次亜塩素酸 噴霧 厚生労働省。 次亜塩素酸水「新型コロナに有効」 研究者ら会見

次亜塩素酸水とは何か 空間除菌は可能なのか

次亜塩素酸 噴霧 厚生労働省

5月29日に経産省が作成・公表した次亜塩素酸水の噴霧に関するファクトシート。 各機関の見解などがまとめられている 新型コロナウイルスの消毒を目的に、学校や保育所、公共施設などに設置されていた次亜塩素酸水の噴霧器が1日から相次いで休止している。 経済産業省が5月29日、「消毒液の噴霧を推奨しない」という世界保健機関(WHO)の見解などを紹介して注意喚起したことを受けての対応だ。 「ほかの市町村でも噴霧をしていたので効果があると思い配備した」。 和歌山県串本町は全ての小中学校の玄関に加湿器を配備し、学校再開の6月1日から次亜塩素酸水を校内に噴霧する予定だった。 しかし、経産省の発表を受け、稼働を取りやめた。 今後の取り扱いは未定だという。 次亜塩素酸水は塩酸や食塩水を電気分解して得られる水溶液で、品薄のアルコール消毒液の代わりに購入する人が増えている。 物に付いたウイルスへの消毒効果は経産省が評価している最中だが、消毒液の空中への噴霧は有効性と安全性の両面から推奨されていない。 厚生労働省は「物への効果があったとしても….

次の

次亜塩素酸水は加湿器で噴霧してもいい?

