ゆずかい別れた。 ゆず、切ない別れを歌う新曲『GreenGreen』MV 公開!

ゆず<YUZU ARENA TOUR 2020>

ゆずかい別れた

北川悠仁、岩沢厚治により1996年3月結成。 横浜・伊勢佐木町で路上ライブを行うようになる。 1997年10月、1st Mini Album『ゆずの素』をリリース。 万人を引きつけるキャッチーなメロディーと独特なハーモニー、飾らない共感性の高い歌詞が評判を呼び、翌98年6月にリリースした1st Single『夏色』で脚光を浴び、7月リリースの1st Album『ゆず一家』で一躍全国区となる。 8月30日に行われた最後の路上ライブには、台風が接近する中およそ7,000人ものファンを集め、路上ライブが社会現象となるきっかけとなった。 その後、ライブはホールクラスからアリーナクラスへとステージを上げ、2001年には初の東京ドーム公演を行う。 2005年7月23・24日には、ゆず史上過去最高のキャパとなる日産スタジアムで「YUZU STADIUM 2005 GO HOME」を行う。 2007年にはCDデビュー10周年を迎え、10月に記念アルバム『ゆずのね1997-2007』をリリース、10周年感謝祭ライブを行う 全9公演。 その後も精力的に活動を続けながら、15周年の2012年には、アニバーサリーイヤーを象徴する「ゆず15周年感謝祭 ドーム公演 YUZU YOU」を大成功に収め、同年10月には地元・横浜にて初の展覧会「ゆず展~15th Anniversary Exhibition~」を開催し、およそ2万人を動員。 2013年に11枚目のオリジナルアルバム『LAND』を発売し、「第55回 輝く!日本レコード大賞」最優秀アルバム賞に選出。 翌2014年、12枚目のオリジナルアルバム『新世界』を発売。 2015年の8月15・16日には、単独有料ライブとしてはおよそ15年ぶりとなる横浜スタジアムでの弾き語りライブ<二人参客>を開催。 2日間で約6万人を動員する。 9月9日には約14年ぶりとなるライブアルバム『二人参客 2015. 15〜緑の日〜』『二人参客 2015. 16〜黄色の日〜』を2枚同時リリースし、オリコン週間アルバムランキングで初登場1、2位独占の快挙を達成する。 2016年1月には2年ぶりとなるニューアルバム『TOWA』が発売。 同7月には、自身のキャリア初となるアジアツアー<YUZU ASIA TOUR 2016 Summer NATSUIRO>を開催。 台湾、香港、シンガポールで単独公演を成功に収めた。 11月26・27日の2日間、東京ドームにて<ゆず 20周年突入記念 弾き語りライブ「ゆずのみ」>を開催。 2017年よりデビュー20周年イヤーに突入し、4月にオールタイムベストアルバム『ゆずイロハ1997-2017』を発売。 40万枚超のロングヒットを記録する。 5・6月には自身初の全国ドームツアー「YUZU 20th Anniversary DOME TOUR 2017 ゆずイロハ」を敢行し、夏には全国各地の夏フェスに多数出演し爪痕を残す。 秋には約5年ぶりとなる全国ホールツアー「YUZU HALL TOUR 2017 謳おう」を開催。 12月には20周年を記念した2大ドームライブ「LIVE FILMS ゆずのみ」、「LIVE FILMS ゆずイロハ」を同時リリースし、オリコン週間総合ミュージック映像ランキングで1位&2位を獲得。 12月22日には、毎年恒例で開催していたフリーライブ「冬至の日ライブ」ファイナルをカトレヤプラザ伊勢佐木屋上にて開催。 長い歴史に終止符を打つ。 12月31日放送の『第68回NHK紅白歌合戦』では、初の大トリとして「栄光の架橋」を歌唱。 アニバーサリーイヤーを華々しく締めくくった。 2018年4月には14枚目のオリジナルアルバム『BIG YELL』をリリース。 そのアルバムを引っさげて、4月末より<YUZU ARENA TOUR 2018 BIG YELL>を開催。 全国10カ所31公演で約33万人を動員した。 2019年春には、日本音楽史上初となる弾き語りドームツアー<ゆず 弾き語りドームツアー2019 ゆずのみ〜拍手喝祭〜>を開催し、大成功に収める。 2020年.『SEIMEI』『花咲ク街』など豪華タイアップ曲を多数収録した15枚目となるオリジナルアルバム『YUZUTOWN』をリリース。 さらなる音楽の可能性を追求しながら、シーンの第一線で活動中!.

