クリック 365。 【スプレッド広っ!!】くりっく株365のデメリット・リスク!GMOクリック証券と徹底比較

くりっく株365

クリック 365

店頭取引とは、投資家からの売買注文を証券会社等CFD取扱業者が売買の相手方となって売買を成立させることをいいます。 店頭取引においては、取扱銘柄が各社で異なり、同じ銘柄であっても各社で提示するレートが異なりますし、オーバーナイト金利にもバラツキがあります。 たとえば、NYダウの株価指数CFDを売買しようとしたとき、A証券会社とB証券会社が提示しているレートに5〜10ドルのズレがあったりもするんです。 これは、東京金融取引所にて一般の株式のように 上場されたCFD銘柄を売買する形態で、2010年11月22日よりスタート。 店頭取引のCFDとは異なり、「くりっく株365」取扱会社に対して東京金融取引所が取引の相手方となる「清算制度」を導入しており、 投資家の証拠金は全額金融取が分別管理しているため、万一、口座開設をして取引している会社が破綻した場合でも、 原則として全額保全されます。 このCFDの取引所取引には 『くりっく株365』という呼び名がつきました。 FXをされている方なら『くりっく365』の存在を知っているかと思いますが、『くりっく株365』は、そのCFD版です。 では、くりっく株365は、店頭取引と比較してどのようなメリットがあるのでしょうか? くりっく株365で売買できる銘柄 店頭取引では売買できるCFD銘柄が各社でバラバラなのに対し、くりっく株365で売買できるのは東京金融取引所に上場されている5つの銘柄。 具体的には、「日経225(日本)」「FTSE100(イギリス)」「DAX(ドイツ)」で、名前を見てのとおり、いずれも株価指数CFDとなっています。 くりっく株365の取扱業者はいくつかありますが、どこの証券会社を利用しても、銘柄は同じで上場された銘柄ゆえに売買レートも同じです。 しかも、取引単位も100単位からで統一され、オーバーナイト金利も一本値で同じ。 つまり、店頭取引と比べて透明性が高い特徴を持っているのです。 税率優遇処置 株であろうとFXであろうと、投資で利益を得た場合、確定申告により税金を納めなくてはなりません。 店頭取引によるCFDで利益を得た場合、 総合課税方式となり税率は所得額に応じて高くなり、15%〜50%となります。 課税所得金額が500万円の方だと、利益の30%を税金として収めなくては生りません。 仮にCFDで年間100万円の利益を上げた場合、30万円を税金として納めなければなりません。 前述の例と同じく、課税所得金額500万円のサラリーマンが、くりっく株365で年間100万円の利益を上げた場合、20万円が税金となります。 つまり、店頭取引のCFDと比較して10万円も得をするのです。 課税所得 所得税率 くりっく株365 店頭取引 195万円以下 一律20% 15% 195万円超330万円以下 20% 330万円超695万円以下 30% 695万円超900万円以下 33% 900万円超1800万円以下 43% 1800万円超 50% 損失を繰り越せる これは、くりっく株365の大きなメリットの一つです。 店頭取引のCFDで昨年1年間で50万円の損失を出し、今年に50万円の利益を上げたとします。 この場合、今年の利益50万円に対し税金を納める義務が発生します。 課税所得が500万円のサラリーマンの場合だと15万円。 これに対し、くりっく株365では、3年間損失を確定申告により繰り越すことが可能です。 前述の例だと、今年50万円の利益を上げているものの昨年50万円の損失を出しているので、差し引き0円の儲け。 