ポケモン エメラルド ラティオス。 ポケモンエメラルドで殿堂入り後ラティアスを捕まえようとしています。ママ...

伝説・特別ポケモン入手方法

ポケモン エメラルド ラティオス

【良いところ】• 特攻種族値が130と高い上に、タイプ一致威力140の「りゅうせいぐん」が使えるため火力は十分。 ドラゴン技が半減されにくいのもポイントです。 「こだわりメガネ」装備で多くのポケモンを確1で倒すことができます。 素早さが高く、ドラゴンタイプで最速です。 先制の「りゅうせいぐん」は相手にとって脅威です。 110族は同族にラティアスがいるものの、ガブリアス・ボーマンダなど110族よりも遅いドラゴンに対し有利です。 タイプ耐性が多く、交代出ししやすいです。 火力が高いので、交代出しする度に「りゅうせいぐん」で相手を1匹ひんしにできることも。 特に水タイプの「なみのり」を受けて出し「かみなり」を撃つことができます。 「かみなり」は「りゅうせいぐん」と違い、相手が鋼タイプに交代しても半減されない・連続して撃てるところがポイントです。 ボーマンダやカイリューと違い、ドラゴンタイプでありながら氷技に4倍弱点を持ちません。 「めざめるパワー氷」の奇襲に強いです。 「りゅうせいぐん」に火力は劣りますが、威力90の「りゅうのはどう」を覚えることができます。 撃ったら特攻が下がってしまう「りゅうせいぐん」と違い、連続して撃てることが評価できます。 バトル序盤では「りゅうせいぐん」撃ち逃げで相手のポケモンに大ダメージを与えていき、終盤では「りゅうのはどう」を使い傷ついたポケモンを狩っていくことができます。 用途が違うので、これら2つの技の両立もアリです。 3on3では「りゅうせいぐん」だけで十分ですが、6on6なら両立がオススメ。 再生回復である「じこさいせい」を習得することができます。 バトル終盤までラティオスに生きてもらいたいならオススメ。 交代読みで使いましょう。 【悪いところ】• 素早さは110族ですが、同族が多いです。 特にゲンガーはお互いに後出しはできないものの、先発で出会ってしまいがちな相手です。 先発でラティオスを出したら、相手はゲンガーを出してきた・・というような場合、撃ち合うのはお互いにキケンです。 ゲンガーは「きあいのタスキ」を持っていることもあるため、素直に逃げましょう。 耐久面は妹のラティアスの方が上です。 「ねがいごと」で味方をサポートする戦法や、バトル終盤に「めいそう」を積む戦法ならラティアスを使いましょう。 「りゅうせいぐん」をメインに攻める600族ドラゴンにはボーマンダがいます。 ボーマンダは、ドラゴン技に耐性のある鋼タイプに「だいもんじ」で効果抜群をとることができますが、ラティオスは「だいもんじ」を覚えることができません。 ラティオスの特殊炎技は「めざめるパワー炎」のみとなり、ハッサムの返り討ちには役立ちますが、最速を狙えないことが問題です。 他には「かみなり」で鋼タイプの牽制をすることになります。 ボーマンダは二刀流が主流であり、特殊受けに受けられることがありませんが、ラティオスは特殊一本で攻めることが多いので、受けにくさという点ではボーマンダに負けてしまいます。 「おいうち」を持つ超霊狩り型のハッサムに弱めです。 ハッサムはドラゴン技に耐性があるため、相手ハッサムを確認するまで「りゅうせいぐん」を撃つにはリスクがあります。 「かみなり」「めざめるパワー炎」を使えば勝てないことはありません。 性格・努力値について。 まずは特攻に振ります。 素早さは基本的におくびょう最速とします。 