アウトランダー フル モデル チェンジ。 三菱アウトランダー新型へモデルチェンジ内容:PHEV等の搭載エンジンやプラットフォーム,発売予定日や車両価格などを詳しく説明|ネクストカー・ジャパン

【三菱新型アウトランダーPHEV フルモデルチェンジ最新情報】新旧比較!日本発売日は?

アウトランダー フル モデル チェンジ

アウトランダーのモデルチェンジ情報 デビューは2020年10月との噂 三菱のミドルサイズSUVアウトランダーのモデルチェンジについて紹介します。 アウトランダーは2005年から販売され、現行型は2代目を迎えています。 次期型アウトランダーではプラットフォームやパワーユニット、各種パーツを日産エクストレイルと共有する予定で、2020年10月にフルモデルチェンジが実施されるとの情報があります。 新型アウトランダーに日産が開発したe-POWERを採用する可能性も 新型にモデルチェンジする三菱アウトランダーのパワートレインに日産のシリーズハイブリッドシステムe-POWERを採用するという噂があります。 e-POWERはエンジンを発電専用に使い、駆動はモーターのみで行うハイブリッドシステムで、e-POWERを採用したノートやセレナは販売台数でも他車をリードするほどの人気車種になっています。 新型アウトランダーは日産のエクストレイルと兄弟車になるという情報が前々からあり、パワートレインも同じものを採用する可能性も考えられるということです。 日産と三菱は同じグループ(アライアンス)にあり、軽自動車の三菱のekワゴンと日産のデイズなどは自動運転支援技術のプロパイロットを共有しています。 そのため新型アウトランダーがe-POWERを採用するのも現実的に感じます。 次期型アウトランダーのプロトタイプがスパイショット! 三菱アウトランダーの最新プロトタイプが目撃されました。 次回のフルモデルチェンジで新型アウトランダーは3代目、PHEVは2代目に切り替わります。 2020年新型アウトランダーのフロントビュー 2020年新型アウトランダーのサイドビュー 2020年新型アウトランダーのリヤビュー 今回の個体からは、大型のLEDセカンドライトユニットの上部にシャープなヘッドライトが確認できます。 グリルは三菱のアイコンであるダイナミックシールドで、ジュネーブモーターショー2019に出展された「エンゲルベルクツアラー」のデザインを彷彿とさせます。 リアスタイルについてもデザインが刷新され、ボディサイズは日産デュアリスとピラットフォームを共有することで大きくなると考えられます。 予想される新型アウトランダーのパワートレインは2. 4L直列4気筒+モーターのPHEVや1. 5L直列4気筒ターボチャージャーガソリンエンジン、2. 0L直列4気筒ガソリンエンジンなど。 世界初公開は2020年10月に開催されるパリモーターショーが有力です。 三菱アウトランダーが一部改良を発表!車両運動統合制御システム「S-AWC」を4WDモデルに標準装備化 2019年9月12日に一部改良された三菱アウトランダー 三菱アウトランダーが一部改良し、2019年9月12日より販売をスタートしました。 新型アウトランダーの変更点は大きく2つで、走行性能と機能装備が強化されています。 走行性能面については、アウトランダーの4WD車全車に車両運動統合制御システム「S-AWC」を標準装備としました。 アウトランダー専用のブレーキ制御設定を行い、雪道など様々な路面状況での悪路走破性を高めています。 また、「AWC ECO」「NORMAL」「SNOW」の3つの走行モードのほか、より高い走破性を実現する「GRAVEL」モードが新たに追加されました。 新型アウトランダーの装備には、乗員にダイナミックなサウンドを届ける「ミツビシパワーサウンドシステム」やAndroid Auto・Apple CarPlay対応の「スマートフォン連携ナビゲーション」を新設定。 従来よりもドライブを快適に楽しむ機能装備が充実しています。 