意味 が わかる と 怖い 話 短い。 大笑い必至?意味が分かると面白い話・笑える話【解説付き】

【意味怖】桃太郎

意味 が わかる と 怖い 話 短い

前回7歳と5歳のために怖い話をしてあげました。 タイトルは【耳が好き】です。 だったかな? 次回予告で【赤いクレヨン】と言ったので、珍しく有言実行したいと思います。 小学生のための怖い話【赤いクレヨン】 若い夫婦が古い家を買いました。 古いといってもぼろぼろなわけではなく、 新築ではない、という程度で(中古物件ですが子供にはわかりづらい)、 見た目も内装も十分きれいなのに 価格はとても安く、周りも静かで駅も近いので 子供がいない二人にはとても良い家でした。 引越もすませ、ふたりで楽しく暮らしていましたが、 ある日奥さんが掃除をしていると 廊下の突き当たりに赤いクレヨンがひとつ落ちていました。 この家にはこどもはいなかったので おかしいな、と不思議に思いながらも 奥さんは赤いクレヨンを片付けました。 何日かたってまた掃除していると また廊下の突き当たりに赤いクレヨンがひとつ落ちています。 そんなことが何度も何度も続くようになったのです。 さすがに不思議に思った奥さんはだんなさんに相談してみます。 「ねえ、なんか廊下の突き当たりのところに赤いクレヨン落ちてたんだけど」 「え?僕知らないよ。 クレヨンなんか小学校の時以来使ってないし。 前に住んでた人のものじゃないの?」 「うん・・・。 でもね、もう何度も落ちてるの。 拾っても拾ってもまたあった、みたいな」 ふたりとも特に思い当たることもないので その時はそのまま「ふしぎだなあ」ということで終わってしまいました。 そして次の日。 また廊下の突き当たりに赤いクレヨンが落ちていました。 さすがにこれはおかしい、もしかして誰かが留守中に家に入っているかも、と思い、どこかカギが開いているところはないか、それとも気づいていない抜け穴のようなものはないかと、家じゅうを探してみました。 すると、その廊下がなんか変だなあ、と気付きました。 廊下がちょっと短いのです。 廊下の隣の部屋の奥の壁と比べてみると、明らかに押入れひとつぶんくらい廊下が短いのです。 奥さんはおかしいと思い、壁紙をはがしてみることにしました。 壁紙をはがしてみると、そこには釘でびっしり打ち付けられた板がありました。 明らかに何かをふさいだ跡です。 怖くなった奥さんはだんなさんの帰りを待って、その板をはがしてもらおうと思いました。 だんなさんが家に帰ってきて、廊下の奥に何かあることを話しました。 だんなさんも怖くなって、とにかく壁の中に何があるのか、板をはがしてみることにしました。 バリバリッ! バリバリバリッ!! 壁をはがしてみると、思った通り、中には押入れくらいの大きさの部屋がありました。 中の壁の下半分が赤くなっています。 「なにこれ・・・。 」 赤くなっているところを顔を近づけてよーく見てみると・・・・。 こどもの字で小さくびっしりと 「おかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだして」 と赤いクレヨンで書いてありました。 おわり 怖がらせポイント ・たいして長い話じゃないのでなるべくひっぱること ・「物件」とか「中古」とか子供に分かりづらい用語はなるべく使わずに言い換えること ・オチを言ってもぽかんとされることもあるので「おかあさんに怒られて壁の中にとじこめられちゃったんだね、でも入口も出口もないのになんで中に誰もいないんだろうね?」と言っちゃってください。 ウチの子の反応 話し終わった直後はやはり「ぽかん」でした。 「なになに?どういうこと?」みたいな。 なので第2弾にも関わらず、早くもこのお話はあまり怖くないようです。 もうちょっと大きくなったら怖いのかなあ。 ようわからん。 次回予告 「青い血」 お楽しみに。 おしまい。 【小学生のための怖い話】 toritamegoro 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』 氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて、当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。