次亜塩素酸 噴霧 厚生労働省

家で過ごそう、命を救おう Stay at home Save lives 次亜塩素酸を含む除菌消臭剤の空間噴霧による空間除菌の効果について少し過熱気味になっているので、ちょっと整理しておきたいと思い今日はブログを書いてみます。 超音波で未来をつくる・・・エコーテックKOUKIです。 普段は、超音波技術を応用した商品の新規市場開発を行っており、超音波霧化器、超音波カッターなどの立ち上げを行って来ました。 超音波霧化は、1993年の設計時代に虹を空間に出そう!というプロジェクトからかかわっています。 あと、毎週火曜日 FMやしの実 19時~放送の土牛超でパーソナリティをやったり、豊橋工専高校模型部 もけ部 を活用した地域活性をやっております。 雑貨ですので効果は表示できません まず大前提ですが、次亜塩素酸を含む除菌消臭剤及び微酸性電解水、次亜塩素酸水は一部を除いて医薬品ではありませんので、肺炎コロナウイルスに効果があると一切言えませんし書けません。 これは薬事法があり、雑貨品は効果効能を表示してはいけないことになっています。 よく見る、インフルエンザ、ノロウイルス、花粉症対策などの表現も一切ダメです。 そういったものは、信じないようにして下さい。 また、機械本体にシールが貼ってある場合がありますが、機械も薬事認可がなければそういった㏚文を掲載するのは違反という事になります。 ) そういった効果が言えないルールなのに効果効能が記載されている場合、それにつられて買おうとしていると認識してから買ってください。 表面だけを信じすぎないようにして欲しい) 安全なのか? 次亜塩素酸は、アブナイ。 そう思う方は非常に多く、展示会などで次亜塩素酸除菌水、微酸性電解水などを噴霧した際に、怒鳴って怒ってくる方もいらっしゃいました。 次亜塩素酸=次亜塩素酸ナトリウムと認識している方が非常に多く、次亜塩素酸除菌水、微酸性電解水などと混同している方が非常に多くいらっしゃいます。 厚生労働省は、通達で、「 次亜塩素酸を含む消毒薬の噴霧については、吸引すると有害であ り、効果が不確実であることから行わないこと」と出しました。 私にも液剤メーカー様から相談が来たので、厚生労働省老健局への問い合わせと豊橋保健所への問い合わせを行いました。 豊橋保健所は、「次亜塩素酸ナトリウムをさし、雑貨である次亜塩素酸主成分の除菌消臭剤や食品添加物である微酸性電解水は含まない」という回答を頂きました。 以前、名古屋の厚労省薬務担当者と話した時は、雑貨品は範疇ではないので、殺菌、消毒効果をうたわなければ、こちらでは関係ないといわれた事もありますが今回の保健所も同様の回答だと認識しましたが、しばらくして、回答文が厚生労働省で発表されました。 問1 消毒に関し「次亜塩素酸を含む消毒薬の噴霧については、吸引すると有害であり、効果が不確実であることから行わないこと。 」とあるが、本事務連絡上は、消毒薬として示されている次亜塩素酸ナトリウム液に係る注意事項であると考えてよいか。 (答)貴見のとおり。 なお、本事務連絡は、新型コロナウイルス感染症への対応に係る留意点として、社会福祉施設等で実施する消毒方法等をまとめたものであり、次亜塩素酸水を用いた市販の製品等の安全性等に言及するものではない。 厚生労働省は、 ・次亜塩素酸=次亜塩素酸ナトリウムという考え ・次亜塩素酸=次亜塩素酸水を用いた市販の製品等は除く と言えます。 医師ですら混同する方が多く一般の方はさらに誤認している方が多いため勉強が必要ですが、「 次亜塩素酸ナトリウムは、空間噴霧に用いてはいけない」ということは確実なので守ってください。 さて文章の中に「安全性等に言及するものではない」と書かれています。 当社がお付き合いしている液剤メーカー各社は、雑貨品であることから自社で安全性試験を実施している所が多くあります。 自作方法が動画で紹介されているため、自作しきちんとデータ取得せずに販売をしている液剤もあると思いますので、購入する方はきちんと安全性データを取り寄せてから購入する事をお勧めします。 また、安全性試験データを持っていても、塩素に対するアレルギー反応を持っている方には不向きと言えます。 塩素は水道水やプールにも入っていますので馴染みのある化学物質ですが、プールでも具合が悪くなるような塩素に反応がとても過敏に出てしまう人は、反応が出てしまう可能性があります。 ただ、霧を見ただけでも気分が悪くなる方や、ニオイで気分が悪くなる方などもいるようなので、因果関係はわかりません。 我が家では保護犬を室内で飼っていますが、犬の汗臭や歯周病により呼吸が臭い事もあり、リビングに次亜塩素酸除菌水を5年間毎日空間噴霧しています。 幸い、家族で塩素に反応する人間がいないため、特に問題が生じていませんが、何か原因がわからないが反応しているという人もいると思って利用を始めることが必要です。 世の中にある情報は、その人個人が思って書いてある事がほとんどで都合の悪いことは書きません。 自分に合うのかどうかは、自分で少しずつ試しながら確認をするしか無いと思いますし、情報を出す人は、それがすべてではなく1つの意見として書くという一文も必要なのかもしれませんね。 5以下の弱酸性・強酸性、PH7. 5以上アルカリの噴霧は推奨していません。 空間除菌について まず「除菌」の定義ですが、各団体で決められているようです。 では、 除菌とは、「 物理的、化学的または生物学的作用などにより、対象物から増殖可能な細菌の数(生菌数)を、有効数減少させること」 とあります。 極論、少しでも減らす事が出来れば除菌と言えます。 「次亜塩素酸は空間除菌は出来ない」という言葉がありますが、先に書いた「次亜塩素酸ナトリウムは、空間除菌してはいけない」という事であれば良いのですが、空間にある菌を減少させることが出来ないと取る方もいますので、当社測定データを参考までに掲載しておきます。 