悪役 令嬢 です が 幸せ に なっ て みせ ます わ 小説 家 に な ろう。 悪役令嬢?小説一覧

悪役令嬢?小説一覧

悪役 令嬢 です が 幸せ に なっ て みせ ます わ 小説 家 に な ろう

婚約破棄、ざまぁ、 断罪イベント、 溺愛、王族、転生ヒロイン、追放END…悪役令嬢の魅力満載!! 小説家になろう発の人気悪役令嬢小説をコミカライズ!! ALLハッピーエンドの読み切り5本を収録!! LINEUP---------------------------------- カバーイラスト:まろ 「悪役令嬢は真実の愛を手にいれる」ほしの総明 原作:猫又どれみ 卒業パーティーで婚約破棄!? 「婚約破棄されて修道院に行くお嬢様の話」空倉シキジ 原作:結城暁 妹に婚約者を奪われ追放!? 「絶対に婚約破棄をしてみせます! 」黒榮ゆい 原作:麗伽空 婚約破棄の為に男爵令嬢をいじめ!? 「悪の華道を行きましょう」やましろ梅太 原作:真冬日 婚約破棄されハゲデブ親父と結婚!? 「悪役令嬢は第二王子の初恋に翻弄される」尾羊英 原作:水野沙彰 断罪された私の前に第二王子が現れ…。 ------------------------------------------------ 突然の婚約破棄、そして迫りくる断罪イベント…!! 王子に捨てられ、そしてこんな男と結婚…!? 婚約者たちは可憐な妹に夢中!? 婚約破棄された悪役令嬢に手を差し伸べるのは…!? どの話ももう少しボリュームを出せばより面白かっただろうと思う惜しい感じの短編集に感じました。 以下ネタバレ有り。 1話 こちらはちょっといただけない内容かなと思いましたが…。 気持ちの確かめ方がどうなんだろうと。 王太子の振る舞いとして理性的とは思えない。 2話 もっと先が見たいと思いましたね。 周りの男性が基本馬鹿しかいませんでしたって感じです笑 一番まとまりがありスッキリする印象。 3話 爪が甘い悪役令嬢と馬鹿すぎるヒロイン。 4話 異色すぎる展開でした、これは予想してなかった。 全体を通してなかなか良い感じの話で短編らしい作品。 5話 隣国の王太子に愛される某悪役令嬢モノに似た流れと展開です。 ヒロインからなかなかの仕打ちを受けていたのが印象的ですがそんなにパッとしなかった。 収録作品は 猫又どれみ「悪役令嬢は真実の愛を手にいれる」 結城暁「婚約破棄されて修道院に行くお嬢様の話」 麗伽空「絶対に婚約破棄をしてみせます!~悪役令嬢に、私はなる!」 真冬日「悪の華道を行きましょう」 水野沙彰「悪役令嬢は第二王子の初恋に翻弄される」 の5作。 このうち「修道院」「悪の華道」が既読で、特に華道は大好きな作品だったので、これを目当てに購入。 この2作については大いに楽しめた。 個人的にはそれだけで元が取れた一冊。 「修道院」は結構大胆に再構成しているけど、そのお陰で魅力も伝わりやすくなっている良質なコミカライズ。 「華道」はメディアミックスが結構難しい作品だと思うのだけど、絵柄がよく合っていたと思う。 後半に行くにつれてヒロインも宰相もこなれていって良い。 ぜひ続編「追いましょう」「待ちましょう」も、同じやましろ梅太先生の作画で読んでみたいです。 「絶対に~」と「第二王子の~」も、アンソロのテーマに沿って綺麗にまとまった短編で、それぞれ面白かった。 ただトップバッターの「真実の愛」は、既に他のレビューでも言われているが、ちょっと王子のクセが強すぎるかな……と個人的には。 いずれにせよ、作品によって結構毛色が違うのは間違いないので、現在pixivコミックで公開中の試し読み(1作目前半)だけで判断するのはちょっと勿体ないかな。 原作はどれもなろうで公開中なので、収録タイトルを調べて、好みのものが一作あれば購入する価値はあると思う。 他はよくある悪役令嬢話です。 買うならおすすめされている悪役令嬢話丸々1冊の本を買うほうがよろしいかと思います。 なろう系のなかでも悪役令嬢モノが大好きでなんでも良いから悪役令嬢を!読ませてください!という強者が読むのをおすすめします。 キモデブおっさん 失礼 話だけで1冊読みたかったですね・・・ なろう系小説のコミカライズは絵ガチャなどとひどい言われようですが、このキモデブおっさん 何回言うんだ の話は小説も手にしたいと思いますね。 何番煎じかわからない最近の悪役令嬢話のなかでとても面白いネタでした! 何番煎じでも悪役令嬢ネタが好きだから購入したのも確かですが 笑 悪役令嬢ものが好きなので、購入してみました。 作品紹介にもある通り、小説家になろう原作の短編小説を漫画化したアンソロらしいです。 なろうで読んだことのあるタイトルも入ってましたが、正直なぜこのタイトルを選んだのと疑問には思います。 ただ原作知っていても漫画で読むと、また違った面白さがありましたので新鮮でした。 一本目の漫画は、ヒーローの癖が強すぎて正直引きました。 なんだこの男は…と思いながら読み終えたのですが、この男は本当にむかつくので一読をおすすめします。 他タイトルは、比較的テンプレな悪役令嬢もの…と見せかけつつ、癖の強いのも数本混ざってるなという印象です。 個人的には、ヒロインと百合な感じのお話があったので、めちゃくちゃ満足しました。