新型アウトランダー価格リスト グレード 24M 24G 24G Plus Package BLACK Edition 駆動方式 2WD 4WD 2WD 4WD 2WD 4WD 2WD 4WD エンジン SOHC 16バルブ 4気筒 変速機 INVECS-III 6速スポーツモード CVT 価格 2,725,800円 3,003,000円 2,909,500円 3,184,500円 3,143,800円 3,421,000円 3,000,800円 3,275,800円 欧州市場で2020年版三菱アウトランダーがデビュー! 2020年版アウトランダーのエクステリア 2020年モデルの新型アウトランダーを、三菱自動車の欧州部門が発表しました。 先に発売されているアウトランダーPHEVに続き、新型アウトランダーについても2020年モデルを発売します。 0L直列4気筒ガソリン「MIVEC」にパドルシフト付きのCVTの組み合わせ。 新型アウトランダーのインテリア 新型アウトランダーではCarPlayやAndroid Auto対応のSDAシステムを採用するほか、安全性能面では先進運転支援システム(ADAS)をグレード別設定。 ボディカラーは新色「レッドダイヤモンド」を追加し、インテリアについても質感の高いスタイルとしています。 エントリーグレード「デザイン」では、4WD、3列7席シートにオートマチックトランスミッションや8インチの先進インフォテインメントシステム、18インチアルミホイールなどを標準装備。 エントリーグレードとは思えない充実した装備が魅力です。 テールゲートが大きく開く新型アウトランダー また、今回のモデルから上級モデル「エクシード」を新設定。 電動サイド調整機能を可能とする高級感のあるレザーシートを装備します。 その他、ヒーター機能付きステアリングホイールやTomTomナビゲーションシステム(360度カメラ付き)、ツインリアUSBポートなどの快適装備も備えます。 新型アウトランダーの開発車両がスパイショット!プラットフォームは日産エクストレイルを共有か この度、日中にテスト走行中の新型アウトランダーと思われる開発車両が海外メディアのカメラに捉えられました(写真は入手し次第紹介します)。 しっかりとフルカモフラージュされたこの個体からは、三菱のダイナミックシールドデザインとメッシュグリルが採用されていることが確認できます。 また、eKクロスやデリカD:5にも採用されているツリ目のLEDデイタイムランニングライトが装備されています。 足回りの黒アルミが引き締まった印象です。 プラットフォームについては、かねてから姉妹車となるとの噂の次世代日産エクストレイルと共有する可能性が濃厚。 デザインは、ジュネーブモーターショー2019に三菱のコンセプトカーとして登場した「エンゲルベルクツアラー・コンセプト」をベースとすると予想されます。 発表時期は2020年10月から、新型エクストレイルと同じタイミングとなるでしょう。 まずはヨーロッパを中心に展開していき、その後世界規模で売り出していくものと思われます。 アウトランダーがモデルチェンジ(一部改良)で安全性を強化し走行性能をさらに進化させる 三菱自動車は2018年8月23日のプレスリリースで、同社が販売するミドルクラスSUV「アウトランダー」の一部改良を行って、同日より全国の系列販売会社を通じて発売を開始したことを発表しました。 アウトランダーの今回のモデルチェンジ(一部改良)は「衝突被害軽減ブレーキシステム」等を全車に標準装備して安全性を強化し、ショックアブソーバーはワイド化して減衰力を調整して走行性能を高めているのが特徴です。 米国版の三菱アウトランダーが一部改良で大幅アップグレード! アメリカで販売されている三菱アウトランダーが、2020年モデルに一部改良を実施することを明らかにしました。 ベースモデルはおよそ312万円から、最上級グレードのExceed 2. 2L AWDand6AT [seven seat]では約495万円となっています。 パワートレインは、ベースグレード「ES」が最高出力150ps、最大トルク190Nmを発生する排気量2. 0L直列4気筒自然吸気エンジンを搭載。 その他のグレードには最高出力169psに最大トルク220Nmを発揮する排気量2. 