初心者 コード。 【すべて無料で見放題】ギターコード/ピアノコード検索サイト|楽器.me

簡単なウクレレのコードを弾く

初心者 コード

今日は、こんな初心者の私でも苦労しないで、 簡単にウクレレが弾けるようになった『 弾き方入門講座』をご紹介したいと思います。 私がウクレレに興味を持ったのは、GONTITIさん。 ヴァイオリン奏者の葉加瀬太郎さんが主宰する「ライブイマージュ」というコンサートに出演なさってたんです。 そのライブで2人が奏でていたギターの音が、とっても私の感性にぴったんこカンカン。 そこからGONTITIさんのCDをいろいろ聴き始めたんですね。 曲のタイトルもちょっと変わっていて、凄くいい! GONTITIってギターのイメージがありますけど、実はウクレレで演奏したCDも出しているんですよ。 このCDを聴いて、ウクレレのなんだか可愛い音色に惹かれて、私も弾いてみたいと思ったんです。 今って、通販でなんでも簡単に買えるじゃないですか。 それで、すぐに『ウクレレ入門セット』を買ったんです。 それがコチラ。 「ALA MOANA(アラ モアナ)社製ウクレレ」と「教則DVD」、「楽譜集」がセットになっていて、しかも、「ソフトケース」「ピッチパイプ」「教則本」「譜面台」まで入っていて16,300円。 そこそこ音色もよく、届いたその日から楽しめるというものです。 これであとは弾く練習のみ。 しっかり準備は整いましたよ。 ところでウクレレって、弦が4本しかないじゃないですか。 だから最初、簡単な曲だったらすぐに弾けるようになると思ったんです。 でもそれは、大間違いでしたね(汗) 入門初心者におすすめのチューニング ウクレレには4本の弦が張られていますが、これらの弦はすぐに狂ってしまうんですね。 ですから、ウクレレを弾こうとするならば、まず弦のチューニング方法を覚えなくてはいけません。 これを習得するのは、初心者にとって最初の関門になりますが、しかし手順を踏んでやればできますので恐れることはありません。 ウクレレには、実は複数の調律のやり方があるんですね。 入門したばかりの初心者がまず最初に覚えるべきは、ハイGチューニングと呼ばれるやり方です。 ウクレレを構えた状態で手前側になる弦を第4弦とし、顔から一番遠い弦を第1弦とすると、ハイGでは、第4弦がソ(G)、第3弦がド(C)、第2弦がミ(E)、第1弦がラ(A)になります。 この時、第3弦から第1弦にかけては順に音が高くなっていきます。 具体的には、第3弦のドから2つ上の音が第2弦のミ、そしてそこから3つ上の音が第1弦のラです。 気をつけなくてはいけないのは第4弦で、ハイGにおいては、このソは第1弦のラの1つ下の音になります。 ですから、音の高い順に並べると、第1弦、第4弦、第2弦、第3弦となります。 初心者は、まずこの基本の調律を徹底的に覚えるしかありません。 他の方法は、場合によっては弦の張り替えが必要になるので、入門段階では気にしなくていいみたいです。 では、実際に音を合わせてみました。 音は、楽器のネックについているペグを回して上げ下げします。 この時、弦を強く張る方向にペグを回すと音は上がり、緩めると音は下がります。 ペグを少し動かすだけで音の高さが変わりますから、最初のうちは難しかったです。 私が買ったウクレレは、このペグがギヤ式になっていたので微調整が簡単にでき、入門段階の私には向いていました。 チューニング方法は、音叉やピッチパイプなどから基準となる音を拾い、耳でそれに合わせて行う方法と、チューナーによって楽器から出る音を拾って高さを確認し、目標とする音の高さに合わせていく方法があります。 入門初心者はまだ耳が慣れていないので、チューナーを使って音の高さを機械的に読み取って合わせていく方が簡単でした。 