テレビ アンテナ ケーブル 接続 方法。 BS・CS放送を視聴するために必要なアンテナ、ケーブル、チューナー

テレビアンテナのケーブル接続の方法は意外に簡単!まずは端子を確認|生活110番ニュース

テレビ アンテナ ケーブル 接続 方法

0120-949-684 日本全国でご好評! 24時間365日受付対応中! 現地調査 お見積り 無料! 同軸ケーブルを無線化する方法 同軸ケーブルは、アンテナで受信した信号をテレビに送るために使用します。 同軸ケーブルは受信した信号を外に漏らすことなく、また外部の電波を遮ることで効率的に信号を受信できます。 テレビだけでなく、高周波の信号を必要とする無線機器などにも使用されるものなのです。 テレビを見るために重要な役割をしている同軸ケーブルですが、配線が邪魔に感じることもあるでしょう。 テレビの裏にはレコーダーにつなぐ配線などもあり、テレビを壁際に置いているとホコリがたまりやすく掃除もしづらいですよね。 そこで、同軸ケーブルを使わなくてもテレビの信号を受信するために「無線化」という方法があります。 ケーブルがなくなることで、掃除のわずらわしさが解消するだけでなく見た目もスッキリすることでしょう。 また、ケーブルをつなぐ端子が部屋になくてテレビが見られないという悩みも、同軸ケーブルを無線化すれば解決できるのです。 テレビの同軸ケーブルを無線化するためには、いくつかの方法があります。 それぞれに必要な機器や特徴について見ていきましょう。 光回線やケーブルテレビを使う インターネットの通信回線として利用される光回線で、テレビを見ることができます。 地上デジタル放送以外にも、BSやCSも受信することができます。 パソコンにつなぐLANケーブルと専用のチューナーがあれば光回線でテレビの信号を送るため、アンテナ自体が必要なくなり同軸ケーブルもいらないのです。 さらに、インターネットの接続環境も整います。 また、ケーブルテレビはケーブルテレビ局からの有線放送によってテレビを見ることができます。 こちらもテレビアンテナが必要なく、BSやCSなど多数のチャンネルを使用することができるのです。 光回線やケーブルテレビを利用するためには、アンテナが必要ない代わりに月々の使用料がかかります。 ご自宅の景観やインターネットの使用環境などを重視する場合におすすめの方法です。 DLNA対応の無線LANルーターを使う DLNAとは、テレビやパソコンなどさまざまなメーカーの製品に共通して使うためのルールです。 DLNAに対応しているテレビやレコーダー、パソコンなどに映像を電波で送信するため、無線LANにつなげることでアンテナがなくてもテレビ視聴が可能になるのです。 無線LANルーターがあれば、レコーダーとテレビが屋内の離れたところにあっても映像を送ることができます。 スマートフォンでも活用できるため、楽しみ方はさまざまです。 DLNAに対応している機器同士なら、レコーダーに録画してある映像をパソコンやほかの部屋にあるテレビでも見ることも可能になります。 室内用アンテナを使う アンテナは、送られてきた電波を確実に受信するために屋外に設置されていることが多いです。 しかし、地上デジタル放送に移行したことで以前よりも電波が届きやすくなり室内アンテナでもテレビの信号を受信することが可能になったのです。 