リスクを取らない リスク ダウンロード。 成功する事業家はリスクを取らない、攻めの経営が失敗する理由

リスクを取らない人生ほどリスクが高いと言える2つの理由

リスクを取らない リスク ダウンロード

金融の世界では、リスクというのは「危険」ではなく「不確実性」を指します。 例えば、預金がリスクの低い商品で、外貨投資がリスクの高い商品と言われるのは、預金なら1年後に金利がどのくらいもらえるかほぼ確実にわかるのに対し、為替は円安か円高か予想できないからです。 確実にもらえる金利が決まっている預金はリスクが低く、為替の変動が読めない外貨投資はリスクが高いという訳です。 ただし、これは円ベースで見た場合です。 資産の実質価値という点から考えると、本当に円の預金のリスクは低いのでしょうか? 具体的に考えてみましょう。 円資産を100万円持っているのと、円資産と外貨資産を50万円ずつ持っている場合、どちらがリスクが高いのでしょうか。 為替リスクを考えれば、外貨資産を保有している方が、リスクが高いというのが通常の考え方です。 しかし、円資産100%の場合、円高でも円安でも100万円のままで変わりありませんが、円安になれば、同じ100万円でも実質的な価値は下がります。 実質価値が下がることを考えれば、円ベースでの元本保証には何の意味もなくなります。 逆に外貨を半分持っている方が、円安になっても実質価値の下落をマイルドにすることができるのです。 円高になるか円安になるかわからないのであれば、円100%にするよりも、わからないから半分半分にしておいた方が、資産の実質価値の変動は低く、リスクが低いとも考えることができるのです。 自分の資産をすべて「リスクの低い」預貯金に置いておくことは、実は「リスクを取らないリスク」を取っていることになります。 日本人の個人金融資産1,500兆円の9割以上は円資産。 しかもそのうち約半分は円の現金・預金になっています。 年金や保険を入れると、日本人の金融資産が大きく偏っていることに気が付きます。 円の預金や年金、保険といった資産は一見保守的で手堅い資産の管理方法のように見えますが、リスクを取らないリスクが存在しています。 日本人個人投資家にとって今やるべきことは、一定の資産比率を外貨で保有することです。 これはこれから円安になるからやるのではなく、為替の予想ができないから、リスクを抑えるためにやるべきことなのです。 内藤 忍(ないとう しのぶ)プロフィール 株式会社代表取締役社長 一般社団法人海外資産運用教育協会代表理事 1964年生まれ。 1982年 東京大学文科2類に入学。 1986年、東京大学経済学部卒。 大学卒業後、住友信託銀行に入社。 東京中央支店に配属。 2年目から 資金為替部で為替ディーリング業務を担当。 1989年 社内留学生制度で、MITスローン・スクール・オブ・マネジメントで留学。 MBA取得。 帰国後、市場金融部、企画部、総合資金部で資産運用業務を 担当。 1997年 住友信託銀行を退社。 英系資産運用会社のシュローダー投信投資顧問 株式会社に入社。 ファンドマネージャーとして債券とグローバル・アセット・ アロケーションを担当。 1999年 株式会社マネックス(現マネックス証券株式会社)に入社。 商品開発、 資産設計などを担当。 2004年 個人向け投資商品企画・運営会社であるマネックス・オルタナティブ・ インベストメンツ株式会社代表取締役に就任。 2005年 株式会社マネックス・ユニバーシティ代表取締役社長に就任。 2011年 クレディ・スイス証券プライベート・バンキング本部ディレクター 2013年 株式会社資産デザイン研究所設立。 代表取締役社長に就任。 一般社団法人海外資産運用教育協会設立。 代表理事に就任 主な著書に、シリーズ12万部を超えるベストセラーとなった「」シリーズ 自由国民社 、「」 幻冬舎 、「」 講談社 、「」 朝日新聞出版 、「」(ディスカヴァー21)など多数。 最新刊「」(ディスカヴァー21)が2013年8月に発売。 公益社団法人日本証券業協会証券検定会員。 掲載日:2013年8 月26 日.