つまり、昨年も今年も税金を納める必要は無いのです。 しかも、CFDで得た利益、損失は、証券先物や商品先物、くりっく365などと合算できるので、CFDで利益を上げても他の投資で損失が出ているなら、差し引きした分をそのとしの利益として税金を算出すればいいのです。 これは、非常に大きなメリットと言えます。 くりっく株365のデメリット 店頭取引と比較してメリットが大きく見える『くりっく株365』ですが、 デメリットもあります。 たとえば、 取引可能な銘柄。 まだ、始まったばかりなので、徐々に増えていくのでしょうが、4つの株価指数CFD銘柄のみとは、ちょっと物足りないです。 しかも、NYダウが含まれていないのは残念。 まぁ、まだスタートしてから他の投資商品と比べて月日が浅いので、これから増えていくことに期待ですね。 そしてもう一つのデメリットは 最小取引単位。 店頭取引のCFDが 1単位から売買を可能としている会社が多いのに対して、くりっく株365は 100単位が最小単位。 たとえば、日経225を売買使用とした場合、店頭取引では1単位から取引ができるので、より少ない資金(証拠金)で取引を始めることができます。 つまり1,000円の資金(証拠金)があれば日経225を売買できるということです。 これに対して、くりっく株365では100単位からなので、日経平均株価を1万円と仮定すると最小取引はその100倍の100万円。 証拠金としては最低でも4万円ほど必要になります。 つまり、 より少ない資金で投資をしてみたい方には、ちょっと適していないということになります。 『自分は少ない資金でCFDを楽しんでみたい!』という方は、やなどの店頭取引でCFDをはじめるのがベターです。 くりっく株365と日経225miniとの違い くりっく株365で日経225を売買しようかと興味を抱いた方の中には、 『くりっく株365と日経225miniとでは、何が違うの?』と疑問を持った方もいるのではないでしょうか? 『日経225mini』も大阪証券取引所に上場されている銘柄なので、透明性や税制的には変わりありませんから、それ以外のメリットがなければ『くりっく株365』を選択する意味がありませんよね? くりっく株365は取引時間が長い 『日経225mini』の取引時間は9:00〜23:00なのに対し、くりっく株365は8:30〜翌6:00までとなっています。 価格の刻み幅が違います 日経225miniの場合、価格の刻み幅は5円となっています。 ちなみに日経225先物だと10円。 これに対して、くりっく株365では1円となっています。 これにより、実際の株価指数に近い価格の提示が可能となっているとともに、価格が細かく刻まれるため、その分利益も得やすいメリットがあります。 結局くりっく株365はおススメか? くりっく株365について、その基本をまとめましたが、結局のところ、取扱銘柄に魅力を感じる方にのみおすすめです。 くりっく株365は、「日経225(日本)」「FTSE100(イギリス)」「DAX(ドイツ)」の3銘柄のみの取扱い。 つまり、これらの銘柄に魅力を感じないようなら、口座開設する理由がありません。 とくにNYダウが無いのは非常に残念!あくまでも、これらの取扱銘柄を売買してみたい!という方にのみおススメということです。 ただし、くりっく株365は、始まったばかりなので、将来的に取扱銘柄が増えることはほぼ間違いので今後の動向に注目です。 では、次に、くりっく株をはじめるなら、私達投資家にとって、どの取扱会社が有利なのかを検証したいと思います。