チューナーは、実際に鳴っている音を拾う一般的なタイプのものと、楽器を挟み込んで振動によって音の高さを読み取るクリップ・タイプがあります。 クリップ・タイプの方が扱いやすいのですが、道具を揃えるのが大変です。 今の時代、スマホのチューナー・アプリを使えば音を拾うタイプのチューナーの代わりになります。 最近はスマートフォンのアプリも高性能になっています。 実際の調律は、第4弦から順に第1弦に向かって行います。 音を出してチューナーで高さを確認し、目標とする音に向けてペグを回して上げ下げして調節していくことになります。 ただし、ペグを回す時は、音が低い場合でもいったん緩める方向に回してから少しずつ上げていくようにした方が無難です。 いきなり音を高くしようとして弦の張力を上げると弦が切れてしまう可能性があるためです。 同様に気をつけなくてはいけないのが、オクターブの間違いです。 同じ音でも、オクターブが違えば弦にかかる力が大きく変わります。 1オクターブ低くしてしまった場合は、弦の張力が本来の半分になっているだけですから問題ありませんが、間違って1オクターブ高くしてしまうと、弦の張力が本来の倍になってしまい切れてしまう可能性があるのです。 あとはチューナーを頼りにそれぞれの弦の音を上げ下げするだけですから、慎重に進めれば問題なくできるのです。 楽器の練習をする時には必ずチューニングをし、練習中も狂ったなと思ったらすぐに調律し直す必要があります。 そうして繰り返すうちに、入門者の私が調律のやり方を自ずと覚えたのです。 ウクレレ入門者におすすめの弾き方入門講座 さて、こんな感じでチューニング方法はマスターして準備ができたのですが、素人同然の私が、そう簡単に曲を弾けるわけありません! 楽器店で購入した教則本を見ても、なんだかチンプンカンプン…… 弾き方のコツなんかも載っていたのですが、全然ダメ!……だったんです。 そんな時に、偶然クライアントの方から教えてもらったのが、日本を代表するウクレレ演奏者の津村泰彦さんが出している、『 自宅で一からマスターできるウクレレ講座』の入門者向けDVD。 その特徴は ラダー譜……というものだったんです。 値段は16,800円でしたよ。 最初はちょっと高いかなって思ったんですが、スクールに通うことを思えば全然安いし、まあ値段なんて考え方次第ですからね。 この津村泰彦さんは演奏したり曲を作ったりする傍ら、湘南で個人レッスンを行ったり、アカデミーを主催したりして、ウクレレ教室をいくつも運営していらっしゃるんです。 そんな津村さんのかつての悩みが、初心者の生徒さんの中でも個人差があって、うまく弾けない人をどう指導をするかということだったそうです。 何事もそうですが、同じ教え方をしてても、上達の早い人もいれば、そうでない人もいますよね。 ちなみに、私は完璧に後者ですが…… 笑 そんな生徒さんのことを頭に浮かべながら、譜面をじっと眺めているうちに、ふと、あることに気づいたそうなんです。 どこをどう押さえればいいかをパッと見ただけで弾き方が、入門者でも一瞬にわかるように、もっとシンプルにできるはず……と。 そして、とっても良いアイディアを思いついたそうなんです!! そこで生み出されたのが、入門者にとっても弾きやすい「 ラダー譜」と呼ばれるメソッドというわけです。 このラダー譜は、左指の運びをイメージしやすいように指の順番が図にしてあるんです。 図案化されてるので、楽譜が読めない私でも簡単にのみ込めたというわけなんです。 この「 ラダー譜」……確かにすごく判りやすいですよ! しかもこのDVDには入門者でも上手になるためのキーポイントや構え方など、さまざまなノウハウがたくさんたくさん、とても判りやすく紹介されているんです。

