広瀬 すず 出産。 広瀬すず&アリス、姉妹で真剣バスケ対決 ショーパン、タンクトップで激しくプレー 「広瀬姉妹バスケ対決動画」 #Suzu Hirose #Alice

広瀬すずが「なつぞら」公式SNS動画で大バッシングされたワケ

広瀬 すず 出産

スポンサーリンク 広瀬すずってハーフなの?それともクォーター? (出典元:) 結論から言うと、広瀬すずさんはハーフでもクォーターでもなく、 純日本人です。 では、なぜハーフ説が流れたのか? それは 姉である広瀬アリスさんの顔立ちがハーフっぽいから、また名前が「アリス」とハーフっぽい名前だからということで、必然的に妹の広瀬すずさんもハーフなのでは?といった噂が流れたのです。 (出典元:) 確かに広瀬アリスさんは目鼻立ちがくっきりしていて、ハーフ顔ですよね。 ただ、広瀬アリスさんは自身のブログでも、 ハーフ・クォーターであることを否定しています。 ハーフ?とかよく聞かれますが純日本人です、コンニチハ 引用元: 広瀬すずさんは、姉ほどハーフ顔ではありませんが、あの真っ白なお肌に透き通った目は、ハーフなのでは?と思ってしまった人もいるのかもしれません。 広瀬すずの母親はフィリピン人?写真はある? (出典元:) 広瀬すずさんの 母親はフィリピン人という噂もありますが、これも 嘘情報です。 先ほどもお話した通り、広瀬すずさんは純日本人なので、母も日本人です。 では、なぜ「フィリピン人」といった噂が流れたのか? いくつか説はありますが、その1つは広瀬すずさんの母は若くして出産したので、フィリピン人なのでは?と言われているようです。 実際に何歳のときに出産したのかは定かではありませんが、現在広瀬すずさんの母はなんと まだ40代らしいのです。 40代ということは、広瀬すずさんが21歳・広瀬アリスさんが24歳なので、 20代前半で出産したことになります。 広瀬すずさんの母は、過去に原宿でスカウトされたこともあったようなので姉妹の美しさは母親譲りなのかもしれませんね。 さらには、フィリピン人には美人が多いことも理由にフィリピン人説が流れました。 以前、広瀬すずさんは「ガーナ」のCM発表会で、母についてこんなことを話していました。 「(自分より)もうちょっと目が大きくて、お母さんが家族で一番外国人っぽい」 元々、母が外国人っぽい顔立ちなので、広瀬アリスさんや広瀬すずさんも目鼻立ちのくっきりしたハーフ顔なのでしょう。 また、広瀬すずさんがデビューした2010年前後は、ちょうどハーフモデルが沢山輩出された年でもありました。 代表とするのが、池田エライザさんやラブリさん。 (出典元:) 二人とも、 母がフィリピン人のハーフなので、その流れで広瀬すずさんもフィリピン人とのハーフなのでは?といった噂も流れたのでしょう。 広瀬すずさんの母の顔をどうしても見たい!と思い写真を探してみたのですが、残念ながら広瀬すずさんの母の写真を見つけることはできませんでした。 一般人の方なので仕方ないですよね。 ちなみに、広瀬すずさんの 父親は看板屋を営んでいましたが、 2010年に脳卒中で倒れてしまいました。 当時、父はまだ30代だったらいのですが、30代で脳卒中はとても珍しいですよね。 自営業だったということもあり、激務で脳卒中になってしまったのではと予測します。 数日は生死をさまよい、何とか意識は回復したものの体に麻痺が残ってしまい、 看板屋は廃業されたそうです。 家族の大黒柱が倒れてしまい、広瀬すずさんの家族は生活困難に陥ってしまい、引っ越しも強いられたようです。 (出典元:) 父が脳卒中で倒れた翌年に広瀬すずさんはモデルデビューを果たしているので、父親の代わりに家族を守るという強い意思があったのでしょう。 そんなこともあり、広瀬すずさんは今ではモデルだけでなく女優としても活躍しており、映画でも主演映画を何作もつとめています。 いかがでしたでしょうか? 広瀬すずさんがハーフなのか、母はフィリピン人なのかを調べた結果、ハーフでもクォーターでもなく 純日本人だということが分かりました。 同時に、父親の代わりに家庭を守る広瀬すずさんの姿も垣間見えました。 そんな広瀬すずさんをこれからも応援し続けたいです。

