バレーボール ポジション。 【初心者必見】バレーボールの全ポジション、役割を解説!

バレーボールのMB、WS、OPの意味とポジションはどこ?ハイキュー!! ベストオーダー投票参加してみた

バレーボール ポジション

試合の進行 サービス権またはコートの選択 両チームのチームキャプテンは試合開始前にトスをし、勝ったチームはサービス権またはコートのいずれかを選択できます。 サービス順の確認 両チームの先発選手は、試合開始前にサービス順にエンド・ラインに整列します。 事前に登録したサービス順は、その試合中に変更することはできません。 また、次のセットにもサービス順は引き継がれます。 コート・チェンジ セットの終了ごとにコートを交替します。 最終セットでは、どちらかのチームが11点先取したときにコートを交替します。 タイム・アウト タイムアウトは1セットに2回、または2回分続けて要求することができます。 1回のタイムアウトは30秒間です。 選手交代 メンバーチェンジは1セットに4回まで行うことができます。 一度に3人を限度として選手交代することができます。 交代した選手のサービス順は、元の先発選手の順番に従います。 先発選手がベンチに戻った後は、同一セットで一度だけ、もとのサービス順の選手と交代することができます。 交代者がもう一度ベンチに下がる場合は同じ人と交代できるのはもちろん、他のベンチ要員の誰とでも交代することができます。 サービスは1度失敗しても、もう1度行うことができます。 打ったボールがネットに触れた場合は、相手コートに入っても「失敗」となります。 ボールへの接触 相手コートに返すまでのボールに接触できる回数は3回です。 ただし、ボールがネットに触れた場合は、さらに1回(計4回)接触することができます。 同じチームの選手同士が2人以上で同時にボールに触れた場合は、1回とカウントします。 ブロックで触れた回数も1回とカウントします。 ダブルコンタクト(ドリブル) 同じ選手が2回以上連続してプレーをするとドリブルの反則となります。 ただし、以下の場合は反則になりません。 ブロックした選手が続けてボールに触れた場合(接触回数は2回とカウント)。 選手が打ったボールがネットにかかった後、同じ選手が続けてボールに触れた場合(2回が限度)。 オーバーネット プレー中に選手がネット上を越えて相手コート内にあるボールに触れたときはオーバー・ネットの反則となります。 オーバーネットの限界線は白い布のふくらみいっぱいまでです。 ボールが手から離れていた場合は相手コート内に出ても反則にはなりません。 ボール・アウト ボールは両アンテナ間でネット上の空間を通過させて相手コートへ送ること。 ボールがアンテナに当たったり、アンテナより外を通過した場合はボールアウトとなります。

次の

9人制バレーボールのルール・ポジション|9人制バレーボール|富士通テン女子バレーボールチーム

バレーボール ポジション

ハイキュー!! あれ?バレーボールの ポジション がわからない!? オーダー表の1マス目から~え?OP・・・ってナニ? MBは・・・日向や月島だよね、いやいやWSってダレ選べばいいの? と目が宙を泳いでしましました…; そんなハイキュー!! 同志がいるかも!? とか言わないように!笑 各ポジションの主な選手(ハイキュー!! WS Wing Spiker:ウィングスパイカー 左右のサイドから攻撃するアタッカー• MB Middle Blocker:ミドルブロッカー 中央に位置する攻守の要、センタープレーヤー• OP オポジット セッターと対角に位置するアタッカー• S セッター トスを上げるチームの司令塔• そのポジションは圧倒的攻撃力を持つ エーススパイカーが入ることが多いのも特徴とのこと。 OH アウトサイドヒッター と表記されることもある。 高めのオープントスや平行トス、時間差攻撃のセミクイック、バックアタック、ハイセット(二段トス)等の攻撃を担当することが多い。 ハイキュー!! の主なWSの選手 MB:ミドルブロッカーの選手• 日向(烏野)• 月島(烏野)• 金田一(青葉城西)• 松川(青葉城西)• 青根(伊達工業)• 天童(白鳥沢学園)• 黒尾(音駒)• リエーフ(音駒)• 角名(稲荷崎)• 大耳(稲荷崎) OP Opposite:オポジット) セッターの対角に配置されるポジション オポジット の選手のこと。 OS(Opposite Spiker)と書かれることもある。 前衛・後衛を問わず常時攻撃に参加しバックアタックの能力も求められる。 そのため高いジャンプ力と強烈なスパイクを繰り出すパワー、さらにはスタミナが要求されるポジション。 チームで一番攻撃力が高く信頼の厚いスパイカーが「 スーパーエース」として配置されることもある。 ハイキュー!! の主なOPの選手 (WSの中のエーススパイカーをピックアップしています) S:セッターの選手• 影山(烏野)• 菅原(烏野)• 及川(青葉城西)• 黄金川(伊達工業)• 白布(白鳥沢学園)• 孤爪(音駒)• 赤葦(梟谷学園)• 小森(井闥山学院)• 宮(稲荷崎) Li Libero:リベロ レシーブ(守備)専門の選手のこと。 コート内に何度でも出入り自由なことから付けられた) MBが後衛に下がった時に交代することが多い。 守備力だけでなくレシーブが崩れた時の二段トス、セッターがレシーブした際に替わりに行うトス能力なども求められる。 コートの出入時に分かりやすいよう、違うカラーのユニフォームの着用を認められている。 またリベロはチームキャプテン・ゲームキャプテン共に務めることはできない。 ハイキュー!! の主なLiの選手• 全てのポジションが埋まったら 「 このメンバーで投票する!」をクリック• 出力された画像を SNSにシェア ハイキューベストオーダー投票のタグを忘れずに!! SNSシェア方法• ハイキューベストオーダー投票 のハッシュタグを忘れるな! この記念企画に参加して『ハイキュー!! 』オリジナルグッズをGETしたい方は忘れずにハッシュタグを付けてくださいね! 「 ハイキューベストオーダー投票」 このタグが付いていないと~集計されませんのでご注意を!! なぜなら当選後の連絡は ダイレクトメッセージで行われるからです。 プレゼントGETしたい方は当選確定の時期まで解除しておきましょう。 集計結果はいつ分かる?• 集計結果の発表は 2020年5月以降の「 週刊少年ジャンプ」で告知予定• プレゼントの当選者には2020年5月以降に ダイレクトメッセージで連絡 まとめ 『ハイキュー!! 大好きな『ハイキュー!!

