イブ 薬。 イブクイック頭痛薬

【市販の痛み止めの代表格】ロキソニンSとイブの選び方【OTC医薬品】

イブ 薬

詳しい薬理作用 体内で炎症や痛み、熱などを引きおこす物質にプロスタグランジン(PG)というものがある。 体内でPGはアラキドン酸という物質からシクロオキシゲナーゼ(COX)という酵素の作用などによって生成される。 PGは炎症や痛みを引き起こす要因となる他、脳の視床下部にある体温調節中枢に指令を伝え、この指令を受け取った体温調節中枢は身体各部に体温を上げるように指示を出す。 これにより発熱が生じる。 非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)はCOXを阻害することでPGの生成を抑え、痛みや炎症、発熱などを抑える作用をあらわす。 () イブプロフェンはNSAIDsの薬剤の一つでPG生成を抑えることで、抗炎症作用、解熱鎮痛作用などをあらわす。 主な副作用や注意点• 消化器症状(主に内服薬)• 胃部不快感、食欲不振、腹痛、吐き気などがあらわれる場合がある• 皮膚症状• 頻度は稀だが、かゆみ、発疹などがあらわれる場合がある• 喘息発作(アスピリン喘息など)(主に内服薬)• 頻度は非常に稀だが、気管支収縮作用などにより咳などの呼吸器症状があらわれる可能性がある• 息をするときゼーゼー・ヒューヒュー鳴る、息苦しい、息苦しいなどの症状がみられる場合はすみやかに医師に連絡する• 腎機能障害(急性腎障害など)(主に内服薬)• 頻度は非常に稀である• 尿量が少なくなる、ほとんど尿が出ない、一時的に尿量が多くなる、発疹、むくみ、体がだるいなどの症状がみられた場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する イブ(市販薬・内服薬)• イブシリーズの多くはイブプロフェンを主な有効成分とする製剤• イブシリーズの製剤例• イブ:有効成分としてイブプロフェン単独を含む製剤• イブA錠:有効成分としてイブプロフェンに加え解熱鎮痛効果を高めるアリルイソプロピルアセチル尿素と無水カフェインを配合した製剤• イブA錠EX:「イブA錠」に含まれるイブプロフェンの1回量(150mg)を1回量200mgに増量した製剤• イブクイック頭痛薬:「イブA錠」に含まれる3種の有効成分に加え、胃粘膜保護及びイブプロフェンの吸収促進成分の酸化マグネシウムを配合し、頭痛によりしっかり効くように設計された製剤• イブクイック頭痛薬EX:「イブクイック頭痛薬」に含まれるイブプロフェンの1回量(150mg)を1回量200mgに増量した製剤 メンソレータムアクネス25メディカルクリームb(市販薬・外用薬) ペアアクネクリームW(市販薬・外用薬) など• イブプロフェンを元に造られたイブプロフェンピコノールを主な有効成分とする外用薬(塗り薬)• 主な用途• ニキビ(尋常性ざ瘡)・イブプロフェンピコノールはニキビの原因菌(アクネ菌)による面ぽうの生成を抑え、抗炎症作用により赤いニキビを抑える作用などをあらわす• イブプロフェンピコノールとイソプロピルメチルフェノール(ニキビの原因となるアクネ菌などに対する殺菌作用をあらわす)の配合製剤の例• メンソレータムアクネス25メディカルクリームb• ペアアクネクリームW• モアファイン アクネ•

次の

二日酔いの頭痛にイブ(錠剤)は効果がある?

