ハーフ マラソン 世界 記録。 男子マラソン世界歴代記録ベスト100

男子ハーフマラソン日本歴代記録ベスト

ハーフ マラソン 世界 記録

ニューヨークシティー・マラソンで優勝したケニアのジョフリー・カムウォロル選手。 11月3日(現地時間)、ケニアのジョフリー・カムウォロル(Geoffrey Kamworor)選手が2時間8分13秒でニューヨークシティー・マラソンを制した。 10月にはエリウド・キプチョゲ(Eliud Kipchoge)選手が非公認ながら、。 カムウォロル選手とキプチョゲ選手は、ともにナイキの「ヴェイパーフライ(Vaporfly)」のシューズを着用していた。 このシューズがランナーのエネルギー効率を上げているとの指摘もある。 国際陸上競技連盟は、ヴェイパーフライが不公平なアドバンテージをもたらしていないかどうか調査している。 11月3日、ケニアのジョフリー・カムウォロル選手が2時間8分13秒でニューヨークシティー・マラソンを制した。 「レースはスタートから良い感覚でした」と語ったカムウォロル選手は、「ゆったりとした気分でした。 このマラソンを走るために十分な準備をしてきました。 終盤はペースがやや速かったですが、問題ありませんでした。 そこで突き放そうと決めました」と話した。 ハーフマラソンの世界記録保持者でもあるカムウォロル選手は、ニューヨークシティー・マラソンで2017年にも優勝している。 2018年は3位だった。 ゴールしたカムウォロル選手は、トレーニング仲間のエリウド・キプチョゲ選手に迎えられた。 キプチョゲ選手は10月、ウィーンで行われた特別レースで史上初の2時間切りを達成していた。 カムウォロル選手は、他の多くのエリートランナー同様、ニューヨークシティー・マラソンでこのシューズを着用(下の写真でも分かるように、明るいピンク色のシューズがそれだ)。 キプチョゲ選手もウィーンのレースで同じシューズを使用していた。 2016年の夏季五輪でも、男子マラソンのメダリスト3人がヴェイパーフライのプロトタイプを履いていた。 カムウォロル選手は、58分1秒というハーフマラソンの世界新記録を出したときもヴェイパーフライを履いていた。 シューズの発泡体とカーボンファイバーのプレートを融合させたソールが、ランナーの走りを後押しするようデザインされているという。 初期のヴェイパーフライを対象とした2017年11月のでも、同様の結論に至っている。 その上で彼らは、「こうしたタイプのシューズによって、トップアスリートの走りは大幅に速くなり、マラソンでは2時間切りを達成するだろう」と付け加えた。 この予想は2年後に現実のものとなった。 2019年10月、キプチョゲ選手はウィーンで行われた特別レースを非公認ながら1時間59分40秒で走った。 その際、キプチョゲ選手はまだ市場に出回っていないヴェイパーフライの進化版を着用していた。 ちなみに、ウィーンの特別レースの記録が非公認なのは、ペースメーカーの集団(彼らもナイキのヴェイパーフライを履いていた)が交代しながらキプチョゲ選手のペースを維持し、風よけになっていたためだ。 これは国際陸連が定めた規則に反する。 マラソンの世界記録保持者、エリウド・キプチョゲ選手(ケニア)。 2018年のベルリン・マラソンでこの記録を出したときも、彼が履いていたのはヴェイパーフライだった。 事実、、マラソンの歴代最高記録トップ5はいずれもナイキのヴェイパーフライのシューズを履いた男性ランナーによって達成されたものだ。 これに対し、カムウォロル選手は「あのシューズが要因とは考えていません。 準備をし、ハードなトレーニングをすれば、どんなシューズでも走ることができるのです。 あのシューズは他の人々の不利になってはいません」と。 だが、全てのランナーがこれに同意しているわけではない。 非営利組織ニューヨーク・ロード・ランナーズの元プレジデント、メアリー・ヴィッテンベルク(Mary Wittenberg)氏は11月初め、「わたしは全ての結果に(ヴェイパーフライの「ビフォア」と「アフター」を意味する)BVやAVといった注釈をつけるようになると考えています」と。 アメリカで2時間5分を切った唯一の元マラソン選手ライアン・ホール(Ryan Hall)氏は、ヴェイパーフライはただのシューズではないとの考えを示している。 ホール氏は「シューズ会社が複数のカーボンファイバーのプレートをクッションで挟んでシューズに入れたら、それはもはやシューズではなくバネであり、こうしたシューズを履かない人間に対して明らかに力学的なアドバンテージになります」と。 シューズは国際陸連のルールに反するものではない 国際陸連はまだ、このシューズを禁止または規制するような動きを全く見せていない。 キプチョゲ選手の2時間切りの特別レースの前、国際陸連はこのシューズがランナーを有利にしているかどうか調べるため、元アスリートや科学者、政治家などで構成するワーキング・グループを集めた。 結果はまだ公表されていない。 国際陸連のルールでは、シューズは「不公平な補助またはアドバンテージ」をもたらすことはできず、誰もが「手頃な価格で入手可能」でなければならないとされている。 しかし、何をもって「不公平なアドバンテージ」とするのか、どのように「手頃な価格で入手可能」と判断するのかは定義されていない。 アシックスをスポンサーに持つランナーでライアン・ホール氏の妻でもあるサラ・ホール(Sara Hall)選手は、「これが今、わたしたちのスポーツのちょっとした頭痛の種になっています。 今はパフォーマンスをただそのまま称賛することが難しくなっています」と。 「わたしは、水泳やトライアスロン、サイクリングといった他のスポーツと同じように、ある程度の制限を設けることになるのではないかと考えています。 これらのスポーツには全てギアに制限があります。 そうすることで、より公平になると思います」.