次の

都市伝説・意味が分かると怖い話

意味 が わかる と 怖い 話 短い

つまり俺にも春が来た たのしい日々が始まりそう 女っ気がない人生から卒業だ ニコニコした生活が待ってる 居場所もできて 座ってると料理が出てきた ラッキー れんあい経験無いけど てんからの贈り物かな? にんげん、良い事がある げんに、俺がそうだ ラッキー れんあいも頑張るか なんか、ずっと見ていてくれて、 いつも気に掛けてたらしい たのしい すてきな人生 けいけんない俺で良いらしい てか、これ見て照れてるよ 【解説】 先頭の文字を縦に読む 内容2 高層マンションに住んでいる男性の話。 彼は14階に住んでいるためエレベーターは必須。 夜中に帰宅した時、エレベーターに乗り14階のボタンを押しました。 ドアが閉まり動き出したところ、8階のボタンのランプが点灯しました。 『あぁ、誰か乗ってくるのか・・』 そう思った直後、慌てて2階3階4階5階とボタンを連打。 3階で止まってくれたので開きかけのドアをこじ開ける 勢いで外へ飛び出しました。 そのまま階段を駆け降り、朝までコンビニで立ち読みしていたそうです。 【解説】 エレベターは途中で止まることあっても、 中のライトが点灯するなんてことはありません。 内容3 ある家族が妻の実家に遊びに行くため、田舎までのバスに乗った。 山のふもとあたりまできた時、 子供が「おなかへった」とだだをこね始めたため、 仕方なく途中のバス停で降り近くの定食屋で食事をした。 食事が終わり定食屋にあるテレビを見ると、 さっきまで乗っていたバスが落石事故で乗員全員死亡というニュースが… そのニュースを見た妻は、「バスを降りなければよかった…」と。 それを聞いた夫は怒ったが、すぐに 「あぁ、なるほど。 」と妻の意図に気づく。 【解説】 降りなければ、事故に合うことはなかった。 内容4 とてもやかましい店だったため、 耳栓替りにパチンコ玉を左右の耳に詰めた。 ところが耳の奥に詰め込んだため抜けない。 耳掻きで取り出そうにも隙間がない。 知人が勤めるある企業の研究室を訪れた。 以前、実験用に超強力な電磁石があると聞いたから。 知人は呆れ返り「簡単に抜けるから、大丈夫」と言う。 装置の磁石の所に、右耳をつけた。 電磁石のスイッチを入れる。 言葉どおり、磁石は超強力で、瞬時に磁石に引き寄せられた。 その後、カキーンカキーンという衝突音が研究室に響き渡ったのである。 【解説】 パチンコ玉が脳を突き破っています。 内容5 脳死が確認され、 無数のチューブと人工呼吸器や点滴により生き続けた。 しかし死んでしまった。 「すみません。 手を尽くしたのですが」 医者はとても悲しげな顔で告げる。 彼の亡き骸を抱いた時、とても軽く、苦しかったんだと思った。 「治療費は結構です」 決して裕福とは言えない私の状況を察し、 なんて優しい医者なのだろう。 私はすぐに泣いた。 「遺体を見るのは辛いでしょう」 お医者さんがシーツを被せた。 「思い出は彼と共に焼いて忘れなさい」 この一言で私は立ち直れたのである。 【解説】 なぜ、亡き骸は軽かったのでしょうね。 内容6 少女のところにお星さまが降り立ちました。 「なんでも一つ願いをかなえてあげよう」 少女は泣いていました。 「家族を消してちょうだい!あんな家族、まっぴらよ!」 次の日、少女が目を覚ますと、いつものようにお母さんと お父さんとお兄ちゃんがいました。 少女は後悔する。 その夜、再びお星さまは少女の目の前に現れた。 「気に入ってもらえたかな」 少女は言いました。 「昨日のお願いを取り消して」 お星さまは言った。 「一度叶えたお願いは取り消せない」と。 少女は泣きました。 【解説】 少女は本当の娘ではなかった。 内容7 誕生日に、ホームパーティを開いた。 その時、家の中で皆の写真を撮っていたら、変なものが映った。 背後の押入れから見知らぬ青白い顔の女が顔を出し、 こちらを睨みつけてる。 これやべいねってことで、霊能力者に写真を鑑定してもらった。 「この写真からは霊気を感じない。 心霊写真でも何でもないよ。 」 もう、ビックリした。 【解説】 何か写ったのに心霊じゃないということは…? 内容8 出かける準備をし終わったとき、 顔を洗うことを忘れていたことに気づく。 洗面所の水を流しながら、洗顔を始める。 いざ石鹸を洗い流そうと、手探りで水を探す。 手に水が当たらない。 泡が目に入るのをこらえ、蛇口を探す。 やっと見つけることができ、顔を洗い流すことができた。 【解説】 水は流したままのはずなのに… 水は止まっていた 父と母 久しぶりに実家に帰ると、亡くなった母を思い出す。 母は認知症だった、身の回りの世話をつきっきりでしていた父を困らせてばかりいた姿が目に浮かぶ。 そして今は亡き母の書斎に入った時、私は初めて違和感を覚えた。 母にプレゼントしたカレンダーが見つからない。 何の気無しにテーブルを漁ると、ハサミでバラバラにされた幾つかのカレンダーの切れ端が順序良く並んでいる事に気が付いた。 母はどんなに呆けていても、私のプレゼントは大切にしてくれていたのにと…私はショックを受けた。 私は感傷とともに並べられた日付を整理した。 今日から五年振りの父の手料理が食べられる。 感傷を胸に押し込み、私は母の書斎を後にした。 説明 認知症の母と父世話をする父。 母がハミで切ったカレンダーの切れ端を並べてみる。 数字は元素の周期番号と族番号をそれぞれの数字に当てはめる。 逃げて』 母の思いは届かぬまま私は父の手料理を食べる・・・。

