流通科学大学 学部。 流通経済大学の学費一覧

流通科学大学経済学部の情報(偏差値・口コミなど)

流通科学大学 学部

概観 流通科学大学は、創始者であるにより設立された。 神戸市西区の学園都市エリアにある大学の中では学生数が最も多く、約3,200名(5月現在)の学生が在籍している。 場所は、から徒歩5分のところにあり、学部は、、、の系3学部とを有するである。 流科大の教育面の特長は、「(企業による)生産から(国民の)消費生活に至る」すべての過程を対象として、それぞれの学部で特色を持たせた学科やコースで学べることである。 さらに、の学内実習店舗や企業人による特別講義などに代表される「」を重んじ、学生の成長・伸びしろを高める「体験プログラム」を充実させ、その結果、キャリア開発、高い就職実績につなげることを目標としている。 設立当初の学生証には学内でのみ使用可能な機能が付加されている。 卒業時には任意でダイエー(当時の名称)への切り替えができた。 また、前までは当時、小売業で日本一であったダイエーへ成績優秀者はそのまま就職しやすかった。 現在の中内学園理事長は、中内の長男である(元ダイエー副社長)で、学長職も2016年度より兼務している。 1979年5月 - 中内㓛、流通関係の大学を設立する事を構想。 1984年3月 - 流通科学大学(仮称)設立事業計画策定• 1985年6月 - 流通科学大学設立準備財団設立発起人総会が行われ、中内㓛を設立代表者に選任• 1986年1月 - 「財団法人 流通科学大学設立準備財団」認可・登記• 1987年12月 - 学校法人中内学園寄附行為認可及び流通科学大学認可• 1988年1月 - 学校法人中内学園設立登記• 1988年4月 - 流通科学大学開学 商学部(流通学科/経営学科)開設• 1992年4月 - 情報学部(経済情報学科/経営情報学科)開設• 1994年4月 - 商学部(ファイナンス学科/サービス産業学科)開設• 1996年4月 - 大学院流通科学研究科(流通科学専攻)修士課程開設• 1998年4月 - 大学院流通科学研究科(流通科学専攻)博士後期課程開設• 2001年4月 - サービス産業学部(観光・生活文化事業学科/医療福祉サービス学科)開設(商学部サービス産業学科を改組)• 2005年3月 - 商学部サービス産業学科廃止• 2011年4月 - 商学部商学科開設 (商学部流通学科、経営学科、ファイナンス学科を改組)• 2011年4月 - 総合政策学部 総合政策学科開設(情報学部経済情報学科、経営情報学科を改組)• 2011年4月 - サービス産業学部観光学科、サービスマネジメント学科開設(サービス産業学部観光・生活文化事業学科、医療福祉サービス学科を改組)• 2015年4月 - 商学部 経営学科、マーケティング学科開設 (商学部 商学科を改組)• 2015年4月 - 経済学部 経済学科、経済情報学科開設 (総合政策学部 総合政策学科を改組)• 2015年4月 - 人間社会学部 人間社会学科、観光学科、人間健康学科開設(サービス産業学部 観光学科、サービスマネジメント学科を改組) 基礎データ 所在地 〒651-2188 学園西町3丁目1番 象徴 校歌 校歌「神戸の風は」は、2010年4月に完成した。 作家のによって作詞、作曲家のによって作曲されたものである。 2010年度入学式において、両者挨拶の後に入学生に披露された。 シンボルマーク 2010年4月に導入された。 流通科学大学のR、大学創設者のを象徴する言葉である流通革命(Retail Revolution) のRを図案化したものである。 コミュニケーションキャラクター 2013年3月、大学キャラクター(コミュニケーションキャラクター)として「りゅうか」が完成した。 大学公式サイト内に公式のプロフィールのページや特集ページ(「りゅうかWeb」)がある 2016年より、萌えキャラである「流華」が活動している。 神戸の町にマッチする容姿をイメージしており。 ゆるキャラを持っている大学は日本各地に数多く存在しているが、萌えキャラを有している大学は稀である 航空写真 流通科学大学は兵庫県神戸市西区に全学部(、、)が同一に設置されている。 その位置するには、神戸市営地下鉄「学園都市駅」を中心に5大学1高専があり、単位互換制度などの教学面だけでなく、学生のクラブ活動交流戦など様々な交流がなされている。 敷地には壁がなく、学生や職員以外の立ち入りも可能。 近所の住民やオフィスで働く人達が学生レストラン「RYUKA DINING」を利用することも多いが、学生の昼休みは混雑する為、大学側は一般の人はそれ以降の使用をするよう呼びかけている。 「RYUKA DINING」は朝食セットを100円で用意しており、 バイク・自転車での通学も可能であるほか、学生用の大型駐車場があり、駐車場使用料を払えば自動車通学もできる。 キャンパス内に設立当初「ショップ88」という購買施設があったが「流科大実習店」へと改装された。 の学内出店の先駆けとなった。 学生以外も利用可能である。 また「リテイル・マネジメント論」という講義の中でこの店舗での実習がある。 キャンパス内には中内功記念館とダイエー資料館(2016年1月に流通資料館から改称)があり、大学の授業がある期間の月~金曜日に開館するが、一般の見学は事前の予約が必要である。

