なぜ オレ は あんな ムダ な 時間 を。 【ゴルフ】燃える男 三井寿に学ぶ、ミドルレンジ(3

なぜオレはあんなムダな時間を・・・

なぜ オレ は あんな ムダ な 時間 を

2017年08月20日 「もっと早く出会いたかった・・・夏。 」 「くそ・・・、なぜオレはあんなムダな時間を・・・」 「あー、婚活のことね。 」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「えっ、エロゲーの話!?」 タイトル DEMONION (デモニオン) 魔王の地下要塞 ジャンル 迷宮防衛&侵略SLG 発売日 2012年4月27日 対応機種 PCゲーム (アダルトゲーム) 発売元 アストロノーツ・シリウス 「毎月給料日には、欠かさずにPCゲームショップへ立ち寄るんですが、 事件はその時起こったんです!!」 「給料日に毎月エロゲー買いに行ってること自体が、 すでに事件だよ・・・」 「そうそれこそが、俺とこのエロゲーブランド 『アストロノーツ・シリウス』との初めての出会いってわけさ。 」 「はぁ、そうっすか・・・」 「たまたま手にとった、『アストロノーツ・シリウス』からリリースされたこの ゲームソフトを手に取った次の瞬間、自分で自分の目を疑うような出来事が起こったんです。 」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「手に取った次の瞬間、気付いたら自宅のパソコンの前に座って、ゲームのインストールが完了していたのさ。 財布にレシートが残っていたから、支払いはきちんと済ませていたようだけど、一体どうやって家まで帰ってきていつ服を着替えて、いつパソコンを立ち上げたのかさえ、まったく覚えていないんだ・・・」 「それもう、大きな病院で診てもらうレベルだよ・・・」 「それどころか、19時にインストールが終わった後は、はっきり意識があったにも関わらず、次に気付いた時には明け方の4時になっていたんだ・・・」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「これ程までに、中毒性のある作品をリリースしているブランドの存在を知らないまま、のうのうと生きていたなんて・・・」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「くそ・・・、なぜオレはあんなムダな時間を・・・」 「それは、もうわかったってば・・・」 トップページの容量の関係で この続きは、どうぞ。 2017年08月13日 「そうだ!婚活してみよう。 〜第四夜〜」 「よっしゃ!! 第4回婚活日記 今宵も始めるぜ!!」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「あれ、どうしたの、テンション低くない?」 「・・・・・まだ、やるんすかこのコーナー?」 「え、やるよ、やるに決まってんじゃん。 人の不幸は密の味って言うじゃん。 君の 不幸をみんなが待ってんじゃん!!」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「・・・・・・・・・・・・。 第三夜』はどうぞ。 】 「ってことで、運営の 手のひらに踊らされて、まんまと『プラチナ会員』になったわけだけど。 」 「なんて、身も蓋もない・・・」 「んで、その後の成果はどうなの?」 「成果・・・・・ですか?」 「うん。 」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「何の成果も得られませんでした!!」 「そんな事はわかってんだよ!! その過程を話せって言ってんだよ!!」 「えぇぇぇぇ、最初から失敗前提なんすか!!!???」 「35歳にもなって、未だに平社員で、AKBヲタで、エロゲーばっかりやってる引きこもりのクソ人間なんて、とっくの昔に、孤独死フラグが立ってんだよ! いい加減気付け!!」 「孤独死フラグて・・・」 トップページの容量の関係で この続きは、どうぞ。 2017年07月21日 「そうだ!婚活してみよう。 」 【前回の『そうだ!婚活しよう。 第二夜』はどうぞ。 】 「んじゃあ、さっそく、前回の最後に届いたメッセージを見てみようか。 」 「ですね。 」 「ホッホッホ・・・わたしともあろう者がドキドキしてきましたよ。 」 「それでは、いきますよ。 」 「あいあい。 」 「せーの!!」 「ボカシー!!」 「アドボカシー!!」 「み、見えんッ!!!!!!」 「そうきましたか・・・」 「顔写真と違って、ここまでボカされると、流石にわからないね。 」 「普段から ボカシには散々慣れ親しんでるつもりでしたが、まさかこの程度のボカシで見えなくなるなんて・・・」 「いやいや、それ口に出しちゃダメなヤツだから。 」 「最近のボカシは、 薄いのが多いですからね、温ま湯につかり過ぎて目が衰えたかな、はっはっは。 」 「堂々と何言ってんだよ。 」 「ただ、これを見る限りでは、結構長めのメッセージみたいですね。 」 「確かに。 なんて書いてあるのか気になるね。 」 「だね。 」 「んじゃ、いきますか。 」 「あいあい。 」 「せーの!!」 「有料会員になったんでー!!」 「おー、写真のボカシが消えたー!!」 「見える、見えるぞ!私にも顔が見える!!」 「オーエス、オーエス!!」 「これでさっそく、さっきのメッセージ見られますね。 」 「だね。 」 「よっしゃー!野郎ども準備はいいか!?」 「あいあい。 「・・・・・・・・・・・・。 」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「・・・・・・・・あれ?」 「・・・・・・・・短くないか?」 「ぼかしと一緒に、メッセージの文字も消しちゃったのかな・・・」 「なに、その迷惑な仕様・・・」 「結局どんな内容のメールが来ていようが、無料会員にはあの画像が表示されるって寸法か。 」 「恐らく・・・」 「運営サイドの手の平の上で踊らされてたってことか。 」 「恐らく・・・」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「・・・・・あれ、どうかしました?」 「・・・・・女性は1日に複数の『挨拶』を受けるため、 やり取りを希望しない相手の場合には、無視するか、 『ありがとう』とだけ返事を送るのが一般的です。 」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「その場合、あなたに興味を持たれていないと思われますので、諦めて次にいった方が良いでしょう。 」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「何か、ごめん・・・」 「早い、そして儚い・・・」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「・・・・・ボク、男ノ子ダカラ、泣カナイヨ?」 ってことで、この続きはまた次回、気が向いたら書きます。 なかった場合は お察し下さい。 2017年07月16日 「栄光時代はいつだったっけ・・・」 「オヤジの栄光時代はいつだよ・・・ 全日本のときか? 」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「オレは・・・・・」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「生まれた瞬間なんだよ!!」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「この世に生を受けた翌日から、ずっと 消化試合をさせられるだけの人生なんて・・・」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「なんで、平等であるはずの人間なのに、こんなに格差が生まれるんでしょうね・・・」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「・・・・・・・・・・・・。 16 2016. 23 2016. 13 2017. 01 2016. 16 2017. 30 2017. 26 2017. 06 生 態 Author : 雪那 ゲームと漫画のレビューをしつつ 日々の懺悔を綴ってます。 あくまで個人的な見解なので、 暇つぶし程度に読み進める事を推奨します。 プロレスヲタだけでは飽き足らず、 AKB48グループにも、どっぷり過ぎる程ハマっています。 いや、むしろ罵倒して下さい。 なんだ、ただの天使か。