同速110族にはラティ兄妹とゲンガーがいます。 最速にしておくことにより、相手のラティ兄妹・ゲンガーに死に出しされにくくなります。 「めざめるパワー炎」を使う場合に限り、素早さ個体値はVを狙えないため、最速にできません。 コチラが最速でないとバレると、相手の最速ラティオス、ゲンガーなどに死に出しされやすくなってしまいます。 持ち物について。 火力UPアイテム「いのちのたま」or「こだわりメガネ」の選択です。 どちらを選択するかによって技が微妙に変わります。 火力では「こだわりメガネ」が上であり、「りゅうせいぐん」撃ち逃げだけを考えるとコチラの方がよいですが、「いのちのたま」は相手の交代に対応しやすいです。 「いのちのたま」なら「じこさいせい」を覚えさせることができるので、攻撃する度に反動ダメージを受けるとはいえ「こだわりメガネ」よりも長生きしやすいというメリットもあります。 技について。 「りゅうせいぐん」「りゅうのはどう」「かみなりorめざめるパワー炎or10まんボルト」「じこさいせい」@いのちのたま 「りゅうせいぐん」「りゅうのはどう」「かみなり」「なみのり」@こだわりメガネ という構成にします。 「りゅうせいぐん」はバトル序盤でメインとなる技です。 相手のハッサムに受けられるとダメージが抑えられてしまうため、ハッサムを確認するまでは「かみなり」を撃っておくのもアリです。 「りゅうのはどう」はバトル終盤に使います。 確1圏内に入った相手を狩りましょう。 ドラゴン技は半減されにくく、バトル終盤には相手の鋼タイプも弱っているため強力な技です。 「かみなり」は鋼タイプへの牽制技であり、水タイプに効果抜群です。 「10まんボルト」では3発かかる相手を2発で倒せるようになるため、「10まんボルト」よりもオススメできる技。 「こだわりメガネ」を持たせれば、ラティオスを受けにくる特防特化ハッサムも高乱数2となります ハッサムは「オボンのみ」持ちが多いため実際はムリっぽいですが。 「かみなり」は外れまくることが欠点でストレスがたまります。 タイマンで競り負けても相手のHPを確実に削り、次のポケモンで相手を狩れるなら「10まんボルト」を選択します。 「めざめるパワー炎」は「りゅうせいぐん」を受けてくる鋼タイプに効果抜群です。 「こだわりメガネ」装備のときは使いにくいため、この技を使えるのは「いのちのたま」装備時に限ります。 「いのちのたま」込みで特防特化ハッサムを超高乱数1にできます。 しかし、めざパのタイプが炎と分かるとラティオスが最速でないことがバレてしまいます。 ハッサムを倒して喜んでいたら、相手の最速ラティオスが死に出しされた・・・という展開となると、コチラの後続ポケモンで「りゅうせいぐん」を受ける必要があり、とても負担がかかるため注意が必要です。 「なみのり」は相手の炎ポケモンの「だいもんじ」を受けてラティオスを出した後に効果抜群をとれる技です。 実際には「りゅうせいぐん」で十分なので、ヒードランピンポイントとなりがちです。 「こだわりメガネ」を持たせる場合は技スペースが余ってしまうので入れておきましょう。 「じこさいせい」はラティオスが終盤まで生き残るための技です。 バトル終盤に「りゅうのはどう」で弱った相手を全抜きできれば理想的。 HP振りミロカロスに 73. 2~86. 特防特化ミロカロスに 54. 9~65. HP全振りメタグロスに 51. 8~61. 特防特化ハッサムに 41. 8~49. 特防全振り性格補正無しハピナスに 34. 8~41.

