未来少年コナン ラナ 声優。 名作アニメ『未来少年コナン』再放送の放送日は?キャストや声優も

未来少年コナンの登場人物と声優は?全タイトルと主題歌まで徹底調査!

未来少年コナン ラナ 声優

簡単なあらすじ【ネタバレあり】 未来少年コナンのあらすじを簡単にご紹介します。 とは言え、昔の子供向けアニメとは思えないほど、世界観がしっかりとある作品なので、なかなか一言でまとめるのは難しいです。 それと、本当は作品をじっくりと観てほしいので、あまりネタバレしたくないのが本音です。 でも、少しだけ、超簡単に、ざっくりとあらすじをお伝えしましょう(笑)。 超磁力兵器が用いられた最終戦争が2008年に勃発し、地軸が曲がり多くの都市は海中に没した地球。 その20年後に「のこされ島」と呼ばれる小さな島で、「おじい」と二人で平穏に暮らすコナンという少年がいた。 ところがある日、島に少女ラナが漂着することから平穏な暮らしが一変する。 ラナを探して科学都市インダストリアの者がのこされ島にやってきた。 そして、ラナを匿うおじいは殺され、ラナも連れ去られコナンは島に一人ぼっちになってしまう。 おじいが死に際に残した言葉「人は一人じゃ生きていけない。 私が死んだら島を出よ」という言葉通りに、ラナを救いにコナンは島を出る。 そこからコナンの冒険が始まる。 島の生活以外外の世界を知らないコナンにとっては、すべてが初めてんことだらけ。 実際の女の子を見るのだって、ラナが初めてだったくらいだから。 何もなかったのこされ島以外にも、実は生き残った人間たちはいて、それぞれがそれぞれの思想のもとに国のようなものを作って暮らしていたが、中でもインダストリアは工業都市を築きあげ、再び太陽エネルギーシステムを復活させようとしていた。 そのためには技術者ラオ博士を探す必要があった。 そしてそのラオ博士の孫娘がラナだった。 しかもラナには不思議な力があり、鳥と話ができる上に、おじいさんであるダオ博士とテレパシーで話ができるということをインダストリアの連中に知られていた。 そのために奴らはラナを捕まえ、ラオ博士の居場所を突き止めようとしていたのだ。 中でもインダストリア行政局長のレプカは、太陽エネルギーシステムを復活させ、その力で大戦時の巨大爆撃機ギガントを再び動かし世界征服を目論んでいた。 コナンはラナを探しに一人海へ飛び出し、途中で知り合ったジムシーやバラクーダ号の船長ダイスなどとインダストリアを目指し、ラナを奪還し、ラオ博士とも一時は合うことができたのだが…。 あとは作品を見てのお楽しみ(笑)。 未来少年コナンの原作 実は未来少年コナンには原作があります。 その原作というのが、アレグザンダー・ケイ「残された人びと」とい物語です。 しかし、未来少年コナンは原作そのままに仕上がっているわけではありません。 宮崎駿の他の作品もそうですが、原作がありながらも氏の世界観にあわせてかなり内容が変更されますよね。 この未来少年コナンの頃から、そういった傾向はあったようです。 とはいえ、原作を読んでみたいと思われる人も少なくないでしょう。 しかし残念ながら、この本は今となっては絶版でとても希少な本となっています。 アマゾンでもプレミアが付いており、1万円以上しますので、なかなか手が出せません。 どうにか現代訳版として、再発してほしいところですね。 全26話のタイトル 未来少年コナンは全26話あるのですが、そのタイトルをご紹介します。 面白いなと思うのが、とても短いタイトルなのです。 