4L直列4気筒ガソリンエンジン、最高出力150psに最大トルク360Nmの直列4気筒ディーゼルターボエンジンが設定されています。 安全性能面においては、アウトランダー全車に自動緊急ブレーキを標準装備、さらにエントリーモデルの「ES」にも前方衝突緩和システム(歩行者検知)を標準装備するとのこと。 自動防眩ルームミラー、雨滴感知ワイパーシステム、オートヘッドライトなども標準装備化され、より快適なドライブを実現します。 インテリアの装備も充実しており、タッチスクリーンインフォテインメントシステムが7インチから8インチへと大型化しています。 Apple CarPlayやAndroid Auto、TomTomナビゲーションサービスを標準装備とし、さらに便利になります。 ドライバー席には電動ランバーサポートを標準搭載。 サンルーフレスを選択した場合、収納に便利なオーバーヘッドコンソールや後部座席用USBポートが用意されます。 新型アウトランダーにブラックの専用装備を採用した特別仕様車「ブラックエディション」を追加 ルーフやサイドミラーなど外装の各所にブラックを配した特別仕様車アウトランダー ブラックエディション 新型アウトランダーの上級グレード「Gプラスパッケージ」をベースにした、エクステリアやインテリアにブラックのアクセントを加えたクールな特別仕様車「ブラックエディション」が2018年12月13日ラインナップに追加しました。 屋根、ルーフスポーラー、サイドミラー、ホイールなど専用のブラックアクセントを施し、スタイリッシュな見た目になっています。 ブラックエディションはシートや天井もブラックで統一された室内が魅力 インテリアにはスエード調人工皮革のコンビネーションシートを採用して、運転席と助手席にはシートヒーターをプラス、寒い日もすぐに温まる嬉しい標準装備です。 内装の天井部分もブラックになっているので室内からもブラックエディションの特別感を味わうことができます。 アウトランダー特別仕様車「ブラックエディション」のボディカラー• ホワイトパール(32400円高)• チタニウムグレーメタリック• ブラックマイカ アウトランダー特別仕様車「ブラックエディション」の販売価格は2WDモデルで3,212,540円から、4WDモデルは3,485,700円からになっています。 シックな色合いのSUVを探している方におすすめの特別仕様車です。 新型アウトランダーはモデルチェンジ(一部改良)でリヤスポイラーを装備してスポーティさを高める 2018年の一部改良でリヤスポイラーを標準装備したアウトランダー 今回のモデルチェンジで、アウトランダーは ヘッドランプやラジエーターグリル・フロントスキッドプレート・リヤスキッドプレート・アルミホイールのデザインを変更し、HiビームにはLEDを採用してエクステリアの魅力を向上させました。 7インチWVGAディスプレイメモリーナビゲーションなどを装備するアウトランダーの最上級グレード「G Plus Package」は、今回の一部改良で空力性能を向上できるリヤスポイラーを標準装備させてスポーティさを高めます。 アウトランダーはモデルチェンジ(一部改良)でインテリアに高級感を与えて快適性を向上 インテリアはパーツやデザインを見直して高級感を向上 アウトランダーは2018年8月23日に行った一部改良で、デザインの変更等でインテリアに高級感を与えて、エアコン吹き出し口を追加設定するなどして快適性を向上させます。 モデルチェンジで誕生した新型アウトランダーは、室内空間で目立つパーツであるフロントシートやオーナメントパネル等のデザインを変更。 また インパネやドアトリムのオーナメントパネル等のパーツには高級感がともなうデザインと素材を採用します。 コンソールアームレスト・ステアリングホイール・シフトノブ等のパーツにシルバーステッチ加工を施して上質感を高める改良後アウトランダーの内装を、前モデルと比較すれば大きく変化しています。 フロントシートはサイド部の形状を変更し、サポート部は硬さの異なるクッションを組み合わせる事でホールド力と座り心地をさらに良くします。 