ラブ・アゲイン 映画。 映画「天使がくれた時間」「マイ・インターン」「ラブ・アゲイン」の感想

【ワーナー公式】映画(ブルーレイ,DVD & 4K UHD/デジタル配信)|ラブ・アゲイン

ラブ・アゲイン 映画

今回紹介する映画はこちら! 『ラブ・アゲイン』2011年 複数人の人生が重なり合うラブコメディ作品。 脚本は大ヒットディズニーアニメ『塔の上のラプンツェル』でも脚本を担当したダン・フォーゲルマン。 〈あらすじ〉 離婚を申し込まれた40代のイケてない男性キャル・ウィーバー。。 そのキャルに男のカッコ良さを叩き込む遊び人のジェイコブ。。 キャルの息子のロビーはベビーシッターのジェシカに片思い中。。 各々の人生が辿り着く恋の行方とは?? 愛する人を失って初めて気づく本当の気持ち。。 決して思い通りにいかないし、解決しないかもしれないけど、愛する人を信じ抜く為に必要なモノって何なんだろう。。 この映画で多くの登場人物たちが見せる恋模様の数々。。 恋模様を描く事はその人たちの人生を描く事と一緒です。 その人の性格や生い立ちが全く恋愛に影響しないってあり得ないですよね?コメディとしての構成が多くのシーンで施されている為、大胆な語り口で荒っぽさはあるんですけど、しっかりと人間を描ききる脚本は素晴らしかったの一言。。 下は13歳から上は40代まで幅広い年代の恋模様をコミカルに物語に落とし込みつつ、登場人物たちを無駄なくストーリーで絡ませる群集劇的手法がコメディとの相性抜群!幅広い年代の鑑賞者が楽しめること間違い無しだと思います。 主人公であるキャルの離婚からの人生立て直しがメインとして描かれますが、彼の子どもや周りにいる人物たちにも存在感を持たせる脚本が2時間という限られた尺の中でとても濃い内容に仕上がっていて見応え抜群! 映画の始まりがウィーバー夫婦の修羅場から始まって、幕引きは息子ロビーの微笑をミドルズームショットで。。 その前にウィーバー夫妻が楽しく笑い合う姿がオープニングとの対になっていて構成としても素晴らしいし、"真実の愛なんてありはしない"と思い込みそうになっていたロビーに希望が戻るショットで終わらせていたのがめちゃくちゃハッピーエンドで個人的に好みの演出でした! 世界の映画賞を受賞している一流の俳優さんが多く出演していて画の豪華さも文句無し!コメディというジャンル特有の世界観が各俳優さんの少し誇張された演技を引き出していて豪華俳優のいつもとは違う側面を感じれるのがこれまた最高です。 この作品での、、、 ライアン・ゴズリング! 豪華俳優の中でも特に最高のキャスティングでした!カッコ良さがずば抜けていて、主人公キャルとの対比として際立っていて、平凡な舞台設定が多い中でライアンが登場するだけで華やかさが演出されるのは凄いなと感心してしまいました。。 脱いでも美しいし。。 ズルイよ。。 (咳払い)えっと、まぁ!とにかく!映画の雰囲気を彼が何倍にも高めていたし、ただカッコいいキャラクターで終わらせないストーリーがしっかり用意されていて群集劇として登場人物を無駄なく意味を持つ人物として描いていて脚本の良さが光ってました。。 ・バーでのキャルとジェイコブの師弟関係が生まれるシーン ・キャルがどんどんおじさん臭さを拭い去っていく男としての成長過程 ・親子面談での廊下での幸せなやり取りから訪れる修羅場のキレ ・やり直し結婚式での全ての物語が重なるハプニング ・最後の卒業式でのキャルの演説 などなど。。 他にも多くの見せ場が何箇所も用意されていてエンタメ作品として最高!!! いつどんな時に見ても楽しめる作品! オススメです! 映画紹介 映画レビュー ラブアゲイン 映画好きと繋がりたい 映画好きな人と繋がりたい.

次の

ラブ・アゲイン (映画)

