのために問題を作り出してしまっている彼らにはバチが当たるのではと、(人の心配をしている訳ではありませんが、)そのように思ってしまいます。 マスクをまとめ買いをすることで生んでしまう問題が2つあります。 (特に海外経験が長い方はマスクをしていると極度の病人のような感覚になってしまうと思います。 ) です。 一つ目の問題ですが、自分の安全のみを考えてマスクをまとめ買いする人々、また、まとめ買いによって高値で売ろうとする人々が増えれば、在庫の少なさ、値段の高さでマスクが買えない人が増えます。 前者の場合、自分の安全が守られているように思えても結局社会全体の感染は広がり、自らの感染のリスクを上げています。 後者の場合、目先のお小遣い稼ぎのために多くの人々を犠牲に晒しており、そんなことやってると本当にバチがあたると思います。 (バチってあたる、それが世の原理では?) 必要最低限の量のマスクを購入し、より多くの人々がマスクを手にすることができれば、出費も下がるし、社会全体の感染リスクも下がるのではないでしょうか。 二つ目の問題は、精神的な負担です。 アメリカ人はマスクをしないという話をしましたが、アメリカでは、マスクをしている=過度の病人となってしまうのです。 マスク文化のない海外経験の長い人は特にそうですが、 普段マスクをしない人々がコロナウィルス対策のために毎日マスクを着用すると無意識的に自分を病人的扱いしてしまい、意識的なところで感染のリスクを上げてしまっていると思うのです。 (これに科学的な根拠はありませんが、私はマスクはしないが、手で目を擦ったりしない、手洗いを常時するということを徹底しています。 )私自身マスクをしない理由はそこにあります。 運動もやって健康的に食べてれば大丈夫!と思っているし、マスクをしているときの病人感は半端ないです。 私の場合まさにそうで、以前インフルを恐れてマスクをしていた時期にインフルにかかりましたが、無防備の時は一度もかかったことがありません。 また、毎日マスクをしなければ!ということで頭がいっぱいになってしまうと、マスク着用し忘れた時に必要以上に心配してしまいます。 心配することで消耗する体力も実は相当大きいと思うのです。 逆にマスク着用をして安心する人々もいると思います。 そんな人たちはむしろマスクを着用すべきで、そのような人々のために在庫は残していた方がいいのです。 WHO(世界保健機関)は「マスクで予防できる科学的根拠はないため、症状がない場合はマスクは必要ないが、患者の看病をする場合はマスクを着用すべきである」「特別な状況にない限り、感染を避けるという目的で症状症状のない人がマスクを着用する必要はない」といっています。 結論!アメリカと日本のミドルグラウンド(中間の立場)を取れればいいと思います!アメリカ人へ:風邪にかかったらマスクをつける!それは日本人から学んでください。 まとめ買いする自己中心的な人々へ:本当に必要な人々がマスクが着用できるように、必要最低限のマスクを買いましょう! 普段マスクをしない人々がコロナウィルス対策のために毎日マスクを着用すると無意識的に自分を病人的扱いしてしまい、意識的なところで感染のリスクを上げてしまっている という意見はなかったので面白かったです! 精神的にかかりやすくなるというのはあるかもしれないと思う一方で、私はマスクは着用する文化を普及すべきだと思います。 アメリカで先日マスクをつけていたアジア人の人に病人扱いで暴行する事件がありました。 こうしたことはまず日本では考えられません。 こうしたことがないようにするためにも、普段から着用することがアメリカの文化になるといいと思います!救急医の方も、 「世界一の医療水準にも関わらず、先進国の中で最も低いレベルの平均寿命からもわかる通り、医療政策という意味で🇺🇸に見習うべきところはほとんどない。 」とおっしゃっていました。 では、どこを見習うべきか?それは日本です。 確実に最高レベルの国の一つは🇯🇵日本だからです。 マスクだけでなく、アメリカの医療政策に関してはまだまだ課題が多いなと思います。