次の

【3分で理解】バレーボールのポジションと役割は?名前・動きについても

バレーボール ポジション

そこで今回は、 バレーボールの全ポジションの名前はもちろん、各ポジションの役割や動き方についても説明していきます! 【初心者必見】バレーボールの全ポジションを解説! バレーボールの花形!アタッカーの役割とは? まず初めにご紹介するのが、 バレーボールの花形ポジションである「アタッカー」です。 アタッカーは 「攻撃の要」としての役割をもち、 味方からレシーブやトスで繋がれたボールを相手コートに打ち込むのがメインの仕事です。 サービスエースやブロックポイントを除くと、ほとんどの得点はアタックによって生まれます。 そのため、アタッカーの質はチームの強さに直結します。 また、アタッカーが得点を決めることはチームの雰囲気を盛り上げ、勢いをつけることにも繋がります。 良くも悪くも試合の流れを変えてしまうアタッカーは、責任が大きなポジションでもあります。 アタッカーで有名な選手としては、男子日本代表では 石川祐希選手。 女子日本代表では、 古賀紗理那選手が挙げられます。 オポジットは、 主にセッターの対角線上のライト側に配置されることが多いです。 またの名を スーパーエースと呼ばれるこのポジションは、とにかく 攻撃が専門でサーブカット(レセプション)を行いません。 後衛にいてもレシーブはせず、バックアタックの準備をする。 オポジットの有名な選手としては、男子日本代表の 西田有志選手が挙げられます。 とはいえ、中学校や高校では全員でサーブカット(レセプション)をする体形で守るチームがほとんどなので、あまりオポジットの選手を見ることはありません。 コート上の司令塔?バレーボールにおけるセッターの役割とは? 続いて紹介するのが、 司令塔とも呼ばれる「セッター」です。 「攻撃に直接つながるトスをあげる」 それがセッターの動きであり、バレーボールの試合では勝敗を左右する重要なポジションです。 アタッカーへの的確かつ安定したトスが求められるだけでなく、敵チームの守備やブロックの位置からどの選手に向けてトスをあげるのかを瞬時に判断しなければいけません。 また、自チームの選手の得意不得意、その日のコンディションなど多くの要素も頭に入れてプレーをしなければいけません。 味方のアタッカーが点を取れるかどうかはセッターの判断に大きくかかっているため、セッターは 「コート上での司令塔」とも呼ばれています。 ミドルブロッカーとは前衛の真ん中のポジションで、主に相手のアタックをブロックする役割を持ちます。 真ん中のポジションにいるため、相手選手のアタックにほぼ毎回ブロックに飛ぶ必要があり、ミドルブロッカーの質により相手の攻撃をどれだけ防げるかが大きく変わってきます。 ネット際の攻防戦ではやはり身長が高い選手の方が有利なため、比較的身長が大きい選手がミドルブロッカーに選ばれることが多くなります。 また、ミドルブロッカーは守備としての役割だけでなく、クイック攻撃や身長の高さを活かした速攻など、高い攻撃力も求められるポジションです。 リベロはアタックをすることができないため、レシーブやトスでチームに貢献します。 レシーブでは、ただ球をあげるだけでなく、セッターへ的確にボールを繋げなければいけません。 また、ボールをコートに落とさず繋ぐことで成り立つバレーボールでは、レシーブの質によって、その後のトスやスパイクといったプレーの質まで大きく変わってきます。 相手の強烈な攻撃に対しても綺麗にレシーブを行い、セッターへ良い返球を行う。 基本的に、リベロはこのような守備が一番上手い選手です。 リベロは上記の役割以外にも、大事な役割を実は担っています。

次の