スピッツ あわ。 あわ/スピッツの歌詞

あわ/スピッツの歌詞

スピッツ あわ

J-Pop• そして、シングル『シロクマ』のリングに、この曲のライヴバージョンが入っています…なぜこの時期にこの曲だったんでしょうか。 個人的ランキングでは、195曲中174位でした。 の全アルバムの中でも、この『オーロラになれなかった人のために』というアルバムは、異質な存在であると言えます。 イントロが長い曲が多くて、しかもゆったりしているし、ホーンやストリングスを多用している曲が多いので、気持ちがなんかサワサワして、クラシックでも聴いているような気分にさえなります。 そういう作品です、コアなファンも多いのではないでしょうか。 それは、この【ナイフ】とは、男性器の比喩だという解釈です。 危ないですね! * 君は小さくて 悲しいほど無防備で 無知でのんきで 優しいけど嘘つきで もうすぐだね 3月の君のバースデイには ハンティングナイフのごついやつをあげる 待ってて * これが始まりの歌詞です。 ここを読んで、どう思いますか。 そりゃ認めますよ、を長く聴いている分、僕は裏を読もうと、何か裏があるのではないかと、素直に聴けなくなってる、とね。 誕生日に、君にナイフをプレゼントするよ=誕生日にセックスしようね、ということなんでしょうね。 それは、彼女の希望だったのかなぁ、それとも、僕の欲望だったのかなぁ。 * 君がこのナイフを握りしめるイメージを 毎日毎日浮かべながらすごしているよ * …いやいや、完全にアウトでしょ!君のことを思いながら、自分のモノをサワサワしているとね。 誕生日には、君に握ってもらえる…と妄想しながらね。 * 果てしないサバンナを行く しなやかな強い足で 夕暮れのサバンナを行く ふり向かず目を光らせて 血まみれの夢 許されて心が乾かないうちに サルからヒトヘ枝分かれして ここにいる僕らは * 多分ですけど、初体験のイメージを詩にしているのかな、と思いました。 でも、ここを読んでも、全然いやらしくなくってさ、本当にすごいですよね、草野さんの詩って。 itukamitaniji.

次の

スピッツ

スピッツ あわ

概要 [ ] デビュー直後に制作開始。 前作のレコーディングでの反省点を踏まえ、を行なった上で計画的にレコーディングされた。 草野が当時影響を受けていた、やといったの要素と、前作でも見られたの要素を融合させた、メンバー曰く「歌謡」を目指して作り上げられた。 2013年現在オリジナル盤は廃盤となり、LAのエンジニア、スティーヴン・マーカッセンによりリマスタリングを施して、に再発。 『』編集長によるライナーノーツが封入されている。 ライナーノーツでの田中の今作に対する大まかな論旨は「スピッツは日本国初のバンドであり、向こう10年以上にわたって日本に出現するこのアルバムのフォロワーの中で、この作品に届く存在は皆無である」といったものである。 収録曲 [ ]• 草野自身も気に入っている曲であり、「自分の好きな曲ベスト10には絶対入る」と語るほど [ ]。 草野曰く「その辺の猫や草木に名前をつけてやると強がっている曲」 [ ]。 また96年に行われたライブでは、リードギターのストロークをアルペジオに変えているバージョンで演奏されている。 当時メンバーは黄色い花を贈られることが増えたという [ ]。 初期のアルバム曲ながら、1994年にの音楽番組に出演した際ライブで披露された事がある。 仮タイトルは「シャボン」。 デビュー前にはライブで「シャボンの歌」として演奏されたことがあるが、今作にて初めて音源化された。 草野がで作曲した初めての曲であり、これまでばかり叩いてきたはをどう叩けばいいかわからず悩んだという。 三輪は「この曲でスピッツの方向性が決まった」と語っている [ ]。 『』にも収録されており、そちらでは歪んだが入ったアレンジとなっており、本作ではが主体となっている。 ライブでは草野がを鳴らしながら歌う。 バンド演奏にストリングスを導入した初めての曲であり、スピッツ史上で初めてのタイアップソングである(石川県内のスキー場のイメージソング)。 この曲で組んだ長谷川智樹とは後にミニアルバム『』を製作することになる。 アナログ盤 [ ]• Spitz Analog Disc Collection Vol. 6として、がにリリースされた。 ブラウン・クリア・ビニール仕様。 によるオリジナルコミックを収録。 曲順、構成は以下の通り。 Side ONE• 日曜日• プール• 待ちあわせ• 恋のうた Side TWO• ウサギのバイク• 胸に咲いた黄色い花• 鈴虫を飼う• ミーコとギター• 名前をつけてやる 参加ミュージシャン [ ] スピッツ [ ]• - 、• - 、、、• - 、 外部ミュージシャン [ ]• - (1曲目)• 青木成美() - (2曲目)• 矢代恒彦 - 、(6、9、10曲目)• 鈴木直樹 - (6、9、10曲目)• 友田グループ - (11曲目)• 平内保夫 - (11曲目)• 岡田澄雄 - (11曲目)• 南浩之 - (11曲目)• 藤田之比古 - (11曲目)• 旭孝 - (11曲目)• 新谷祥子 - (11曲目) 脚注 [ ].

