ホテル ニューオーリンズ。 Top Hotels in New Orleans from ¥5,711 (FREE cancellation on select hotels)

ニューオーリンズのおすすめホテル 宿泊予約・料金比較 人気総合ランキング

ホテル ニューオーリンズ

ニューオーリンズのおすすめホテル 宿泊予約・料金比較 人気総合ランキング ニューオーリンズのホテルの宿泊料金をまとめて検索!複数の予約サイトを一括検索するから最安値をチェック&比較できます。 エキゾチックな音楽の都、ニューオリンズ。 半開きになったドアからはジャズやブルースが流れてきます。 フレンチ・クォーターと呼ばれるニューオリンズの旧市街地の見どころはミシシッピ川寄りの半分に集まっています。 フレンチ・クォーターという名前ですが、フランス人によって建てられた建物は大火で消失してしまい、現在ある実際の家々はスペイン人によって建てられたものです。 フレンチ・クォーターの中心をミシシッピ川と平行に貫く名物通り、バーボンストリートはニューオリンズ一番の名物通りとなっています。 夜にはライブハウス、ニューオリンズ料理やオイスターバーのレストラン、アダルトショップなどもオープンします。 街角にはジャズマンや大道芸人がいるので、歩くだけでも楽しめます。 アメリカの町には似たような飲食店が並ぶことが多いですが、ニューオリンズは違います。 フランス、スペインの植民地時代があり、黒人の強制移住もあったため、スパイスやアフリカ料理の要素がもたらされました。 そのため、代表料理のクレオールやケイジャンをはじめ、ジャンバラヤなども味わえます。 宿泊施設はホステルや中級ホテルが多く格安で泊まることができます。 ニューオーリンズ - 高級ホテル 異なる文化が入りまじり独特の雰囲気を醸し出しているアメリカ合衆国ルイジアナ州南部にある同州最大の都市、ニューオーリンズ。 どこからともなくジャズやブルース、ロックなど様々な音楽が流れてくる音楽の街としても有名です。 ミシシッピ川のクルーズ、セントルイス大聖堂、のんびりと南部の田園風景を車窓から眺めながらの大陸横断鉄道の旅など観光スポットも数多くあり、オイスターやクレオール料理などのグルメも満載で、いつも国内外からたくさんの人が訪れています。 そんなニューオーリンズには、カジュアルな雰囲気のホテルから高級感あふれるホテルまでそろっており、旅の予算や目的に合わせて選ぶことができます。 今回は、そんなニューオーリンズでおすすめの高級ホテル10選を紹介します。 料金は時期や人数によって異なりますが目安として参考にしてください。 ニューオーリンズ - ビジネスホテル・シティホテル,格安ホテル アメリカ・ルイジアナ州南部にあるニューオリンズ市はミシシッピ川沿いにある観光と工業の街。 フランスやスペインの植民地時代を経て、現在も当時の面影を残した建物が多く見られます。 観光の目玉としてはアメリカ最古のカトリック司教座教会であるセントルイス大聖堂は外せません。 また、ジャズ発祥の地というだけあって、街中やレストラン、リバークルーズなどさまざまな場所でジャズが聞けます。 観光で訪れる際には、ロサンゼルスからアメリカ大陸横断鉄道を利用するのもおすすめ。 ジャズフェスティバルやマツディグラ(世界的に有名な謝肉祭)などのイベント時には混雑してホテルの値段も上がり、予約も早めに埋まりがちですので、事前に下調べして訪れてくださいね。 今回はさまざまな魅力を内包するニューオーリンズの格安ホテルを紹介します。 ニューオーリンズ - ゲストハウス・ホステル,格安ホテル メキシコ湾に面し、ミシシッピ川の河口に位置する港湾都市のニューオーリンズ。 フランス、スペインの植民地時代の街並みを残すフレンチ・クオーターをはじめ、多くのバー、レストラン、土産物店が軒を連ねるバーボン・ストリート、北米最古の大聖堂であるセントルイス・カテドラルなど多くの観光名所が存在します。 ジャズ発祥の地としても名高く、音楽の都とされていてジャズフェスティバルも開催されています。 リオのカーニバルと並ぶ世界三大謝肉祭のマルディグラが行われることでも知っている人も多いでしょう。 ジャズ以外の音楽も息づいておりバンドの生演奏を聴く事ができるお店もあるなど、賑やかな場所で観光客用のホテルやゲストハウスなども揃っています。 今回は数多くある宿泊施設のなかでも、格安で泊まれるおすすめのゲストハウスやホテルを紹介します。