次の

伝説・特別ポケモン入手方法

ポケモン エメラルド ラティオス

ラティオス むげんポケモン ぜんこくNo. 381 ホウエンNo. 197 たかさ 2. 0m おもさ 60. 0kg タイプ ドラゴン エスパー ルビー みた ものや かんがえた イメージを あいてに えいぞうとして みせる のうりょくを もつ。 にんげんの ことばを りかいすることが できる。 サファイア やさしい こころの もちぬしにしか なつかない。 うでを おりたたむと くうきていこうが へって ジェットき よりも はやく そらを とべるぞ。 エメラルド すがたを けしていても テレパシーが あるので なかまの いる ばしょや きもちが わかる。 ひとの ことばを りかいする ちのうを もつ。 ファイアレッド あらそいを このまない やさしいせいかく。 うでを おりたたむとジェットきよりも はやく とべる。 リーフグリーン あらそいを このまない やさしい せいかく。 うでを おりたたむと ジェットきよりも はやく とべる。 1 サイコウェーブ エスパー - 80 15 かしこさ ふしぎな ねんぱを あいてに はっしゃして こうげきする。 つかう たびに ダメージが かわる。 5 おきみやげ あく - 100 10 たくましさ じぶんは たおれるが そのかわり あいての こうげきと とくこうを ガクッと さげる。 10 てだすけ ノーマル - 100 20 かしこさ てだすけ された あいてが つかう わざの ダメージは ふつうよりも おおきくなる。 15 しんぴのまもり ノーマル - - 25 うつくしさ 5ターンの あいだ みかたは ふしぎな ちからで まもられて じょうたい いじょうに ならなくなる。 20 りゅうのいぶき ドラゴン 60 100 20 かっこよさ ものすごい いきを あいてに ふきつけて こうげきする。 まひ じょうたいに することが ある。 25 まもる ノーマル - - 10 かわいさ さきに わざを つかい あいての こうげきを まったく うけない。 れんぞくで だすと しっぱい しやすい。 30 リフレッシュ ノーマル - 100 20 かわいさ じぶんが なっている どく まひ やけどの じょうたい いじょうを かいふくする。 35 ラスターパージ エスパー 70 100 5 かしこさ まばゆい ひかりを いっきに かいほうして こうげきする。 あいての とくぼうを さげることが ある。 40 サイコキネシス エスパー 90 100 10 かしこさ つよい ねんりきを あいてに おくって こうげきする。 あいての とくぼうを さげることが ある。 45 じこさいせい ノーマル - - 20 かしこさ じぶんで さいせいして じぶんの HPを さいだい HPの はんぶんだけ かいふくする。 50 りゅうのまい ドラゴン - - 20 かっこよさ とても しんぴてきで ちからづよい まいを はげしく おどって じぶんの こうげきと すばやさを あげる。 2 ドラゴンクロー ドラゴン 80 100 15 かっこよさ するどく とがった きょだいな ツメで あいてを きりさいて こうげきする。 3 みずのはどう みず 60 100 20 うつくしさ みずの しんどうを あいてに あたえて こうげきする。 こんらん じょうたいに することが ある。 4 めいそう エスパー - - 20 かしこさ しずかに せいしんを とういつして こころを しずめる ことで じぶんの とくこうと とくぼうを あげる。 5 ほえる ノーマル - 100 20 かっこよさ あいてを にげださせて ひかえの ポケモンを むりやり ひきだす。 やせいの ばあいは せんとうが おわる。 6 どくどく どく - 85 10 かしこさ あいてを もうどくの じょうたいに する。 まいターン へる どくの ダメージが ふえていく。 10 めざめるパワー ノーマル - 100 15 かしこさ わざを つかった ポケモンに よって あいてに あたえる ダメージと わざの タイプが へんかする。 11 にほんばれ ほのお - - 5 うつくしさ 5ターンの あいだ ひざしを つよくして ほのおタイプの わざの ダメージを おおきくする。 13 れいとうビーム こおり 95 100 10 うつくしさ つめたい ビームを あいてに はっしゃして こうげきする。 こおり じょうたいに することが ある。 15 はかいこうせん ノーマル 150 90 5 かっこよさ すさまじい こうせんを あいてに はっしゃして こうげきする。 つぎの ターンは うごけなく なる。 16 ひかりのかべ エスパー - - 30 うつくしさ 5ターンの あいだ ふしぎな かべで てきから うける とくしゅ こうげきの ダメージを よわめる。 17 まもる ノーマル - - 10 かわいさ さきに わざを つかい あいての こうげきを まったく うけない。 れんぞくで だすと しっぱい しやすい。 18 あまごい みず - - 5 たくましさ 5ターンの あいだ あめを ふらせて みずタイプの わざの ダメージを おおきくする。 20 しんぴのまもり ノーマル - - 25 うつくしさ 5ターンの あいだ みかたは ふしぎな ちからで まもられて じょうたい いじょうに ならなくなる。 21 やつあたり ノーマル - 100 20 かわいさ ふまんを はらすために あいてを ぜんりょくで こうげきする。 なついて いないほど ダメージが おおきい。 22 ソーラービーム くさ 120 100 10 かっこよさ 1ターンめで ひかりを きゅうしゅうして 2ターンめで あいてに ほうしゅつ して こうげきする。 24 10まんボルト でんき 95 100 15 かっこよさ つよい でんげきを あいてに あびせて こうげきする。 まひ じょうたいに することが ある。 25 かみなり でんき 120 70 10 かっこよさ はげしい かみなりを あいてに おとして こうげきする。 まひ じょうたいに することが ある。 