ゴールド ウィン スキー ウェア。 【楽天市場】スキーウェア > 【GOLDWIN】ゴールドウィンスキーウェア:スキー専門店 タナベスポーツ

【スキーウェア】の『ゴールドウイン』が、今年【アウトドアウェア】の『Goldwin』になってました!?|YAMA HACK

ゴールド ウィン スキー ウェア

登山やスキー等。 「ゴールドウインといえばスキーウェア」というイメージは大事にしつつ、もっとたくさんのアウトドアシーンでゴールドウインに親しんでもらいたいと、4年前からリブランディングに取り組んできました。 まず2016年にスポーツの機能とファッションを融合させ、シンプルでベーシックなスタイルが特長の『Lifestyle』、2018年にブランドロゴを一新、今年春夏に多目的に使える汎用性の高さと街に映える洗練さを目指した『Athletic』コレクションがデビュー、さらに高機能アンダーウェアとして多くのハイカーも愛用してもらっている『C3fit』をブランド統合しました。 そして 今年の秋冬から『Outdoor』コレクションをスタートしました。 アウトドア過ぎず、かといってアウトドアテイストなだけのウェアとは一線を画した雰囲気が、魅力的です。 新井:でもスキーウェアの『ゴールドウイン』を愛用してくださった年代の方達だけがターゲットではないんです。 世代に関係なく、この新たな『Goldwin』を知ってもらいたいので、「 カッコよく、こだわりのある、いいものを着たい」という方達に発信していければと思っています。 だから 『ゴールドウイン』を知らない20代、30代の方にも「いいね」と思ってもらえるように、シンプルだけれどもストーリーを感じてもらえるモノづくりをしたいと思っています。 でも、ここまで洒落ていて、都会的だと、山に着ていくのがもったいないなぁと思ったり・・・。 新井:そんな、勿体無いこと言わないでどんどん着てください 笑。 『Outdoor』コレクションは、キャンプやトレッキングを想定した機能ウェアです。 ただし高度でテクニカルな環境に耐える機能を優先するのではなく、都市で暮らしながら週末を自然の中で過ごす方達が、より自由に、快適に楽しむための道具として提案しています。 大きな胸ポケットに、実はファスナーもフラップもないことが特長なんです。 また腰ポケットのフラップまで中が繋がっていて、そこに水抜き穴を設けました。 ゴアテックスの承認を受けているので、防水性は当然問題ありません。 アクセスしやすい大きなポケットを設けることで、外したグローブや帽子、スマートフォンなどを収納したり、実際のアウトドアシーンでの利便性は上がります。 既存のアウトドアウェアの概念にないポケットです。 一度着てみたら、その使い勝手のよさを実感できると思います。 素材はポーラテックサーマルプロで、高い保温性に加えて、適度なストレッチ性もあるので、街はもちろん山でも機能的です。 太股のカーゴポケットは前から後ろにかけて半周している大きなもの。 グローブや帽子等、ちょっと嵩張るものもすっぽり収められます。 このフリースとパンツ上下を組み合わせたブラックのワントーンコーディネートは、『Goldwin』らしいスマートな秋冬の着こなしになると思います。 自分の好きなスタイルを貫く人達に 楽しんで着てもらえるウェアを目指す.

次の

スキーウェアのブランド、フェニックスゴールドウィンデサントのそれぞれ...