次の

お知らせ

ホテル ニューオーリンズ

観光産業・造船業・メキシコ湾で産出する石油・貿易などがニューオーリンズの経済を支えています。 デキシーランド ジャズでも有名です。 ニューオーリンズのホテル エリア ホテル名 ランク ニューオリンズ中心部 ウインザー コート ホテル ニューオリンズ ホテルは、ニューオリンズのダウンタウン中心部に位置し世界貿易センター、スペイン広場、ミシシッピ川、キャナルストリート・フェリーなどが徒歩圏内にあります。 ウインザー コートホテルは、ニューオリンズ国際空港から15マイル、レイクフロント空港から8マイル、メタリーへは7マイル、バトンルージュへは55マイルです。 5 フレンチ・クォーター フレンチクォーターの中心にたたずむ、このAAA-4ダイヤモンドの豪華ホテルは、バーボンストリートやジャクソンスクエアへ近接し、19世紀の芸術品とクリオールの魅力を特徴としています。 5 フレンチ クォーター コートヤード ホテル ニューオリンズ 秘密にしておきたくなるような素敵なホテルです。 落ち着いた雰囲気で、フレンチクォーター・コートヤード・ホテルは、トランペット奏者ウィントン・マルサリスや、かの伝説的なキャノンボール・アダレイなども演奏した、この街いちばんのジャズクラブです。 フレンチクォーターの端にあり、世界的にも有名なバーボン ストリートへは3ブロックです。 バローネ プラザ ホテル ニューオリンズ このホテルは、歴史あるニューオリンズのビジネス地区南部のバローネ通りにあります。 ホテルの建物は1931年に建てられたアールデコ様式です。 1ブロック先には、フレンチクオーター(ニューオリンズ観光の中心地)があります。 チャールズ ホテル クラリオン コレクション 3. 5 ガーデン・エリア ホテルの横には、セント・チャールズ・ストリートカー・ライン(ニューオリンズの市電)が走っています。 ガーデン ディストリクト ホテルから数分の場所には、フレンチ クォーター、ルイジアナ・スパードーム、リバーウォーク(ミシッピ川沿いのショッピングモール)、コンベンション センターなどがあります。 4 ガーデン ディストリクト ホテル クラリオン コレクション 3.