第1話 のこされ島 第2話 旅立ち 第3話 はじめての仲間 第4話 バラクーダ号 第5話 インダストリア 第6話 ダイスの反逆 第7話 追跡 第8話 逃亡 第9話 サルベージ船 第10話 ラオ博士 第11話 脱出 第12話 コアブロック 第13話 ハイハーバー 第14話 島の一日 第15話 荒地 第16話 二人の小屋 第17話 戦闘 第18話 ガンボート 第19話 大津波 第20話 再びインダストリアへ 第21話 地下の住民たち 第22話 救出 第23話 太陽塔 第24話 ギガント 第25話 インダストリアの最期 第26話 大団円 登場人物と声優の紹介 ここでは主要人物とその声優をご紹介します。 コナン:小原乃梨子 ラナ:信沢三恵子 ジムシー:青木和代 ダイス船長:永井一郎 モンスリー:吉田理保子 ブライアック・ラオ博士:山内雅人 レプカ:家弓家正 ここで声優陣について少し補足をすると、 コナンの声の小原乃梨子さんは、ドラえもんののび太やヤッターマンのドロンジョもやられています。 なので、コナンの声を聞いていると、のび太の絵が浮かんできます。 随分と性格は違いますけどね。 ジムシーの声の青木和代さんは、ジャイアンのお母さんやトム・ソーヤーの冒険のハックの声をやられています。 そう言われると確かに、ジャイアンのお母さんの声です(笑)。 ダイス船長の声の永井一郎さんは、ハクション大魔王やサザエさんの初代の磯野波平の声をやられていた方です。 モンスリーの声の吉田理保子さんは、魔女っ子メグちゃんやまいっちんぐマチコ先生の声もやられています。 ブライアック・ラオ博士の声の山内雅人さんは、コナンと一緒に住んでいたおじいの声も担当されています。 NHKで再放送開始 見逃し配信など 6月からNHKで再放送が行われています。 時間帯は毎週月曜の午前0時10分からと、かなり遅い時間帯。 子供が見る時間ではありませんね(笑)。 NHKのサイトから、最新のエピソードと前回分の見逃し配信が視聴できるようになっています。 > ただ、それ以前のエピソードは残念ながら、見逃し配信で視聴することはできません。 その場合はこちらで視聴が可能です。 > 実は私もこちらで全エピソードを既に見ています。 一気観できるので、とても便利ですよ。 未来少年コナンこそが宮崎駿作品の原点 ところで、先日、ねとらぼで「宮崎駿監督作品(長編アニメ)、どれが一番好き?」というアンケートが実施されました。 その結果によると、ベスト3は次のとおり。 1位 天空の城ラピュタ 2位 風の谷のナウシカ 3位 ルパン三世 カリオストロの城 そして、ランキングにこそ入りませんでしたが、一番は「未来少年コナン」だろ、という声が多くあったそうです。 そう、古くからの宮崎駿ファンにとって、未来少年コナンこそが宮崎駿作品の原点として、心に深く刻まれているのです。 いま大人になって、もう一度じっくりと「未来少年コナン」を観ると、作品素晴らしさはもちろん、とても大事なテーマを扱っていて、未来を予見していることに驚かされます。 舞台は最終戦争により地球が壊滅状態となった2008年から20年後の2028年。 今から8年後の世界の話です。 幸い私達の生きるこの世界では、地球が滅亡するほどの核戦争は起きませんでした。 しかし今も世界中のどこかで争いや差別が起こっています。 未来少年コナンは42年も前の作品ですが、世界中の人々にとって何が大切かを訴えかけるに十分な物語が既に完成しています。 世界中の老若男女、全員に観てほしい。 そして平和について、今一度考えてほしい。 そんな素晴らしい作品です。 まだちゃんと観てない人は、ぜひ一度観てみてください。

