ゆうま ラッパー。 日本の人気ラッパー・HIP HOP15選!若手からベテランまで注目のラッパーをご紹介!

KICK THE CAN CREW

ゆうま ラッパー

] ・2009年 麻薬取締法違反(コカイン所持) 渋谷宇田川町のレコ屋CDショップ「BOOT STREET」 現在は閉店 で店員が店舗にて大麻を売買したとされる『大麻譲渡事件』に関連して、D. Oが経営する会社『D. Office』に家宅捜査が入る。 練マザファッカーのD. OとPIT GOb、大相撲力士の若麒麟真一と共に麻薬取締法違反・所持の疑いで逮捕された。 NEW ・ 2018年6月 大麻取締法違反ならびに麻薬及び向精神薬取締法違反 5月に東京・練馬区のアパートなどで大麻とコカインを営利目的で所持していた容疑に加え、コカインを自身で使用していた疑いが持たれているとのこと。 これで 2度目の逮捕となる。 練馬区を拠点とする集団「練マザファッカー」のリーダー。 本名:須藤 慈容 語尾に「メーン」をつけた独自の話し方が話題になりTVの露出が多くなった。 TBSのリンカーンで中川家の剛を弟子入りさせラップの勉強をさせる企画も。 その後の出来事だったため世間の話題性が高かったですね。 現在は、漢 aka GAMI率いるレーベル「9sari Group」に移籍。 ] ・2005年 大麻取締法違反 ・2010年 大麻取締法違反 ユーザロックが校長を務める日本初の 日本語ラップ学校 「NIPPON RAP ACADEMY」を開校予定だったが、2010年に懲役8ヵ月の判決を受け、開校も中止となってしまった。 より「2U」が発表された。 もし学校を開校していたら、今頃は 高校生RAP選手権や UMBに生徒がこぞって参加 強制!? していたんだろうと思う。 授業はラッパー、ダンサー、グラフィティライター、DJという4つの要素を軸に行う予定だったらしく、しっかりとHIPHOPカルチャーを学ぶことができるはずだったのでとても残念に思う。 T-PABLOW,YZERR(ティーパブロ,ワイザー)[2WIN] ・中学3年 罪名不明 窃盗 T-PABLOW(本名:岩瀬達哉) YZERR(岩瀬雄哉) フリースタイルダンジョンのモンスターとして出演している T-PABLOWとその弟 YZERR。 兄弟ユニット2WINで活動しているが、インタビューより二人で逮捕されたことがあるとT-PABLOWが語っている。 詳細は不明 T-PABLOW:中学生の頃にはグレてしまい、地元では有名な不良グループのリーダーを務めた。 「弟と一緒に一度逮捕されたこともある」と自ら語るほど、素行は悪かったようだ。 2WINと仲間たちは、地元の年上の不良からカンパという名目でもって、上納金を数十万円単位で徴集されていた。 それを賄うため強盗を繰り返し、中学3年生時に集団逮捕、ニュースとなる。 まとめ やはり麻薬関連が多いですね。 リリックだけ見ると大麻関連の歌も多いのですが、それに比べると捕まっている人は少ないですね。 ただTVへの露出が増えると目を付けられて、、ってパターンは多いですね。 Oにユーザロックなどそうですね。 次はフリースタイルダンジョンで注目の漢akaGAMIあたりが危ないのかもしれませんね。 YOUTUBEなどでも「L食ってる」などと言ってますし、暴力沙汰のビーフもありましたしね。 追記:フリースタイルダンジョンの司会のUZIが逮捕されました。 新しい情報等ありましたらコメント欄にお願いします。 参考HP:Wikipedia、ニュース、アーティストへのインタビュー記事を参考にしています。 間違った情報等あればご連絡お願いします。