室内アンテナをテレビとつなげれば、テレビ端子が必要ありません。 室内アンテナは小型化してきていて、それほど邪魔にならずに設置することができます。 ただし、電波の受信状況がわるい場所ではテレビが見られないこともあるため、利用するなら屋内の電波状況を確認しておく必要があります。 テレビの同軸ケーブルを無線化するための方法や特徴はさまざまなので、利用状況や環境にあったものを選ぶとよいでしょう。 弊社では、LANの配線工事やテレビアンテナの撤去などあらゆる電気工事をおこなう業者をご紹介しております。 さまざまな電気工事の知識を持つプロの手で、確実に作業をおこないます。 テレビの同軸ケーブルの無線化を考えているという方は、ぜひ弊社をご利用ください。 0120-949-684 日本全国でご好評! 24時間365日受付対応中! 現地調査 お見積り 無料! アンテナ端子の増設も視野に入れよう ここまでテレビの同軸ケーブルを無線化する方法をご紹介してきましたが、機材や新たな契約が必要となり、費用が負担になることもあるでしょう。 部屋にアンテナ端子がなくてテレビが見られないとお悩みなら、無線化とは異なる方法でテレビ視聴を可能にすることもできます。 アンテナがあるのに、部屋にテレビ端子がなければテレビが見られません。 そこで、コンセントにアンテナ端子を増設するという方法があります。 長い目で見ると、こちらのほうが費用を抑えられることもあるので参考にしてみてください。 アンテナ端子の増設にかかる費用と時間 コンセントにアンテナ端子を増設する際の費用や時間は下記の通りになります。 アンテナ端子増設の費用相場:約6,000円~15,000円• ブースター工事:約15,000円~18,000円• アンテナ端子増設にかかる時間:1~2時間程度 アンテナ端子の増設は電気工事業者などに依頼することができます。 上記はあくまで目安ですが、もともとあるコンセントからではなく、新たに穴をあけてアンテナ端子を設置する場合や床下に配線を通す場合などはさらに費用が高くなるようです。 また、分配器といってひとつのテレビ端子からほかのテレビへ信号をわける機器があれば、複数のテレビが視聴できます。 ただし、分配する数が多くなると信号の受信状態が弱くなってしまいます。 信号の受信レベルを落とさないためには、電波受信を拡大させるブースターが必要です。 自分に合った方法でテレビを楽しもう テレビの同軸ケーブルを無線化するためにはさまざまな方法があり、アンテナやケーブルをなくしてテレビを楽しむことが可能になります。 しかし、無線化するためには契約による月々の支払いや工事費用がかかるものです。 アンテナ端子のない部屋にテレビを置きたい場合、室内の景観やケーブル配線のわずらわしさによる無線化にこだわらないのであれば、比較的費用が安く済むため増設をおすすめします。 環境や予算にあった方法を選んで、より快適にテレビを視聴したいものです。 詳しい費用を知るためには、業者に見積りを依頼してみるとよいでしょう。 弊社では、全国に加盟している多数の電気工事業者のなかから最適な業者をご紹介いたします。 業者による見積りは無料で、見積り内容にご納得いただいてから作業いたしますので安心してご依頼ください。 電気工事の経験や知識を持つプロの手で、安全にアンテナ端子の増設をおこないます。 いつでもお気軽にご相談ください。