次の

未来少年コナン 第10話 ラオ博士、第11話 脱出

未来少年コナン ラナ 声優

簡単なあらすじ【ネタバレあり】 未来少年コナンのあらすじを簡単にご紹介します。 とは言え、昔の子供向けアニメとは思えないほど、世界観がしっかりとある作品なので、なかなか一言でまとめるのは難しいです。 それと、本当は作品をじっくりと観てほしいので、あまりネタバレしたくないのが本音です。 でも、少しだけ、超簡単に、ざっくりとあらすじをお伝えしましょう(笑)。 超磁力兵器が用いられた最終戦争が2008年に勃発し、地軸が曲がり多くの都市は海中に没した地球。 その20年後に「のこされ島」と呼ばれる小さな島で、「おじい」と二人で平穏に暮らすコナンという少年がいた。 ところがある日、島に少女ラナが漂着することから平穏な暮らしが一変する。 ラナを探して科学都市インダストリアの者がのこされ島にやってきた。 そして、ラナを匿うおじいは殺され、ラナも連れ去られコナンは島に一人ぼっちになってしまう。 おじいが死に際に残した言葉「人は一人じゃ生きていけない。 私が死んだら島を出よ」という言葉通りに、ラナを救いにコナンは島を出る。 そこからコナンの冒険が始まる。 島の生活以外外の世界を知らないコナンにとっては、すべてが初めてんことだらけ。 実際の女の子を見るのだって、ラナが初めてだったくらいだから。 何もなかったのこされ島以外にも、実は生き残った人間たちはいて、それぞれがそれぞれの思想のもとに国のようなものを作って暮らしていたが、中でもインダストリアは工業都市を築きあげ、再び太陽エネルギーシステムを復活させようとしていた。 そのためには技術者ラオ博士を探す必要があった。 そしてそのラオ博士の孫娘がラナだった。 しかもラナには不思議な力があり、鳥と話ができる上に、おじいさんであるダオ博士とテレパシーで話ができるということをインダストリアの連中に知られていた。 そのために奴らはラナを捕まえ、ラオ博士の居場所を突き止めようとしていたのだ。 中でもインダストリア行政局長のレプカは、太陽エネルギーシステムを復活させ、その力で大戦時の巨大爆撃機ギガントを再び動かし世界征服を目論んでいた。 コナンはラナを探しに一人海へ飛び出し、途中で知り合ったジムシーやバラクーダ号の船長ダイスなどとインダストリアを目指し、ラナを奪還し、ラオ博士とも一時は合うことができたのだが…。 あとは作品を見てのお楽しみ(笑)。 未来少年コナンの原作 実は未来少年コナンには原作があります。 その原作というのが、アレグザンダー・ケイ「残された人びと」とい物語です。 しかし、未来少年コナンは原作そのままに仕上がっているわけではありません。 宮崎駿の他の作品もそうですが、原作がありながらも氏の世界観にあわせてかなり内容が変更されますよね。 この未来少年コナンの頃から、そういった傾向はあったようです。 とはいえ、原作を読んでみたいと思われる人も少なくないでしょう。 しかし残念ながら、この本は今となっては絶版でとても希少な本となっています。 アマゾンでもプレミアが付いており、1万円以上しますので、なかなか手が出せません。 どうにか現代訳版として、再発してほしいところですね。 全26話のタイトル 未来少年コナンは全26話あるのですが、そのタイトルをご紹介します。 面白いなと思うのが、とても短いタイトルなのです。 第1話 のこされ島 第2話 旅立ち 第3話 はじめての仲間 第4話 バラクーダ号 第5話 インダストリア 第6話 ダイスの反逆 第7話 追跡 第8話 逃亡 第9話 サルベージ船 第10話 ラオ博士 第11話 脱出 第12話 コアブロック 第13話 ハイハーバー 第14話 島の一日 第15話 荒地 第16話 二人の小屋 第17話 戦闘 第18話 ガンボート 第19話 大津波 第20話 再びインダストリアへ 第21話 地下の住民たち 第22話 救出 第23話 太陽塔 第24話 ギガント 第25話 インダストリアの最期 第26話 大団円 登場人物と声優の紹介 ここでは主要人物とその声優をご紹介します。 コナン:小原乃梨子 ラナ:信沢三恵子 ジムシー:青木和代 ダイス船長:永井一郎 モンスリー:吉田理保子 ブライアック・ラオ博士:山内雅人 レプカ:家弓家正 ここで声優陣について少し補足をすると、 コナンの声の小原乃梨子さんは、ドラえもんののび太やヤッターマンのドロンジョもやられています。 なので、コナンの声を聞いていると、のび太の絵が浮かんできます。 随分と性格は違いますけどね。 ジムシーの声の青木和代さんは、ジャイアンのお母さんやトム・ソーヤーの冒険のハックの声をやられています。 そう言われると確かに、ジャイアンのお母さんの声です(笑)。 ダイス船長の声の永井一郎さんは、ハクション大魔王やサザエさんの初代の磯野波平の声をやられていた方です。 モンスリーの声の吉田理保子さんは、魔女っ子メグちゃんやまいっちんぐマチコ先生の声もやられています。 ブライアック・ラオ博士の声の山内雅人さんは、コナンと一緒に住んでいたおじいの声も担当されています。 NHKで再放送開始 見逃し配信など 6月からNHKで再放送が行われています。 時間帯は毎週月曜の午前0時10分からと、かなり遅い時間帯。 子供が見る時間ではありませんね(笑)。 NHKのサイトから、最新のエピソードと前回分の見逃し配信が視聴できるようになっています。 > ただ、それ以前のエピソードは残念ながら、見逃し配信で視聴することはできません。 その場合はこちらで視聴が可能です。 > 実は私もこちらで全エピソードを既に見ています。 一気観できるので、とても便利ですよ。 未来少年コナンこそが宮崎駿作品の原点 ところで、先日、ねとらぼで「宮崎駿監督作品(長編アニメ)、どれが一番好き?」というアンケートが実施されました。 その結果によると、ベスト3は次のとおり。 1位 天空の城ラピュタ 2位 風の谷のナウシカ 3位 ルパン三世 カリオストロの城 そして、ランキングにこそ入りませんでしたが、一番は「未来少年コナン」だろ、という声が多くあったそうです。 そう、古くからの宮崎駿ファンにとって、未来少年コナンこそが宮崎駿作品の原点として、心に深く刻まれているのです。 いま大人になって、もう一度じっくりと「未来少年コナン」を観ると、作品素晴らしさはもちろん、とても大事なテーマを扱っていて、未来を予見していることに驚かされます。 舞台は最終戦争により地球が壊滅状態となった2008年から20年後の2028年。 今から8年後の世界の話です。 幸い私達の生きるこの世界では、地球が滅亡するほどの核戦争は起きませんでした。 しかし今も世界中のどこかで争いや差別が起こっています。 未来少年コナンは42年も前の作品ですが、世界中の人々にとって何が大切かを訴えかけるに十分な物語が既に完成しています。 世界中の老若男女、全員に観てほしい。 そして平和について、今一度考えてほしい。 そんな素晴らしい作品です。 まだちゃんと観てない人は、ぜひ一度観てみてください。