次の

ゆうま

ゆうま ラッパー

一過性刺激欲求症候群 不登校youtuberの将来もベッキーの今後も、もう誰も興味ないですよね? 騒ぐだけ騒ぎ立てて、飽きたら即終了。 私は、クラスに一人はいる 過剰な正義感を振りかざす学級委員長の女子でも何でも無いですけど、「人のこともうちょっと大事にしようぜ」と思ってしまうのは自分だけなんでしょうか。 基本的に、そういう刺激が強すぎるコンテンツっていうのは、一時的にはものすごく流行るんですけど、1ヶ月もすれば「 あーそんなこともあったね」なんて言われてます。 そして、今日紹介したいのもその一人。 コイツです。 もうコンプライアンス的に 3アウトでチェンジです。 1回コールドです。 今回は、そんなラップ歴10年の末、1回コールドなラップに落ち着いた『ゆうま』について、探っていきます。 まず一言:ラップとは。 YouTubeに上がってる中で、ゆうま屈指のベストバウトです。 何で負けてるんですかね?みんなカノピッピ連れてきてたから手上げられなかったとかですかね?日本国民で ドラえもん見たことない推定0. 完全に豚に真珠。 才能の無駄遣い。 頭の良い人間のやることは私にはてんで分かりません。 ただ、本当に凄いと思うのは、頭が良いヤツって普通ここまで振り切れないんですよ。 周りの奴らが外資コンサル行ったり官僚になったりしてる中で、 「下ネタラッパーです」って言える精神力。 そういう他者に迎合しない感じが、アツい。 でも何より好きなのが、「 東大生なのにこんなことやってますよ」みたいなので名前を売らないとこ。 そこまで積み上げてきた肩書き、さすがに一回若年性アルツハイマーか何かにならないと投げ出せないです、普通は。 だから下ネタに慣れていないラッパーにはトコトン強い。 特にフィーメールラッパー相手の時、一番生き生きしてます。 ただ、これって自分のクビも同時に締めるんですよ。 相手は「下ネタ縛り」を喰らうことなんて 4年に1度のオリンピックくらいなんでしょうけど、ゆうまの場合、十中 五億で下ネタ縛りなワケです。 普通だったら5試合目くらいでネタ切れになって、こんなキャラ付けた自分を射殺したくなるはずです。 色眼鏡を外して見て欲しい。 下ネタラップっていう偏見の持たれやすいことを続けているから、人以上に人を大切にしないとなかなか理解してもらえないんですよね。 バトルの後必ず対戦相手にハグするし、twitterでもリプに逐一ご丁寧に返してるから、この人。 それだけやってても、好きなラッパーを聞かれて「ゆうま」って答えられる人、なかなかいないと思います。 自分がそれでも好きだと思える理由は、「 そんなポジションでも貫いているから」。 これだけです。 話題になりそうなことやって注目を浴びるってそんなに難しくないけど、それを続けるのって本当に難しいから。 大体みんなあれだからな。 目新しいものには一目散に飛び付くのに、そのうち、「 アイツ、まだあんなことやってるよ」とか言い出すから。 急に手のひら返して去ってく。 人に認められる方法ってたった一つだと思っていて、 「あ、こいつ本気なんだな」って分からせるまで続けること。 そんな危ういところでずっと戦ってるゆうまのことが、本当にアホだと思うし、本当に気持ち悪いと思うし、本当に、格好良いと思うんです。