次の

流通経済大学の学費一覧

流通科学大学 学部

学科の特色 ネットで商品を買えば翌日には玄関先に届く。 回転寿司では世界中のネタが食べ放題。 そんな便利な世の中を支えているのが、モノや情報の最適な流れを科学するロジスティクス。 「必要なモノを、必要な時に、必要な量で、より安く提供するにはどうすればよいか」という段取りを学ぶ学問です。 ロジスティクスなくしては経営の成功がない今、その仕組みを現場から学び、流通の効率化に積極的に取り組める人材を育成します。 履修モデル ロジスティクスを中心とした「物流系」、IoTからAIまで学ぶ「情報系」、流通全体を学ぶ「流通総合系」の3分野を設置。 学生の興味に応じて学べます。 実践講座 第一線で活躍する90名以上の企業講師による実践講座や多数の企業の現場を訪問する企業訪問講座があり、企業の最前線を学び、今企業で起こっている課題発見と解決法の提案という学びを実践します。 <主な実践講座>IoTロジスティクス実践講座、ダイレクトマーケティング実践講座、情報システム実践講座、日本通運寄付講座、地域ロジスティクス実践講座 他 ロジスティクス・イノベーション・プロジェクト 文部科学省のブランディング事業「高度なロジスティクス実現に向けての研究拠点形成と人材育成」に指定されており、最新のロジスティクスを学びます。 少人数教育「ゼミナール」 全ての学生が4年間属する「全員ゼミ」があり、輪読、グループワーク、調査、討論や発表などのアクティブな学びをします。 ネット通販、宅配便、企業との産学連携、VR技術、自動運転、物流と情報の関連資格、Webプログラミング、データマイニングなど、学生の興味のある題材を取り上げ、論理的思考力、問題発見力、問題解決力や表現力を養います。 モバイルマーケティング論 スマートフォンやタブレット型端末および関連サービスの進展に伴い、モノやサービスの買い方が変わってきました。 その変化を実感し、本質を理解し、関連するビジネスの動向などをフォローします。 ロジスティクスビジネス演習 コンビニの棚に欲しい商品が並び、ネット通 販の商品がすぐ届く秘密とは? 暮らしを支 える物流産業の基本的な仕組みから、ロジス ティクスサービスの最新事例までを学びます。