後席用のエアコン吹き出し口をフロアコンソール後部に新たに配置して、パワーウィンドウに挟まれ防止機能等の新機能を加えたアウトランダーはより快適な車へと進化しました。 モデルチェンジ(一部改良)によって衝突被害軽減ブレーキシステムを標準装備して安全性をアップさせたアウトランダーは「サポカーSワイド」に認定 一部改良により誕生した新型アウトランダーは、レーザーレーダーとカメラで前方車や歩行車を検知して衝突する危険性が高い場合には自動ブレーキを作動する「衝突被害軽減ブレーキシステム」と、前進時あるいは後退時の運転操作ミスによる急発進を抑える「誤発進抑制機能」を全車に標準装備させます。 安全装備が充実したアウトランダーは、国が推奨する「サポカーSワイド」の対象車として認定されました。 セーフティ・サポートカーは国が推奨する新たな自動車の安全コンセプト セーフティ・サポートカー通称「サポカー」は、国が推奨する先進の安全技術を搭載した車が認められる新たな安全保障制度です。 高齢者を含めた全てのドライバーによる交通事故の発生防止・被害軽減対策の一環として設けられた新たな自動車安全コンセプトであるサポカーは、搭載する安全機能の種類に応じて「サポカーSベーシック」等の区分けがあります。 一部改良後の アウトランダーが該当する「サポカーSワイド」は、歩行者に対する自動ブレーキやペダル踏み間違い時に急発進を抑える事のできる安全機能などを搭載する車が対象となります。 アウトランダーは一部改良で剛性を強化し減衰力を調整して運転時の安定感と優れた操縦性を実現 一部改良後の「アウトランダー」は、前席と後席ドアやラゲッジルーム等に構造用接着剤を塗布し、パネル同士の接合面積を増やすことで車体剛性を強化します。 また、同車は フロントとリヤのショックアブソーバーのサイズをワイド化させて、減衰力を調整するためにパーツを見直して上質な乗り心地と優れた操縦安定性を実現させます。 ステアリングギア比の調整をスピーディにして、それに合った電動パワーステアリング制御の適性化を行って、操舵時の応答性をスムースとするアウトランダーの走行性能は進化します。 一部改良後のアウトランダーのグレード別販売価格~2. 0Lエンジン搭載モデルは2,668,680円からで2. 4Lエンジン搭載モデルは2,940,840円から 「衝突被害軽減ブレーキ」や「誤発進抑制機能」を標準装備させて安全性が向上した一部改良後の 2. 0Lエンジン搭載モデルのエントリーグレードの販売価格は2,668,680円からで、2. 4Lエンジン搭載モデルの販売価格は2,940,840円からです。 ドレスアップ効果も優れたリヤスポイラーを標準装備するなど、内外装をよりラグジュアリーにスポーティに仕上げる 最上級グレード「G Plus Package」の2. 0Lエンジン搭載モデルの販売価格は3,083,940円からで、2. 4Lエンジン搭載モデルの販売価格は3,356,100円からとなります。 一部改良後のアウトランダーのグレード別販売価格 グレード エンジン 変速機 駆動方式 価格 20M 2. 0L MIVEC SOHC 16バルブ4気筒 INVECS-3 6速スポーツモードCVT 2WD 2,668,680円~ 20G 2,805,300円~ 20G Plus Package 3,083,940円~ 24M 2. 4L MIVEC SOHC 16バルブ4気筒 4WD 2,940,840円~ 24G 3,077,460円~ 24G Plus Package 3,356,100円~ アウトランダーは一部改良でさらに魅力的な車となった。 ハイスペックな車が多数揃うミドルクラスSUVのシェア争いはさらに激しくなる アウトランダーも分類されるミドルクラスSUVはハイスペックな車が多数揃う激戦市場です。 アウトランダーは、最大のライバルである国産車のミドルクラスSUVを意識して今回の一部改良を行って安全性や走行性能を強化して、さらなる魅力的な車へと進化しました。 スポーツに限らずどんな分野においてもライバルの存在は重要です。 アウトランダーは、ライバル車の存在に刺激されてこれからも進化を続けていきます。