次の

ウクレレ初心者入門講座|私のお勧めは自宅で楽々上達で〜す♪

初心者 コード

「右ひじグイっ」でFm、F7、Fm7も攻略!• Fを鳴らすためのギターの状態【初心者セッティング】 この記事を書いている僕は、ギター(音楽)歴30年ほど。 レッスンでは現在約60名ほどの生徒さんを教えていますが、初心者の方も中級者の方も 「バレーが苦手でFやFmが綺麗に鳴らない」という方が大変多いです。 先日こういうツイートをしました。 初心者の方でFコード綺麗に鳴らない事多いですよね🎸 キモは人差し指バレーですが、握力ではなく、親指関節を逆反りにして人差し指との間にヒネリのパワーを生み出すんですね。 でも、それでも足りない場合は「右ヒジも使って」ギターボディを少し手前に押し込みます。 どのサイトもすごく丁寧に説明していたのですが、全部「左手をこうしたほうがいい」という記事ばかりでした。 僕の生徒さんの初心者の方の多くは 「左手、すごく頑張ってるんだけど…力が足りないのかなぁ。 Fはギリ鳴ったとしてもFmの3弦が全く鳴りません」 という声がほとんどです。 今回のこの記事では、どこのサイトでも説明されていない 左手と右わきで抱えたギターを、両腕を使って手前側に弓ぞりにする感じ です。 とはいえ、 そこまで手前に強く引くわけではありません。 動画でも言ってますが、強く引きすぎると、ギターが弓ぞりになり、コード自体をベンドさせることになり、音程が変わってしまいます。 (ネックベンドという実際の奏法は一応あります)。 Fコードを押さえる瞬間に、ほんの少しだけ手前にグッと力を入れるんですね。 すると、右ひじ右胸にも押さえる力を分散できるので、左手の握力だけで押さえるよりずいぶん楽になります。 「右ひじグイっ」でFm、F7、Fm7も攻略! Fは鳴るけど、Fmが鳴らない人が多い 初心者だけではなく、もう1年半くらい弾いている脱初心者レベルの方でも多いのが Fは全然問題なく鳴るんだけど、Fm、F7、Fm7が鳴らない という症状です。 なぜそんなことが起こるのかというと、 Fを押さえている時の人差し指のバレーが完全ではなく甘い、のが原因です。 上図のようになってしまっていると、 中薬小指を外したとき、人差し指バレーの音が鳴ってないのがバレてしまいます。 6弦2弦1弦をグッとバレーしようとして、 人差し指を少し曲げてしまうのもあまり良くないですね。 初心者の間は「とにかくFだけが鳴れば良い」という考え方で、6弦2弦1弦のみバレーで鳴れば良いですよ〜、というのも、目先の目標としては決して間違いではありません。 でも、ギターを弾き始めて1年後には「Fm、F7、Fm7」というコードを弾く曲も必ずでてきます。 なのでなるべく早い段階で 完全に全部の弦がしっかり鳴る人差し指バレーの自分なりのフォーム を作り上げておいたほうが良いです。 そして、そのためには ・エレキギターならブリッジのコマ、ネックの反りを調整して弦高を下げる ・アコギならネックを逆反り気味に調整する、またはブリッジサドルかナットを削って弦高を下げる エレキギターは簡単に弦高を下げる調整ができます 弦高が低すぎてベチベチしちゃうかもしれませんが、最初はそれで弾いてみましょう。 アコギの場合は少し慣れてないと調整が難しいかもしれません まず、 トラスロッドを締めて、ネックを少し逆反り気味にします。 これだけでも細かく調整すればかなり弦高を下げることができます。 僕は、ほぼ全ての初心者の生徒さんのギターはこの調整を最初にしています。 この調整をして、かつ、この記事の「右ひじでグイっ」をすることで100%みなさんFが鳴るようになります。 これに関しては、自分では難しいのでリペアショップに相談になります。 まとめ• 右も左も身体全部を使ってFを鳴らそう• 音が鳴るということが全て!鳴ってしまえば、それがあなたにとって正しいフォーム• ギター調整も含めて、一番楽に鳴らせる方法を探そう ということで今回は以上となります。 あらゆる手段を使えば、意外とFコード攻略もできる感じがしますね。 こうしなきゃいけない、というのは 昔から語り継がれてきた「正しいかもしれない方法論」でして、それがハマれば正しい場合もあります。 しかし、そのやり方ばかりにこだわらずに「いや、こうすればもっと簡単にできるんだけどな〜」というやり方があれば、どんどん試して良いのです。

次の

ウクレレ初心者でも簡単に弾ける3つのコードと練習曲を無料動画で!