次の

学部・大学院

流通科学大学 学部

流通科学大学のここに注目!! 流科大独自の「なりたい自分発見カリキュラム」! 流科大では入学後の半年間をかけて、「なりたい自分発見カリキュラム」という独自のプログラムを実施しています。 一人ひとりの学生が自分と向き合い、自分の可能性や適性を見極めながら、これから進むべき未来を明確にしていきます。 将来の夢や目標が決まっていないという学生でも流科大なら大丈夫。 社会で求められる力を養う実践型アクティブラーニング! 講義型の授業はもちろん、参加型授業を重視しています。 仲間と力を合わせるグループワーク、街に出て積極的に主体的に情報を得るフィールド演習、自分の言葉でプレゼンテーションをするなど学びを体験する授業を多く実施しています。 有名企業に協力をいただき、プレゼンする機会を数多く実施していることも流科大の特長の1つです。 実際に、企業と連携した共同商品開発や他大学との対抗プレゼン企画も積極的に参加しており、企業人・大学生との交流が盛んです。 グローバルビジネスパーソンを育てるグローバル教育! 流科大では時代が求めるグローバル人材の育成に取り組んでおり、学びの舞台は世界となっています。 日本を飛び出して海外で学ぶ機会も豊富に用意しています。 主に語学を修得するための海外留学では、世界各地の提携校に半年~1年間留学することができます。 また、海外のビジネスの現場を体験する海外研修も実施しており、海外の流通の現場やサービス産業の実情などを体験しながら学ぶことができます。 [ブランド戦略コース] 常に世の中に発売される新商品。 マーケティングを学び、消費者のニーズをつかみ、ヒット商品を生み出す方法やその市場戦略を学びます。 [流通ビジネスコース] 企業が生産した商品・サービスを私たち消費者が手にするまで、どのようなルートで届くのでしょうか。 その最先端の流通や物流のしく・ビジネスを学びます。 メーカーと小売業者の間に立ってスムーズな流通をお手伝いする商社なども考えられます。 [経営戦略コース] 現代企業の経営問題を幅広い視点から理解して、問題の解決案を提案できる人材を育てます。 [ビジネスリーダーコース] 自ら率先してビジネスに参画できる力を育成します。 ビジネスでリーダーシップを撮れるような人材になること、さらには自らが事業を起こす意識を持つような人材を育てます。 [グローバル経営コース] 企業の国際化、海外出張・転勤など、小規模企業でも当たり前にように経験する現代において、ボーダーレスなビジネス環境を意識し、グローバルな経営により強い関心を持つ人材を育てます。 [会計コース] 資金管理に強い学生を育てます。 会計のしくみや制度を知ることで、企業経営を資金面からリードできる力を育成し、また金融業界などでの活躍を目指します。 また公認会計士や税理士、国税専門官などの専門職も進路として考えられます。 [現代経済コース] 経済の動きを知ることはビジネスパーソンにとって重要です。 円高・円安はなぜ起こり、企業の業績にどう影響するかなど、あらゆる現象を理解するための経済の仕組みを体系的に学びます。 [地域まちづくりコース] 人口減少など地域のさまざまな課題を「経済学」をベースに理解し、解決に向けて必要となる専門知識や分析するための方法論を体系的に学習します。 その両方を読み解く力をつけることで、経済全体を多岐にわたる視点から見渡す力が身につく学科です。 [経済情報コース] 経済に関するデータをコンピュータで処理・分析すると、経済の動きが見えてきます。 経済学と情報技術およびデータの処理・分析方法を学び、経済情報の活用方法を習得します。 [情報システムコース] 経済情報コールよりも情報技術に重きを置きます。 純粋なエンジニア分野ではなく、LINEなどアプリの仕組みを学んだり、企業活動や流通・マーケティング・経営などの分野にどう生かせるかを考えていきます。 自ら課題を発見し、行動する人材を育てます。 [社会文化コース] 社会の仕組みや働き、人々の生活や文化について、社会学を中心として専門的に学び、同時に経済・経営などビジネス関連の学問領域についても学修します。 [心理コース] さまざまな人々の心理を社会心理学、臨床心理学、消費者行動論などから探求し、社会が必要としているサービスを明らかにします。 [観光事業コース] 観光資源、自然環境、歴史文化、交通運輸などトータルな見地から集客し、商品を作り上げるマーケティングの手法と共に、ホスピタリティ・マネジメントを学びます。 [ホテル・ブライダルコース] 観光やホスピタリティなどの原理や知識、さらにホテルやブライダル業についてその計画や経営を学びます。 ブライダルについては就職に直結する資格取得を目指し、イベントプロデュース手法に精通した人材を育成します。 [スポーツ健康コース] 生涯を通じたスポーツ実践は、体力の維持・向上や生活習慣病予防などの健康づくりを支援します。 身体を動かす楽しさを伝え、実践的に指導できる人材育成を目指すとともに、社会で役立つ対人能力・リーダースキルを学びます。 「レクリエーションインストラクター」の資格取得も。 [スポーツマネジメントコース] 健康に関する社会状況や問題を観察・分析し、人々の健康の維持・増進に関するマネジメント能力の習得を目指します。 私たちのグループは、お餅をベースにしたおつまみを提案しました。 おつまみは中高年男性が好むイメージがありますが、女性や子どもでも食べたくなる製品を作ることでマーケットの拡大を狙いました。 プレゼンテーションに使うスライドはわかりやすさを重視し、説明は聞く人が飽きない内容になるよう意識しました。 私はリーダーとしてメンバーへの作業の割り振りなども経験し、効率の良い仕事について考える機会にもなりました。 何か達成感を得られる経験ができないか探していたとき、このプログラムを知りました。 2017年は神戸港が開港して150周年。 それを記念した「めざせ!世界一のクリスマスツリー」をつくるプロジェクトが実施されました。 企画に参加し、オーナメントの販売や取りつけ作業を担当。 いつもは大学内が活動の基盤ですが、学外に出て、社会人や広い年齢層の人たちと交流できたのは貴重な体験でした。 オーナメントに願い事を記入する一般の方たちを見て、このプロジェクトに参加して良かったと思う一方、多様な意見があることも知り、自分の考えを持つことの重要性を実感しました。 商品開発の難しさと面白さを体験。 「キャリアアップセミナー(マーケティング)」で、有名洋菓子店レーブドゥシェフと協力して六甲アイランドを活性化するスイーツを開発・販売すると知り、実際の現場を体感できる絶好のチャンスだと思いすぐに参加を決意しました。 コンセプトを固めるために六甲アイランドを視察すると、緑と芸術にあふれた住みやすい場所である一方、観光に訪れる人が少ないことに気づきました。 そこで帰省時などのお土産にしてもらうことで「六甲アイランドを知るきっかけ」になるスイーツにしようと発想を転換。 慣れないデザイン作業に苦労しましたが、チームメンバーとディスカッションを重ねてプレゼンを成功させたことは、夢への大きな一歩になりました。 香港の学生と友だちになり、異文化理解が深まりました。 事前に授業で中国語を身につけて香港に出発。 1日目は香港の街並みを見学したり、商店街を探索して、歴史を肌で感じることができました。 2日目は現地の学生たちと交流。 中国語でのコミュニケーションを積極的に取ることで仲良くなり、連絡先も交換しました。 2泊3日の短い研修でしたが、異文化を理解することができ、海外の友人もでき、とても楽しい経験になりました。 日本と海外の流通の違いを知ることができました。 日本と海外の流通の違いが知りたくて参加。 行き先はアメリカのシアトルとポートランドで、各地のスーパーマーケットを5泊6日で計11店舗を視察しました。 安さを重視した店や健康をテーマにした店があり、それぞれが特色ある作りをしていたのですが、それは客層の所得が大きく影響していることを知り驚きました。 売場が日本よりも自由な発想で作られていて、商品の積み方もとてもきれいで魅力的でした。 また、従業員の方がフレンドリーで、楽しそうに働いているのが印象的でした。 入学後、資格を6つ取得。 就活に向けて強い味方ができました。 さらに資格を取りたいと思い、資格取得講座を4年間無料で受講できる「商業系等資格特別推薦入試」を利用して流科大に入学。 大学入学後、「ファイナンシャルプランナー」「販売士」など6つの資格を取得しました。 クラブ活動やアルバイトの傍ら勉強するのは大変ですが、わからない部分は授業後、質問すると先生が細かく教えてくださるなど、サポート体制が整っています。 これまでに取得した10余りの資格は就活時に心強い味方になってくれると思います。

次の