次の

【新型アウトランダー/PHEV】2020年10月フルモデルチェンジ!最新情報、航続距離/充電時間、燃費、価格、発売日は?

アウトランダー フル モデル チェンジ

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、 買取業者では88万円になりました。 約60万GET しました。 複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。 なぜなら、市場の競争の原理として 買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。 一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので 必ず最安値の買取額を提示されます。 必ずです。 そうならないために一括査定を使います。 大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。 無料でその場で スマホで 45秒で愛車の最高額がわかる! 先日、国内販売終了の発表があった「三菱パジェロ」の後継車として有力なのが「三菱 アウトランダー」です。 三菱自動車は、SUV車として2019年カーオブザイヤー入賞の「エクリプスクロス」やSUV車としてはお手頃価格の「RVR]なども発売していますが、「三菱パジェロ」と同じ7人乗りなのは「三菱アウトランダー」だけです。 さらに、プラグインハイブリッドモデル「アウトランダーPHEV」の発売は「三菱の顔」になりつつあるのではないでしょうか。 そこで気になってくるのが フルモデルチェンジです。 2代目「三菱アウトランダー」となってすでに7年、「三菱アウトランダー」は、フルモデルチェンジでどうかわるのか? 予想してみました。 ハイブリッド車は値段が高いのは知ってたけど、 100万円くらい違うのね。 「アウトランダーPHEV」のフルモデルチェンジ後の価格とグレードは そう大きく変わらないと思います。 ハイブリッド車は、マイナーチェンジや一部改良の時にその時点での最高技術を装備していることが多いのと、これ以上価格が上がると購入する方もためらってしまうのではないでしょうか。 燃費と環境への配慮、開発努力を考えると 仕方のない価格差なのかもしれませんが、ハイブリッド車の価格がもう少し下がってくるとハイブリッド車を購入する方も増えてくるでしょう。 「アウトランダーPHEV」の燃費が気になる方はこちらの記事をどうぞ 「三菱アウトランダー」ってどんな車なの?という方は、こちらの記事を見て下さい。 何このかっこいい車!! 映画に出てきそうな未来感があるわね。 この車は、2019年ジュネーブ国際モーターショーで発表された プラグインハイブリッドコンセプトカー『MITSUBISHI ENGELBERG TOURER(エンゲルベルクツアラー)』です。 「リゾート地に似合う機能的で上質なクロスオーバーSUV」をコンセプトに開発された車です。 モーターシステムも「アウトランダーPHEV」のツインモーター方式PHEVシステムを次世代の電動化技術と四輪制御技術で進化させ、走行性も魅力的な車になっています。 「アウトランダーPHEV」も「三菱アウトランダー」も フルモデルチェンジではこの近未来的なエクステリアを取り入れてくるのではないでしょうか。 特にフロントのデザインはまさに次世代のイメージです。 同じジュネーブ国際モーターショーで発表された「コンパクトSUV『ASX(日本名:RVR)』」の2020年モデルもこのフロントライトのデザインを取り入れています。 スポンサードリンク 《三菱アウトランダー》フルモデルチェンジで安全性はどう変わる? 高齢運転者を含めたすべてのドライバーによる交通事故の発生防止・被害軽減対策の一環として、国が推奨する新しい自動車安全コンセプトです。 引用: 「三菱アウトランダー」は、安全運転をサポートする先進技術を搭載した「サポカーSワイド」の対象車です。 当然、フルモデルチェンジでも 「サポカーSワイド」の対象車としての安全装備に力を入れてくるでしょう。 まとめ• 「三菱アウトランダー」のフルモデルチェンジ予想は、2020年か2021年• フルモデルチェンジ後のグレードは、フル装備の「G Plus Package」を最低グレードにしてさらに上のグレードを作ってくる• 価格はグレードに合わせて最高グレードで400万円前後• フルモデルチェンジでは『MITSUBISHI ENGELBERG TOURER(エンゲルベルクツアラー)』近未来的なエクステリアを取り入れてくる• フルモデルチェンジ後インテリアは、快適にドライブできる車内になるのでは• 安全装備は、今以上の装備をしてくるでしょう いかがでしたでしょうか。 「三菱アウトランダー」のフルモデルチェンジ予想。 先日「三菱の顔」ともいえた「三菱パジェロ」の国内販売終了の発表がありましたので次の「三菱の顔」になるのは「三菱アウトランダー」ではないでしょうか。 だとしたら、「三菱の顔」にふさわしい装備でのフルモデルチェンジにおなるのは間違いないでしょう。 この予想が当たるか外れるかはわかりませんが、いずれにしても「三菱アウトランダー」のフルモデルチェンジが待ち遠しいですね。 お得に車を買い換えたい方は試す価値あり 買取額60万UP 車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり 販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、 かなり損してます。 言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。 私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で 差額約60万でした。 業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。 無料で1分でその場で スマホ できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