初心者 コード

アコギ初心者です。 チューニングが出来るようになりました! コードダイアグラムの読み方もわかったけど 押さえ方がチョット。 そう、 アコギ初心者はここから先の コードの 押さえ方が大変なので、 コードの 押さえ方のコツを伝授したいと思います。 実際に コードダイアグラムの 押さえ方とおりにやってみても、綺麗に アコギの音が響かない。 初心者だから、 コードの 押さえ方が悪いのか、力の入れ方が悪いのか指先が痛くなるし、早くも アコギ挫折の一歩手前なんて方もいるのでは? コードとは、日本語で和音のこと。 ピアノを習ったりすると、音楽理論なんかが出てきてややこしいのですが、 アコギの場合は左手の形を覚えてしまえばいいので、コツを掴めば簡単だと思います。 私のサイトでは、挫折してしまいがちな アコギ初心者の方が、ちょっとでも上達して アコギって楽しいなと思えるようになるために運営しています。 今回は、 アコギの 初心者が コードの 押さえ方で知っておきたいコツと、初めに覚える5つの定番 コードを解説したいと思います。 アコギ初心者必見!コードの押さえ方のコツ|はじめに覚える5つのコード どうしてもアコギで弾きたい曲が決まっていて、途中に押さえ方の難しいコードが出てきてつまずいた! ここでアコギの練習を諦めてしまってはもったいない。 アコギの初心者の段階では、簡単なコードから覚えると、早い段階で演奏可能なレパートリーができるので、アコギの楽しさが実感できます。 簡単なコードが押さえられると、力の入れ具合や使う筋肉の感じがつかめてくるので、焦らず、ひとつひとつ覚えていきましょう。 アコギの響きが良くなるまでは、力(ちから)加減にコツがありますが、諦めなければなんとかなりますよ。 では、基本の5つのコードに行きましょう!! Cメジャー Cコード シー・コード の押さえ方は下記のコードダイアグラムの通りです。 1弦:開放弦(何も押さえないでそのまま弾く) 2弦:1フレットを人差し指で押さえる 3弦:開放弦(何も押さえないでそのまま弾く) 4弦:2フレットを中指で押さえる 5弦:3フレットを薬指で押さえる 6弦:弾かない 弦を押さえた指の力を抜かずに、5弦から1弦まで、一本づつ弦をはじいてみてください。 弾いた弦全ての音が鳴り続けるように頑張ってください。 アコギ初心者の方は、どれかの弦が「ぽん」とか、「ぷっ」といって音が途切れませんか? アルペジオをやるにしても、コードストロークで弾くにしても、鳴るべき弦がきれいに響かなければ良い演奏にはならないです。 弦の音が途切れてしまう状態の解消するコツは後ほど解説するので、地道に押さえ方の練習を重ねましょう! Dメジャー Dコード ディー・コード の押さえ方は下記のコードダイアグラムの通りです。 1弦:2フレットを中指で押さえる 2弦:3フレットを薬指で押さえる 3弦:2フレットを人差し指で押さえる 4弦:開放弦(何も押さえないでそのまま弾く) 5弦:弾かない 6弦:弾かない Cコードと同じように、弦を押さえた指の力を抜かずに、4弦から1弦まで、一本づつ弦をはじいてみてください。 私は、アコギ初心者の頃、Cコードより、Dコードの方が早く覚えられました。 押さえ方が簡単ですよね!力が入りやすかったというか、綺麗にアコギの音がなるのが早かったですね。 Gメジャー Gコード ジー・コード の押さえ方は下記のコードダイアグラムの通りです。 1弦:3フレットを小指で押さえる 2弦:開放弦(何も押さえないでそのまま弾く) 3弦:開放弦(何も押さえないでそのまま弾く) 4弦:開放弦(何も押さえないでそのまま弾く) 5弦:2フレットを中指で押さえる 6弦:3フレットを薬指で押さえる アコギ初心者の方が初めに覚える5つのコードの中で、一番押さえ方の難易度が高いコードだと思います。 