次の

ゆずの歴史と桂木ゆず

ゆずかい別れた

「別れる!」 「あるとき帰り道に彼女と激しい口論になりました。 僕は長年付き合ってきたわけだし、なんとか場をおさめようとしました。 その後すぐに立ち去るわけでもなかったので、僕のことを試していたのだと思いますが、そんな子どもっぽいところにうんざりしちゃいました」(Mさん・21歳男性) ケンカは相手を理解したり、本音を探れたりと悪いことばかりではありません。 「分かりあいたい」と思うからこそ、両者の意見が激しくぶつかるのでしょう。 それなのに、すぐに「別れたい」と言うのはよくありません。 勢いで言ってしまうことがあるかもしれませんが、ケンカする度にそのような発言をすると彼をげんなりさせるだけです。 向き合ってくれる人の気持ちも考えて思いやりを持って行動できるといいですね。 しかし、不思議と後悔はないです。 ケンカはあってもいいと思いますが、僕を全否定するのはやめてほしいです」(Sさん・28歳男性) 自分の勘ぐりや不安な気持ちを全て相手にぶつけるのは控えた方がいいでしょう。 責め立てるのではなく、事情を冷静に分析できるような器量をもちたいものです。 「なんでそんなことも理解できないの?」 「僕の彼女は年上なのですが、日頃から僕のことを小馬鹿にするような言い方をするんですよね。 でも、それでも彼女が好きだし、本当に僕のことをそう思っているわけじゃないだろうと自分に言い聞かせてきました。 彼女は本当に僕を見下していたようです。 もう彼女と付き合うのに疲れちゃいました」(Aさん・31歳男性) いくら相手にイラっとくることがあったとしても、相手の人格を全否定するような言葉は慎むべきでしょう。 「私の気持ちわかってくれるかな?」など、言葉を変えるだけで、受ける印象は全く違うものになります。 声のニュアンスや表情もケンカの際は注意が必要です。 「私にはもっといい男性が見つけられると思う」 「ケンカの終盤、彼女がケンカをした理由を総括しはじめたときのこと。 彼女からすると、僕のことを愛していると伝えたかったのかもしれないですが、僕はその言葉がショックで……。 ケンカして数週間たった今でも納得できません」(Kさん・36歳男性) ケンカの終盤には、相手の大切さを再認識したり、言いたいことを要約するシーンもあるでしょう。 せっかく終わりかけたケンカが再燃しないためにも、愛情を持って分かりやすい言葉を選ぶようにしたいですね。 傷心しているときにうけた言葉は、何年も心に残る可能性がありますよ。 「距離をおきたいくらい辛い」 「倦怠期が1か月続いたときのこと。 僕は、お互いの生活や気持ちの整理のために、あえて連絡を控えていました。 それでも彼女は電話やLINEを何回もしてきたんです。 僕としては、彼女のうっぷんが晴れるなら……と思い、その連絡にも真摯に向き合ってきました。 そんな僕の気持ちを差し置いて、勝手なことばかり言う彼女が急に幼く思えてしまいました」(Nさん・37歳男性) ふたりがふたりらしくいられるためにも、ある程度の歩み寄りは必要なことです。 しかし彼が距離を置きたいと思っているときにしつこく連絡してしまうと、彼氏が疲れてしまうこともあります。 「ずっと不満だった」 「ケンカで過去のことを引き合いに出すのは、僕のなかではタブーなんですよね。 それは、ケンカをすることと、ここぞとばかりに相手を罵倒するのは違うと感じているからです。 僕だって我慢していることはあるし、我慢してなんて言ってないのに理不尽だと思いました」(Sさん・27歳男性) 自分とは違うタイプの人と付き合っている場合、小さい不満を言い出したら無数に出てくることだってあるでしょう。 しかし、不満があっても目をつぶれるのは、やはり前提に「相手を受け入れたい」という気持ちがあるからです。 どうしても許せないことは意見を言い合うことで、ふたりの歩幅を合わせることもできますが、日頃の不満までいっぺんに伝えてしまっては彼氏も心が折れてしまうかもしれません。 ケンカで本音を言い合い、理解しあうことは大事なことですが、致命傷にならないためにも言葉選びには気を遣うべきですね。

