抱きしめてジルバ 郷ひろみ。 【西城秀樹 vs 郷ひろみ】

西城秀樹、郷ひろみが同時期に挑んだ名曲カバー

抱きしめてジルバ 郷ひろみ

カバー曲 その当時は、カバー曲が流行っていたようでもある。 ワムののソロ曲である『ケアレス ウィスパー』 17歳だったジョージが、書き留めたもので、発表時にアンドリューが手を加えた。 ()誌では、1985年2月16日付けの週間チャート、その年の年間チャートともに1位を獲得、ワム! にとっても、にとっても最大のヒット曲となった。 『ケアレスウィスパー』by さてこの原曲を年10月15日、が 『抱きしめてジルバ』としてカバーし発売。 同年11月10日 、ほぼひと月遅れでが『ケアレス・ウィスパー』の題名のままカバーし発売した。 程なくフジテレビが、に『』にて、と競演するという趣向を提案。 サイドは、 『2人とも全く同じセットを使って歌う』ことを条件に、この提案を飲んだのであった。 wham!じゃなくって wow! 夜の摩天楼という同じセットで歌うことに ー。 Bメロ こっからが凄い。 ポケットに突っ込んでいた秀樹兄貴の黄金の右手が、いよいよ顔の横まで上げられる。 このパンチの効かせ方が上手くて上手くてこっちも乗ってきちゃうね。 そうして長い溜息のように 「Ha… I cannot feel so cool,Please stay 」 パンチを効かせた後にこれをやられると参るよ〜。 セクシーだ。 フフ … 「抱きよーせて Dance again わ・る・い 夢ーなのか ふさいだキースはー こおーりのよおーさー 色褪せた Jitterbug か・え・らないー 夜に おまえを抱きながら やるせなく ルーバー」 サビから乗っちゃって流れるようにここまできちゃう。 完璧 …… 「わ・る・い」の次、 「夢ー」辺りで若干溜めて 少しずらしているみたい。 こういう短めの溜めをポイントにさり気なく入れるとムーディになるんだなぁ…… なんて、改めて兄貴テクに酔いしれる。 兄貴特有の「ハ」に近いもうひと色の声も入れ、更にムーディ 目をスッと閉じて見せてから Stay with me… Stay with me… 女性の溜息と秀樹の溜息とが交錯するように歌い終える。 この後開いた目が切ない。

次の

西城秀樹 抱きしめてジルバ 音楽 ニコニコ動画のニコッター

抱きしめてジルバ 郷ひろみ

概要 [ ] 作詞・作曲がとの共作であることや、ワム! の2枚目のアルバム『』やベスト・アルバム『』に収録されているため、ワム! の楽曲に思われがちであるが、厳密にはジョージ・マイケルのソロ曲である。 ただし、その扱いは国によって分かれており、イギリスやヨーロッパ諸国ではジョージ・マイケルの単独名義であるのに対して、アメリカでは「Wham! featuring George Michael」という名義で(メディアによっては「ワム! 」扱いのものもあり)、日本では完全に「ワム! 」名義で発売された。 元は、17歳だったジョージが、アルバイト先の映画館へ向かうバスの中で書き留めたもので、発表時にアンドリューが手を加えた。 『』誌では、2月16日付けの週間チャート、その年の年間チャートともに1位を獲得、ワム! にとっても、ジョージ・マイケルにとっても最大のヒット曲となった。 日本では洋楽シングルチャートで1984年10月29日付から4週連続1位を獲得した。 カバー [ ]• (1984年10月15日 『』)• (1984年11月10日 『』)• 橋本和美(1984年 『』)• (1998年)• (2001年)• (2008年)• (1984年、広東語版「夢幻的擁抱」)• (1985年、広東語版「忍痛說謊」)• ()(1985年、広東語版「無心快語」) 他作品での使用 [ ] 2016年の映画『』の終盤からエンドクレジットにかけて、本楽曲が使用された。 脚注 [ ].

次の

【西城秀樹 vs 郷ひろみ】

抱きしめてジルバ 郷ひろみ

概要 [ ] 作詞・作曲がとの共作であることや、ワム! の2枚目のアルバム『』やベスト・アルバム『』に収録されているため、ワム! の楽曲に思われがちであるが、厳密にはジョージ・マイケルのソロ曲である。 ただし、その扱いは国によって分かれており、イギリスやヨーロッパ諸国ではジョージ・マイケルの単独名義であるのに対して、アメリカでは「Wham! featuring George Michael」という名義で(メディアによっては「ワム! 」扱いのものもあり)、日本では完全に「ワム! 」名義で発売された。 元は、17歳だったジョージが、アルバイト先の映画館へ向かうバスの中で書き留めたもので、発表時にアンドリューが手を加えた。 『』誌では、2月16日付けの週間チャート、その年の年間チャートともに1位を獲得、ワム! にとっても、ジョージ・マイケルにとっても最大のヒット曲となった。 日本では洋楽シングルチャートで1984年10月29日付から4週連続1位を獲得した。 カバー [ ]• (1984年10月15日 『』)• (1984年11月10日 『』)• 橋本和美(1984年 『』)• (1998年)• (2001年)• (2008年)• (1984年、広東語版「夢幻的擁抱」)• (1985年、広東語版「忍痛說謊」)• ()(1985年、広東語版「無心快語」) 他作品での使用 [ ] 2016年の映画『』の終盤からエンドクレジットにかけて、本楽曲が使用された。 脚注 [ ].

次の