キングダム 640話 ネタバレ。 キングダム640話ネタバレ李牧処刑命令!「国の要」レビュー考察

キングダムネタバレ641話最新確定!将軍昇格で李信誕生!

キングダム 640話 ネタバレ

スポンサーリンク 警戒する楚国 不可能とされていた秦軍による鄴攻略。 原泰久『キングダム』640話より引用 驚きの知らせは、瞬く間に中華全土へ広まっていきました。 場所は楚国王都の郢 えい。 鄴陥落の報告を聞いて、媧燐 かりん はつぶやきました。 「マジかよ」 媧燐の隣では、SMプレイ中のバミュウが座っています。 バミュウも驚きを隠せません。 珍しく媧燐の読みが外れたことになります。 バミュウの反応が面白くなかったのでしょう。 さすがドSの媧燐。 溶かしたロウソクをバミュウの頭上に流していきます。 バミュウは嫌がるどころか嬉しそうでした。 媧燐の予想は、外れたわけではありません。 原泰久『キングダム』640話より引用 邯鄲 かんたん の王都軍が動けば、王翦軍は負けていたはずでした。 しかし、趙の大王は王都軍を動かさなかったのです。 これは王の責任といってよいでしょう。 とはいえ、李牧相手に王翦は鄴を奪い取りました。 媧燐は少し感心していたのです。 それにもう一つ、厄介な人物といえば斉国の王健王でしょう。 兵糧を鄴に送らなければ、秦軍は餓死していたはずでした。 ワクワクしている媧燐。 対して、李園 りえん は危機感を持っていました。 鄴は邯鄲の近くにあります。 秦の刃は、邯鄲の喉元まで迫っているといってよいでしょう。 もしかしたら、強国の趙が敗れる可能性もあるかもしれません。 秦が勝利すれば、中華の勢力図は大きく変化するはず。 李園は心配していたのです。 すると、「あわてんな」となだめる媧燐。 確かに鄴は占拠されました。 しかし、趙にとって本当の脅威となるのは、秦本土と鄴が繋がった時です。 そして、鄴が最前線拠点となれば、趙国は危うくなるでしょう。 それは邯鄲にいる王や、李牧も分かっているはず。 媧燐は、このまま趙がそれを許すとは思っていなかったのです。 スポンサーリンク 扈輒将軍の狙い 原泰久『キングダム』640話より引用 場所は列尾。 高い城壁の上から、兵士が隊列を組む様子を扈輒 こちょう と舜水樹 しゅんすいじゅ が眺めていました。 そこへ、部下から急報が。 魏方面より秦軍四万が北上。 列尾へ向かっているというのです。 向かっている秦軍こそ、秦国大将軍の騰 とう でした。 秦軍四万に対して列尾の趙軍は三万。 さらに相手は強敵の騰。 部下は持つか心配でした。 しかし、扈輒将軍は断言します。 「あれだけなら持つ」 あれだけとは、一体どういう事でしょうか? 原泰久『キングダム』640話より引用 扈輒が警戒していたのは、騰軍ではなく「鄴」でした。 鄴から王翦軍の一部が攻め込んだとしましょう。 そうなれば、列尾にいる趙軍は大ピンチ。 騰軍と王翦軍によって、前後から挟み撃ちに遭ってしまいます。 挟み撃ちされたら、今の軍だけでは持ちませんでした。 ならば、趙軍に勝ち目はないのかと言うと、そういうわけではありません。 列尾が危険なのは李牧も把握しているはず。 李牧のことだから、北部の軍をすでに南下させているだろう。 扈輒将軍は李牧軍が援軍にくることを信じて、列尾で持ち堪えようとしていたのです。 黙って話を聞いていた舜水樹。 「邯鄲の王都軍が動けば話は早い」とつぶやきます。 「それを言うな」と返す扈輒。 そもそも王都軍が最初から動いていたら、趙軍はここまで追い込まれなかったでしょう。 動かない王都軍をアテにしても仕方ありません。 扈輒は「我らの王はクソだ」と断言。 