アスカ 見参 攻略。 女剣士アスカ見参! 裏白蛇島階層別攻略

風来のシレン外伝 女剣士アスカ見参! 合成の考察

アスカ 見参 攻略

環境: Windows10 Pro x64 Win10にてアスカを動かす方法。 外伝 アスカ見参! 本体 持ってない人は、! ,フリマ,等でゲットして下さい。 高騰して激高ですが... オフライン対応パッチ NOCDパッチ AsukaPlus 上記3個のファイルをダウンロード後、解凍します。 下記ファイルを全て、アスカのインストール先フォルダへ移動します。 AsfPCN1800. exeの実行 2. [NoCD Patch] 外伝 ! Ver. 完了したら、インストール先にある AsfPc. exeを実行。 これで、Windows10でも遊べるかと思います。 bescuit.

次の

ツール

アスカ 見参 攻略

環境: Windows10 Pro x64 Win10にてアスカを動かす方法。 外伝 アスカ見参! 本体 持ってない人は、! ,フリマ,等でゲットして下さい。 高騰して激高ですが... オフライン対応パッチ NOCDパッチ AsukaPlus 上記3個のファイルをダウンロード後、解凍します。 下記ファイルを全て、アスカのインストール先フォルダへ移動します。 AsfPCN1800. exeの実行 2. [NoCD Patch] 外伝 ! Ver. 完了したら、インストール先にある AsfPc. exeを実行。 これで、Windows10でも遊べるかと思います。 bescuit.

次の

不思議のダンジョン 風来のシレン外伝 女剣士アスカ見参!

アスカ 見参 攻略

ニコニコ生放送以外でも、Peercast、Ustream、なんでも実況Vなどで 配信をしている人も多い。 (ニコ生以外の方がプレイ人口が多いと思う) ・ 生産終了と高騰している価格 2013年5月現在、Amazonでの価格は 中古でも最低3万円、新品だと6万円である。 「名作と聞くからプレイしてみたいけど、高くて買えない」という声が多い。 今後、どのようにOSが進化(?)していくかわからないが、 いずれOSの影響でプレイできなくなってしまう日が来るかもしれないので、 それを避けるために家庭用ゲーム機でも販売してほしいと思っている。 「 ドリームキャスト版(以下、DC版)があるじゃないか!」 確かに既にアスカ見参は家庭用ゲーム機で販売されていましたが、 以下の追加要素があるため、 Windows版の方が圧倒的にやり込み甲斐がある。 ・ 充実した支援ツール(主にAsukaTools) アスカ見参はPCゲームという特性上、有志が作成した(非公式の)支援ツールがある。 代表的なツールは AsukaToolsというツールで、図3のような機能が収録されている。 』 一番大きい機能が、その階層でのターン数を確認できること。 突風が吹く 1,500ターンギリギリまで稼ぎができるようになるため非常に有利になるが、 「本来は確認できないターン数がわかるのはずるい。 使わないべきだ!」と言う人もいる。 他にはダンジョン内での経過時間も見れるため、 ソフトウェアタイマーを使うことなく、 タイムアタックをプレイすることができる。 』 わざわざアイテム欄から確認しなくても、装備品や修正値・印を確認できて非常に便利。 特に ゲーム配信中に、リスナーが一目で装備品や印構成などを確認できるところが便利。 』 有志が発案・考案した改造ダンジョンがプレイできるツールで、 今では 300個近くの改造ダンジョンが存在する。 通常の難易度では満足できないプレイヤー用の超高難易度のダンジョンから、 ネタと思えるようなダンジョンまで、 ハックダンジョンの種類は多種多様である。 』 何が便利かといえば、敵のHP・攻撃力・防御力などを覚えていなくても表示されることと、 階層を移動すると自動で、出現モンスターの表示が変わることである。 ~リメイクか移植か、どのハードが最適か~ 最新のOSに対応させて再販というのが、製作コストが低く無難なところか。 シレン2で書いたように、 中途半端にリメイクするなら移植がいい。 シレン4plusのようにダンジョンを追加するのはありだと思う。 元々、アスカ見参は グラフィックが綺麗なので、 PlayStationVitaのワイド画面(&高画質)でプレイしたい。 また、 家庭用ゲーム機で移植するのであれば、フェイの問題作成の機能を内臓させて、 作成したデータをメモリーカードに保存して、ユーザー同士で作成したデータを交換して、 お互いに解き合うのとか楽しそう。 (3DSでもVitaでも実現できそう) ダンジョン数は既に30個もあるため、ダンジョンを追加はどうなのかな。 ただ、リメイクするならば何かしらの追加要素は欲しいところである。 それ以外のことは、シレン2で書いたことと同様で、 「携帯ゲーム機だと嬉しいな」「配信できるゲーム機だと嬉しいな」という感じ。 ~結論~ 最新のOSに対応させて再販!(そのまま再販するだけで全然OK!) または、PlayStationVitaで移植orリメイク! 以上です。 第二段はいかがでしたでしょうか。 こうやって考えをめぐらせていると、製作者の気持ちがちょっとだけわかった気がします。 他にも「こんな風に、移植orリメイクするといいんじゃない?」など、 意見がある方は、コメントしてください! ~シレンレビュー関連のブロマガリンク~ 今後は、以下のような記事を作成予定です。 nicovideo. nicovideo.

次の