次の

リスクを取らない人生ほどリスクが高いと言える2つの理由

リスクを取らない リスク ダウンロード

リスクを取らない生き方なんか捨ててしまえ!! あなたはせどり転売をスタートする超初心者さんでしょうか? もしそうなら・・・ 本当に稼げるんだろうか? 失敗はしないだろうか? 今めちゃめちゃ不安だし、ドキドキしていますね!? でも、せどり転売ビジネスは、 ・株やFXや仮想通貨 ・不動産投資 ・リアルのビジネス なんかと比べたら リスクの少ないビジネスモデルです。 さらにリスクを減らす為にも、 超初心者さんは必ず売れる「 新品商品」だけ扱ってみましょう。 新品商品は、売れるスピードの差はあってもほぼ必ず売れます。 もちろん新品でも、なかなか売れない場合はありますよ。 その時は、価格をちょっとだけ下げたり 工夫は必要です。 仕入れ値よりも下げて、 赤字で何とか販売するという事は まずほとんどありません。 超初心者セドラーさんの仕入れ「2つの鉄則」 ・新品商品だけを扱う ・確定できる商品だけを扱う この2つの鉄則だけ必ず守ってください。 必ず仕入れた値段より高く売ることができるし、 赤字で損をしてしまう事はまずないです。 僕が1番最初に稼げたCD MAN WITH A MISSION distance 初回限定盤 DVD付 新品1200円仕入れで、当時9800円で売れました。 ほんとにごくたま〜に、 価格競争で仕入れ値と売値の差額が小さくなって、 アマゾンの手数料を差し引いたら赤字になってしまった… って事もなくはないです。 でも、その場合のマイナスは1つの商品でせいぜい数百円程度です。 他のビジネスに比べたらメチャメチャ小さいリスクです。 本業でも副業でも自分でビジネスするなら、 この程度のリスクは覚悟しておかないと、ビジネスなんて出来ないですよ。 あと初心者さんによくあるのが、1つの商品だけにこだわって、 「いくら儲かった!」 「いくら損した!」 と一喜一憂してる方がとても多いです。 例えば、10種類の商品を仕入れたとして、 3割の商品が赤字になっても、残りの7割で黒字になればOK! 一つの商品にこだわらず、全体で利益を取ると考えるようにしましょう。 せどり転売は自分でリスクをコントロールできる 株やFXや仮想通貨の投資系ビジネスや リアルのビジネスなんかは、 もし失敗した場合、投資した金額は全て吹っ飛んで文無しですよ。 そればかりか、負債も発生して多額の借金を抱えてしまった。 なんていう話は珍しくありません。 でも、せどり転売ビジネスの場合、 仕入れた商品まで失ってしまい 借金だけ残ってしまった… なんて事態は絶対に起こりません。 最低限の商品は手元に残るし、 仕入れに使った金額とトントンで交換することができるし、 大きく赤字を抱える事はまずありえません。 例えば、 あなたがキャバクラを開店するとしたら・・・ ・店舗を借りるための資金 ・内装やお酒等にかかる費用 ・キャバ嬢に支払う人件費 などは最低限必要になってきます。 しかも実際にキャバクラを開店してみないと、 お客さんが来るかなんてわかりませんよね? それでもお酒や食材は仕入れないといけません。 お店を開けておけば光熱費はかかります。 他にもっと様々な費用が必要でしょう。 全然お客さんが入らずにお店が潰れたとしたら・・・・ これらに使ったお金はほぼ全額戻ってこないし 多分借金もできるでしょう。 そう考えると、せどり転売ビジネスは 自分でリスクをコントロールできる 数少ないビジネスモデルなわけです。 サラリーマンの副業ビジネスや、 初めてのネットビジネスに最適な理由はコレです。

次の

三菱ケミカルHD小林喜光会長「リスクを取らないトップは去れ」 (1/5)

リスクを取らない リスク ダウンロード

どんなにいいアイデアを出しても、「前例がないからダメ」と却下する上司。 リスクのありそうなことは極力避けたがる「壁になる上司」。 どの会社にもいるものです。 新しい取り組みは、これまでのやり方とは違うのですから、当然、いくばくかのリスクはつきものです。 だから、「やらない」。 すべての新規起案をことごとく潰そうとする上司を、さて、どう説得したものでしょうか。 壁になる上司の存在は、宇宙というフロンティアに挑戦する専門機関、アメリカ航空宇宙局(NASA)も例外ではないようです。 ただし、マンガの世界の話ですが……。 失敗しないコツは「何もしない」こと 『宇宙兄弟』(小山宙哉作、講談社)は、日本人の兄弟が宇宙飛行士を目指すマンガです。 主人公の南波六太(ムッタ)は、憧れだった宇宙飛行士になり、初めてのミッションに向けて訓練に励んでいました。 そのとき、彼の前に立ちはだかるのが、NASAプログラムマネージャーのウォルター・ゲイツです。 ゲイツは、宇宙飛行士のミッションへの任命権を握る重要人物です。 「ミスをしない」「無理をしない」という仕事のやり方で上から認められ、今の地位に就きました。 ですから、少しでもリスクがあれば、彼の答えは「No」なのです。 この連載で紹介している「FFS理論(開発者:小林惠智博士、詳しくは)」の考え方では、リスクに目が向きやすいのは、「保全性」の高い人に見られる傾向です。 ゲイツも恐らく、「保全性」が高いタイプと推測できます。 「保全性」は、これまでに何度も取り上げてきた、約6割の日本人の第一因子(5つの因子のうち、最も数値が高いもの)です。 物事に対してしっかり準備して、不安な要素を取り除いてから、着実に進もうとする特性があります。 この特性が強いと、未経験の事柄に対しては、準備し過ぎるほど準備しても不安がつきまといます。 先が見えない、不確定要素が多い、難易度が高いことは極力避けて、安全な道を探りたい、そういう行動に出がちです。 まして、過去に失敗して閑職に飛ばされた人が身近にいれば、自分もそうはなりたくないですから「石橋をたたいても渡りたくない」気分になるでしょう。 失敗しない一番の方法は「何もしないこと」だ。 そんな思い込みにとらわれ、リスクを取りたがらない上司をどのように説得するのか。 これが今回のテーマです。 「ミスをしない男」の異名を持つゲイツと、夢を実現するためにゲイツを説得したいムッタ。 2人のやり取りを参考にしながら、「壁になる上司」の動かし方を探っていきましょう。

次の