渡邉 哲也。 渡邉哲也 新刊情報 (159作品)

渡邉哲也 新刊情報 (159作品)

渡邉 哲也

【内容情報】(出版社より) 知らないとヤバイ! 米中決戦で日本企業800社以上がアメリカの制裁対象に! 日本は中国排除社会「ソサエティ5. 0」へと向かう! 新型コロナウイルス後、米国と西側諸国は凶暴化する中国をついに切り離すことを決めた。 ファーウェイ、ハイクビジョンを始め、米国は中国企業を完全排除、中国企業の製品を使用する外国企業も米国企業とは取引停止に追い込まれる。 一帯一路に対抗するアメリカの新経済圏構想EPN、日米豪の途上国インフラ支援BDN構想、日本が向かうソサエティ5. 0など、中国排除後の世界の様相を示す。 世界と日本で進む脱中国社会とは。 ベストセラー『「新型コロナ恐慌」後の世界』の著者が、米中最終決戦の結末と、日本再興へのロードマップを明かす! 【目次】(「BOOK」データベースより) プロローグ 米中デカップリングで激変する世界/第1章 香港から始まる中国の衰退/第2章 ポストコロナで急進するアメリカの対中制裁/第3章 100年に一度の大変化が始まった/第4章 中国分離で塗り替わる世界の経済覇権地図/第5章 新たな国際秩序で真の日本再興が実現する 【著者情報】(「BOOK」データベースより) 渡邉哲也(ワタナベテツヤ) 作家・経済評論家。 1969年生まれ。 日本大学法学部経営法学科卒業。 貿易会社に勤務した後、独立。 複数の企業運営などに携わる。 大手掲示板での欧米経済、韓国経済などの評論が話題となり、2009年、『本当にヤバイ!欧州経済』(彩図社)を出版、欧州危機を警告し大反響を呼んだ。 内外の経済・政治情勢のリサーチや分析に定評があり、さまざまな政策立案の支援から、雑誌の企画・監修まで幅広く活動を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです).

次の

渡邉哲也ツイッター

渡邉 哲也

作家・経済評論家。 1969年生まれ。 日本大学法学部経営法学科卒業。 貿易会社に勤務した後、独立。 複数の企業運営などに携わる。 大手掲示板での欧米経済、韓国経済などの評論が話題となり、2009年『本当にヤバイ! 欧州経済』(彩図社 を出版、欧州危機を警告しベストセラーになる。 内外の経済・政治情勢のリサーチや分析に定評があり、さまざまな政策立案の支援から、雑誌の企画・監修まで幅広く活動を行っている。 「2020年 『アフターコロナ 日本がリードする世界の新秩序』 で使われていた紹介文から引用しています。 」 渡邉哲也の新刊情報のアイテム一覧 渡邉哲也の新刊一覧です。 発売日順に並んでいます。 2020年8月7日発売『中国に世界は激怒している』や2020年7月31日発売『米中決戦後の世界地図 日本再興が始まる』や2020年7月31日発売『米中決戦後の世界地図 日本再興が始まる』など渡邉哲也の全159作品から、発売日が近い順番で作品がチェックできます。

次の

『世界と日本経済大予測2020』(渡邉哲也)の感想(3レビュー)

渡邉 哲也

新型コロナウイルスで転落する中国、連鎖恐慌に陥る世界。 そして次に何が起こるのか。 日本の行方は。 これから始まる新たな大潮流を、気鋭のエコノミストが完全分析! 中国発の新型コロナウイルスはついにパンデミックと認定され、世界中にパニックを巻き起こしている。 ニューヨーク・ダウは史上最大の下げを繰り返し、日経平均も急落を続けている。 はたしてこの状態はどこまで続き、その後、世界はどうなっていくのか。 世界で反グローバリズムの気運が高まり、2020年1月31日にはイギリスがEU離脱を果たした。 その直後、グローバリズムの恩恵により急速な経済成長を実現してきた中国で新型肺炎が発生、その結果、中国のサプライチェーンが麻痺し、世界経済は大混乱に陥った。 加えて、春節の中国人大移動によって世界中にウイルスが拡散されたことで、各国は国を閉じ、他国からの渡航者を締め出す事態にまでなっている。 著者は、グローバリズムの終焉、米中貿易戦争、そしてこの新型コロナウイルス問題により、世界は中国依存から中国排除への転換が進み、新たな国際秩序が構築されていくと説く。 その先に何が起こるのか。 そして日本の行方は。 プロローグ 「新型コロナ」恐慌で始まる負の連鎖 過去最大の暴落が繰り返された理由 新型コロナで中国への資金の流れがとまる 中国とともに巨大化したGAFAに迫る危機 ほか 第1章「武漢ウイルス」で中国はどこまで崩壊するか グローバリズムにとどめを刺した新型コロナ チャイナマネーで機能不全を招いたWHO 崩壊する世界的なサプライチェーン 操業を再開した中国への懸念と始まった言論弾圧 ほか 第2章アメリカは弱り目の中国を、こうして潰す アメリカと中国の「第1弾合意」の本当の意味 新型コロナで「脱中国」がやりやすくなった 日本でもアメリカと連携した脱中国が一気に進む ほか 第3章危機を乗り越え日本は繁栄する 新型コロナが日本に与える悪影響 新型コロナで透けて見える日本メディアの終焉 ハイテク製品の根幹を握る日本の強み 景気悪化には財政投融資を活用せよ ほか 第4章 グローバリズムの終焉で逆転する世界 冷戦終結からグローバル化が加速した世界経済 新たな冷戦と脱グローバリズム 脱中国で感染拡大を阻止、高まる台湾の存在感 激変するアメリカのアジア戦略 ほか 第5章 「新型コロナ」後の世界 日本の親中派には大きなダメージ 西側諸国が「バンブーカーテン」を構築 中東の感染拡大が世界に与えるインパクト アメリカの中東関与はますます縮小 ほか 【著者紹介】 渡邉哲也 : 作家・経済評論家。 1969年生まれ。 日本大学法学部経営法学科卒業。 貿易会社に勤務した後、独立。 複数の企業運営などに携わる。 大手掲示板での欧米経済、韓国経済などの評論が話題となる。 内外の経済・政治情勢のリサーチや分析に定評があり、さまざまな政策立案の支援から、雑誌の企画・監修まで幅広く活動を行っている。 著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです).

次の