次の

アメリカ人「マスクを拒否するのは『個人の自由』という建国の理念に根差したものだ。単なるワガママではない」

アメリカ 人 マスク しない

日本人は風邪をひいたときや、風邪の予防、花粉症対策でマスクをよく使いますよね。 自分も日本にいたときは寒い時期にマスクをよく使ってました。 もちろん風邪の予防の為に・・というのは建前で、私はすっぴん隠しによく愛用してました。 自分は体が超頑丈なタイプで、めったに風邪をひきません。 なのでマスクはあまり必要のない人間なのかもしれませんが、でも世間ではマスクを使っている人が多いですし、化粧したくないけど電車に乗らなくてはいけない時にマスクを使ってウロウロしてました。 みんながマスク姿なので顔を隠しても、全く怪しまれませんよね。 でもアメリカに来たら、マスク姿の人っていないんですよ。 風邪ひいていてもマスクしている人はほとんど見たことがありません。 アメリカ人がマスクしない理由 アメリカ人がマスクをしない理由なんですが、一言でいうと「マスクをする習慣がないから」ですね。 むしろマスクをしていると重病人患者だとか伝染病患者だと思われます。 そういった人は通常病院にいるので、マスクをする人は日常ほとんど見かけないし、会うことがありません。 そんなマスクはナシの文化の中でも、風邪をひいているとかで、友人がマスクをして自分が働いているレストランにやってきたことがあります。 マスクしている人ってほんとにいないので、「どうしたの?重病?!」ってつっこんじゃいましたよね。 レストランに来てテイクアウトのオーダーしていたので、その時点で重病ではないのですが、みんなマスクをしていない中で1人だけマスクしているので、やはり目立ってました。 日本が大好きな中国系アメリカ人の友人だったので、日本のマスク文化も知っているし、マスクに対して抵抗ないのかもしれませんが、まわりにちょっとビックリされるというのあるかもしれません。 「風邪うつっちゃうから、チカヨラナイデ~」って言ってましたけど、日本人の私ですら友人のマスクがやたら気になった(笑)。 あともう一人、マスク姿の人を見たことがあるのですが、その人のマスクは立体的なマスクで、医療用のマスクに近かったです。 その人がなぜマスクをしていたのかは不明ですが、レストランで寿司食べてたので重病ではないことは確かですね。 でもやはりこちらもマスクしていることが目立ちました。 みんながマスクしていればマスクって目立たないですけど、みんなしてない中でのマスクはやはり目立ちますよね。 5年のアメリカ生活でマスク姿を見たのは病院以外ではこの2人だけです。 アメリカは日本ほど人口密度が高くないですので、風邪ひいている人に過剰に接近しないですし、ましてや満員電車などもないのでマスクが必要ない、というのはありますね。 私は5年以上風邪を引いていないのですが、アメリカ人に 「どうやって風邪引かない様にしているの?ボクは1年に2回くらい引いちゃうよォォ」と聞かれたことがあります。 なんでも、スーパーとかに行ったら人が多いから、そこから風邪をもらってきちゃうそうですが、自分からすると、 「アメリカのスーパーってそんな人いるっけ?風邪もらうほど近づくことないよね?」的な感覚なのですが 笑。 この人は日本行ったら風邪ひきまくりですね。 もちろん、彼の頭の中にはマスクして風邪を予防する、という考えはありません。 風邪ひいたらすぐ仕事休む、というのもあるのかもしれません。 マスクして出勤するくらいなら家でゆっくり休みなよ、ということでしょう。 そして顔を隠すのは悪いことをしているからという考えもあるようですね。 強盗などは顔を隠してますもんね。 スポンサードリンク ひげマスク アメリカでは風邪でマスクしている人はいないですが、ヒゲ用のマスクをしている人はいます。 参考 www. digas. gr どこかのスーパーに行った時、調理している男性のヒゲが長かったのですが、ヒゲが食べ物の中に落ちない様にマスクしてました。 でも口と鼻はマスクで覆われていなかったので、あくまでもヒゲ用ということですね。 なぜ鼻と口は覆わないのか? ついでに鼻と口も覆えばいいのでは? 心の中では一人でツッコんでましたが、日本では見たことが無かったので衝撃でした。 日本人はヒゲを長くしている人ってあまりいないですし、短いヒゲの方が好まれる傾向にありますから、これも文化の違いなんでしょうね。 ま~、マスクと言っても「ネット」に近いのかも。 最近日本で見た光景でビックリしたのは、回転の寿司職人が透明のカバーを口元にしていたこと。 news-postseven. html マスクというかもう、シールドってやつですね。 マスクしながらもクリアにしゃべれる!マスクも進化してますね。 あとは寒さから顔を守る為のマスクは見たことがあります。 これは日本でもウィンタースポーツをする人は使う方もいますよね。 参考 www. bta-mall. com 日本の友達 私はアメリカでマスクをしたことがありませんが、日本の友達がアメリカに遊びに来た際にマスクをつけて来てしまいました。 空港の到着ロビーをマスクしてウロウロしてました。 化粧をしていなかったから着けてるとのことでしたが、アメリカでの事情を話すと 「え!そうなの?知らなかったよ~!」とすぐにマスク取ってました。 たかがマスクですが、マスクに対する考え方も日本とアメリカで違うのは面白いなと思います。

次の

海外でマスクはしないほうが良い?覆面禁止法は日本人も注意!