26 じしん じめん 100 100 10 たくましさ せんとうに でている じぶん いがいの ポケモンに じしんの しょうげきを あたえて こうげきする。 27 おんがえし ノーマル - 100 20 かわいさ トレーナーの ために あいてを ぜんりょくで こうげきする。 なついて いるほど ダメージが おおきい。 29 サイコキネシス エスパー 90 100 10 かしこさ つよい ねんりきを あいてに おくって こうげきする。 あいての とくぼうを さげることが ある。 30 シャドーボール ゴースト 80 100 15 かしこさ くろい かげの かたまりを なげつけて こうげきする。 あいての とくぼうを さげることが ある。 32 かげぶんしん ノーマル - - 15 かっこよさ すばやい うごきの ぶんしんで てきを まどわせて じぶんの かいひりつを あげる。 33 リフレクター エスパー - - 20 かしこさ 5ターンの あいだ がんじょうな かべで てきから うける ぶつり こうげきの ダメージを よわめる。 34 でんげきは でんき 60 - 20 かっこよさ すばやい でんげきを あいてに はっしゃして こうげきする。 あいては ぜったいに よけられない。 37 すなあらし いわ - - 10 たくましさ 5ターンの あいだ すなを まきあげ いわ じめん はがねタイプ いがいの ポケモンに ダメージを あたえる。 40 つばめがえし ひこう 60 - 20 かっこよさ すばやい うごきで あいてを ほんろうして こうげきする。 あいては ぜったいに よけられない。 42 からげんき ノーマル 70 100 20 かわいさ じぶんが どく まひ やけど じょうたいの ときは あいてに あたえる ダメージが おおきくなる。 43 ひみつのちから ノーマル 70 100 20 かしこさ ひみつの ちからで こうげきする。 つかう ばしょで ついかの こうかが へんかする。 44 ねむる エスパー - - 10 かわいさ 2ターンの あいだ ねむって やすみ じぶんの HPと じょうたい いじょうを すべて かいふくする。 45 メロメロ ノーマル - 100 15 かわいさ せいべつの ちがう あいてを ゆうわくして メロメロに する。 その あいては わざが だしにくく なる。 47 はがねのつばさ はがね 70 90 25 かっこよさ こうてつの つばさを あいてに たたきつけて こうげきする。 じぶんの ぼうぎょが あがることが ある。 1 いあいぎり ノーマル 50 95 30 かっこよさ カマや ツメなどで あいてを きりつけて こうげきする。 ほそい きや くさを きることも できる。 2 そらをとぶ ひこう 70 95 15 かしこさ 1ターンめで そらに とんで 2ターンめに こうげきする。 しっている まちに とぶことも できる。 3 なみのり みず 95 100 15 うつくしさ おこした なみを てきに たたきつけて こうげきする。 みずの うえを すすむことも できる。 5 フラッシュ ノーマル - 70 20 うつくしさ ひかりで あいての めいちゅうを さげる。 くらい どうくつないで つかうと まわりを あかるく てらせる。 7 たきのぼり みず 80 100 15 たくましさ すごい いきおいで あいてに つっこんで こうげきする。 ながれおちる たきを のぼることも できる。 8 ダイビング みず 60 100 10 うつくしさ 1ターンめで みずに ふかく もぐって 2ターンめで あいてに むかって つきあげて こうげきする。 まひ じょうたいに することが ある。 FLE すてみタックル ノーマル 120 100 15 たくましさ いのちを かけて てきに つっこんで こうげきする。 じぶんも すこし ダメージを うける。 FLE ものまね ノーマル - 100 10 かわいさ あいてが さいごに つかった わざを せんとうの あいだ じぶんの わざに することが できる。 FLE ゆめくい エスパー 100 100 15 かしこさ ねむり じょうたいの あいての ゆめを たべて あたえた ダメージの はんぶん HPが かいふくする。 FLE でんじは でんき - 100 20 かっこよさ よわい でんげきを あびせる ことで あいてを まひの じょうたいに する。 FLE みがわり ノーマル - - 10 かしこさ じぶんの HPを いくらか けずって ぶんしんを だす。 ぶんしんは じぶんの みがわりに なる。 E じこあんじ ノーマル - - 10 かしこさ じぶんに あんじを かける ことで あいてに かかっている ほじょ こうかを じぶんにも かける。 E いびき ノーマル 40 100 15 かわいさ いびきで こうげきし あいてを ひるませる ことが ある。 じぶんが ねている ときしか つかえない。 E こごえるかぜ こおり 55 95 15 うつくしさ つめたい れいきを あいてに ふきつけて こうげきする。 どうじに あいての すばやさを さげる。 E こらえる ノーマル - - 10 たくましさ こうげきを うけても HPが かならず 1だけ のこる。 れんぞくで だすと しっぱい しやすい。 E どろかけ じめん 20 100 10 かわいさ かおや めなどに ドロを なげつけて こうげきする。 どうじに あいての めいちゅうを さげる。 E いばる ノーマル - 90 15 かわいさ あいてを おこらせて こんらん じょうたいに するが そのかわり こうげきも グーンと あげて しまう。 E ねごと ノーマル - - 10 かわいさ じぶんが おぼえている わざの うち どれか 1つを くりだす。 じぶんが ねている ときしか つかえない。 E スピードスター ノーマル 60 - 20 かっこよさ ほしがたの ひかりを あいてに はっしゃして こうげきする。 こうげきは かならず めいちゅう する。 E れんぞくぎり むし 10 95 20 かっこよさ カマや ツメ などで あいてを きりつけて こうげきする。 れんぞくで あてると ダメージが ふえる。