次の

ラッパー人物名鑑 『MCビキニ』

ゆうま ラッパー

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2015年4月) KICK THE CAN CREW 出身地 ジャンル 活動期間 - - レーベル ( - ) ( - ) (2001年 - ) (2017年 - ) 公式サイト メンバー KICK THE CAN CREW(キック・ザ・カン・クルー)は、グループ。 所属は(インディーズ、及びLP版はでリリース)。 通称「 キック」、等ではをとって「 KTCC」とも表記される。 グループ名を直訳すると「缶を蹴る奴ら」。 その由来は、それぞれ活動していた3人が初めてコラボレートした楽曲「カンケリ」から来ている。 等が在籍するコミュニティやの一員でもある。 メンバー [ ]• (リトル、 ):• (エムシーユー、 ):MC サポートメンバー [ ]• (ディージェイ・シューホー、1976年 - ): 2004年の活動休止まで活動。 熊井吾郎(くまい ごろう、 - ):DJ 2017年の再始動以降、DJを務める。 上京後にのライヴDJとして活動後、2006年にKREVAの楽曲「」のリミックスを務め、その後はKREVAのライブサポートとして活動。 来歴 [ ] のKREVA、のMCU、とソロ活動をしていたLITTLEとそれぞれバラバラに活動していた3人が初めて共演した曲「カンケリ」(コンピレーション『THE BEST OF JAPANESE HIPHOP vol. 7』に収録)をきっかけに意気投合。 ユニット名はその曲名からKICK THE CAN CREW(=缶蹴る奴ら)と名づけられた。 その後もインディーズでリリースを重ねていった。 当時から個々の活動も行っており、KREVAはBY PHAR THE DOPESTとしての活動の他にソロMCとしてB-boy ParkのMC battleに於いて3連覇(1999 - 2001)を達成。 MCUはRADICAL FREAKSの他にらと共にで活動(後にMCUが結婚したと同時に解散)。 LITTLEは3人の内でも早くからソロアルバムをリリースしていた。 、「」で。 その後、にの「」をした「」、に「」をリリースし、その年のに初出場。 10月、ヒップホップグループのがリリースしたアルバム『最終兵器』内の楽曲「公開処刑 feat. BOY-KEN」でにDISされる(後の2004年8月、「blast」誌上のK DUB SHINEのインタビューでもう批判はしないといった意の発言をしている)。 しかし、直接的に名指しでDISされた訳ではなく、側も同じをするの同士で性を指摘したとの見解を捉える声が多い。 プライベートでは、同じというの中でを行うを集め、等開いて共に同席しているとの話はよく聞かれる。 にはの「」から2004年の『』までシングル5枚・ベストアルバム1枚・アルバム1枚の計7枚連続リリースを行った。 また、この年には親善大使に任命されての台湾ライヴ敢行や「The Source Awards」に日本人初のノミネートと海外でも活動を行った。 2004年に活動休止を発表する。 そして、のライブ「KICK THE CAN CREW LIVE 旅人〜STEP IN THE DAY〜」をもって活動を一旦休止した。 、LITTLEの自らの誕生日とデビュー10周年記念を兼ねたライブの際にサプライズでKREVAとMCUが花束を持って登場し、活動休止以来となるステージ上での3ショットが実現。 にはので開催された野外イベント「」でKREVAがLITTLEとMCUを呼び、4年振りに「イツナロウバ」「アンバランス」の2曲を披露した。 2009年8月2日「」では3人とも8月2日にそれぞれソロとして出演し去年と同じくKREVAのステージにて復活を果たし観客をわかした。 なお披露した曲は「アンバランス」である。 2010年8月6日「」においても同日にそれぞれソロで出演し、ファンの期待に答えるように三度一夜限りの復活をとげ代表曲「マルシェ」を披露している。 なおこの日MCUはSeaside Stageのトリを飾っている。 2011年、MCUとLITTLEによる「UL」が結成。 同年8月7日に行われた「」にて「イツナロウバ」を披露。 8月28日には系列の音楽番組「」にてゲストのKREVAがパフォーマンスゲストとしてLITTLEとMCUを招き、実に約8年ぶりのテレビ共演となった。 楽曲は「 Remix」。 2012年8月3日「」にて「イツナロウバ」を披露。 2014年3月、KREVAプロデュースによるULのデビューアルバム「ULTRAPS」がリリース。 8月2日に行われた「」 にて約10年ぶりにKICK THE CAN CREWが復活。 一番規模の大きいGRASS STAGEにてトリを飾る。 以降新曲等のリリースはないもののKREVAのイベントなどに3人が出演するなど競演が目立っている。 