アメリカ 人 マスク しない

日本人は風邪をひいたときや、風邪の予防、花粉症対策でマスクをよく使いますよね。 自分も日本にいたときは寒い時期にマスクをよく使ってました。 もちろん風邪の予防の為に・・というのは建前で、私はすっぴん隠しによく愛用してました。 自分は体が超頑丈なタイプで、めったに風邪をひきません。 なのでマスクはあまり必要のない人間なのかもしれませんが、でも世間ではマスクを使っている人が多いですし、化粧したくないけど電車に乗らなくてはいけない時にマスクを使ってウロウロしてました。 みんながマスク姿なので顔を隠しても、全く怪しまれませんよね。 でもアメリカに来たら、マスク姿の人っていないんですよ。 風邪ひいていてもマスクしている人はほとんど見たことがありません。 アメリカ人がマスクしない理由 アメリカ人がマスクをしない理由なんですが、一言でいうと「マスクをする習慣がないから」ですね。 むしろマスクをしていると重病人患者だとか伝染病患者だと思われます。 そういった人は通常病院にいるので、マスクをする人は日常ほとんど見かけないし、会うことがありません。 そんなマスクはナシの文化の中でも、風邪をひいているとかで、友人がマスクをして自分が働いているレストランにやってきたことがあります。 マスクしている人ってほんとにいないので、「どうしたの?重病?!」ってつっこんじゃいましたよね。 レストランに来てテイクアウトのオーダーしていたので、その時点で重病ではないのですが、みんなマスクをしていない中で1人だけマスクしているので、やはり目立ってました。 日本が大好きな中国系アメリカ人の友人だったので、日本のマスク文化も知っているし、マスクに対して抵抗ないのかもしれませんが、まわりにちょっとビックリされるというのあるかもしれません。 「風邪うつっちゃうから、チカヨラナイデ~」って言ってましたけど、日本人の私ですら友人のマスクがやたら気になった(笑)。 あともう一人、マスク姿の人を見たことがあるのですが、その人のマスクは立体的なマスクで、医療用のマスクに近かったです。 その人がなぜマスクをしていたのかは不明ですが、レストランで寿司食べてたので重病ではないことは確かですね。 でもやはりこちらもマスクしていることが目立ちました。 みんながマスクしていればマスクって目立たないですけど、みんなしてない中でのマスクはやはり目立ちますよね。 5年のアメリカ生活でマスク姿を見たのは病院以外ではこの2人だけです。 アメリカは日本ほど人口密度が高くないですので、風邪ひいている人に過剰に接近しないですし、ましてや満員電車などもないのでマスクが必要ない、というのはありますね。 私は5年以上風邪を引いていないのですが、アメリカ人に 「どうやって風邪引かない様にしているの?ボクは1年に2回くらい引いちゃうよォォ」と聞かれたことがあります。 なんでも、スーパーとかに行ったら人が多いから、そこから風邪をもらってきちゃうそうですが、自分からすると、 「アメリカのスーパーってそんな人いるっけ?風邪もらうほど近づくことないよね?」的な感覚なのですが 笑。 この人は日本行ったら風邪ひきまくりですね。 もちろん、彼の頭の中にはマスクして風邪を予防する、という考えはありません。 風邪ひいたらすぐ仕事休む、というのもあるのかもしれません。 マスクして出勤するくらいなら家でゆっくり休みなよ、ということでしょう。 そして顔を隠すのは悪いことをしているからという考えもあるようですね。 強盗などは顔を隠してますもんね。 スポンサードリンク ひげマスク アメリカでは風邪でマスクしている人はいないですが、ヒゲ用のマスクをしている人はいます。 参考 www. digas. gr どこかのスーパーに行った時、調理している男性のヒゲが長かったのですが、ヒゲが食べ物の中に落ちない様にマスクしてました。 でも口と鼻はマスクで覆われていなかったので、あくまでもヒゲ用ということですね。 なぜ鼻と口は覆わないのか? ついでに鼻と口も覆えばいいのでは? 心の中では一人でツッコんでましたが、日本では見たことが無かったので衝撃でした。 日本人はヒゲを長くしている人ってあまりいないですし、短いヒゲの方が好まれる傾向にありますから、これも文化の違いなんでしょうね。 ま~、マスクと言っても「ネット」に近いのかも。 最近日本で見た光景でビックリしたのは、回転の寿司職人が透明のカバーを口元にしていたこと。 news-postseven. html マスクというかもう、シールドってやつですね。 マスクしながらもクリアにしゃべれる!マスクも進化してますね。 あとは寒さから顔を守る為のマスクは見たことがあります。 これは日本でもウィンタースポーツをする人は使う方もいますよね。 参考 www. bta-mall. com 日本の友達 私はアメリカでマスクをしたことがありませんが、日本の友達がアメリカに遊びに来た際にマスクをつけて来てしまいました。 空港の到着ロビーをマスクしてウロウロしてました。 化粧をしていなかったから着けてるとのことでしたが、アメリカでの事情を話すと 「え!そうなの?知らなかったよ~!」とすぐにマスク取ってました。 たかがマスクですが、マスクに対する考え方も日本とアメリカで違うのは面白いなと思います。

次の