次の

男子ハーフマラソン世界歴代記録

ハーフ マラソン 世界 記録

歴史 [ ] 、のでと合わせて第1回大会が行われ、以後毎年開催されていたが、の大会限りで終了した。 、は同大会の代わりに世界ロードランニング選手権を試験的に開催したが、2008年の大会から再び世界ハーフマラソン選手権として行われることになった。 しかし参加数の減少などから、2012年大会から隔年開催されることが2010年11月のIAAF理事会で決定した。 日本代表は毎年2月開催のとが世界ハーフマラソン選手権代表選考の対象大会である。 1992年の第1回大会で女子団体で、、、が合計タイム3時間30分39秒で金メダルを獲得した。 個人成績では、1992年に藤原恵が1時間09分21秒、1993年にが1時間10分09秒、1999年にが1時間09分12秒で共に銀メダルを獲得しているのが男女通じての最高成績であり、日本人選手の個人優勝はまだ一度もない。 大会一覧 [ ] 太字で記載されている記録は大会記録。 第15回、第16回大会は世界ロードランニング選手権として開催。 (第15回のみ20km) 男子 [ ] 回数 開催日程 開催国 開催都市 個人優勝 個人優勝タイム 団体優勝 団体優勝タイム 01 ()( ) 1:00:24 3:02:25 02 ()( ) 1:01:06 3:05:40 03 ( ) 1:00:27 3:03:36 04 ( ) 1:01:45 3:05:21 05 ( ) 1:01:17 3:07:42 06 ()( ) 59:56 2:59:54 07 ()( ) 1:00:01 3:02:21 08 ( ) 1:01:50 3:06:01 09 ポール・テルガト -2- 1:03:47 3:11:38 10 ( ) 1:00:03 3:00:31 11 ()( ) 1:00:39 3:00:31 12 () ( ) 1:00:49 3:03:01 13 ()( ) 1:02:15 3:07:55 14 ()( ) 1:01:08 3:06:18 15 ( ) 56:01 2:51:18 16 ゼルセナイ・タデッセ -2- 58:59 2:58:54 17 ゼルセナイ・タデッセ -3- 59:56 3:07:24 18 ゼルセナイ・タデッセ -4- 59:35 3:01:06 19 ( ) 1:00:07 3:01:32 20 ゼルセナイ・タデッセ -5- 1:00:19 3:03:52 21 ()( ) 59:07 2:58:59 22 ジョフリー・カムウォロル -2- 59:10 2:58:58 23 ジョフリー・カムウォロル -3- 1:00:02 3:02:14 24 女子 [ ] 回数 開催日程 開催国 開催都市 個人優勝 個人優勝タイム 団体優勝 団体優勝タイム 01 ( ) 1:08:53 3:30:39 02 ()( ) 1:10:07 3:32:18 03 ( ) 1:08:36 3:29:03 04 ( ) 1:09:58 3:31:29 05 ()( ) 1:10:39 3:33:05 06 ( ) 1:08:14 3:27:40 07 テグラ・ロルーペ -2- 1:08:29 3:29:43 08 テグラ・ロルーペ -3- 1:08:48 3:27:40 09 ( ) 1:09:07 3:34:22 10 ポーラ・ラドクリフ -2- 1:06:47 3:28:04 11 ( ) 1:09:06 3:28:22 12 () ポーラ・ラドクリフ -3- 1:07:35 3:30:16 13 ( ) 1:08:40 3:36:00 14 ( ) 1:09:17 3:31:00 15 ()( ) 1:03:21 3:15:55 16 ローナ・キプラガト -2- 1:06:25 3:23:33 17 ローナ・キプラガト -3- 1:08:37 3:30:59 18 ()( ) 1:06:36 3:22:30 19 ()( ) 1:08:24 3:26:59 20 ()( ) 1:08:55 3:27:52 21 ()( ) 1:07:28 3:23:05 22 ()( ) 1:07:31 3:22:59 23 ()( ) 1:06:11 3:22:27 24 大会記録 [ ]• 男子: ジョフリー・カムウォロル(59分7秒)(2014年第21回大会)• 女子: ネサネット・グデタ(1時間6分11秒)(2018年第23回大会) 脚注 [ ] [].