次の

ポケモン エメラルドでラティオスの効率の良いゲット方法を教えて...

ポケモン エメラルド ラティオス

要するに、ラティオスが図鑑に載っていないならばどこにいるのかは全くわからないということです。 ちなみに、徘徊が始まった時点で個体情報が決定されるので、殿堂入りしてからテレビを見る前にセーブしておかなければなりません。 また、ルビー・サファイア、ファイアレッド・リーフグリーンでの徘徊系ポケモンはHPと攻撃以外の個体値がすべて0に固定されています。 性格だけしか拘らないならルビーでも構いませんが、高個体値のラティオスが3世代で欲しいならば、 ・無限のチケットを使い、サファイアの南の孤島(固定シンボルなので個体値が固定されていない)で厳選する ・エメラルドで厳選する(徘徊の個体値が固定されていない。 エメラルドで無限のチケットを使えば、南の孤島での厳選も可) のどちらかのほうが良いかと思います。 エメラルド、および電池切れのルビー・サファイアでは条件次第で全く同じ個体情報のポケモンが何度も繰り返し出現する「エメループ」と呼ばれる現象が起き、厳選の妨げになる場合があるようですので、電池の切れていないサファイアと無限のチケットを用意してループを回避するのが理想です。 しかし、最後の配信が2007年の無限のチケットを入手するのはほぼ不可能なので、エメラルドを準備してエメループの回避方法を調べてから厳選するのが現実的ではないかと思います。 エメラルドは可能だったはずです。 質問に関係ないコメ失礼しました。 要するに、ラティオスが図鑑に載っていないならばどこにいるのかは全くわからないということです。 ちなみに、徘徊が始まった時点で個体情報が決定されるので、殿堂入りしてからテレビを見る前にセーブしておかなければなりません。 また、ルビー・サファイア、ファイアレッド・リーフグリーンでの徘徊系ポケモンはHPと攻撃以外の個体値がすべて0に固定されています。 性格だけしか拘らないならルビーでも構いませんが、高個体値のラティオスが3世代で欲しいならば、 ・無限のチケットを使い、サファイアの南の孤島(固定シンボルなので個体値が固定されていない)で厳選する ・エメラルドで厳選する(徘徊の個体値が固定されていない。 エメラルドで無限のチケットを使えば、南の孤島での厳選も可) のどちらかのほうが良いかと思います。 エメラルド、および電池切れのルビー・サファイアでは条件次第で全く同じ個体情報のポケモンが何度も繰り返し出現する「エメループ」と呼ばれる現象が起き、厳選の妨げになる場合があるようですので、電池の切れていないサファイアと無限のチケットを用意してループを回避するのが理想です。 しかし、最後の配信が2007年の無限のチケットを入手するのはほぼ不可能なので、エメラルドを準備してエメループの回避方法を調べてから厳選するのが現実的ではないかと思います。

次の