次の

【種類別】テレビアンテナの無線ケーブルの接続方法|室内

テレビ アンテナ ケーブル 接続 方法

ワンセグチューナー ワンセグチューナーを内蔵した機器を、USBでパソコンに増設することで地上デジタル放送を視聴することができます。 ノートパソコンやデスクトップパソコンなどに、増設して視聴できます。 ただし注意点もあります。 受信エリアでないと見ることができないということと、受信エリアであっても建物などの影響などで受信状況がよくない場合は、綺麗に映らない、受信できないということもあります。 USBタイプのワンセグチューナー。 ワンセグはB-CASカードは必要ありません。 テレビチューナー内蔵のパソコン テレビチューナーを内蔵しているということは、パソコンがテレビ機能を有するということです。 アンテナケーブルの接続端子もあります。 ここにアンテナケーブルを接続することで、テレビと同じように視聴することができます。 テレビを視聴するソフト・アプリケーションもインストールされているため、そのソフトを利用して視聴します。 TV端子の付いたパソコン。 TVパソコンともいいます。 一体型パソコン、デスクトップパソコンでしばしば見られます。 TVパソコンには、地上デジタル放送を見るために必要なB-CASカードがはじめから付いています。 室内のTV端子。 受信設備が整っていればアンテナケーブルでつないで地デジを見ることができます。 TV端子とパソコンを接続するアンテナケーブル。 接続後は、パソコンにインストールされているテレビ視聴用のソフトウェアを起動し、チャンネル調整などを行います。 テレビチューナーの増設 パソコンにテレビチューナーが付いていない場合は、テレビチューナーを増設するという方法があります。 チューナーというのは、信号を実際の映像に変換して、ディスプレイに出力する機器です。 一般的に、パソコンはディスプレイがあり、自宅にアンテナ線が来ていることがほとんどです。 したがって、パソコンでTVを見るという場合は、チューナーが最もポイントになる機器になります。 増設の方法は、USBでの外付けタイプとPCIやPCIeでの内蔵タイプなどがあります。 外付けタイプはノートパソコンとデスクトップパソコン、内蔵タイプはデスクトップパソコンで増設できます。 USBの外付けタイプのTVチューナー。 内蔵タイプのTVチューナーカード。 地デジを高画質で見る場合、ディスプレイやグラフィックボードの対応が必要になります。 古いディスプレイでは、高画質で見れない、地デジの出力ができないなどの制約が出てきます。 B-CASカード ノートパソコンやメーカー製パソコンなら外付けのワンセグチューナーや外付け地デジチューナーです。 自作パソコンやBTOパソコンでは、内蔵型のTVキャプチャボードという選択肢もあります。 外付け型も内蔵型も、増設して使うチューナーには、B-CASカードやTVを視聴するソフトウェアはほぼ同梱されています。 また、HDMI接続で液晶ディスプレイに出力するものもありますが、パソコンでTVを見るというのとは少し異なります。 これはHDMIの端子をもつ液晶ディスプレイでTVを見ることができるというものです。 他に、TVチューナーと混同しやすいのが、キャプチャカードです。 これは、他のパソコンやゲーム機などの画面をパソコンに取り込んだりするものであり、TV機能とは全く関係ありません。 パソコンで見るために、チューナーからどのようにパソコンに繋ぐのかという点を確認する必要があります。 パソコンの周辺機器や増設機器のなかでは、参入しているメーカーや商品が少ない分野です。 アンテナケーブル。 HDCP HDCPとは、地上デジタル放送から採用されたもので、コンテンツが不正にコピーされるのを防止する技術です。 パソコンとディスプレイなど出力・入力機器の間でデジタル信号が暗号化されます。 つまり、HDCPに対応した機器でないと地上デジタル放送を見ることができないということになります。 ただ HDCPは、DVI接続、でのハイビジョン解像度の時に関係するものなので、であれば、HDCPは関係ありません。 やや解像度は落ちますが、HDCPに対応していない機器の場合、VGA接続で地上デジタル放送は見ることができます。 パソコン側であれば、グラフィックボードやCPU内蔵グラフィックになってくるのですが、最近のものであればほとんどがHDCP準拠です。 ディスプレイも最近のものはほぼHDCP準拠ですが、 地デジが出てくる前のディスプレイは未対応のものが多いといえます。 その場合はディスプレイを交換するかVGA接続での視聴になります。 COPP COPPは、パソコン内のメモリーとGPU(グラフィックボードやCPU内蔵グラフィック)の間での暗号化のことです。 XP、Vista、初期の7など 古いパソコンでは、COPPに対応できないということもあります。 この場合、出力もできないので、HDCPのようにVGA接続で見ることもできません。 このように、地上デジタル放送を見るには HDCPやCOPPが関係してきます。 使用しているパソコン・ディスプレイがどの程度対応しているか、ある程度把握することも必要です。 ワンセグチューナーの場合は、HDCPやCOPPは関係ありません。 また、はじめからTVチューナーが増設されており、B-CASカードが付属している一体型パソコンなどは、すでに対応しているパソコンであるため関係ありません。 分配器.