次の

【本日のレジェンド2】三井寿「なぜオレはあんなムダな時間を・・・」|鶴田里美 ライター(人を輝かせるブランディング)|note

なぜ オレ は あんな ムダ な 時間 を

6151• 556• 414• 18832• 1741• 496• 386• 790• 10846• 400• 1258• 878• 684• 638• 1229• 2404• 659• 2197• 1636• 1210• 583• 222• 4031• 569• 998• 838• 179• 147• 339• 871• 198• 107• 492• 235• 189• 1 過去ログ 906 2103 1796 2681 1719 1232 1233 1797 1859 1799 1848 1843 1783 1854 1796 1708 904 728 621 580 601 601 629 773 829 822 788 715 688 795 732 713 761 778 763 690 645 672 634 665 565 600 629 615 654 662 720 655 649 671 631 518 491 515 532 601 676 648 667 662 652 642 576 578 497 502 533 516 563 553 528 429 152 18 199 350 241 60 なんJ・野球のアンテナ様.

次の

なぜオレはあんなムダな時間を・・・・・・

なぜ オレ は あんな ムダ な 時間 を

2017年08月20日 「もっと早く出会いたかった・・・夏。 」 「くそ・・・、なぜオレはあんなムダな時間を・・・」 「あー、婚活のことね。 」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「えっ、エロゲーの話!?」 タイトル DEMONION (デモニオン) 魔王の地下要塞 ジャンル 迷宮防衛&侵略SLG 発売日 2012年4月27日 対応機種 PCゲーム (アダルトゲーム) 発売元 アストロノーツ・シリウス 「毎月給料日には、欠かさずにPCゲームショップへ立ち寄るんですが、 事件はその時起こったんです!!」 「給料日に毎月エロゲー買いに行ってること自体が、 すでに事件だよ・・・」 「そうそれこそが、俺とこのエロゲーブランド 『アストロノーツ・シリウス』との初めての出会いってわけさ。 」 「はぁ、そうっすか・・・」 「たまたま手にとった、『アストロノーツ・シリウス』からリリースされたこの ゲームソフトを手に取った次の瞬間、自分で自分の目を疑うような出来事が起こったんです。 」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「手に取った次の瞬間、気付いたら自宅のパソコンの前に座って、ゲームのインストールが完了していたのさ。 財布にレシートが残っていたから、支払いはきちんと済ませていたようだけど、一体どうやって家まで帰ってきていつ服を着替えて、いつパソコンを立ち上げたのかさえ、まったく覚えていないんだ・・・」 「それもう、大きな病院で診てもらうレベルだよ・・・」 「それどころか、19時にインストールが終わった後は、はっきり意識があったにも関わらず、次に気付いた時には明け方の4時になっていたんだ・・・」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「これ程までに、中毒性のある作品をリリースしているブランドの存在を知らないまま、のうのうと生きていたなんて・・・」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「くそ・・・、なぜオレはあんなムダな時間を・・・」 「それは、もうわかったってば・・・」 トップページの容量の関係で この続きは、どうぞ。 2017年08月13日 「そうだ!婚活してみよう。 〜第四夜〜」 「よっしゃ!! 第4回婚活日記 今宵も始めるぜ!!」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「あれ、どうしたの、テンション低くない?」 「・・・・・まだ、やるんすかこのコーナー?」 「え、やるよ、やるに決まってんじゃん。 人の不幸は密の味って言うじゃん。 君の 不幸をみんなが待ってんじゃん!!」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「・・・・・・・・・・・・。 第三夜』はどうぞ。 】 「ってことで、運営の 手のひらに踊らされて、まんまと『プラチナ会員』になったわけだけど。 」 「なんて、身も蓋もない・・・」 「んで、その後の成果はどうなの?」 「成果・・・・・ですか?」 「うん。 」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「何の成果も得られませんでした!!」 