空間噴霧データ 論文も無いかな?と探しましたが、それらしいのがありましたので、リンクを貼っておきます。 私自身に学は無いので、勘違いリンクもあったらご容赦ください。 ・ ・ 期待したい効果は、面に対する作用 私は、色々とややこしい市場である病院向けの販売はあまり好きではないので、消臭をメインに超音波霧化+除菌消臭の施工、提案を長年行ってきました。 もちろん、ご縁があってご利用頂いている病院・クリニックの先生もいらっしゃいます。 その体験から「」というブログを書きましたが、院内感染を考えた時、部屋の壁、装置などの筐体、ベットの柵などあらゆる面に対して、処置を行わなければいけないと思っています。 あくまで専門家ではないので、好き勝手言っているいち意見です。 肺炎コロナウイルスではありませんが、次亜塩素酸主成分の液剤を空間噴霧した場合の面に対する論文がありましたので、参考までに貼っておきます。 ・ ・ ・ 当社では他にも天然系液剤を活用した1M先のMRSA菌に対する不活化試験を行っており、除菌効果のある液剤を微粒化すれば、それなりの効果が得られるという感覚でいます。 だから雑貨品となっています。 お客様の利用環境で同じようなデータが出ない可能性もあると思って下さい。 肺炎コロナウイルスの滞在時間 ここで気になるのは、肺炎コロナウイルスの滞在時間です。 飛沫にのって空間で滞留するとありますし、高温多湿の国でも感染が広がっている為、液剤メーカー様との話し合いでも、液体の中でも生き残る性質があると考えられています。 こうなると、通常の超音波加湿器で周波数が低く粒径が粗いものをそのまま噴霧すると、逆効果となる可能性があります。 ウイルスにもそういった発想が出来るのだろうか? さて当社が採用している周波数2. 4MHzの超音波霧化器は、加湿器と違い、中心粒径が小さい為、液体を霧にする量は少なく、ウイルスに付着した場合でも、加湿器よりも影響が少ないと考えます。 以前、二酸化塩素系液剤 現在は、機器に対して影響があるので超音波霧化での利用は禁止 で試験をした時、部屋の湿度が上がらず塩素濃度だけがあがった試験データがあります。 その現場で湿度をあげずに次亜塩素酸主成分の液剤を微量でも噴霧していくという方法がとれる可能性もあるとC考えています。 ただ、厚労省のお墨付きは絶対出ないと思います。 お墨付きには、多くの安全性などの影響試験などが必要になりますし、医療に関する行為になりますので、超音波霧化器も薬事認定をとらないといけなくなります。 私個人としては、今まで通り液体を微粒化するだけの機械として販売をしたく、そのほかの付加価値をつけられるのはあまり良いとは言えません。 会社も莫大な予算をかけて薬事認可の機械にはしないと思いますが、今のままが良いです。 ・厚生労働省は、認可しない。 ・経済産業省は、試験結果を公開して効果がありそうだ。 結果、利用する現場責任者が、色々な情報を集め勉強し、使うかどうか自己責任で判断するしかないという流れになるのではないでしょうか。 また、ここで乾燥させればいいと思い、除湿器を導入した場合、2つ懸念事項があります。 ・ノロウイルスのように空間に再び舞い上がり感染しないのか? ・除湿器が感染源にならないか? 様々な情報は、1つの現象にとらえて発表されることが多いです。 試験などは極端なんですよね。 それを1つとらえて騒ぐ方が本当に多いし、踊らされる人が本当に多い。 こういう時こそ、連想ゲームではないですが、これがこうなったら、こちらはこうなる見たいな相関図をご自身で書いてみるのも非常に重要だと思います。 専門家という方々がメディアで好き勝手言ってますが、誰も未知なウイルスに対してわかっている人はいません。 各自が成長して自分の家族、会社を守る。 それしかありません。 「私は、なるべく家にいる」これしかやれることはありませんので、10日 日 までひっそり巣ごもりを行う予定です。 今回は、長文でしたがをお読みいただいてありがとうございました。 これがあっているかどうかわかりません。 明日新しい情報が出れば、意見が変わる可能性もありますので、1つの意見としてとらえてください。 少しでも元の生活に早く戻りたい。 そう思いながら、少しでも皆さん参考になればと、今の知っている知識をフル動員して書いてみました。 何より、自宅では噴霧していないと愛犬の獣臭がにおう時がありますので、今のところ使い続ける予定でおります。 少しでも早くなるように全社一丸となって頑張っています。 :現在注文を頂くと、10月頃の予定です。 :現在注文を頂くと、10月頃の予定です。 :現在注文を頂くと、8月頃の予定です。 :即納できます。 超音波加湿器などにも利用されています。 密室になる空間へ除菌消臭剤を噴霧する目的などに利用されています。 当社は、愛知県豊橋市にある1956年創業の超音波技術を用いた機器を製造するメーカー 本多電子 株 内にある企業です。 新規市場創造を行なう企業として1999年10月に設立されました。 何か問題や改善を検討中の方で、「超音波でこんな事出来ない?」と思いついたら、気軽にご相談下さい。 超音波を用いた製品に関しては、直営の 楽天市場店で販売をしておりますので、ご利用下さい。 売上を伸ばすにはどうしたらいいか? 販売推進の視点で書いたブログはに掲載中!ご登録ください。 ぜひご利用下さい! 豊橋を活性化したい人募集! とは、 豊橋のものづくりをPRしようと取り組んでいる4コマ漫画。 豊橋のPRになれば、イラストは、ロイヤリティ無で利用して頂いています。 ぜひ、多くの企業の方とのグッズ製作が出来たらいいなぁと思っています。 次回9月になります。