ラブ・アゲイン 映画

の紹介:2011年アメリカ映画。 平凡な男キャルは妻エミリーから突然の浮気を聞かされどん底の人生に変わった時、バーで知り合ったイケメンのプレイボーイのジェイコブに恋の手ほどきを受けキャルは魅力的な男に変貌して行き、キャルもプレイボーイに変身を遂げるがエミリーと家族を忘れられずエミリーの愛と家族を取り戻すべく精神的にも成長していく姿を描いた作品です。 監督:グレン・フィカーラジョン・レクア 出演:スティーヴ・カレル(キャル・ウィーバー)、ライアン・ゴズリング(ジェイコブ・パーマー)、ジュリアン・ムーア(エミリー・ウィーバー)、エマ・ストーン(ハンナ)、ジョン・キャロル・リンチ(バーニー・ライリー)、マリサ・トメイ(ケイト)、ケヴィン・ベーコン(デイヴィッド・リンハーゲン)、ジョナ・ボボ(ロビー・ウィーバー ラブアゲインのネタバレあらすじ:承 ジェイコブはまずキャルの身なりから改革を行い女性のくどきかたも伝授します。 キャルはジェイコブの言うとおりに女性を口説こうとしますがうまく行かず全てを真面目に話してしまいますが、その事が功をなしてうまく女性を持ち帰る事に成功しそれからというもののすかっり男らしさを取り戻したキャルでした。 一方ジェシカはキャルと付き合いたいと思っている一方ですがキャルの中学生の息子ロビーも又ジェシカに恋をしていました。 キャルはロビーの学校で久しぶりにエミリーと会い二人は別れた後の状況を話します。 そして教室の中から出てきた先生はキャルが始めてのお持ち帰りに成功した相手のケイト、あの夜以降電話をしなかったキャルに対して悪態をついて終了になりました。 ジェイコブはキャルの娘とは知らずハンナといつもとは違う楽しい夜を過ごします。 ラブアゲインのネタバレあらすじ:転 キャルは家族が恋しく自宅を訪ねて行くと偶然エミリーから電話が入ります。 エミリーと子供達の姿を庭から見つめているとエミリーから電話があリ、地下室から電話をしていて給湯器の事で教えてほしいと嘘を言います。 キャルも騙されたまま電話での会話は終わり電話は切れます。 キャルはジェイコブに何度も電話しますがいつも留守電電話に繋がっていましたが久しぶりにジェイコブより電話があり、恋をして意識を変えられた。 相手の女性の両親に挨拶に行くので助言がほしいと頼まれ「本性はだすなよ」と言います。 そしてハンナと共にハンナの自宅に来てジェイコブは初めてキャルが父親だと知ります。 そこへキャルへのラブレターを両親に発見されたジェシカの父でキャルの親友バーニーが乱入、そこにデイヴィッドも加わりジェイコブも巻き込まれ乱闘騒ぎになります。 もちろんキャルはジェイコブがハンナと交際する事には反対です。

次の

映画『ラブ・アゲイン』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

ラブ・アゲイン 映画

この記事は 約3 分で読めます。 笑いあり、サプライズあり、感動ありの完成度の高い、ドタバタ群像劇。 脚本が良く書けていて、ほどよく馬鹿馬鹿しいのがいいです。 66点(100点満点) あらすじ 仕事も家庭も順調で文句なしの生活を過ごしてきた40代のキャル(スティーヴ・カレル)は、愛妻エミリー(ジュリアン・ムーア)が浮気をし、離婚したいと打ち明けられたことで人生が一変。 さえない日々を一人で過ごしていた彼はある夜、バーで遊び人のジェイコブ(ライアン・ゴズリング)と知り合う。 妻を忘れられないキャルに新たな人生を歩ませようと、ジェイコブは女性を紹介したり、ファッションの磨き方などさまざま助言を与えるが……。 シネマトゥデイより 読者のkanzmiさんのリクエストです。 ありがとうございます。 妻一筋で生きてきた男が突然妻から離婚を切り出されたのをきっかけにオシャレをしたり、他の女と寝たりしながら新しい体験をしつつ、妻への愛を再認識していく物語です。 そこに17歳の少女に片思いを抱く13歳の少年の恋。 バーでナンパばかりしていた男が弁護士志望の女の子に惚れて心を入れ替えるドラマなどを同時進行で見せていくストーリーになっていて、会話が面白く、ほどほどにふざけているので、見る人の緊張を解いてくれる内容になっています。 様々な年齢層の登場人物が出てきて、それぞれの恋愛模様が絶妙に交差していくので、どの年代の人が見てもそこそこ楽しめるでしょう。 展開の作り方は、妻と夫が喧嘩と和解を繰り返すベタな演出になっていますが、紆余曲折を経て、最後は誰も不幸にならない爽やかなエンディングにしているのが気持ちいいです。 やや不幸に終わったのは学校の担任と妻の浮気相手デイヴィッド・リンハーゲンぐらいでしょうか。 デイヴィッド・リンハーゲンは名前自体がオチに使われていたぐらいなので、完全にいじられ要因でしたね。 いずれも憎めないキャラばかりで、見ていて微笑ましかったです。 一見、お馬鹿なコメディーに見えて、スティーヴ・カレル、ジュリアン・ムーアなど演技派の俳優を揃えているのはさすがです。 脇役もいいし、子役たちも頑張っていました。 そういえば「」で話題になったライアン・ゴズリングとエマ・ストーンはこのときから共演していたんですね。 ライアン・ゴズリングはバーで夜な夜な女たちをお持ち帰りするナンパ師の役で、ハンナ(エマ・ストーン)に出会って愛を知り、生き方を180度変える、世の女性たちには胸キュンすぎるイケメン男を演じていました。 もしかしたら彼の出演作品の中でも一番格好良かったんじゃないかな。 色々名シーンはあるんですが、僕が一番すごいなと思ったのは、年上の女の子ジェシカにずっと片思いを続けた13歳の少年ロビーが最後にジェシカからプレゼントをもらう下りです。 ロビーのあまりにも一途な思いに根負けしたジェシカは大人になるまでこれで我慢してねと言って、中学を卒業したばかりのロビーに自分のヌード写真をあげるのでした。 もちろん現実であんなことをしたら、それこそネットに上げられたり、売られたり、悪用されるリスクが高いので、絶対にやってはいけませんよ。 でも自分をすごく好きでいてくれる年下の少年の気持ちに報いるにはあまりにもセクシーで粋な贈り物ですね。 年上のお姉さんから、あんなものもらった少年は大事にするだろうなぁ。

次の