次の

ゆず、切ない別れを歌った新曲「GreenGreen」MV公開!新ビジュアル&ジャケ写も解禁

ゆずかい別れた

「別れる!」 「あるとき帰り道に彼女と激しい口論になりました。 僕は長年付き合ってきたわけだし、なんとか場をおさめようとしました。 その後すぐに立ち去るわけでもなかったので、僕のことを試していたのだと思いますが、そんな子どもっぽいところにうんざりしちゃいました」(Mさん・21歳男性) ケンカは相手を理解したり、本音を探れたりと悪いことばかりではありません。 「分かりあいたい」と思うからこそ、両者の意見が激しくぶつかるのでしょう。 それなのに、すぐに「別れたい」と言うのはよくありません。 勢いで言ってしまうことがあるかもしれませんが、ケンカする度にそのような発言をすると彼をげんなりさせるだけです。 向き合ってくれる人の気持ちも考えて思いやりを持って行動できるといいですね。 しかし、不思議と後悔はないです。 ケンカはあってもいいと思いますが、僕を全否定するのはやめてほしいです」(Sさん・28歳男性) 自分の勘ぐりや不安な気持ちを全て相手にぶつけるのは控えた方がいいでしょう。 責め立てるのではなく、事情を冷静に分析できるような器量をもちたいものです。 「なんでそんなことも理解できないの?」 「僕の彼女は年上なのですが、日頃から僕のことを小馬鹿にするような言い方をするんですよね。 でも、それでも彼女が好きだし、本当に僕のことをそう思っているわけじゃないだろうと自分に言い聞かせてきました。 彼女は本当に僕を見下していたようです。 もう彼女と付き合うのに疲れちゃいました」(Aさん・31歳男性) いくら相手にイラっとくることがあったとしても、相手の人格を全否定するような言葉は慎むべきでしょう。 「私の気持ちわかってくれるかな?」など、言葉を変えるだけで、受ける印象は全く違うものになります。 声のニュアンスや表情もケンカの際は注意が必要です。 「私にはもっといい男性が見つけられると思う」 「ケンカの終盤、彼女がケンカをした理由を総括しはじめたときのこと。 彼女からすると、僕のことを愛していると伝えたかったのかもしれないですが、僕はその言葉がショックで……。 ケンカして数週間たった今でも納得できません」(Kさん・36歳男性) ケンカの終盤には、相手の大切さを再認識したり、言いたいことを要約するシーンもあるでしょう。 せっかく終わりかけたケンカが再燃しないためにも、愛情を持って分かりやすい言葉を選ぶようにしたいですね。 傷心しているときにうけた言葉は、何年も心に残る可能性がありますよ。 「距離をおきたいくらい辛い」 「倦怠期が1か月続いたときのこと。 僕は、お互いの生活や気持ちの整理のために、あえて連絡を控えていました。 それでも彼女は電話やLINEを何回もしてきたんです。 僕としては、彼女のうっぷんが晴れるなら……と思い、その連絡にも真摯に向き合ってきました。 そんな僕の気持ちを差し置いて、勝手なことばかり言う彼女が急に幼く思えてしまいました」(Nさん・37歳男性) ふたりがふたりらしくいられるためにも、ある程度の歩み寄りは必要なことです。 しかし彼が距離を置きたいと思っているときにしつこく連絡してしまうと、彼氏が疲れてしまうこともあります。 「ずっと不満だった」 「ケンカで過去のことを引き合いに出すのは、僕のなかではタブーなんですよね。 それは、ケンカをすることと、ここぞとばかりに相手を罵倒するのは違うと感じているからです。 僕だって我慢していることはあるし、我慢してなんて言ってないのに理不尽だと思いました」(Sさん・27歳男性) 自分とは違うタイプの人と付き合っている場合、小さい不満を言い出したら無数に出てくることだってあるでしょう。 しかし、不満があっても目をつぶれるのは、やはり前提に「相手を受け入れたい」という気持ちがあるからです。 どうしても許せないことは意見を言い合うことで、ふたりの歩幅を合わせることもできますが、日頃の不満までいっぺんに伝えてしまっては彼氏も心が折れてしまうかもしれません。 ケンカで本音を言い合い、理解しあうことは大事なことですが、致命傷にならないためにも言葉選びには気を遣うべきですね。

次の