李牧こそが国の要。 後ろの心配事は李牧に任せるとして、自分らは前を守るのみ。 扈輒は指示を出しました。 「軍を展開するぞ、舜水樹 騰を迎え討つ」 スポンサーリンク 変化し始めた羌瘣と信の関係 目を閉じている信。 原泰久『キングダム』640話より引用 パッと目を開けると、目の前には矛を振り上げる龐煖の姿が! 羌瘣は信を救うべく前から抱きついています。 信は慌てて叫びました。 「逃げろ、羌瘣」 ところが、羌瘣は「いいんだ」と言って信から離れようとしません。 龐煖の矛によって切断された羌瘣の体。 激しく飛び散る血。 自然と信の目からは涙が溢れました。 「羌瘣っ」 再び叫んだ信。 すると、目の前には羌瘣が悲しそうな表情で座っていたのです。 ここは、鄴城内にある一室。 羌瘣も目が覚めたのか、ベッドから起き上がっていました。 今までの出来事は全て信の夢。 羌瘣の様子を心配して尋ねましたが、いつのまにか寝てしまったようです。 不思議なことに、羌瘣も信と同じ夢を見ていました。 どうやら、羌瘣の気が少し信に入ってしまったようです。 なぜ、倒したはずの龐煖が再び登場したのか。 信は思い出したように、自身が死にかけた時の話を始めます。 朱海平原にて、信は龐煖と激突。 全ての力を使い切って龐煖を撃破。 代償として、確かに信は死んだはずでした。 ところが、羌瘣は禁術を使って信を救出。 羌瘣は自身の寿命を半分差し出して、信を生き返らせたのです。 さすがに信も死にかけた時の記憶はありません。 この事実は羌瘣しか知らなかったのです。 「お前・・・ 俺を助ける時に何かしたのか」 原泰久『キングダム』640話より引用 何度も問い詰める信。 尾平の話では、羌瘣が助けてくれたと言っていました。 いつも羌瘣なら、ここまで寝込むことはありません。 よほど無茶したのではないか。 信は羌瘣を心配していたのです。 ところが、「別に」とシラを切る羌瘣。 やはり何か隠していると思ったのでしょう。 信は羌瘣の両肩を掴んで再び問い詰めます。 すると突然、部屋の扉が開きました。 「信殿!」 入って来たのは渕。 信と羌瘣の様子に「え」と動揺します。 渕は邪魔したと思ったのでしょう。 なんとなく「すみません」と謝罪。 お二人はそういう関係だったのかと、なぜか渕の方が照れています。 話を戻しましょう。 渕が報告に来たのは、亜光将軍のことでした。 亜光将軍といえば、朱海平原にて尭雲と馬南慈に瞬殺された将軍。 いや、正しくは死んでいません。 ずっと昏睡状態となっていました。 渕が状況を説明しようとすると、外がなにやら騒がしくなっています。 室内でも聞こえるほどの喚声。 信は渕に案内されるがまま部屋の外へ。 渕は言いました。 「亜光将軍が復活されて 鄴から討って出たのです!!」 原泰久『キングダム』640話より引用 信は驚きを隠せませんでした。 鄴城内で響き渡る喚声は、亜光将軍の復活を喜ぶ声だったのです。 スポンサーリンク 列尾軍を揺るがす非情な知らせ 亜光将軍を先頭に、鄴の城門から動き出す軍。 この五日間で回復した兵を集めて一軍へ。 後軍には桓騎兵も多くいました。 これだけの兵を束ねてどこへ行くのでしょうか。 信の疑問に対して、渕はすぐに答えます。 「もちろん 列尾です!」 扈輒が警戒していた鄴の動き。 亜光軍が列尾に向かっている情報は、すぐに扈輒の元へと届きました。 原泰久『キングダム』640話より引用 目の前では、列尾軍と騰軍の先鋒隊がぶつかったばかり。 すでに戦いが始まった後だったのです。 部下の報告によると、鄴からの秦軍兵は二万。 騰軍四万に、さらに亜光軍二万が加勢。 趙軍三万ではどう考えても勝てません。 