次の

広瀬アリスと妹 すずの両親はどんな人?【衝撃】父親が大変?

広瀬 すず 出産

NHK連続テレビ小説「なつぞら」ヒロインの広瀬すず(21)が、28日の最終話を前にインタビューに応じ、自身の中で強かった結婚や出産願望に変化が起きたことを明かした。 演じたなつは、アニメーターの仕事と母親の両立に悩む役。 子供が大好きという広瀬は「付き合うとか面倒くさいから、すぐ結婚して子供が欲しいと10代のころから思っていた。 ただ20歳を超えて、実際にできなくはない年齢になると、なつの葛藤が分かる。 子供が最優先という覚悟って必要。 (結婚願望が)結構、なくなりました」と心境を明かした。 また「全国のお母さんはすごいな、と思う。 『犠牲』という言葉を投げられるシーンがあるんですけど『犠牲かあ』と思って。 自分も引きずる言葉だった。 現実と考えると、一生考えるんだろうな、と思いましたね」と、演技によって母親の苦労も実感した様子だった。 先月20日に撮了。 当初は「多少(ダメージに)やられる、って聞くじゃないですか(笑い)。 楽しんだもん勝ちだな、と思っていた」と重圧があったことも明かした。 リリー・フランキーや中川大志ら、共演経験があるキャストが多かったことが支えだったという。 「ドラマ、映画、CMの全ジャンルの人たちが集まっている感じがあって、その中でも、最も仲いい人たちが集まっていて、実の姉とお芝居するようなやりづらさがあるくらい、距離近い人が多いなと思っていた。 それがすごい支えになっていた。 『楽しい』がずっと勝っていた」と1年を完走。 「体力だったら、もう何でもいけるような気がします」と、笑顔を見せた。 北海道も舞台となった。 十勝ロケでの広瀬の楽しみは「山芋のお好み焼き」だったという。 「1日でもロケで行ったら、絶対食べに行ってました。 最後2回くらいは、撮影が終わって飛行機まで1時間半ありますってなったら、移動で30分。 『45分で食べます、45分しかないんです』ってお店の人に言って。 何回行ったんだろう、と思うくらい。 2日連続で行ったり。 あのお店はプライベートでも行きたいと思うくらいおいしいんですよ。 一番食べたものは山芋のお好み焼き(笑い)」と、わずかなオフも満喫した。 まもなく迎えるラスト。 見どころは「千遥です」と断言した。 なつと戦後の混乱で生き別れた、清原果耶演じる実の妹。 数十年ぶりの姉妹再会シーンは、広瀬にとって戸惑いもあったという。 「距離感が分からなくて。 存在も近いようで会わなかったし。 前はライバルのように思ってた距離感と、姉妹の距離感が分からなくて、30年ぶりに家族に会えてもこういう距離感なんだろうな、というか。 ずっとしっくり来ないんだろうなと思って。 不思議な感覚、不思議な空気感。 難しかったですね、どのシーンよりも」と話した。 清原とのプライベートの関係にも、影響を与えたという。 「清原ちゃんが何回か連絡をくれて、私これ返していいやつ?って。 どこまで距離をあけていいか分からなくて、完パケとか(清原登場シーンが)出てくるじゃないですか。 それも見ちゃいけないなじゃないか、と思い始めて」と役に入っていたことを回想。 「普通に連絡をくれたので、1、2回返したくらいで。 会おうってずっと話していたんですけど、なつぞらが決まってからは、会おうという会話もなくなり、たまに連絡を取り、という距離感でした」と振り返った。 広瀬にとって、そんな千遥との関係性も「家族観」に影響を与えたようだ。 「なつの人生としたら、親はいなくなっちゃったけど、お兄ちゃんと千遥と3人で会うことが、人生最大の求めているもの。 会えたとしても30年空いちゃった分、40代から30年分を埋めたい、と思える情が出てくるのが、演じていてもあった。 ある意味、なつの集大成じゃないですけど。 そう見えてもおかしくない、未来はあるんですけど、いろんな人に感謝とか、生きてきた道を記すような作品が生まれる。 ああ、『なつぞら』はこんな風に終わるんだ、と思うし、好きな人とモノに囲まれた人生だったな、と思える、なつの姿がある。 それは運の強さであり、巡り合わせもあるんだな、と思わせてくれるような時間がいっぱい見えると思う」と、じっくり回想した。 視聴率20%前後をキープし、第100作目の朝ドラは終始好調だった。 広瀬は「見ている方にも、自分と照らし合わせて、いろいろ見つめ直す、感じてもらえる作品になったらな、と思います」と、視聴者にメッセージを送った。