コツは小指の力の入れ具合ですね。 なかなか最初は、小指だけ指を曲げるのlは難しいと思います。 私は、コードの響きとしてはこのGコードが好きですね。 Em Emコード イーマイナー・コード の押さえ方は下記のコードダイアグラムの通りです。 1弦:開放弦(何も押さえないでそのまま弾く) 2弦:開放弦(何も押さえないでそのまま弾く) 3弦:開放弦(何も押さえないでそのまま弾く) 4弦:2フレットを薬指で押さえる 5弦:2フレットを中指で押さえる 6弦:開放弦(何も押さえないでそのまま弾く) アコギ初心者の方が初めに覚える5つのコードの中で一番押さえ方のやさしいコードですね。 力の入りやすい、中指と薬指だけで弾けるので、まずはこのEmで、全ての弦を弾いてみて音が鳴り続けるように頑張ってみてください。 Am Amコード エーマイナー・コード の押さえ方は下記のコードダイアグラムの通りです。 1弦:開放弦(何も押さえないでそのまま弾く) 2弦:1フレットを人差し指で押さえる 3弦:2フレットを薬指で押さえる 4弦:2フレットを中指で押さえる 5弦:開放弦(何も押さえないでそのまま弾く) 6弦:弾かない このAmコードで5つの最初に覚えるべきコードは完了です。 きちんと、鳴らすべき弦の音が鳴り続けるようになるに押さえ方を覚えるには時間が掛かると思います。 アコギ初心者のうちは、指の皮の様子と見比べながら、休み休み精進しましょう。 綺麗に響かせるコツ アコギ初心者の方がコードを綺麗に響かせるのに、コツをつかめるとアコギの練習もぐっと楽しくなりますね。 アコギのコードを響かせるちょっとしたコツをお伝えしますので、頑張ってみてください。 弦はフレット近くで押さえる! コードダイアグラムを見ると、フレットとフレットの中間にしるしが付いていますが、実際の弦の押さえ方としては、フレットに割りと近い場所を押さえます。 ひとつのコードを覚えるときに、どの指でどの場所を押さえるか覚えた後は、どの位置でどれくらいの力を加えると弦の響きが良いかを確認しましょう。 大事なのは、弦の押さえ方の形では無く、アコギが心地よく響いているかどうかですよ。 アコギ初心者の方がつまづきがちな指の傷みについて下記に紹介しています。 指を立てて隣の弦に触れないように! 弦の押さえ方は、弦に対して指を斜めに倒して押さえてしまうと、隣の弦に指が触れてしまい、音がミュートされてしまう事があります。 特に開放弦は気をつけましょう。 例えば、Cコードの場合、2弦の1フレットを押さえている人差し指が、1弦に触れていませんか? 押さえ方の角度によって、1弦に人差し指がちょっとでも触れてしまうと、1弦が響かない事になります。 綺麗なコードを響かせるには、鳴らすべき弦の全て音が充分に出ている必要があるので、指の角度には注意しましょう! アコギ上達の近道なども紹介してきました! アコギ初心者必見!コードの押さえ方のコツ|終わりに アコギ初心者の方は、まずはこの、基本の5つのコードを体で覚えましょう。 コードダイアグラム見て、目でポジションを覚えるのではなく、私は、左手の押さえ方の形でコードを覚えました。 コードをパッと見たときに、アコギの音色の響きの感じととともに、左手の押さえ方の形が瞬時に出てくるようになると素晴らしいですね。 アコギで実際に曲を弾くときには、次のコードは「G」といわれて、「えーっと、薬指が・・・」と押さえ方を思い出している暇は無いので。

次の