次の

GMOクリック証券

クリック 365

歴史 [ ]• にサービスを開始した。 に通貨ペア数の拡大 、指定決済法の導入、マーケットメーカーの増加、取引時間の延長 を開始した。 にアジア3通貨ペア数の拡大を開始した。 にアジア3通貨ペアの上場休止を発表した。 特徴 [ ]• くりっく365は取り扱いの業者から、東京金融取引所があらかじめ指定したマーケットメイカーと呼ばれる取引参加者が提示するレートに対し、注文をする形となる(取引相手は、東京金融取引所が指定したマーケットメイカーである。 東京金融取引所は取引の結果生じた債権債務の相手方となる。 レートは、複数のインターバンクが提示するレートであり、買値と売値とも投資家にとって有利な方を採用している。 証券取引所の現物株のように売り手と買い手を直接結びつけるオークション方式ではなく、マーケットメイカー方式である。 が売りと買いで同一であり、投資家にとってメリットである。 店頭取引では、同一通貨ペアの売りと買いを比較して、投資家が支払うスワップポイントの方が多いケースがある。 取引証拠金が東京金融取引所で保全されているため、直接の取次業者が破綻してもポジションが清算されたり預託金が一般債券扱いとして毀損し返還されないなどといったカウンターパーティリスクが少ない。 破綻取次企業が管理していた顧客ポジションの別業者への移管が可能である。 また取扱業者の財務力も金融商品取引法の業者登録基準に加えて、純資産20億円以上となっている。 店頭FXの収益が小額である場合は総合課税の雑所得扱いのほうが税率が低くなることがあった。 (ただし、平成23年6月22日の所得税法等の一部を改正する法律により、平成24年度所得分より店頭FXもくりっく365と全く同じ税制になった。 損失が発生した場合、翌年から3年間にわたり所得税の損失繰越の適用が可能。 過去は売買手数料がかかっていたが、2013年10月よりマーケットメイカーから1単位当たり100円 税別 の手数料を東京金融取引所が徴収し、取次業者に交付しているため、かからない業者が多い。 (店頭業者は 、スプレッドで利益を得られるため手数料無料の業者もある)。 トラブル [ ]• 週の取引終了時刻である5時00分直前に、南アフリカランド・円の11. 5円付近で推移していた相場が、一瞬にして(投資家からみた)売値のみ8. 435円まで一気に急落する(買値は全く動いていない)事件が発生し、8. 435円でが発動するなど多大な損失を被る投資家が続出した。 また週明けの月曜日ではロスカットによる相場変動を発端として南アフリカランドの実レートが急落し世界的な影響を及ぼした。 当初、東京金融取引所は、マーケットメイカーの提示したレートであることを根拠に正式な配信レートであると表明したが 、この件で損失を出した投資家から集団訴訟される事態に至り、また数日後にマーケットメイカーのが異常レートを配信したことを認め、8. 435円でロスカットが発動した投資家に対してポジションの取り直しをするなどの救済策を行った。 またコメルツ銀行は取引所から処分を受けた が、異常レートの配信を防止するサーキットブレーカー機能が無い取引所自身のシステムの脆弱性も露呈する結果となった。 脚注(多くがリンク切れ) [ ]• - 東京金融取引所 2008年10月16日• - 東京金融取引所 平成20年10月23日• くりっく365. 2012年1月9日閲覧。 くりっく365. 2012年1月9日閲覧。 くりっく365. 2012年1月9日閲覧。 くりっく365. 2012年1月9日閲覧。 くりっく365. 2012年1月9日閲覧。 くりっく365. 2012年1月9日閲覧。 くりっく365. 2012年1月9日閲覧。 くりっく365. 2012年1月9日閲覧。 - 東京金融取引所 2009年11月6日• - 東京金融取引所 平成21年12月21日 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

取引所為替証拠金取引(くりっく365)をご利用のお客さまへ くりっく365取扱い終了のお知らせ

クリック 365

少額で投資可能になるので、この点は嬉しいポイントですね。 推測ですが、 NYダウのレバレッジを25倍に調整するんだと思います。 (実は現くりっく株365はレバ約60倍と高すぎ…。 7万 約61倍 (高すぎ) (新) NY ダウ 29万 1. 金・原油が追加です。 くりっく株365は非課税で再投資できるのが最大の魅力でした。 この改悪はとても残念。 =ロールオーバーコストの増加 次に コスト が大幅に増加します。 (この乗り換えをロールオーバーといいます。 ) ロールオーバには以下の費用が発生します。 【問題点】くりっく株365は元々スプレッドが広すぎる…。 断言します。 新くりっく株365を選ぶ理由はありません。 証券会社選びで失敗したくないなら、GMOクリック証券の店頭CFDを選ぶことを強くオススメします。 GMOクリック証券の評判・レビューは関連記事をどうぞ。 関連: くりっく株365上場廃止&新商品上場の口コミ・評判 他の投資家さんの動向について、Twitterで調べてみました。 結論として、 皆さんGMOクリック証券に乗り換えるようです。 (くりっく株365を継続する人はほぼゼロ。 ) よくある質問 くりっく株365上場廃止に関するQ&Aに答えていきます。 くりっく株365変更点要旨• 取引期限が最長15ヶ月になる。 結論:GMOクリック証券(店頭CFD)に乗り換えよう! 上記のとおり改悪でしかありません。 損したくない人は今すぐGMOクリック証券の店頭CFDに乗り換えることをオススメします。 少し余談ですが、投資で大切なのは決断力です。 今回の記事を読んでくりっく株365をするメリットはないと判断したなら、すぐに次の行動に移りましょう。 次の行動とは店頭CFDへの乗り換えです。 改悪により利回りが低下した くりっく株365に固執するのは大きな損失を生みますよ。 口座開設は無料、維持管理費もかからないので、この機会に申請だけでも済ませておきましょう。 関連: 人は忘れやすい生き物です。 1時間もすればこの記事を読んだことも忘れてしまうでしょう。 将来の失敗を防ぐためにぜひ今から行動してみてくださいね!.

次の