次の

広瀬すずの性格が悪すぎる?嫌われる問題発言や地元評価がヤバい! | ホットワードブログ

広瀬 すず 出産

広瀬すず主演のNHK連続テレビ小説『なつぞら』(NHK総合/月曜~土曜8時ほか)の第21週「なつよ、新しい命を迎えよ」(第125回)が23日に放送され、なつ(広瀬)が無事出産。 泰樹(草刈正雄)が子どもに命名するシーンに「涙出た」「涙腺崩壊」「泣ける」などの声がSNSに殺到した。 なつの陣痛が始まり、病院にやってきた富士子(松嶋菜々子)たち一同。 いても立ってもいられない坂場(中川大志)と咲太郎(岡田将生)、剛男(藤木直人)の男性陣。 やがて病室から赤ちゃんの元気な産声が聞こえてくるとみんな喜びの表情を浮かべるのだった…。 深夜、お腹の痛みを訴えたなつはそのまま産婦人科に運び込まれる。 産婦人科医の高橋秀子(田中裕子)は、なつの大きなお腹をさすりながら「はい、もう少しよ〜頑張って〜」と声をかける。 なつはあまりの痛みに苦悶の表情を浮かべながらも、歯を食いしばり必死に息を整える。 そして身をよじりながら涙を流し「早く会いたい!」と絶叫。 そんな彼女を秀子は「もうすぐもうすぐ!」と励ます。 その後、坂場や柴田家の人々が待機する待合室が映し出されると赤ちゃんの鳴き声が響き渡る。 皆が笑顔で口々に「生まれた!」と声をあげる中、泰樹は穏やかな笑顔でしみじみと「ご苦労さん…」とつぶやくのだった。 なつ役の広瀬による入魂の出産シーンと泰樹の言葉に「すずちゃん出産シーンの演技上手すぎやろ!涙出た」「生まれたー!じいちゃんの「ご苦労さん」泣ける」「なつの出産シーンの涙と泰樹さんのこの一言で涙腺崩壊」といったツイートが多数寄せられた。 女の子を出産したなつは名付け親を泰樹に依頼。 引き受けることにした泰樹は東京に滞在し7日間、ひ孫の名前を考えることに。 そしてなつと赤ちゃんが退院し、御七夜を迎えたその日、泰樹はなつや坂場に名前を書いた半紙を差し出す。 彼は「なつのように優しい子になってほしい」と語りかける。 ついに誕生したなつの娘の名前に対してSNSには「染みる、泣ける、優しい子に育ってね」「だめだ、涙が止まらない」「泰樹おんじ、めろめろヤァ」などの声が投稿されていた。 この記事の写真を見る•

次の