次の

エンドロールには早すぎる(スピッツ) / コード譜 / ギター

スピッツ あわ

J-Pop• provided courtesy of アルバム「名前をつけてやる」に収録されている曲です。 曲調は、ジャズを思わせる、ゆったりとした、なんかふわふわ浮いているような心地になるような感じです。 かなり、初期のマサムネ節が炸裂しているため、解釈することが非常に困難な曲…のうちのひとつが出てきました、困ったなー。 まず、、というより、マサムネさんが書く詩の世界観、そのテーマとして大きくあるのが「死とセックス」というものです。 個人的に、初期の頃の歌は、ほとんどが大きくどちらかに大別できる、と思っています。 マサムネさんは、詩の中で、「丸いもの」に死のイメージを、「とがっているもの」にセックスのイメージを含ませている…と、どこかで読んだのか、誰かが言っていたのか、公式なのかは分かりかねますが、そう思っています。 ともすると、タイトルにもなっています【あわ】は、丸くて、歌詞の中にも出てくるように、溶けてしまうものなので、どうしても死のイメージが浮かんできそうです。 死、とまではいかないまでも、何かが無くなっていくようなイメージですね。 今回は、少し大胆に解釈します。 ずばり、この歌は、中絶の歌、子どもを堕ろすという解釈です。 まず出だしの歌詞から。 * こっそりみんな聞いちゃったよ 本当はさかさまだってさ * まず、「誰が」こっそりきいちゃったのか。 僕のイメージで、この文章の主語は「お腹の中の赤ちゃん」ということになります。 で、「何が」さかさまなのか。 これもすごく勝手なイメージですが、さかさまなのは、順序、と解釈しました。 つまり、結婚する前に、それに加えて、あまりふさわしくない状況下で、子どもができてしまったという解釈です(順序が逆でも、愛し合っていれば、生むという選択肢を選ぶことも可能だからです。 ) 当事者の二人の話を、お腹の中の赤ちゃんは聞いちゃったんです…堕そうか、と話しているのを。 一体、どういう気持ちになるんでしょうかね。 あとは、 「ショーユのシミ」…これは、血をイメージしました。 なぜカタカナなのかは分かりませんが、もしかしたら、本来の醤油という意味では使っていないよ、ということを示唆しているのかも知れません。 「優しい人やっぱりやだな」…堕ろすことを決めても、やっぱり相手の男の人は優しい人だな、でもその優しさが逆に嫌だなぁ、ということ? で、印象的な「ででででっかいお尻が大好きだ」…これは、妊婦のずっしりとした体型を表しているのでしょうか。 という風に、続いていって最後のサビ。 * 機関銃を持ち出して 飛行船を追いかけた 雨の朝 あわになって溶け出した * 機関銃…例えば、中絶させる薬を打つ注射器とか器具とか? 飛行船…膨れ上がった妊婦のお腹? ということで、あわになって溶けるのは、お腹の中の赤ちゃん、ということになります。 itukamitaniji.

次の