次の

三菱アウトランダーPHEV新型モデルチェンジ情報2020年11月発売|予想価格280~530万円PHEV 2モーターS

アウトランダー フル モデル チェンジ

ローグというのは北米で販売している(現地区分では)小型のSUVで、2019年には約35万台を販売。 現地の(ピックアップトラックを除く)乗用車販売ランキングでは3位であり、北米にて日産における最量販車種という重要なモデルです。 北米で発表された2021年型ローグ そんなローグは、実は日本とも関連の深いモデル。 日本では「エクストレイル」として販売されているからです。 つまり2021年モデルのローグは基本的に、次期エクストレイルと考えていいでしょう。 スタイリングは個性的な顔つき(次期エクストレイルも同じになるのかは不明)が目立つところですが、よくみるとデザインが現行モデルよりも直線的になっているのが興味深いところ。 エクストレイルと言えば初代と2代目はとにかく四角くて無骨さが特徴で、それが3代目の現行モデルになって曲線的なフォルムに大変身したことが話題となりました。 しかし4世代目の次期モデルはシャープな雰囲気を取り戻すようですね。 現行エクストレイルに比べるとシャープな雰囲気が強まっている次期ローグ ところで、ふと気になったのはそんなフォルムやCピラーのデザイン。 どこかで既視感があるような……と思ったら、昨年3月のジュネーブモーターショーで初公開され、秋の東京モーターショーにも展示されていた三菱自動車のコンセプトカー「エンゲルベルクツアラー」。 「3列シーターのプラグインハイブリッドSUV」とアナウンスされ、次期パジェロをイメージしているという報道もありましたが、実際には次期「アウトランダー」を示唆しているようです。 次期アウトランダーを示唆していると思われるコンセプトカーのエンベルベルクツアラー そのエンゲルベルクツアラーと新型ローグの真横からのシルエット、プロポーション、そしてDピラーがどことなく似ている気がするのは……気のせいでしょうか? エンゲルベルクツアラーの真横。 あくまでコンセプトカーだが。 新型ローグの真横。 Aピラー根元の処理もエンベルベルクツアラーに似ているような… ご存知の通り現在の三菱自動車は日産の子会社となっていて、次世代モデルはプラットフォームの共用化で動いています。 次期エクストレイルと次期アウトランダーはプラットフォーム共用で開発が進んでいるようですが、デザインが似ているように思えるのはアッパーボディの基本骨格まで共用されることを示唆しているのでしょうか。 それとも……? (工藤貴宏) by カテゴリー : , , タグ : ,.

次の