本格 カレー うどん レシピ。 山本ゆりさんの電子レンジカレーうどんのレシピ。冷凍うどんで簡単!

カレーうどんにピッタリの献立!付け合わせのおかずレシピまとめ!

本格 カレー うどん レシピ

カレーに使われるスパイスは、香り・色・辛みと目的ごとに3種類のグループに分かれています。 それらをバランスよく配合することで、本格的なカレーを作れるのです。 ここでは、それぞれのグループにどのようなスパイスがあるのか、詳しく見ていきましょう。 香りを付けるスパイス ・クミン カレーには欠かせないスパイスの1つ。 カレーの独特な風味はクミンによるもので、単体でもカレーの香りを感じられます。 特有の香りとほろ苦さが特徴。 ・カルダモン 香り高く「香りの王様」とも呼ばれるスパイスでカレーのほかチャイなどにも使われます。 独特の甘い香りがあり、ほろ苦さと辛みを持ちます。 ・コリアンダー 柑橘系の甘い香りとレモンピールにも似た苦味を持つスパイスです。 種子の形のままか粉末で市販されています。 カレーに使われるスパイスの中でも大事なものの1つで、インド料理の代表的な存在。 ・シナモン スイーツの風味づけによく使われますが、実はカレーのスパイスでもあります。 甘い刺激的な香りと清涼感のある辛みや甘みが持ち味。 ・クローブ とても香りが強いスパイス。 日本では丁子といいます。 甘みにも辛みにも調和し、煮込み料理にぴったり。 入れすぎには注意が必要ですが、適度に利かせると奥深い味わいのカレーに! ・ナツメグ 甘い独特の香りを持ち、ハンバーグに使うスパイスとして有名。 クッキーなどの焼き菓子やエッグノッグなどの飲み物に使うことも。 ・ローレル ローリエやベイリーフ、月桂樹とも呼ばれるスパイスです。 葉の形のままか粉末で市販されています。 香りが強く、肉や魚のくさみ消しによく使われ、煮込み料理に合います。 カレーに爽やかさをプラス! ・オールスパイス シナモン、クローブ、ナツメグの3つを合わせた香りに似ていることから名付けられました。 辛みはなく、味に奥行きを出してくれます。 ・ガーリック 独特の香りと旨味をあわせ持つ、言わずと知れたスパイスですね。 多めに入れると、カレーのおいしさがアップ! 色を付けるスパイス ・ターメリック うこんとも呼ばれ、カレー特有の黄色を出すスパイスです。 ほろ苦くて、独特の香りがします。 辛みを付けるスパイス ・カイエンペッパー 辛みの代表的なスパイスである、唐辛子のこと。 ほんの少しでも辛みが付きやすいため、入れる量には注意が必要です。 ・ジンジャー 生姜のことで、ピリッとしたほど良い辛さと爽やかな香りが特徴的なスパイスですよね。 カレーの後味をすっきりさせてくれます。 ・ブラックペッパー 黒こしょうのことで、ピリッとした辛さで刺激的なスパイスです。 カレーにシャープな辛みを与えてくれます。 カレーは5種類のスパイスで作れる! 多くの種類があるスパイスですが、そのすべてを使う必要はありません。 カレーは基本的な5種類のスパイスがあればOK。 こちらをしっかり覚えておきましょう! 【香りを付けるスパイス】 ・クミン ・コリアンダー ・カルダモン 【色を付けるスパイス】 ・ターメリック 【辛みを付けるスパイス】 ・カイエンペッパー 香り・色・辛みの基本バランスとは? おいしいカレーを作るためには、基本となる5種類のスパイスのバランスがポイントです。 とはいえ、スパイスの配合に決まりはありません。 カレーの基本となるクミンをベースに、お好みでスパイスをブレンドすればいいのです。 だいたいの目安は、クミンが50~60%、コリアンダーやカルダモンが20~40%、ターメリックが10~20%くらい。 カイエンペッパーで辛みを調整するといった感じです。 何度か作ってみて、好みのバランスを見つけていくのがいいですね。 スパイスからカレーを作る方法 粉末タイプのスパイスからカレーを作るときは、あらかじめスパイスを混ぜ合わせてカレー粉を準備しておくのがおすすめ。 手順としては、 (1)スパイスを分量通りに用意する (2)フライパンでスパイスを焦がさないように炒め合わせる (3)スパイスの香りが立ってきたら火を止めて完成! となります。 あとはこちらのカレー粉を、煮込んだ具材に溶かして仕上げるだけ。 また、ホールタイプやフレッシュのスパイスも使う場合は、 ・ホールタイプのスパイスは、調理の最初に入れ、弱火でじっくりと加熱する。 ・粉末タイプのスパイスは、具材を煮込んだあとに入れる。 ・フレッシュタイプのスパイスは、調理の最後に入れる。 スパイスの専門店や高級スーパーなどに行かなくても、身近なスーパーにも置いてあることが多いようです。 ただし、ある程度の規模があり、たくさんの食材がそろうスーパーの方が、カレースパイスが手に入る確率は高いでしょう。 また、100円ショップでも取り扱っていることが。 少し小さめの容器で売られていることが多いので、使いきりやすいのがメリット。 価格も手ごろなので、まずは100均の食品売り場をチェックしてみるのも手ですね。 塩をもみ込んだ鶏手羽元は、Aの材料に漬けておきます。 クミンシード入りの炒め玉ねぎにトマト缶と水を入れて煮込んだら、仕込んでおいた先ほどの鶏手羽元をヨーグルトごとお鍋にイン!ふたをして20分煮込んだら、スパイスの香りが飛ばないように火を止め、ガラムマサラを入れて完成です。 5 おろしにんにく:小さじ1. 「スパイスをそろえるのが大変そう……」と感じるかもしれませんが、おいしさの虜になってレシピをリピートするうちに、あっという間に使いきってしまうでしょう。 まずは、AとBをミキサーにかけ、スパイスを合わせて下準備。 辛いのが苦手な人でも食べやすい1皿。 まずは、玉ねぎ・にんにく・しょうがにカルダモン・クローブ・シナモンスティックとアーモンドプードルを加えて炒めます。 炒め玉ねぎに鶏肉・にんじん・じゃがいもを加えて炒め、薄力粉を加えたらスパイス・調味料・水を加えてひと煮立ちさせ、牛乳と残りの野菜を入れてさらに煮て、ガラムマサラで仕上げます。 クミンとカルダモンは辛みがないのに風味が良いスパイスなので、子どもでも食べやすいでしょう。