次の

【意味怖】意味がわかると怖い話まとめ

意味 が わかる と 怖い 話 短い

前回7歳と5歳のために怖い話をしてあげました。 タイトルは【耳が好き】です。 だったかな? 次回予告で【赤いクレヨン】と言ったので、珍しく有言実行したいと思います。 小学生のための怖い話【赤いクレヨン】 若い夫婦が古い家を買いました。 古いといってもぼろぼろなわけではなく、 新築ではない、という程度で(中古物件ですが子供にはわかりづらい)、 見た目も内装も十分きれいなのに 価格はとても安く、周りも静かで駅も近いので 子供がいない二人にはとても良い家でした。 引越もすませ、ふたりで楽しく暮らしていましたが、 ある日奥さんが掃除をしていると 廊下の突き当たりに赤いクレヨンがひとつ落ちていました。 この家にはこどもはいなかったので おかしいな、と不思議に思いながらも 奥さんは赤いクレヨンを片付けました。 何日かたってまた掃除していると また廊下の突き当たりに赤いクレヨンがひとつ落ちています。 そんなことが何度も何度も続くようになったのです。 さすがに不思議に思った奥さんはだんなさんに相談してみます。 「ねえ、なんか廊下の突き当たりのところに赤いクレヨン落ちてたんだけど」 「え?僕知らないよ。 クレヨンなんか小学校の時以来使ってないし。 前に住んでた人のものじゃないの?」 「うん・・・。 でもね、もう何度も落ちてるの。 拾っても拾ってもまたあった、みたいな」 ふたりとも特に思い当たることもないので その時はそのまま「ふしぎだなあ」ということで終わってしまいました。 そして次の日。 また廊下の突き当たりに赤いクレヨンが落ちていました。 さすがにこれはおかしい、もしかして誰かが留守中に家に入っているかも、と思い、どこかカギが開いているところはないか、それとも気づいていない抜け穴のようなものはないかと、家じゅうを探してみました。 すると、その廊下がなんか変だなあ、と気付きました。 廊下がちょっと短いのです。 廊下の隣の部屋の奥の壁と比べてみると、明らかに押入れひとつぶんくらい廊下が短いのです。 奥さんはおかしいと思い、壁紙をはがしてみることにしました。 壁紙をはがしてみると、そこには釘でびっしり打ち付けられた板がありました。 明らかに何かをふさいだ跡です。 怖くなった奥さんはだんなさんの帰りを待って、その板をはがしてもらおうと思いました。 だんなさんが家に帰ってきて、廊下の奥に何かあることを話しました。 だんなさんも怖くなって、とにかく壁の中に何があるのか、板をはがしてみることにしました。 バリバリッ! バリバリバリッ!! 壁をはがしてみると、思った通り、中には押入れくらいの大きさの部屋がありました。 中の壁の下半分が赤くなっています。 「なにこれ・・・。 」 赤くなっているところを顔を近づけてよーく見てみると・・・・。 こどもの字で小さくびっしりと 「おかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだして」 と赤いクレヨンで書いてありました。 おわり 怖がらせポイント ・たいして長い話じゃないのでなるべくひっぱること ・「物件」とか「中古」とか子供に分かりづらい用語はなるべく使わずに言い換えること ・オチを言ってもぽかんとされることもあるので「おかあさんに怒られて壁の中にとじこめられちゃったんだね、でも入口も出口もないのになんで中に誰もいないんだろうね?」と言っちゃってください。 ウチの子の反応 話し終わった直後はやはり「ぽかん」でした。 「なになに?どういうこと?」みたいな。 なので第2弾にも関わらず、早くもこのお話はあまり怖くないようです。 もうちょっと大きくなったら怖いのかなあ。 ようわからん。 次回予告 「青い血」 お楽しみに。 おしまい。 【小学生のための怖い話】 toritamegoro 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』 氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて、当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。

次の