次の

次亜塩素酸水噴霧を神話化しないで欲しい

次亜塩素酸 噴霧 厚生労働省

おっしゃる「次亜塩素酸ナトリウム」と「次亜塩素酸水」はまず別物であることをご承知いただきたい前提で今回NITEの示した、新型コロナウイルスの消毒目的の有効性が確認できなかったのはあくまで「次亜塩素酸水」を示し「次亜塩素酸ナトリウム」ではないとご承知ください。 次亜塩素酸ナトリウムはアルカリ性領域にあり、強い殺菌性と共に強力な漂白性・金属腐食性を、反応による有毒ガスや発がん性物質の発生などのデメリットを持ちそのままでは除菌剤・消毒剤での使用はできません。 「安定型次亜塩素酸ナトリウム」 呼び方が無いのでこのような呼称になっている とは特殊な製法で上記のデメリットを無くした「次亜塩素酸ナトリウム水溶液」と聞いています。 信じるかどうかは別にしても夢のような話ですね。 よく似た性能の次亜塩素酸水も多くあるが、電解次亜水のカテゴリーが広く説明も難解なため、多くの方は同一視してしまうのだと思います。 これにより「次亜塩素酸水」のように消失するロスがほとんどなく、健康被害も極めて少ない 中には塩素アレルギー反応があるとの報告 、空間噴霧に向いている塩素製剤といわれる所以という事です。 「次亜塩素酸水」の噴霧に関してはコロナが浮遊しているような状態なのか、それがどのように反応して殺菌したのかという結果が得られなかったのだと思います。 長々すみませんでした。 「次亜塩素酸」がつくものには、1:「次亜塩素酸ナトリューム」、2:「次亜塩素酸水」、それに3:「安定型次亜塩素酸ナトリューム」の3種類があります。 非常に紛らわしいので間違安いのですが 1の次亜塩素酸ナトリュームは、おなじみのハイターと同じ成分です。 従って、人体への直接散布等は危険です(ハイターで手がぬるぬるしたご経験があると思います。 2:の次亜塩素酸水は、つい先日までは、大変な脚光を浴びておりましたが、最近では効果の確認ができないので、蒸散等での使用は控えるようにとの記事やニュースが出ております。 がどれくらい危険かも明確になっておりません。 ただ、長期保存には向かないし、汚れと出会った瞬間に「水」になってしまうので「殺菌」に使用するには「バシャバシャ」とかけなければ効果が薄いようです。 3:の安定化次亜塩素酸ナトリュームは、これまであまり名前が売れておりませんでしたが、次亜塩素酸ナトリュームを特殊技術で安定化させたもので、安全性が高いと言われております。 非公式ですが、警察関係、空港関係の散布消毒、JR関係、関西方面の病院等は何年か前から使用されているらしいです。 サイト上でもあまり情報はないのですが、希釈時に「純水(RO水」を使用しないといけないらしく、価格もかなり高価となるようです。 商品的には、蒸散用濃度、手消毒用濃度、食器等消毒用濃度など、目的に併せて希釈されている様です。 殺菌力は高速で強く(アルコールの数十分の1秒とか・・検証の仕方がないので不明です)、アルコールでは効かないノロウィルスにも効果があるようです。 コロナに対しては、検証中のようでまだ結論が出ていないようですが、かなり期待されているようです。 人体に影響なないとはいえアルカリ性の薬品ですので、注意は必要かと思います。 あくまで、私が調査した範囲であることはご理解ください。 ちなみに私は安定化次亜塩素酸ナトリュームを加湿器で使用しております。 長々とごめんなさい。 まず次亜塩素酸と次亜塩素酸ナトリウムは違います。 次亜塩素酸ナトリウムの噴霧は非常に危険です。 確か少し前に経済産業省の発表でも効果ありとの記事がありました。 ただ、次亜塩素酸水はペーハーや濃度が様々なものがあるので それらによっても効果や安全性が違うので難しいのではないかと思いました。 わたしはスプレーボトルの微弱酸性のものを持ってはいますが、過信はしません。 きちんと消毒したいものはエタノールを使用します。 もちろんいずれも空間に噴霧はしません。

次の