次の

「スパイスカフェ・フンザ」に聞く!カレーの基本スパイス・初心者おすすめレシピ

本格 カレー うどん レシピ

酢少々• 白ごま大さじ2~3• A:酢大さじ2• A:みりん大さじ1• A:しょうゆ小さじ1. A:だし汁大さじ3• A:塩少々• ゴボウはたわしでキレイに水洗いし、すりこ木で軽くたたき、長さ4~5cm幅に切ります。 (太いものは2~4つに割ります)• 鍋に水、酢を入れて(1)を加え、約10分柔らかくなるまで茹でて、ザルにあげます。 白ごまは焦がさないようにフライパンで煎り、冷めてから軽くすり鉢ですります。 鍋に Aを入れて煮立たせ、(2)を加え、汁けが半分くらいになるまで中火で5~6分煮て、ゴボウに味を含ませます。 (4)に(3)を加えて全体的に混ぜ合わせ、器に盛ったら完成です。 マグロのたたき100g• 塩少々• サラダ油大さじ1• 酒大さじ1• オイスターソース大さじ1• 片栗粉大さじ1• こしょう少々• プロセスチーズ10g• 玉ねぎは横半分に切ってさらに縦に薄切りにし、耐熱容器に入れます。 (1)に塩を振りかけ、ラップをして電子レンジで約3~4分加熱します。 にんにくはみじん切りにし、チーズは1cm角に切ります。 フライパンにサラダ油とにんにくを入れて弱火にかけ、香りが出てきたら(2)を加えてしんなりするまで炒めます。 (4)にオイスターソース、酒を加えて混ぜ合わせ、汁けがなくなるまで炒めて器に取り出し、冷まします。 マグロをさらに叩いてボウルに入れ(5)、片栗粉を加えて混ぜ合わせて、食べやすい大きさに丸めて真ん中にチーズを入れます。 フライパンにサラダ油を薄く敷き、(6)を入れて中火で両面に焼き色をつけ、蓋をして完全に火を通したら完成です。 長芋4~6cm• 酢少々• 豚肉の薄切り6枚• 塩コショウ少々• 梅干し1個• B:酒大さじ1• B:しょうゆ小さじ2• B:みりん小さじ2• 小麦粉適量• サラダ油小さじ2• 長芋は酢水に10分放ち、キッチンペーパーで水気を拭きとり、縦に太めの棒状に切ります。 梅干しは種を取り、包丁で叩きペースト状にして Aと混ぜ合わせます。 まな板に豚肉を広げて塩コショウを振り、小麦粉を薄く振ります。 手前側に(2)を塗り、(1)をのせてクルクルと巻き、剥がれないようにしっかり押さえ、6枚分作ります。 (4)の全体に小麦粉を薄く振りかけ、熱したフライパンにサラダ油を入れて巻き終わりを下にして並べます。 菜箸で転がしながら全体に薄く焼き色が付くまで焼いたら、 Bを加えて煮絡めて完成です。

