アブラナ の 花 の 作り。 花のつくりとはたらきを超わかりやすくまとめてみた【中1生物】

アブラナ?菜の花? その違いって?|ベネッセ教育情報サイト

アブラナ の 花 の 作り

種子植物 花を咲かせ、種子でなかまをふやす植物を 種子植物という。 種子植物はさらに被子植物と裸子植物にわけられる。 被子植物・・・花びらのある花を咲かせる。 サクラ、タンポポ、アジサイ、アブラナ、エンドウなど 裸子植物・・・花びらのない花を咲かせる。 マツ、スギ、イチョウ、ソテツなど 被子植物 サクラ、タンポポ、アジサイ、アブラナ、エンドウなどの被子植物は 内側から めしべ、おしべ、花弁、がくがある。 めしべは 柱頭、花柱、子房からなり、子房の中には胚珠がある。 胚珠は将来種子になる。 おしべは やくとそれを支える花糸からなり、やくの内部では花粉が作られる。 子房 柱頭 めしべ やく おしべ 花弁 がく 胚珠 花弁・・・はなびら 柱頭・・・めしべの先端部分。 ここに花粉がつくことを受粉という。 子房・・・めしべの根本のふくらんだ部分。 このなかに胚珠がある。 胚珠・・・子房の中にある、受粉の後、種子になる。 やく・・・おしべの先端部分。 中に花粉の入った袋。 被子植物の特徴 胚珠が子房に包まれていて、花に花弁があること。 被子植物の花は花弁が1枚1枚離れている 離弁花と花弁のくっついている 合弁花がある。 離弁花・・・アブラナ、サクラ、エンドウなど 合弁花・・・タンポポ、ツツジ、アサガオなど 花のはたらき 花は子孫を残すための 生殖器官である。 花のはたらき なかまをふやすために種子を作る 受粉と受精 受粉・・・おしべの先端のやくから出た花粉がめしべの柱頭につくこと。 受粉後、花粉から花粉管が胚珠に向かってのび、胚珠で受精がおこなわれる。 受精の後、 子房は成長して果実になり、 胚珠は種子になる。 裸子植物 マツ、スギ、イチョウ、ソテツなどは裸子植物である。 裸子植物の花には花弁やがくがないが、胚珠や花粉のうがあり受粉によって種子を作る。 裸子植物の花には子房がなく胚珠がむき出しになっているのが特徴である。 雌花 雄花 2年前の雌花 まつかさ 雌花 雌花のりん片 胚珠 拡大 マツの雄花 雄花のりん片 花粉のう 拡大 マツは雄花、雌花ともにりん片が多数集まったつくりをしている。 雄花のりん片の花粉のうで作られるマツの花粉は空気袋がついていて風の力で遠くまで移動できる。 マツの雌花は受粉から1年以上かかってまつかさになって胚珠は種子になる。 裸子植物の花は1つの花におしべとめしべがあるのではなく、雄花、雌花にわかれている。 雌花には子房がなく 胚珠がむき出しになっている。 雄花には花粉のうがあり、その中に花粉がある。 補足説明 単性花と両性花 1つの花におしべかめしべのどちらか一方だけしかない花を 単性花、1つの花におしべとめしべの両方あるものを 両性花という。 裸子植物は単性花で、被子植物の多くは両性花だが、キュウリやカボチャ、ホウレンソウなど単性花のものもある。 単性花ではおしべだけのものが雄花、めしべだけあるものが雌花である。 単性花をつける植物のうち、雌花と雄花が同じ個体にできるものを 雌雄同株、 雄花と雌花が別々の個体 雄株、雌株 にできるものを 雌雄異株という。 マツ、スギ、カボチャ、キュウリなどは雌雄同株、イチョウ、ソテツ、ホウレンソウなどは雌雄異株である。 虫媒花と風媒花 おもに昆虫が受粉のなかだちをする花を 虫媒花という。 虫媒花は色鮮やかな花弁や、蜜、においなどで昆虫をひきつけ、昆虫が蜜を吸ったりしたときにおしべの花粉が昆虫の 体について別の花のめしべに運ばれて受粉が行われる。 花粉が風によって運ばれて受粉する花を 風媒花という。 花は地味で目立たず、花粉の量が多くて軽い。 裸子植物のほとんど、被子植物ではイネなどが風媒花である。 花粉のうとやく 花粉がつくられる組織を被子植物では やく、裸子植物では 花粉のうという。 被子植物のやくの中には花粉のうがあり、その中で花粉ができる。 基本事項の確認 答表示 花を咲かせ、 種子でなかまをふやす植物を種子植物という。 種子植物のうち胚珠が 子房に包まれているのが被子植物、胚珠がむき出しなのが裸子植物である。 被子植物の花のつくりは外側から、がく、 花弁、おしべ、めしべである。 被子植物には花弁が1枚1枚離れてい 離弁花と花弁のくっついている 合弁花がある。 被子植物のおしべはやくとそれを支える 花糸からなる。 めしべは柱頭、 花柱、子房からなり、子房の中に胚珠がある。 おしべのやくでつくられた 花粉がめしべの柱頭につくのが受粉である。 受粉の後、胚珠で受精が行われるとやがて 子房が果実に、 胚珠が種子になる。 裸子植物では 花粉のうで花粉がつくられる。 裸子植物の花は1つの花におしべ、めしべがあるのではなく 雄花と雌花にわかれている。 マツの花粉は空気袋がついていて 風の力で遠くまで移動できる。 マツの 雌花は1年以上かかってまつかさになる。