2017年6月18日、デビュー20周年を機に本格的な再始動発表と共に新楽曲「千%」を公開、併せて実に14年ぶりとなるニューアルバム『KICK! 』の発売、重ねて日本武道館での「復活祭」、13年ぶりの全国ツアーも開催した。 音楽性・特色 [ ] MC3人の三者三様のを「キャラ立ち3本マイク」、身長の違いから「大中小」と称している。 特にLITTLEのに関しては、にもないとして新しいものを生み出したとする評論家もいると言われている。 の押韻に憧れたKICK THE CAN CREW、特にLITTLEがそのを突き詰めた結果生まれた新しいだとされる事もある。 楽曲のトラックは、結成当初からKREVA1人の手で作られていたが、シングル「sayonara sayonara」収録の「キックOFF」でDJ TATSUTAとトラックを共作し、以降、アルバム『magic number』には2曲、2003年8月からの7枚連続リリースでは、半分近くを2人(「顔PASSブラザーズ」名義)でプロデュースしている。 ディスコグラフィ [ ] インディーズ [ ] シングル [ ] 発売日 タイトル 規格品番 LASTRUM CORPORATION 1st タカオニ LAMCDE-003 CD LALPE-3 12inch BURGER INN RECORDS 2nd young animal e. BIR-1003 CD UTOPIA 3rd 2000年 GOOD TIME! 8869-P CD BURGER INN RECORDS 4th 今日から明日 BIR-1014 CD 2001年 BIR-1017 12inch 5th 2001年 Good Time! VIZL-1420 2CD VICL-37422 CD - - その他シングル [ ]• KICK THE CAN CREW「よってこい feat. NG HEAD, RYO THE SKYWALKER」 1999年、『ULTIMATE MIX ADJUSTMENT』収録• 「Roots feat. 「WALK THIS WAY(CASSETTE VISION MIX)」(2000年1月21日、平子理彩『DON'T WALK THIS WAY』収録)• 「いいあんべえ monoaural mix featuring KICK THE CAN CREW」 2002年、THE BOOM「」収録• 「FGスポット feat. KICK THE CAN CREW」 2003年、EAST END『』収録• KICK THE CAN CREW」(2005年7月1日、DJ BEAT『BEAT的遊戯』収録)• RHYMESTER「ウィークエンド・シャッフル feat. MCU, RYO-Z, KREVA, CUEZERO, CHANNEL, KOHEI JAPAN, SU, LITTLE, ILMARI, GAKU-MC, SONOMI, PES, K. N, 童子-T」 2006年、RHYMESTER『』収録• 「U~KREVA REMIX~featuring KICK THE CAN CREW」(2006年、DOUBLE「」収録)• KREVA,MCU,LITTLE,,,,Micchy,JUMPEI,「虹」(2016年6月8日、V. 『monday night studio session』収録) 映像作品 [ ] 発売日 タイトル 規格品番 最高順位 1st 2004年12月1日 WPBL-90028 DVD - 2nd 2005年1月19日 TOUR 2002 VITALIZER WPBL-90025 DVD - 3rd 2005年1月19日 LIVE at 武道CAN WPBL-90026 DVD - BURGER INN RECORDS 4th 2005年6月8日 TOUR 2003 magic number BUBA-1001 DVD - 5th 2005年6月8日 ARENA TOUR nolivenolife BUBA-1002 DVD - 6th 2005年7月6日 TOUR 2004 GOOD MUSIC BUBA-1003 DVD 143位 7th 2005年7月6日 LIVE 旅人〜STEP IN THE DAY〜 BUBA-1004 DVD 141位 その他DVD [ ]• ミュージックビデオ [ ] 公開日 監督 曲名 備考 2000年 GOOD TIME! 2001年 今日から明日 スーパーオリジナル イツナロウバ イツナロウバ(葉っぱ男Ver. カンケリ01 クリスマス・イブRap 2002年 マルシェ ONEWAY sayonara sayonara Ver. 1 sayonara sayonara Ver. 2 ONLY SSTV EDITION アンバランス 須永秀明 地球ブルース〜337〜 TORIIIIIICO! feat. CASSETTE VISION 2003年 性コンティニュー BREAK3 ONLY SSTV EDITION 須永秀明 GOOD MUSIC パンク寸前のFUNK ナビ 揺れ 脳内VACATION 2017年 大喜多正毅 SummerSpot 2018年 主なライブ [ ] ワンマンライブ・主催イベント [ ] 開催日 タイトル 備考 2002年11月30日 年末最後のワンマンライブ! 