次の

未来少年コナンのあらすじを簡単に【ネタバレ】声優はジムシーにのび太?

未来少年コナン ラナ 声優

コナン 声:小原乃梨子 ラナ 声:信沢三恵子 ジムシー 声:青木和代 ダイス 声:永井一郎 モンスリー 声:吉田理保子 レプカ 声:家弓家正 ドンゴロス 声:神山卓三 グッチ 声:増岡弘 おじい 声:山内雅人 オーロ 声:石丸博也 テラ 声:つかせのりこ チート 声:田中秀幸 ガル 声:宮内幸平 ルーケ 声:田中秀幸 ブライアック・ラオ博士 声:山内雅人 全話タイトル 「未来少年コナン」全26話。 個人的に推奨年齢は中学生からだと思います。 難しい話じゃないから、小学生でもわかる部分だけで楽しめるけれど、感覚的に実感できない部分があると思います。 おじいの「人は一人では生きることはできない。 いや、一人で生きてはならないのだ。 」という言葉なんて、子供の頃は「よくいわれる言葉だな」くらいの理解でした。 どうして「一人で生きてはならない」のかわからないんですよね、子供は。 「一人で生きる能力があれば一人で生きていいじゃないか」と思っていた時期がありました。 大人になればわかりますよね。 お金がどうとか、能力の問題じゃなく「一人で生きてはならない」という意味が。 ちなみにエンディングの「幸せの予感」は哀愁をおびたメロディーですが、明日への希望に満ちたいい詩だと、大人になってから好きになりましたよ。 のこされ島• 旅立ち• 初めての仲間• バラクーダ号• インダストリア• ダイスの反逆• サルベージ船• ラオ博士• コアブロック• ハイハーバー• 島の一日• 二人の小屋• ガンボート• 大津波• 再びインダストリアへ• 地下の住民たち• 太陽塔• ギガント• インダストリアの最期• 大団円 未来少年コナン関連記事• 未来少年コナン スタッフ・声優・主題歌・全話タイトル• CD感想• 関連ページ•

次の