次の

簡単 お鍋ひとつでカレーうどん 作り方・レシピ

本格 カレー うどん レシピ

(1)タマネギは縦の薄切りにする。 油揚げは縦半分に切って幅2、3ミリに切る。 青ジソはせん切り、ワケギは斜めに薄切りにする。 (2)豚肉は幅1センチに切る。 (3)湯を沸かし、カレー汁ができあがるタイミングに合わせてうどんをゆでる。 細めのうどんがおすすめ。 ゆで麺や冷凍麺なら湯のなかで温める。 (4)別の深鍋にサラダ油を軽く熱し、豚肉を入れる。 中火弱ではしでばらすように炒め、表面が白っぽくなったら、へらに持ち替え、タマネギ、油揚げを加えてしっかり炒め合わせる。 (5)水を加えて火を強め、沸騰させる。 出てきたアクを取ってからカレールーを溶かす。 昆布茶、しょうゆを加える。 (6)汁が沸騰した状態で、片栗粉を同量の水で溶いたものを注ぎながら混ぜてとろみをつける。 一度しっかり沸騰させてから火をとめ、青ジソを加える。 (7)どんぶりにうどんを入れ、汁を注いでワケギをのせる。 カレーうどん 和風のカレー料理は? 昆布茶で簡単だし カレーの魅力はさまざまですが、和風カレーに求めるのは飽きのこないおいしさかもしれません。 日本料理研究家の斉藤辰夫さんが「我が家のカレーうどん」と呼ぶこだわりの一杯を紹介しましょう。 思い立ったらすぐできるように、だしを取る手順を省いて準備は簡単。 休日の昼ご飯や、夜食にお試しください。 「料理とは何事もバランスです」と斉藤さん。 細めの麺、昆布ベースの汁、麺にからむ細切りの具で、やさしい一体感を作り出します。 おそば屋さんのカレーと違い、削り節は使いません。 炒めた具に水と昆布茶を加え、丸ごと「だし」にしてしまいます。 具は相性を考えた3種類です。 豚肉は、うまみの強い肩ロース、甘みの出るタマネギは、多すぎず少なすぎずの分量にして炒めすぎないのもポイント。 油揚げはコクを加え、汁を吸うので、食べた時に存在感を発揮します。 すべて麺を邪魔しないように細かく切ってください。 使うカレールーの甘口、辛口は好みですが、メーカーの違う2種類を選ぶのが斉藤さん流です。 相乗効果の出る「合わせみそ」の感覚です。 火を止めたら、たっぷりの青ジソを加えましょう。 後味がさわやかになります。 汁の味は、ひとくち目は薄味かなというくらいがちょうどいい。 仕上げのしょうゆは味をみながら調節してください。 食べ進むうちに徐々においしくなって、最後まで飽きることがありません。 麺類は塩分が高くなりがち。 家ならではの心遣いです。

次の