ゴールド ウィン スキー ウェア

登山やスキー等。 「ゴールドウインといえばスキーウェア」というイメージは大事にしつつ、もっとたくさんのアウトドアシーンでゴールドウインに親しんでもらいたいと、4年前からリブランディングに取り組んできました。 まず2016年にスポーツの機能とファッションを融合させ、シンプルでベーシックなスタイルが特長の『Lifestyle』、2018年にブランドロゴを一新、今年春夏に多目的に使える汎用性の高さと街に映える洗練さを目指した『Athletic』コレクションがデビュー、さらに高機能アンダーウェアとして多くのハイカーも愛用してもらっている『C3fit』をブランド統合しました。 そして 今年の秋冬から『Outdoor』コレクションをスタートしました。 アウトドア過ぎず、かといってアウトドアテイストなだけのウェアとは一線を画した雰囲気が、魅力的です。 新井:でもスキーウェアの『ゴールドウイン』を愛用してくださった年代の方達だけがターゲットではないんです。 世代に関係なく、この新たな『Goldwin』を知ってもらいたいので、「 カッコよく、こだわりのある、いいものを着たい」という方達に発信していければと思っています。 だから 『ゴールドウイン』を知らない20代、30代の方にも「いいね」と思ってもらえるように、シンプルだけれどもストーリーを感じてもらえるモノづくりをしたいと思っています。 でも、ここまで洒落ていて、都会的だと、山に着ていくのがもったいないなぁと思ったり・・・。 新井:そんな、勿体無いこと言わないでどんどん着てください 笑。 『Outdoor』コレクションは、キャンプやトレッキングを想定した機能ウェアです。 ただし高度でテクニカルな環境に耐える機能を優先するのではなく、都市で暮らしながら週末を自然の中で過ごす方達が、より自由に、快適に楽しむための道具として提案しています。 大きな胸ポケットに、実はファスナーもフラップもないことが特長なんです。 また腰ポケットのフラップまで中が繋がっていて、そこに水抜き穴を設けました。 ゴアテックスの承認を受けているので、防水性は当然問題ありません。 アクセスしやすい大きなポケットを設けることで、外したグローブや帽子、スマートフォンなどを収納したり、実際のアウトドアシーンでの利便性は上がります。 既存のアウトドアウェアの概念にないポケットです。 一度着てみたら、その使い勝手のよさを実感できると思います。 素材はポーラテックサーマルプロで、高い保温性に加えて、適度なストレッチ性もあるので、街はもちろん山でも機能的です。 太股のカーゴポケットは前から後ろにかけて半周している大きなもの。 グローブや帽子等、ちょっと嵩張るものもすっぽり収められます。 このフリースとパンツ上下を組み合わせたブラックのワントーンコーディネートは、『Goldwin』らしいスマートな秋冬の着こなしになると思います。 自分の好きなスタイルを貫く人達に 楽しんで着てもらえるウェアを目指す.

次の

【スキーウェア】の『ゴールドウイン』が、今年【アウトドアウェア】の『Goldwin』になってました!?|YAMA HACK

ゴールド ウィン スキー ウェア

フェニックス……洗練、スマート、アウトレットが激安 ゴールドウィン……直球、デザインの当たり外れアリ、華やか デサント……実直、地味、県連委員御用達、今年のデザインは大当り ミズノ……総合企業、トヨタっぽい、よくいえば安心、悪く言えば退屈 アシックス……アスリートっぽい、体育会系、やや地味、 オンヨネ……いまいちデザイナーが何をしたいかわからない ファブリス……アルペン、デポonly、フリースタイル御用達 (ファブレスではありません、ファブリスです) 機能的には上の方の5社はほほ同じ。 下の2社は価格帯も安いような……。 といっても着て困るレベルではない。 憧れというか大人のおしゃれだなと思うのは SOS VIST あたりでしょうか? そのうち着てみたいですね。 フェニックス:「遊び心のフェニックス」 レディースとウエア以外の小物(グローブやソックスなど)が異様に充実。 ゴールドウイン:「真面目なゴールドW」 昔ながらの競技スキーデザインを守っている。 なぜかフードは一切ウエアに収納できない。 デサント:「機能最優先のデサント」 フェニックスとゴールドWを足して2で割った感じ。 最新素材の導入が早い。 ってイメージです。 上記3社に「ミズノ」「オンヨネ」を加えた5社がスキー関係の国産メジャーメーカーとなります。 これらのメーカーなら同じ価格(定価)帯の製品はほぼ同等の保温性、機能を持っていると考えて良いので、デザインの良し悪しで好きなメーカーを選べば間違いは無いと言えると思います。 PS 最近だったら「ファブレス」もメジャーメーカーと言っても良いかもしれません。 バンクーバー五輪でファブレス大活躍でしたもんね。

次の