次の

悪役令嬢ですが、幸せになってみせますわ! アンソロジーコミック(2)(漫画)の電子書籍

悪役 令嬢 です が 幸せ に なっ て みせ ます わ 小説 家 に な ろう

ループ7回目の悪役令嬢は、元敵国で自由気ままな花嫁(人質)生活を満喫する 作者: 雨川 小説家になろう 上位ランカー ループ7回目の悪役令嬢 は、元敵国で自由気ままな花嫁(人質)生活を満喫する 「リーシェ・イルムガルド・ヴェルツナー! 僕は貴様との婚約を破棄する!!!」 「はい、分かりました」 「えっ」 公爵令嬢リーシェは、夜会の場をさっさと後にした。 実はリーシェにとって、この婚約破棄は7回目。 ここから新たな人生を歩み、薬師や男装騎士などの生き方を満喫したあと、20歳で命を落としてはこの婚約破棄シーンまで巻き戻っているのだ。 普通なら心が折れる所だが、リーシェのメンタルは強靭だった。 過去6度の人生、忙しくも充実していたけれど、今回くらいは長生きしたい。 出来ればのんびりゴロゴロ生活もしたい……! 7回目のやりなおしに至って、そんな斜め上の目標を掲げたリーシェ。 なのに今回の人生では、過去の人生で自分を殺した、軍国の皇太子に嫁ぐことになってしまう。 ……いいでしょう。 元敵国だろうとなんだろうと構いません。 7度目の人生、この城でごろごろを満喫してみせます!! ループ7回目の悪役令嬢は、元敵国で自由気ままな花嫁(人質)生活を満喫する 作者: 雨川.

