ピサロ 画家。 ピサロ 画家紹介

【作品解説!】カミーユ・ピサロの代表作を解説します!

ピサロ 画家

[生]1830. デンマーク領西インド諸島,トマス島 [没]1903. フランス,パリ フランス印象派の画家。 フルネーム Jacob-Abraham-Camille Pissarro。 デンマーク領西インド諸島,今日のアメリカ合衆国領バージン諸島に生まれ,1855年パリに出て没年までフランスで暮らしたが,生涯デンマーク国籍で通した。 ジャン=バティスト・カミーユ・,ギュスターブ・に師事。 やがてクロード・,ピエール・オーギュスト・,ポール・らと親交を結び,ジャン・フランソア・の影響を受けて新しい自然表現を目指した。 普仏戦争中はイギリスに逃れたが 1871年帰国し,郊外に定住。 1874年の第1回展覧会から最後の第8回展まで出品し,印象派の代表的となった。 1886年とも分かれ,ジョルジュ・の影響を受けての画風に転じ,分割主義の理論や点描主義の技法を採用したが,のち独自の様式に戻った。 主要品は『ルーブシエンヌの道』(1870,オルセー美術館),『ボワザン村の入口』(1872,同),『赤い屋根』(1877,同),『カフェ・オ・レを飲む若い農婦』(1881,シカゴ美術館),『モンマルトル通り』(1897,エルミタージュ美術館)など。 [生]1475頃. トルヒリョ [没]1541. リマ スペインの探検家,征服者。 1510年 A. オヘダのラテンアメリカ隊に加わり,さらに V. の太平洋発見に。 22年に H. と協力し,よりラテンアメリカ西海岸のを試み,の帝国の存在を確認,28年一度帰国して国王カルロス1世 神聖ローマ皇帝 を説得し,インカの交渉に成功,部下とともにに列せられ,30年パナマに戻り,31年 185人の兵,37頭の馬,船3隻を率いてペルーに出発。 32年皇帝を捕えて翌年し,インカ帝国を滅ぼした。 35年には首都を建設し全ペルーを支配した。 しかしアルマグロと,37~38年のでアルマグロを破り処刑したが,のちにそのにされた。 … 3 主題 主題の選択においては,一世代前の写実主義の画家たちが宗教画,神話画,歴史画に背を向けたのを受けて,彼らは特に同時代の風俗や,肖像,静物といった市民的なジャンル,身辺のありふれた風景などをその主題として取り上げた。 ピサロを通じてモリゾも参加し,彼らはマネやバジールのアトリエ,またブラッスリー・デ・マルティール,ゲルボア,ヌーベル・アテーヌといったカフェで出会い,批評家たちとも親交を結び,戸外に制作に出かけるなど,しだいにグループを形成していった。

次の

OHARA MUSEUM of ART ― 作品紹介>主な作品の紹介>西洋の絵画と彫刻>ピサロ

ピサロ 画家

カミーユ・ピサロ(1830年7月10日~1903年11月13日)は、当時デンマーク領であったセントトーマス島(現在はアメリカ領バージン諸島)にて生まれた印象派および新印象主義の画家である。 彼の重要性は、印象派とポスト印象派の両方において貢献したことである。 ピサロは、ギュスターヴ・クールベや、ジャン=バティスト・カミーユ・コローなどの偉大な先駆者から学んだ。 54歳で新印象主義を追求し、ジョルジュ・スーラやポール・シニャックとともに研究、制作をした。 1873年、彼は15人の熱心な画家の集団を設立することに貢献し、グループを一つにまとめる中心的人物となった。 美術史家のジョン・リウォルドは、ピサロを「印象派画家たちの長老」と呼んだ。 彼はグループの中で最年長だっただけでなく、「賢明な美徳や、落ち着きのある親切で温かい人格」を備えていた。 セザンヌは、「彼は私にとって父親であり、相談役で、神のような人だった」と言っている。 ピサロは「ごまかしや尊大さ」のない自然環境で人を描くことを主張していたため、ルノワールは彼の作品を「普通の人間」の芸術的描写による「革命的」なものであるとみなしていた。 ピサロは、1874年から1886年まで開かれた8回の印象派展すべてにおいて作品を発表した唯一の画家である。 彼は印象派だけでなく、ジョルジュ・スーラ、ポール・セザンヌ、フィンセント・ファン・ゴッホ、ポール・ゴーギャンといった4人の主要なポスト印象派画家の指導者としての役割をも果たした。

次の

【作品解説!】カミーユ・ピサロの代表作を解説します!

ピサロ 画家

絵画ファンの皆さま、こんにちは! 今日は 「ピサロが描く風景画」というテーマでお届けします。 画家と言えば、風景画を多く描き残したことで有名です。 印象派の画家の中でも年長者ということで、性格も比較的おっとりしたお父さんタイプ。 その性格が画風にも出ているのか、おだやかな風景画がとても多いです。 今日はそのが描くおだやかな風景画をお届けしたいと思います。 とてものどかで落ち着く風景画ですよ〜 【 】 この作品に描かれているルーヴシエンヌは、パリのセーヌ河流域の街で、西郊約25キロのところにある当時は静かな村。 は1868年秋にポントワーズからここルーヴシエンヌに移り、 普仏戦争が始まる1870年までと、その後の1871-1872年の間、ここで生活したと言われています。 【 】 制作年:1880年 原画サイズ:54. 画家もこの地を描いています。 【】 この作品に描かれているエラニーは、パリの北西郊外約70kmのところに位置し、 1884年から晩年のピサロの制作拠点となった場所です。 エラニーのピサロのアトリエは、林檎の果樹園に続く庭の納屋を改造したもので、 1903年の死の年まで制作を続けた場所です。 この作品はピサロのエラニーのアトリエからの様子を描いたものです。 ピサロはエラニーにあるりんご倉庫を改造してアトリエにして作品制作をしていました。 本作は第8回印象派展に出展した作品です。 【】 制作年:1883年 原画サイズ:54. 5cm 所蔵:フィラデルフィア美術館 本作に描かれているのはフランス北部の街ルーアンの様子です。 ルーアンは大聖堂が有名な街。 港も近く、本作はナポレオン埠頭を描いた作品です。 9cm この作品はピサロの画家としての初期の頃に描かれた作品で、 先輩画家であるやの影響を受けて描かれた風景画です。 いかがでしたでしょうか? の穏やかな雰囲気が作品にも出ていますよね。 とてものどかな田園風景や、フランス郊外の様子はとても素敵ですね。

次の