次の

男子ハーフマラソン日本歴代記録ベスト

ハーフ マラソン 世界 記録

こんにちは、ジョーデンです。 フルマの半分の距離。 0975km。 その世界記録が去年約 八年ぶりに更新されました。 現世界記録保持者、出身 ・キプタム選手です。 ・キプタム• 出身:• 年齢:29歳(2019年8月現在)• スポンサー:ナイキ• 10000m: 29分18秒• 10km: 27分44秒(非公認)• : 58分18秒(!)• マ: 2時間05分26秒 近年の活躍 1.!(2018年) 歴史上で無敵の強さを誇った選手。 それが、 ゼルセナイ・タデセ選手です。 世界選手権では計 五勝。 そして、2010年に 58分23秒の世界記録を打ち立てました。 この時のペースは、1km当たり驚異の 2分46秒。 出身の彼は、祖国のヒーローとなりました。 この不滅とも言われた世界記録を破ったのが、 キプタム選手です。 レーススタート30分間、集団の中でリラックスして走ります。 中間点を過ぎたあたりから集団先頭に立ち、みるみるスピードアップ。 前半10km28分02秒に対し、 後半10kmは圧巻の 27分16秒。 の街を一人颯爽と駆け抜けていきました。 2.マ第三位(2017年) 選手の専門種目は、マ。 10000mや10kmの自己記録と比較すると、どれだけ彼が長い距離に適しているのかわかります。 2017年のマでは、その適性を存分に発揮し、堂々の 三位でゴール。 ちなみにその大会の4位の選手が、現在 世界歴代7位の記録を持つ、の ムール・ワシハン選手でした。 走りの特徴 ・軽い!まるで宙を浮いてるかのよう。 世界記録を出した2018年。 この動画を見ると、彼の走りの特徴がよくわかります。 まずは、高い腰の位置。 軸が安定し、上半身と腕振りがとてもリラックスしています。 身体のバネとスムーズな脚の運びと連動して、まるで 宙を浮いているかのように見えます。 ・忘れてはいけない!ピッチの速さ。 キプタム選手、長い手足に思わず注目してしまいます。 この手足を利用した大きなはもちろん彼の武器でしょう。 そして、そのをしっかりスピードに結びつける足の返り。 しっかりとお尻の付近まで引き上げられ、スムーズに前方へと戻されます。 「脚が流れやすい」 時にが大きい選手はこのような弱点があります。 キプタム選手は対照的で、足の回転数が多く、との 良いバランスがとれていると考えられます。 その他の注目点 ・ナイキがスポンサー このブログではよく選手のスポンサーまたは使用しているブランドについて言及しています。 やはりマ大会を見ていると、選手のシューズやウェアがとても気になってしまいます。 近年、マ業界をけん引するナイキブランド。 キプチョゲ選手のフルマ世界記録。 そしてキプタム選手の世界記録。 ついに、ナイキの選手が 二冠を達成しました。 キプタム選手の活躍は、彼の名前を有名にする一方で、ナイキブランドの向上にも貢献していると言えます。 ・ドーピング!?(出場停止) 2019年。 高速レースになることが期待され、 モハメッドファラー選手やキプチョゲ選手など、世界中から有名選手が集まりました。 キプタム選手もこの大会に招待選手として参加… する予定でした。 しかし、大会二日前に急遽アンチドーピング協会から発表があり、キプタム選手は大会への 出場停止。 多くの長距離ファンが、世界記録保持者とフルマ世界記録保持者の対決を望んでいただけに、衝撃的なニュースとなりました。 発表後現在まで彼はどのレースにも参加していません。 早く出場停止処分がとけることを期待しましょう。 まとめ 世界記録の樹立。 宙を浮くような美しい走り。 そして、少し心配なドーピング問題。 競技復帰が楽しみな ・キプタム選手に注目しましょう。

次の