バーガーキング 店舗。 【2020年7月最新】バーガーキングの割引クーポン厳選まとめ情報

5月に22店舗閉店したバーガーキングが7月に3店舗オープン! 新店舗デザイン“20/20Prime”を導入~オリジナルグッズや、クーポンがもらえるキャンペーンも

バーガーキング 店舗

その2軒隣、ライバルの「バーガーキング 秋葉原昭和通り店」の店頭には、「22年間たくさんのハッピーをありがとう」と書かれた広告に、バーガーキングの制服をきた男性が帽子を取って頭を下げる写真とともに「Thank you」の文字。 「マクドナルドさんとの楽しかった思い出を、語り合うなら・・・」と、1月31日から2月6日に「マクドナルド秋葉原昭和通り店」のレシートを持参すると、バーガーキングの同店でブレンドコーヒーを無料でプレゼントするキャンペーンを行うことも告知している。 <バーガーキングの広告文> 私たち2軒隣のマクドナルドさんが今日で最終日を迎えます。 たがいに良きライバルとして、アキバを愛する仲間として ちかくにいたからこそ、私たちも頑張ることができました。 マクドナルドさん のいないこれからを思うと寂しさでいっぱいです。 どうかみなさん、 勝手なお願いですが、今日は彼のところに行ってください。 ずっと背中を追い続けた チャレンジャーの私たちから、スマイルを込めて。 お疲れさまでした。 マクドナルドを彷彿とさせる「ハッピー」や「スマイル」のワードや、自分たちを「ずっと背中を追い続けたチャレンジャー」と謙遜した内容は、一見するとライバルへの称賛と感謝のメッセージ見える。 ところが、このメッセージを縦に読んでみると…。 浮かび上がってくるのは、 「私たちの勝チ」という、煽りとマウントたっぷりの勝利宣言。 隠れメッセージに、Twitterでは「衝撃!」「まさか」と驚きの声が上がる一方、「喧嘩売ってて草www」「こういうの好き」など、面白がる声も上がっている。 バーガーキング VS マクドナルドのバトル広告、海外はもっとすごかった バーガーキングがマクドナルドを煽るスタイルの広告は、日本だけではない。 2019年7月には、ベルギーのバーガーキング公式Twitterがこんな投稿を行った。 写っているのは、マクドナルドとバーガーキングの屋外広告。 マクドナルド(左)は「Served by a king, or served as a king? (王様から接客されたい?それとも王様みたいに接客されたい?)」と、バーガーキングをもじって自社のサービスの質を宣伝。 (直火焼きもできないくせに、なに言ってんの?)」と対抗している。 「直火焼き」はバーガーキングの売りの一つだ。 また、2019年12月には、イギリスのバーガーキング公式アカウントが「ワッパーの秘密」というタイトルの動画を投稿。 ツイートには、「Thanks for having our back this year Maccy Ds(マクドナルド、1年間私たちの後ろにいてくれてありがとう)」というメッセージが添えられている。 バーガーキングの代表メニューでもある「ワッパー」の広告は、ワッパーの後ろにマクドナルドの「ビッグマック」を置いて撮影していたことを明かす動画で、自社商品の大きさを宣伝する内容となっている。 他にも、フランスでは、マクドナルドがバーガーキングを挑発するようなも。 5キロ先にマクドナルドがあることを伝える道路広告の隣に、258キロ先にあるバーガーキングまでの道案内を詳しく説明した広告を掲示している。 いずれも、ライバルを挑発しつつも、相手の商品や店舗の情報も伝える内容になっていて、お互いへのリスペクトがうかがえる。 「敬意を込めてエール」「コメントする立場にない」 秋葉原のバーガーキングの広告も、ライバルを挑発しながらも、大きさや仕様がマクドナルドの広告ととてもよく似ている。 ハフポスト日本版の取材に対し、バーガーキングの広報担当者は「これまでたがいに切磋琢磨してきたライバルであるお店へ、敬意を込めてエールを送らせて頂きました」と今回の広告の意図を説明。 広告の仕様が似ていることについては、「(マクドナルドと)共同で行なっているわけではございません」と回答した。 また、マクドナルドの広報担当者は、バーガーキング側の広告については「他社様の活動であり、コメントする立場にないので差し控える」と語り、次のように語った。 「私たちが向き合うべきは、これまでご愛顧いただいたお客様です。 取材の場を借りて、心からの感謝を伝えさせてください」.