イブ 薬

【サイト内 特設ページ】 がんに関する情報は、世の中に溢れています。 「何を信じていいのか分からない」と不安なら。 こちらのページに解決策があります。 (病理検査の見方についてはで詳しく解説していますので参考にしてください) 病理検査の項目は様々ですが、その後の治療法を左右する重要な項目があります。 それが「ホルモン受容体の有無。 有=陽性、無=陰性」という項目と「HER2遺伝子たんぱくの発現の有無。 有=陽性、無=陰性」という項目です。 ホルモン受容体が陽性であれば、乳がん治療としてホルモン剤が有効です。 HER2が陽性であれば、治療薬として抗HER2の分子標的薬(主にハーセプチン)が使えます。 上記の2項目とも陰性であれば「トリプルネガティブ」とされ、ホルモン剤、分子標的薬が使えません。 使えるのは抗がん剤のみとなります。 イブランスが適応となるのは「ホルモン受容体陽性」かつ「HER2陰性」というタイプの乳がん患者さんです。 つまりHER2陽性の人は対象になりません。 イブランスはどのタイミングで、どのように使われるのか イブランスは2017年9月時点では米国を含めて世界20か国で承認されていますが、日本では未承認です(2017年以内にほぼ確実に承認されるといわれています)。 ですので現時点で言えるのは米国での承認条件・使用条件になりますが、製造元のファイザーによると米国での承認条件は以下のとおりです。 1.ホルモン陽性かつHER2陰性の閉経後進行または転移乳がんに対する初回ホルモン療法(フェマーラ=一般名レトロゾールとの併用) 2.ホルモン療法を実施したが進行したホルモン陽性かつHER2陰性の進行または転移乳がん(閉経の有無を問わない)に対する治療(フェソロデックス=一般名フルベストラントとの併用) 少し複雑ですね。 ですのでそれぞれについて解説します。 【サイト内 特設ページ】 がんに関する情報は、世の中に溢れています。 「何を信じていいのか分からない」と不安なら。 こちらのページに解決策があります。 進行して手術ができない場合や、手術はしたが取り残した場合、あるいは再発した場合がいわゆる「進行がん」です。 転移がんとは、リンパ節転移があったり骨、肺などの遠隔に転移がある場合を指します。 ステージでいえばステージ2b~ステージ4が対象になります。 さて、現在(イブランス承認前)の閉経前ホルモン陽性乳がんの治療では「アロマターゼ阻害剤単独」か「フェソロデックス(フルベストラント)単独」が第一(初回の)選択肢です。 米国で行われた臨床試験で、アロマターゼ阻害剤の主要薬であるフェマーラ単独よりも、フェマーラとイブランスを併用したほうが効果が高かったため「1」の条件が承認されたということです。 ですのでイブランス承認後の初回の治療法は「フェマーラ+イブランス」か「フェソロデックス単独」となります。 効果は「フェマーラ+イブランス」のほうが高いと考えられていますが、二剤併用のため副作用も受けやすいです。 新薬イブランスは薬価も高額になります。 そのため進行が比較的遅く、転移もさほど進んでいない場合は先に副作用が軽微で薬価も安いフェソロデックス単独を実施し、その後の二次治療として「フェマーラ+イブランス」が採用される流れになると思います。 「2」について(閉経の有無を問わず従来のホルモン療法実施後の患者さんに対して) 従来のホルモン療法について、閉経後は前述のとおり「アロマターゼ阻害剤」がメインです。 いっぽうで閉経前は抗エストロゲン薬(ノルバデックスなど)とLH-RHアゴニスト製剤(リュープリンなど)を使うのが一般的です。 これらのホルモン療法を行ったものの、効果がない、あるいは効果が薄れてきた場合に「フェソロデックス+イブランス」を二次治療で行う、ということです。 イブランス承認前は二次治療としてフェソロデックスを単独で使うのが主要な手段でしたが、臨床試験でフェソロデックス単独よりもイブランスと組み合わせたほうが効果が高いことが分かりました。 実際には医師の提案を確認しましょう。 おおまかにいうと、ホルモン陽性=女性ホルモンを抑制するためのホルモン剤を使ってがんを抑えることになります。 ホルモン療法は従来より長く行われてきた治療で、抗がん剤よりも副作用が軽微で長く使えることから乳がん治療では重用されてきた手法です。 しかし、ホルモン受容体陽性であるにもかかわらず、ホルモン療法が効かなかったり、一時は効いてもすぐに効果が薄れたりするケースもありました。 ホルモン薬の効果を阻害する要因が何かを調査する研究が続けられた結果、原因の1つとして蛋白質複合体である「サイクリンD」の存在が明らかになりました。 サイクリンDは乳がん患者さんのうち50%以上に発現することが分かっています。 つまり大部分の人がサイクリンDの影響によってホルモン療法の効果が薄れている、ということです。 やや難しい話になりますが、このサイクリンDはサイクリン依存性キナーゼ4と6(CDK4/6)と作用し、蛋白質複合体となっています。 これがホルモン療法の効果を妨げ、がん細胞増殖の要因になっていることが分かっています。 イブランスはサイクリン依存性キナーゼ4および6(CDK4/6)の働きを阻害することで、サイクリンDの活性化を止めることができます。 臨床試験での効果は? 米国で承認される根拠となった臨床試験があります。 それがPaloma-2とPaloma-3という試験です(ただの試験名なので覚えなくてもよいです)。 Paloma-2試験 1次治療で、フェマーラ単独群とイブランス+フェマーラ併用群を比較。 無増悪生存期間は、フェマーラ単独群が14. 5カ月、イブランス併用群が24. 8カ月という結果に。 フェマーラよりもイブランスのほうが効果が高いことが分かる。 Paloma-3試験 アロマターゼ阻害薬を使った後の2次治療として、フェソロデックス単独群とイブランス+フェソロデックス併用群を比較。 無増悪生存期間は、フェソロデックス単独群が3. 8カ月、イブランス併用群が9. 2カ月という結果に。 フェソロデックスよりもイブランスのほうが効果が高いことが分かる。 イブランスの副作用 主な副作用として、好中球減少症、白血球減少症、血小板数減少、貧血、肺塞栓症、疲労、上気道感染、悪心、口内炎、脱毛、下痢、食欲不振、嘔吐、末梢神経障害、鼻出血などがあるとされています。 発生頻度や重篤になる可能性などの詳細についてはまだ明らかになっていません。 がん治療専門のアドバイザー・本村です。 私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。 「本村さん、おかげで元気になりました」 そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。 しかし毎日届く相談メールは、 「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」 「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」 「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。 しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」 こんな苦しみに溢れています。 年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。 それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。 なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。 しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。 共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。 幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。 では、がんに勝つにはどうすればいいのか? 最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。 こんにちは。 本村ユウジです。 「がん患者さんに正しい選択を伝えること」をミッションに活動している、がん治療専門アドバイザーです。 誰とも利害関係なく、中立的な立場で、これまで4,300名の患者さんをサポートしてきました。 プロとして10年の経験があります。 医者同士が「がんは放置しろ」「いや、病院で治療すべきだ」と批判しあう異常な時代。 玉石混合の情報が飛び交っています。 誰が味方で、誰が敵なのか分からないので、私はたったひとりで「どうすればがんに勝てるのか」を突き詰めてきました。 私の武器は【事実と正しい知識】だけです。 それだけを軸に、がん患者さんやそのご家族を支援しています。 がんと闘う人が、できるだけ心身にキズを負わず、命を縮めることなく。 選択を誤らず、無駄なことは一切せず、無駄なお金も使わず、最短距離でがんを克服する道を歩む。 そして正しい知識を持つことが不可欠です。 私は多くの身内をがんで亡くした経験を経て、2008年から「素人の支援ではなく、仕事として」がん患者さんのサポートをしてきました。 ありがたいことに、たくさんの喜びや感謝の言葉を頂いてきましたので、その一部をこちらに掲載しています。