次の

テレビのアンテナを無線化する方法は?ワイヤレスやwi

テレビ アンテナ ケーブル 接続 方法

まずはどんな種類があるのかを見てみましょう。 なので分波器で地上波とBS・CSのケーブルを分けて接続します。 BS・CSをテレビに接続するには屋外に設置してあるBSアンテナとケーブルでつなぎます。 ・直付端子 同軸ケーブルを直接ターミナルに固定するタイプです。 ・フィーダー端子 フィーダー線を直接接続するタイプです。 このタイプはデジタル放送に対応していないので交換することをオススメします。 テレビのアンテナケーブルの接続方法 自分の家の端子がどのタイプか分かったら、テレビアンテナとケーブルの接続方法を見てみましょう。 壁のアンテナ端子の地上波アンテナ端子とテレビ背面にある地上波アンテナ入力をアンテナケーブルで接続します。 地上波とBS・110度CSを受信する場合には「アンテナケーブル2本」が必要です。 地上波端子は上記と同じ手順で接続します。 そして、BS・CSアンテナ端子とテレビ背面にあるBS・CSアンテナ入力をケーブルで接続します。 お部屋の壁のアンテナ端子の地上波のアンテナ端子とテレビ背面にある地上波のアンテナ入力をアンテナケーブルで接続します。 お部屋の壁のアンテナ端子の地上波のアンテナ端子とテレビ背面にある地上波のアンテナ入力をアンテナケーブルで接続します。 地上波とBS・110度CSを受信する場合には「アンテナケーブル1本」と「BS・CSアンテナ」が必要です。 地上波端子は上記と同じ手順で接続します。 BS・CSは屋外に設置したBSアンテナとテレビ背面のBS・CSのアンテナ入力に接続します。 直付端子 地上波のみを受信する場合には「直付端子用未加工アンテナケーブル1本」と「テレビプラグ」が必要です。 お部屋の壁のアンテナ端子にケーブルを接続し、テレビに接続する側にテレビプラグを接続して地上波アンテナ入力に接続します。 地上波とBS・110度CSを受信する場合には「直付端子用未加工アンテナケーブル1本」と「テレビプラグ」と「BS・CSアンテナ」が必要です。 地上波端子は上記と同じ手順で接続します。 BS・CSは屋外に設置したBSアンテナとテレビ背面のBS・CSのアンテナ入力に接続します。 フィーダー端子 地上波のみを受信する場合には「アンテナケーブル1本」と「整合器」が必要です。 お部屋の壁のアンテナ端子に整合器とアンテナケーブルを接続し、テレビ背面にある地上波のアンテナ入力と接続します。 地上波とBS・110度CSを受信する場合には「アンテナケーブル1本」と「整合器」と「BS・CSアンテナ」が必要です。 地上波端子は上記と同じ手順で接続します。 BS・CSは屋外に設置したBSアンテナとテレビ背面のBS・CSのアンテナ入力に接続します。 ここまでの作業に不安があるなら これらは自分でもできる作業ではありますが、配線や端子の接続など、不安を感じている場合はアンテナ業者に依頼する方法が確実です。 失敗のリスクや手間を減らしたいのであれば、見ているだけですべて解決してくれる業者にお任せしてもよいでしょう。 費用が不安、という方はまずは相談も兼ねて、見積りを取っておきましょう。 アンテナやケーブル関連の作業は条件次第で費用には大きな差が出るので、依頼前に見積り金額をしっかり確認しておくことをオススメします。 当サイト・生活110番では、そんなアンテナ業者をお住まいのエリアに沿って、すぐにご紹介。 場合によっては最短即日、業者が対応いたします。 作業前には必ず見積り、それ以降の追加料金は、確認なしにはかかりませんのでご安心ください。 無料電話窓口は24時間・365日受付対応中です。 アンテナやケーブルのことでお困りの方は、いつでもお気軽にご相談ください。 その場合に使用するのが「分配器」です。 分配器は電波を分けることが出来る装置です。 アンテナ端子が一つしかなくてもケーブルで地上波の電波とBS・CSの電波に分けてテレビに接続することができます。 分配器を使ったテレビアンテナとケーブルの接続方法 必要なものは「アンテナケーブル1本」と「分配器」です。 お部屋の壁のアンテナ端子と分配器をアンテナケーブルで接続します。 そして分配器をテレビ背面の地上波・BS・CSのアンテナ入力にそれぞれ接続します。 それでも映らないならアンテナに原因があるかも 上記で紹介したテレビアンテナとケーブル接続の方法を確認してもテレビが映らない場合はアンテナに原因があるかもしれません。 その場合はアンテナレベルの確認をしてみましょう。 アンテナレベルは受信する電波の強度を表したもので、50以上のレベルであれば安定して視聴することが可能です。 (ちなみに最大レベルは72です。 ) 接続不良以外でアンテナレベルが下がってしまう原因としては、まず周辺の住宅環境の変化が考えられます。 家の近くに新しい住宅が建ったり、高層の建物が建設されたりすると、電波の妨害になる可能性があります。 また、他の原因としては台風などの強い風などでアンテナの方向が変わってしまったことなどもあげられます。 テレビが映らない原因はさまざまなことが考えられるため、原因が特定できないときは業者にみてもらい、原因を特定してもらうことも選択肢のひとつとしておすすめです。 まずはトラブルの原因を突き止めれば、その後の対処もしやすくなるでしょう。 まとめ 今回はテレビアンテナとケーブルの接続方法について詳しくみていきました。 自分の家の端子のタイプが分かれば、接続は意外に簡単にできるのが分かっていただけたかと思います。 テレビが映らなくなった場合もまずは端子の接続を確認してみましょう。 それでもテレビが映らない場合は、アンテナに問題がおきているおそれがあります。 自分では対応できないトラブルかもしれないため、業者に相談してみるとよいでしょう。 業者であれば、原因を正しく特定し、対応することができます。 弊社では状況に合わせて対応できるよう、現地調査・見積りが可能な業者ももちろんご紹介しております。 ご依頼前のご相談ももちろん受け付けておりますので、アンテナについてお困りの方はお気軽にご電話ください。 【記載情報はコンテンツ作成時の情報です】 (この記事は2020年04月17日に加筆・修正しています) アンテナ工事を依頼できる業者や料金 依頼できる業者や料金について、詳しくは「」の「」をご覧ください。

次の