次の

ニューオーリンズ ホテル予約 人気ランキング【フォートラベル】

ホテル ニューオーリンズ

ニューオーリンズはゆったりペースで楽しむのが流儀。 まずはアップタウンへ足を延ばして、 「」で食事。 予約を受け付けないカジュアルなこのレストラン。 長い時は2時間待ちなんてこともあるけれど、 エビとワニ肉ソーセージのチーズケーキ(といってもデザートではなく、キッシュのようなメインディッシュなのでご心配なく)は、待つ価値あり。 もっとアプローチしやすいメニューで始めたい人は、気取らない 「」で、ビールとフライドオイスターとフライドシュリンプのポーボーイ・サンドイッチもいいかもしれません。 アップタウンをさらに進み、ブラックパール地区の 「」で超新鮮な生牡蠣という手もアリ。 食事するのはお洒落な空間がいいという人は、味もスペースもお墨付きの 「」へ。 倉庫を改造したスペースで、 豚肉を中心としたニューオーリンズ独特のケイジャン料理を味わって。 広々とした店内は、グループにもぴったり。 デザートは1939年創業の 「」でスノーコーンならぬ 「スノーブリッツ」にトライ。 外観はちょっとびっくりするぐらい地味な店だけれど、毎日店内で作られるアイスクリームは素朴で満足度大。 または、カウンター席オンリーの老舗ダイナー 「カメリア・グリル」で、アメリカ南部定番のピーカンパイを頰ばるのもグッドアイデア。 「ジャック=アイモス」のライブの席待ちをしている間、手持ち無沙汰ではせっかくの時間がもったいない!それならば、とりあえずお隣の 「」へ。 地元っ子の間では定番となっているこのバーでは、レトロなブリキの天井の下、 気取らずに飲めるカクテルと毎週恒例のブラスバンドの生演奏を楽しみましょう。 食より飲み屋が気になる方は、 「」がおすすめ。 24時間営業のこの店では、 ニューオーリンズで一番安いとされるドリンクメニューが見つかります。 店を出る頃にはタバコの匂いプンプンになってしまうけれど、ライブを終えたばかりのジャズミュージシャンが陽気に語り合う姿を目にすること間違いなし。 ライブといえば、 「」も覗いてみたい一軒。 広々としたコートヤードと、毎日何かしら聞けるライブ音楽が人気の秘密。 午後早々に足を運んで、音楽を聴きながら昼飲み&チーズのペアリング、なんて最高じゃありませんか。 バイウォーター地区に行くなら、ニューオリンズならではの泥くさい地元感溢れる 「ヴォーンズ・ラウンジ」を必ずチェック。 なにせここでは毎週、ご存知トランペット奏者、カーミット・ラフィンズが登場するんです。 いや、もうちょっと静かにピープルウォッチングを楽しみたい、という方は、マリニー地区にある 「」へ。 どこか懐かしいアメリカンな空間で、小皿料理とドリンク(と、もちろんライブ音楽)を堪能しましょう。 日中はもっとアクティブに過ごしたいという人は、 ニューオーリンズ市民の憩いの場「」へ。 近くでテイクアウトのダイキリ(カクテル)とポーボーイ・サンドイッチを買って、地元っ子っぽく、ミシシッピー川沿いでピクニックなんていかがでしょう。 歴史好きなら、ちょっと異色な霊園サイクリングもいいかもしれません。 「」はその昔、競馬場、そして南部連合軍のキャンプ場としても使われた土地にあり、アメリカ南部で有名な築山式のお墓を目にすることができます。 セントルイス第1墓地の方が有名だけれど、メタリーの方が観光客の数も比較的少なく、ゆったりサイクリングが楽しめるはず。 二日酔いでなければ、ちょっと市の中心地を出て 「」の跡地まで足を延ばしても。 1812年戦争こと英米戦争の名残はここだけでなく、いくつかの砦がまだ姿を残しています。 ホテルにレンタル自転車がなければ、家族経営の 「」を利用。 ルートがイマイチわからない人は、同系列の 「」が企画するサイクリングツアーに参加してもいいでしょう。 今やニューオーリンズの夜遊びは、バーボンストリートではなく、フレンチメンストリートが中心地となっていることは、通な人ならご存知の通り。 日中から夕方まではとりあえずその先のバイウォーター地区へ。 2階建ての 「」で、レコード探しに没頭してもよし。 「」で、スピリチュアルリーディング(霊占い)やヴードゥー教に基づいた儀式やハーブに親しむもよし。 アーティストグループが経営する 「」で、パフォーマンスやインタラクティブ作品を鑑賞するのもグッドアイデア。 陽が落ちたら、まずは木曜から月曜まで毎晩オープンする 「」で、手作り雑貨やアートのお買い物。 その後は定番バー 「」のブース席に滑り込んで、ライブ音楽とお酒を楽しみましょう。 もっとエクスペリメンタルなアートシーンが気になる人は、アップタウン方面へ戻り、なんでもありのビジュアルとサウンドがインパクト大のパフォーマンス・スペース 「」へ。 ちなみにこれは日本語に由来していて、荒い質感を意味して付けられたのだそう。 向かう途中、小さな人形の家博物館かつファッション博物館かつ結婚式場となっている(!)ビクトリア朝式のお屋敷 「」に寄って、奇想天外な世界へ飛び込む心の準備をしてみても。 そうは言ったものの、これだけユニークな歴史と伝統のあふれる町に来たら、由緒ある有名どころも訪れなければいけません。 ニューオーリンズでコーヒーブレイクといえば、1862年創業の 「カフェ・デュ・モンド」。 チコリー入りのコーヒーと、ベニエ(四角いスイートフリッター)で知られるこのカフェは、日中常に混んでいるけれど、24時間営業だから、午前4時あたりに足を運べば比較的並ばずに済むはず。 昼間行ける所を探しているなら、 「」へ。 今でも男性は要ジャケットの老舗で、 この地独特のフレンチクレオール料理をお楽しみあれ。 「」は、イタリアンのヒントを取り入れたルイジアナ料理の店だけれど、ここで一番有名なのはBBQシュリンプです。 もちろん食後は 「」で、カクテル片手にバンドの生演奏に合わせて踊りましょう!.

次の