次の

アブラナ?菜の花? その違いって?|ベネッセ教育情報サイト

アブラナ の 花 の 作り

主な科ごとに特徴をまとめました。 分類単位の科ごとに特徴を整理しておくと、花の名前も調べやすいです。 このページ左にあるサイト内検索に科名を入れて、検索することもできます。 葉の葉脈は網目状。 花片は4か5枚のものが多い。 科 名 - 双子葉類 花の特徴 葉の特 徴 その他の特徴 主な野草 キク科• 頭状花序(頭花)といって、小さな花が集まってできている• 葉の形や付き方は色々• 花後は綿毛ができるものが多い• ヒマワリもキク科• シソ科• 花は合弁花で唇型• 葉は対生• 茎断面が四角なのが特徴的。 全体に香りがある• ミントやバジルなどもシソ科• ゴマノハグサ科• 花は左右相称で、花弁は合着して4-5裂する。 シソ科に似た唇状、あるいは筒状になるものもある。 葉の形や付き方は色々• アカネ科• 花は小さな合弁花で4裂から5裂する• 葉は対生で托葉がある• 托葉が葉と同じ形になるものは輪生のように見える• クチナシやコーヒーもアカネ科• アブラナ科• 花は花弁が十字型に4枚• 葉は互生• 種子が細長いサヤの中にできるものが多い• キャベツやダイコンもアブラナ科• セリ科• 花は白く小さい花が、傘を開いたように集まって咲いている• 葉は深く切れ込んで複葉になっているものが多い• 芳香があり、ハーブとして用いられるものも多い• ニンジンやパセリもセリ科• マメ科• 花は左右対称の蝶型花と呼ばれる形• 葉は互生で羽状複葉• 種子はサヤに包まれる• つる性のものが多い• 荒れ地でも育ち、種子が食べられるものが多い。 タデ科• 花は小さな花が穂状につく• 葉は基部には托葉がある• 川岸などで見られるものが多い。 ソバもタデ科• ナデシコ科• 花は花弁5枚だが、切れ込んで10枚に見えるものもある• 葉は細長い葉が対生する• カーネーションやカスミソウもナデシコ科• 葉は平行脈。 花片は3枚か6枚が多い 科 名 - 単子葉類 花の特徴 葉の特徴 その他の特徴 主な野草 ユリ科• 花は放射状に内側に3枚、外側に3枚の花弁がある• 根が球根になるものが多い• 毒をもつものが多い• ネギやチューリップもユリ科• アヤメ科• 外花被・内花被が各3枚で花片は計6枚• 花の基部に2枚の苞がある• 地下茎が球根状になるものが多い。 アヤメ、クロッカスなど観賞用園芸種も多い。 イネ科• 小さな花が穂状に付く• 花弁は退化し、風媒花• 茎に節があり、中空のものが多い。 茎に葉の基部が巻きついて葉鞘になる• ひげのように細い根が多数出る• イネなどの穀物、ススキもイネ科•

次の

蝶を呼ぶおすすめの蜜源植物や食草・バタフライガーデンの作り方

アブラナ の 花 の 作り

タンポポのめしべは1本だよ。 どの種類の花もめしべは1本だね。 タンポポのめしべは、先が2つに分かれているね。 このめしべの 先端 せんたんを 柱頭 ちゅうとうというよ! そして、柱頭に花粉がつくことを「 受粉」というんだ。 受粉すると、 種子 しゅし 種のこと ができるんだよ! 柱頭に花粉がついているね。 最後にこの部分。 この部分もめしべの一部なんだけど、ここを「 子房 しぼう」というよ。 この 子房の中に「 胚珠 はいしゅ」という種子 種のこと の元が入っているんだよ。 これが タンポポのめしべのつくり。 「柱頭」「胚珠」「子房」 は必ず覚えておこう!.

次の