次の

小説家になろう 上位ランカー ループ7回目の悪役令嬢

悪役 令嬢 です が 幸せ に なっ て みせ ます わ 小説 家 に な ろう

婚約破棄、ざまぁ、 断罪イベント、 溺愛、王族、転生ヒロイン、追放END…悪役令嬢の魅力満載!! 小説家になろう発の人気悪役令嬢小説をコミカライズ!! ALLハッピーエンドの読み切り5本を収録!! LINEUP---------------------------------- カバーイラスト:まろ 「悪役令嬢は真実の愛を手にいれる」ほしの総明 原作:猫又どれみ 卒業パーティーで婚約破棄!? 「婚約破棄されて修道院に行くお嬢様の話」空倉シキジ 原作:結城暁 妹に婚約者を奪われ追放!? 「絶対に婚約破棄をしてみせます! 」黒榮ゆい 原作:麗伽空 婚約破棄の為に男爵令嬢をいじめ!? 「悪の華道を行きましょう」やましろ梅太 原作:真冬日 婚約破棄されハゲデブ親父と結婚!? 「悪役令嬢は第二王子の初恋に翻弄される」尾羊英 原作:水野沙彰 断罪された私の前に第二王子が現れ…。 ------------------------------------------------ 突然の婚約破棄、そして迫りくる断罪イベント…!! 王子に捨てられ、そしてこんな男と結婚…!? 婚約者たちは可憐な妹に夢中!? 婚約破棄された悪役令嬢に手を差し伸べるのは…!? どの話ももう少しボリュームを出せばより面白かっただろうと思う惜しい感じの短編集に感じました。 以下ネタバレ有り。 1話 こちらはちょっといただけない内容かなと思いましたが…。 気持ちの確かめ方がどうなんだろうと。 王太子の振る舞いとして理性的とは思えない。 2話 もっと先が見たいと思いましたね。 周りの男性が基本馬鹿しかいませんでしたって感じです笑 一番まとまりがありスッキリする印象。 3話 爪が甘い悪役令嬢と馬鹿すぎるヒロイン。 4話 異色すぎる展開でした、これは予想してなかった。 全体を通してなかなか良い感じの話で短編らしい作品。 5話 隣国の王太子に愛される某悪役令嬢モノに似た流れと展開です。 ヒロインからなかなかの仕打ちを受けていたのが印象的ですがそんなにパッとしなかった。 収録作品は 猫又どれみ「悪役令嬢は真実の愛を手にいれる」 結城暁「婚約破棄されて修道院に行くお嬢様の話」 麗伽空「絶対に婚約破棄をしてみせます!~悪役令嬢に、私はなる!」 真冬日「悪の華道を行きましょう」 水野沙彰「悪役令嬢は第二王子の初恋に翻弄される」 の5作。 このうち「修道院」「悪の華道」が既読で、特に華道は大好きな作品だったので、これを目当てに購入。 この2作については大いに楽しめた。 個人的にはそれだけで元が取れた一冊。 「修道院」は結構大胆に再構成しているけど、そのお陰で魅力も伝わりやすくなっている良質なコミカライズ。 「華道」はメディアミックスが結構難しい作品だと思うのだけど、絵柄がよく合っていたと思う。 後半に行くにつれてヒロインも宰相もこなれていって良い。 ぜひ続編「追いましょう」「待ちましょう」も、同じやましろ梅太先生の作画で読んでみたいです。 「絶対に~」と「第二王子の~」も、アンソロのテーマに沿って綺麗にまとまった短編で、それぞれ面白かった。 ただトップバッターの「真実の愛」は、既に他のレビューでも言われているが、ちょっと王子のクセが強すぎるかな……と個人的には。 いずれにせよ、作品によって結構毛色が違うのは間違いないので、現在pixivコミックで公開中の試し読み(1作目前半)だけで判断するのはちょっと勿体ないかな。 原作はどれもなろうで公開中なので、収録タイトルを調べて、好みのものが一作あれば購入する価値はあると思う。 他はよくある悪役令嬢話です。 買うならおすすめされている悪役令嬢話丸々1冊の本を買うほうがよろしいかと思います。 なろう系のなかでも悪役令嬢モノが大好きでなんでも良いから悪役令嬢を!読ませてください!という強者が読むのをおすすめします。 キモデブおっさん 失礼 話だけで1冊読みたかったですね・・・ なろう系小説のコミカライズは絵ガチャなどとひどい言われようですが、このキモデブおっさん 何回言うんだ の話は小説も手にしたいと思いますね。 何番煎じかわからない最近の悪役令嬢話のなかでとても面白いネタでした! 何番煎じでも悪役令嬢ネタが好きだから購入したのも確かですが 笑 悪役令嬢ものが好きなので、購入してみました。 作品紹介にもある通り、小説家になろう原作の短編小説を漫画化したアンソロらしいです。 なろうで読んだことのあるタイトルも入ってましたが、正直なぜこのタイトルを選んだのと疑問には思います。 ただ原作知っていても漫画で読むと、また違った面白さがありましたので新鮮でした。 一本目の漫画は、ヒーローの癖が強すぎて正直引きました。 なんだこの男は…と思いながら読み終えたのですが、この男は本当にむかつくので一読をおすすめします。 他タイトルは、比較的テンプレな悪役令嬢もの…と見せかけつつ、癖の強いのも数本混ざってるなという印象です。 個人的には、ヒロインと百合な感じのお話があったので、めちゃくちゃ満足しました。

次の