「LIVE at 武道CAN」 日本武道館 2003年3月15日〜5月18日 TOUR2003 magic number 2003年12月6日〜12月25日 KICK THE CAN CREW ARENA TOUR 2003 NO LIVE NO LIFE 2004年3月26日〜6月12日 KICK THE CAN CREW TOUR 2004 GOOD MUSIC 2004年6月19日〜6月20日 LIVE旅人 ~STEP IN THE DAY~ 2014年12月23日 KICK THE WORLD BEAT 2017年9月7日 KICK THE CAN CREW 「復活祭」 倖田來未, RHYMESTER, いとうせいこう, 藤井隆 2017年9月20日 SPACE SHOWER TV "LIVE with YOU" ~KICK THE CAN CREW~supported by uP!!! 2017年12月1日〜12月24日 KICK THE CAN CREW CONCERT TOUR 2017 2018年9月1日 現地集合~武道館ワンマンライブ~ 2019年5月5日 京都ミライマツリ2019 音マツリ -OTOMATSURI- 出演イベント [ ]• 2001年07月27日 - '01• 2001年09月09日 - SPACE SHOWER TV 2001• 2001年10月19日 - MINAMI WHEEL 2001• 2002年07月21日 - FM802 2002• 2002年08月10日 - 2002• 2002年08月16日 - 2002 in EZO• 2002年09月21日 - ポップアジア2002「Groove of Asia」• 2002年09月22日 - SPACE SHOWER TV SWEET LOVE SHOWER 2002• 2002年12月25日 - FM FESTIVAL'02 RADIO UNITED DREAM COLLABORATION• 2002年12月30日 - 1• 07月15日 - 音楽の日• 08月11日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017• 08月26日 - SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2017• 09月10日 - GO OUT MUSIC CAMP 2017• 09月17日 - 2017 ~房総与太郎爆音マシマシ、ロックンロールチョモランマ~• 09月27日 - MTV VMAJ 2017 -THE LIVE-• 11月04日 - SOUND JUNCTION 渋谷音楽交差点• 03月17日 - 2018• 03月19日 - NOW PLAYING JAPAN LIVE vol. 03月28日 - J-WAVE SAISON CARD TOKIO HOT 100 FESTIVAL• 05月13日 - 人間交差点2018• 06月23日 - MIYAKO ISLAND ROCKFESTIVAL 2018• 07月15日 - 2018• 07月22日 - FREEDOM aozora 2018 九州• 08月04日 - サマーフェス'18 ~50thanks evolution~• 09月02日 - SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2018• 09月09日 - 宗像フェス2018 ~Fukutsu Koinoura~• 12月21日 - MUSIC STATION SUPER LIVE 2018• 12月31日 - ユニバーサル・カウントダウン・パーティ 2019• 05月25日 - GREENROOM FESTIVAL'19• 08月03日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019• 11月11日 - COUPLING TOUR BKW!! STRIKES BACK 2019• 11月22日 - EXPERIENCE Vol. 1 脚注 [ ] []• Amebreak 2009年6月23日• KAI-YOU 2014年5月9日付• Billboard• オリコン 外部リンク [ ]• - 公式サイト ソロ活動の情報も掲載• - ワーナーミュージック・ジャパン内紹介ページ• - インディーズ時代からの所属レコード会社• - J-Lyric. net• - うたまっぷ•

次の