次の

歯痛に効く市販薬は?成分別の痛み止めを薬剤師が紹介

イブ 薬

イブの効果・効能について イブ関連の商品はたくさんラインナップされていますが、基本的な 効能・効果をみてみましょう。 イブA錠EX、イブA錠 、イブの効能・効果には、 月経痛(生理痛)・頭痛・歯痛・咽喉痛・関節痛・筋肉痛・神経痛 腰痛・肩こり痛・抜歯後の疼痛・打撲痛・耳痛・骨折痛・ねんざ痛・外傷痛の鎮痛 悪寒・発熱時の解熱 となっています。 イブクイック頭痛薬DX、イブクイック頭痛薬の効能・効果には、 頭痛・肩こり痛・歯痛・月経痛(生理痛)・咽喉痛・関節痛・筋肉痛・神経痛・腰痛 抜歯後の疼痛・打撲痛・耳痛・骨折痛・ねんざ痛・外傷痛の鎮痛 悪寒・発熱時の解熱 となっています。 イブの薬の成分 イブの薬の成分についてみてみましょう。 イブA錠EXですと、成分には、イブプロフェンのほか、アリルイソプロピルアセチル尿素、 無水カフェインが入っています。 痛み止めとしては、イブプロフェンが痛みのもとのプロスタグランジンの発生を抑えて 痛みを止めます。 また、解熱作用として体温のセットポイントを下げてくれます。 消炎鎮痛作用で、患部の炎症を鎮めて、痛みを抑えてもくれます。 そして、アリルイソプロピルアセチル尿素は、イブプロフェンの鎮痛作用を高める 鎮静成分です。 脳の興奮を鎮めることで、痛みを感じにくくします。 無水カフェインは、血管の拡張を抑え、イブプロフェンの鎮痛効果を助けます。 イブクイック頭痛薬DXには、酸化マグネシウムも加わり、イブプロフェンの吸収を 早めています。 副作用について 副作用として添付文書に載っているものの一部として、 皮膚に発疹、発赤、かゆみ、青あざ 消火器系で、吐き気、嘔吐、食欲不振、胃部不快感、胃痛、口内炎、胸やけ、胃もたれ・・・ めまい、動悸、息切れなどいろいろあります。 重篤なもので、アナフィラキシー、皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊死融解症、無菌性髄膜炎なども あります。 妊婦さんには、注意が必要ですし、鎮静成分により眠気もあります。 効果が表れる時間としては、 イブクイック頭痛薬DXでは、15~20分ぐらいで効果が出てくると言われています。 速さはロキソニンと同じか少し早いそうです。 イブプロフェンは効果が高いですので、上手に使っていきましょう。 症状がひどくなる前に服用するのが効果的です。

次の