次の

バーガーキングが閉店するマックに、広告で胸熱なメッセージ。と思ったのに、縦読みすると…

バーガーキング 店舗

バーガーキングはハンバーガーの本場、アメリカはフロリダ州マイアミのハンバーガーレストランとしてスタートしました。 その歴史は1954年から65年ほどと長く、ジューシーで肉感たっぷりのパティが魅力です。 ハンバーガーレストランからスタートしたお店ならではの直火焼きパティは、余計な油が落ち香ばしい香りと風味豊かな味わいを楽しむことができます。 日本ではここまで本格的なハンバーガーメニューを食べられるチェーン店は見かけません。 ファストフードとは思えない本格的なハンバーガーに、多くのファンが虜になっているのです。 大きさが魅力のワッパーシリーズは単品500円から600円ほどで、パティが2枚のダブルの値段は810円です。 セットにすると800円台から1000円台とファストフード店にしては高めの値段です。 ワッパージュニアは単品360円から560円ほどで、セットで710円から910円ほどです。 ワッパー以外のビーフシリーズは値段はやや控えめで、単品290円から470円ほどです。 セットでは600円から670円と値段はリーズナブルでおすすめです。 チキンやフィッシュバーガーは290円から360円、セットにすると600円と値段は他店とあまり変わりません。 対象のハンバーガーとポテトS、ナゲット、パイ、ドリンクがセットの キングボックスは、一人では食べきれない量で 690円から990円という安さでとても人気です。 お得なキングバリュー500円というメニューもあり、値段が高いイメージのバーガーキングですがメニュー次第ではかなりリーズナブルに食べることができます。 バーガーキングでは有料のトッピングがたくさんあるので、 無数の組み合わせでハンバーガーを楽しむことができます。 ワッパーパティは240円、ハンバーガパティ160円、フィッシュパティ120円などパティをトッピングすればかなりのボリュームアップになります。 そのほかのトッピングはベーコン(3ピース)、スライスチーズ、アボカド(3ピース)、トマトスライス、レタス、オニオン、ピクルスなどがあり、値段は30円から80円ほどです。 ソース類はタルタルソース、シーザーソース、マヨネーズ、テリヤキソース、ミートソースが30円から80円の値段でトッピング可能です。 好きなハンバーガーメニューにトッピングして、好きな味にカスタマイズしてみましょう。

次の

米バーガーキングが謝罪、中国の店舗で賞味期限切れ商品販売 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News

バーガーキング 店舗

その2軒隣、ライバルの「バーガーキング 秋葉原昭和通り店」の店頭には、「22年間たくさんのハッピーをありがとう」と書かれた広告に、バーガーキングの制服をきた男性が帽子を取って頭を下げる写真とともに「Thank you」の文字。 「マクドナルドさんとの楽しかった思い出を、語り合うなら・・・」と、1月31日から2月6日に「マクドナルド秋葉原昭和通り店」のレシートを持参すると、バーガーキングの同店でブレンドコーヒーを無料でプレゼントするキャンペーンを行うことも告知している。 <バーガーキングの広告文> 私たち2軒隣のマクドナルドさんが今日で最終日を迎えます。 たがいに良きライバルとして、アキバを愛する仲間として ちかくにいたからこそ、私たちも頑張ることができました。 マクドナルドさん のいないこれからを思うと寂しさでいっぱいです。 どうかみなさん、 勝手なお願いですが、今日は彼のところに行ってください。 ずっと背中を追い続けた チャレンジャーの私たちから、スマイルを込めて。 お疲れさまでした。 マクドナルドを彷彿とさせる「ハッピー」や「スマイル」のワードや、自分たちを「ずっと背中を追い続けたチャレンジャー」と謙遜した内容は、一見するとライバルへの称賛と感謝のメッセージ見える。 ところが、このメッセージを縦に読んでみると…。 浮かび上がってくるのは、 「私たちの勝チ」という、煽りとマウントたっぷりの勝利宣言。 隠れメッセージに、Twitterでは「衝撃!」「まさか」と驚きの声が上がる一方、「喧嘩売ってて草www」「こういうの好き」など、面白がる声も上がっている。 バーガーキング VS マクドナルドのバトル広告、海外はもっとすごかった バーガーキングがマクドナルドを煽るスタイルの広告は、日本だけではない。 2019年7月には、ベルギーのバーガーキング公式Twitterがこんな投稿を行った。 写っているのは、マクドナルドとバーガーキングの屋外広告。 マクドナルド(左)は「Served by a king, or served as a king? (王様から接客されたい?それとも王様みたいに接客されたい?)」と、バーガーキングをもじって自社のサービスの質を宣伝。 (直火焼きもできないくせに、なに言ってんの?)」と対抗している。 「直火焼き」はバーガーキングの売りの一つだ。 また、2019年12月には、イギリスのバーガーキング公式アカウントが「ワッパーの秘密」というタイトルの動画を投稿。 ツイートには、「Thanks for having our back this year Maccy Ds(マクドナルド、1年間私たちの後ろにいてくれてありがとう)」というメッセージが添えられている。 バーガーキングの代表メニューでもある「ワッパー」の広告は、ワッパーの後ろにマクドナルドの「ビッグマック」を置いて撮影していたことを明かす動画で、自社商品の大きさを宣伝する内容となっている。 他にも、フランスでは、マクドナルドがバーガーキングを挑発するようなも。 5キロ先にマクドナルドがあることを伝える道路広告の隣に、258キロ先にあるバーガーキングまでの道案内を詳しく説明した広告を掲示している。 いずれも、ライバルを挑発しつつも、相手の商品や店舗の情報も伝える内容になっていて、お互いへのリスペクトがうかがえる。 「敬意を込めてエール」「コメントする立場にない」 秋葉原のバーガーキングの広告も、ライバルを挑発しながらも、大きさや仕様がマクドナルドの広告ととてもよく似ている。 ハフポスト日本版の取材に対し、バーガーキングの広報担当者は「これまでたがいに切磋琢磨してきたライバルであるお店へ、敬意を込めてエールを送らせて頂きました」と今回の広告の意図を説明。 広告の仕様が似ていることについては、「(マクドナルドと)共同で行なっているわけではございません」と回答した。 また、マクドナルドの広報担当者は、バーガーキング側の広告については「他社様の活動であり、コメントする立場にないので差し控える」と語り、次のように語った。 「私たちが向き合うべきは、これまでご愛顧いただいたお客様です。 取材の場を借りて、心からの感謝を伝えさせてください」.

次の