「そんな事はわかってんだよ!! その過程を話せって言ってんだよ!!」 「えぇぇぇぇ、最初から失敗前提なんすか!!!???」 「35歳にもなって、未だに平社員で、AKBヲタで、エロゲーばっかりやってる引きこもりのクソ人間なんて、とっくの昔に、孤独死フラグが立ってんだよ! いい加減気付け!!」 「孤独死フラグて・・・」 トップページの容量の関係で この続きは、どうぞ。 2017年07月21日 「そうだ!婚活してみよう。 」 【前回の『そうだ!婚活しよう。 第二夜』はどうぞ。 】 「んじゃあ、さっそく、前回の最後に届いたメッセージを見てみようか。 」 「ですね。 」 「ホッホッホ・・・わたしともあろう者がドキドキしてきましたよ。 」 「それでは、いきますよ。 」 「あいあい。 」 「せーの!!」 「ボカシー!!」 「アドボカシー!!」 「み、見えんッ!!!!!!」 「そうきましたか・・・」 「顔写真と違って、ここまでボカされると、流石にわからないね。 」 「普段から ボカシには散々慣れ親しんでるつもりでしたが、まさかこの程度のボカシで見えなくなるなんて・・・」 「いやいや、それ口に出しちゃダメなヤツだから。 」 「最近のボカシは、 薄いのが多いですからね、温ま湯につかり過ぎて目が衰えたかな、はっはっは。 」 「堂々と何言ってんだよ。 」 「ただ、これを見る限りでは、結構長めのメッセージみたいですね。 」 「確かに。 なんて書いてあるのか気になるね。 」 「だね。 」 「んじゃ、いきますか。 」 「あいあい。 」 「せーの!!」 「有料会員になったんでー!!」 「おー、写真のボカシが消えたー!!」 「見える、見えるぞ!私にも顔が見える!!」 「オーエス、オーエス!!」 「これでさっそく、さっきのメッセージ見られますね。 」 「だね。 」 「よっしゃー!野郎ども準備はいいか!?」 「あいあい。 「・・・・・・・・・・・・。 」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「・・・・・・・・あれ?」 「・・・・・・・・短くないか?」 「ぼかしと一緒に、メッセージの文字も消しちゃったのかな・・・」 「なに、その迷惑な仕様・・・」 「結局どんな内容のメールが来ていようが、無料会員にはあの画像が表示されるって寸法か。 」 「恐らく・・・」 「運営サイドの手の平の上で踊らされてたってことか。 」 「恐らく・・・」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「・・・・・あれ、どうかしました?」 「・・・・・女性は1日に複数の『挨拶』を受けるため、 やり取りを希望しない相手の場合には、無視するか、 『ありがとう』とだけ返事を送るのが一般的です。 」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「その場合、あなたに興味を持たれていないと思われますので、諦めて次にいった方が良いでしょう。 」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「何か、ごめん・・・」 「早い、そして儚い・・・」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「・・・・・ボク、男ノ子ダカラ、泣カナイヨ?」 ってことで、この続きはまた次回、気が向いたら書きます。 なかった場合は お察し下さい。 2017年07月16日 「栄光時代はいつだったっけ・・・」 「オヤジの栄光時代はいつだよ・・・ 全日本のときか? 」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「オレは・・・・・」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「生まれた瞬間なんだよ!!」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「この世に生を受けた翌日から、ずっと 消化試合をさせられるだけの人生なんて・・・」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「なんで、平等であるはずの人間なのに、こんなに格差が生まれるんでしょうね・・・」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「・・・・・・・・・・・・。 16 2016. 23 2016. 13 2017. 01 2016. 16 2017. 30 2017. 26 2017. 06 生 態 Author : 雪那 ゲームと漫画のレビューをしつつ 日々の懺悔を綴ってます。 あくまで個人的な見解なので、 暇つぶし程度に読み進める事を推奨します。 プロレスヲタだけでは飽き足らず、 AKB48グループにも、どっぷり過ぎる程ハマっています。 いや、むしろ罵倒して下さい。 なんだ、ただの天使か。

次の