美味しい 餃子 の 作り方 肉汁。 美味しいシュウマイの作り方~肉汁があふれ出る!【プロ直伝のレシピ】

男子ごはんの肉汁たっぷり餃子のレシピ。大人気の絶品餃子。

美味しい 餃子 の 作り方 肉汁

肉汁がたっぷり出てくる餃子は、中の『アン』に、 『ラード』を少し多めに加えて練り込み、作ります。 また、豚のひき肉が『アン』の主体ですが、これはお客用だから、と 赤身の肉を選んではダメです。 バラ肉をひいたひき肉か、 ちょっとお安めの、脂肪分の多いひき肉を選んで下さい。 また肉料理だからと肉を多くしてはダメで、 『野菜料理』のつもりで、加える白菜やキャベツ等野菜を、 肉の量が1とすると、野菜を2か3程度加えて練り込んで下さい。 その時、野菜はみじん切りにして、塩もみするかゆでて刻み、 充分水気を絞ってから加えて混ぜるようにして下さい。 『アン』を作る時、ひき肉を練って調味料で味をつけますが、 柔らかく、かつフンワリ仕上げるために、『水』を50~80ml位加えて 練るようにすると、しっとりした上出来の『アン』になります。 ちなみに、これは肉団子の作り方のコツのひとつでもあります。 肉を練る時は、充分こねるように、粘りが出て白っぽくなり、フワッと してくるまで充分に練り込む事も大事なコツです。 好みで1片程加えてもおいしいものです。 日本ではアンの方に加えるのですが、中国では食する時、 タレの方にニンニクを加えるようにしています。 こんにちは。 貝柱の水煮の缶詰を汁ごと入れると良いですよ。 それと、干ししいたけを戻して、こちらも戻し汁を使います。 しいたけも刻んで入れると美味しいですよ 貝柱や干ししいたけから抜群の良いダシが出てるのでオススメです。。 汁ごと入れることによってジューシーになります。 最初に貝柱の汁やしいたけの戻し汁、 顆粒の中華だし、鶏がらスープの素を入れしっかりお肉をこねます。。 お肉が白っぽくなるまでこねると良いですよ。 そうするとしっかりお肉がスープを含んでくれますよ。 とにかく良く練って、スープをいっぱいお肉に含ませてくださいね。 汁の量はこねながら様子を見てくださいね。 良くこねると意外なほどたくさん汁がお肉に含まれますよ。 この他にも手羽など作った「にこごり」を入れると 肉汁たっぷりで、割ると中からジュワ~と肉汁が出てきますよ。 コンソメスープをゼラチンで固めた物でも大丈夫です たくさん汁を含ませるので、包んでから焼くまで時間が 経ってしまうと水分が出て、皮がベチャっとなってしまうので 焼く直前に包む事と良いですよ。

次の

まるでお店みたい!カンタン美味しい餃子の作り方

美味しい 餃子 の 作り方 肉汁

餃子の包み方のコツ 大切なのは焼き上がりを考えること 餃子の包み方は最初はだれもが「うまくできない」と悩むものです。 私は最初、全然うまく包めなくて本当に苦労しました。 実は、私は料理人である父のお店で餃子を包むのを手伝っていたのですが、 最初は全然できなくて、何度も練習しました。 1日に数百個と包んでいけば、そんな私でも上手に包めるようになります 笑 なので、今では短時間でたくさんの餃子をきれいに包むことができます。 でも、今回はきれいに包む方法をお伝えするのではなく、 いかに美味しく見えて美味しく焼けるか!という包み方を紹介します。 なぜ、こんなことを言うのか、というと、 父のお店で手伝っていたころ、 上手に包めるようになり自信が出てきたときに 「これではお店で出せない」 と言われました。 かなりショックでしたよ。 それからどうしたらよいのか自分なりに考えてようやく習得しました。 私が父から教わったことは、 焼くときにフライパンにのせる面を広くするってことよ! 分かりやすく説明すると、 餃子をお皿に盛り付けた時のことを考えてみてください。 カリッと美味しそうな焼き色がたくさん見えると美味しそうに見えませんか? これは、見た目も美味しそうですが、実際に食べると香ばしくカリッと焼けている餃子は絶品です。 つまり、この面が広くなるように、 底面をしっかり作っておけば美味しく焼けるということです! 包み終わった後が大切 餃子を包むのは経験さえ積めば誰でも上手になっていきます。 最初はヒダが細かくたくさん入れることは難しいです。 でも、 包み終わりのひと手間が出来れば美味しく焼き上がりますよ! 包み終えた餃子を台にのせてみてください。 底面がないと、転がります。 底面がしっかりしていれば、ずっしりと台の上に立っています。 もし転がってしまったら、 両手で餃子の端を持って台の上に立つように底面を広く作ってみましょう。 これで美味しい餃子が焼きあがります。 餃子の包み方(手順) ここからは、先ほど紹介したコツをふまえて手順を紹介します。 ヒダを作る工程は、最初は難しいですが、心配いりません。 最後にしっかり底面を広く作ってくださいね! (右利きの場合の包み方で紹介させてください) 1、左手に皮をのせ、 中心よりも少し下側に餃子の具をのせる。 写真は皮を少したたんでしまったので分かりずらいですが、 上側(ヒダをよせる側)に多く皮を残しておくとギャザーがきれいにできます。 2、右端から親指と人差し指で皮を手前によせます。 ヒダを作るということは考えず、皮をつまんで手前によせる、と思ってください。 すると、多めに準備しておいた 上側の皮が少し右側にはみだしてくれます。 この はみだした部分をまた親指と人差し指でつまむように手前によせましょう。 すると、また上の皮の残った部分が右側にはみだしてきます。 はみだした部分を手前によせていく、という動作を繰り返して最後まで包んでいきます。 この動作の回数が多ければ、ヒダの数が多くなり見た目はきれいに包めます。 ヒダの数が少なくても、心配いりませんよ。 台の上にのせたときに、 転がらずしっかり立っているように底面をたくさん作ります。 これで 餃子が美味しく焼ける包み方の完成です! ここまでの手順をまとめてみましたので、参考にしてください。 まとめ 餃子の包み方のコツは、 焼き上がりを考えて包むこと! これが一番大切です。 そのためにやることは、 底面をたくさん作ること。 包み終わったあと、台の上にのせて餃子がしっかり自分で立っているかを確認してみましょう。 すぐに転がってしまう場合は、底面がないか、少ないはずです。 たくさんの底面を作った餃子はカリッと焼けた面が多くなり、 盛り付けた時にも美しい焼き餃子になります。 また、食べたときにも、カリッと焼けた皮が多ければより美味しい餃子になります。 包み方の手順は、ヒダを作るということを考えないことです。 上側の皮を手前によせる。 余った皮をまた手前によせる。 これを繰り返せば自然とヒダができます。 でも、肝心なのは、何度も言いますが 焼きあがったときの焼き面が多いこと。

次の

美味しいシュウマイの作り方~肉汁があふれ出る!【プロ直伝のレシピ】

美味しい 餃子 の 作り方 肉汁

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。

次の