舜水樹は、北部の動きを気にしていました。 すると、再びもう一人の部下から急報が。 残念ながら、北部からではなく馬南慈からでした。 部下は涙を流して報告します。 李牧は、大王の手によって邯鄲へ投獄。 王都軍は動く気配なし。 北部軍も一切動いていないというのです。 唖然とする舜水樹。 扈輒も目を見開きます。 さらに、最悪な報告はこれだけではありませんでした。 「それともう一つ 李牧様は邯鄲にてざっ・・・ 斬首になると!!」 舜水樹の怒りが爆発! 突然剣を振り上げ、地面へと力強く突き刺し叫んだのです。 「我らの王は どこまで愚かなのか」 原泰久『キングダム』640話より引用 ここまで感情的な舜水樹は見た事がありません。 目は血走り、我を見失っているようでした。 黙っていた扈輒。 李牧がいないなら、列尾を守っていても仕方がありません。 部下へ引き上げを指示。 全軍を邯鄲まで戻すことに決めました。 扈輒が心配していた通り、前後から秦軍に挟み撃ちされては勝てません。 列尾を守ることもできないでしょう。 橑陽 りょうよう 城を包囲している軍も邯鄲まで戻します。 要するに、趙の南側半分を秦に明け渡すことを意味していました。 スポンサーリンク 趙南部を占拠した秦軍 王都圏南側を秦に奪われることは確実。 ならば、軍の力をそのまま生かし、北半分となる王都圏へ兵力を密集。 それが秦軍を苦しめる唯一の方法でした。 だからこそ、今ここで無駄に戦力を使うわけにはいかなかったのです。 なにより、李牧を救わなくてはいけません。 扈輒は言いました。 「あの方を失えば 趙は終わるぞ」 原泰久『キングダム』640話より引用 冷静に言っているようで、扈輒も怒りを抑え込んでいる様子でした。 李牧こそ趙の要。 王を殺してでも李牧を助ける。 舜水樹も同じ考えだったのです。 趙軍が後退を決めた頃、騰軍の録嗚未 ろくおみ は息巻いていました。 「配置につけ 趙軍をぶちのめす!! 行くぞォ!!」 録嗚未は最初からアクセル全開。 相変わらず暑苦しい男です。 ところが、敵が後退すると報告が入ります。 「はぁ!?」と、逆ギレする録嗚未。 騰は優雅に「ココココ」と笑っていました。 こうして、趙軍は扈輒の指示で全軍後退。 邯鄲へと移動していったのです。 結局、騰軍はほとんど戦わずに列尾城の占拠に成功。 趙王都軍の出入り口を秦のものにしたのです。 原泰久『キングダム』640話より引用 状況を確認しておきましょう。 秦本土と繋がっている列尾城を騰軍が占拠。 橑陽城は楊端和と壁が占拠しています。 鄴はご存知の通り、王翦軍や桓騎軍が占拠し攻略済みです。 趙軍が全軍後退したため、邪魔する敵はいません。 列尾・鄴・橑陽の三つの城が、トライアングルとなって繋がったのです。 すなわち、トライアングル内の領土は秦のものとなりました。 趙軍が領土を捨てて北上したため、残された趙の住民達。 多くの難民は遅れて北上しましたが、動けずにとどまった者達も多かったのです。 しかし、王翦の命令によって、住民らを傷つけることはありませんでした。 さらに、それから一か月が経過。 本営から兵が補充されるため、鄴攻略軍の一部が帰還。 三度目の組で、飛信隊もようやく鄴を出ることができたのです。 原泰久『キングダム』640話より引用 咸陽へ向かう途中、列尾付近で壁達と遭遇。 朱海平原と橑陽で別れてから69日が経っていました。 久しぶりの嬉しい再会に、壁と信は笑顔で声をかけ合ったのです。 スポンサーリンク 『キングダム』ネタバレ 640-641 話のまとめ 今回は、秦軍が趙の領土半分を奪うという、見事な快進撃をみせた回でした。 原泰久『キングダム』640話より引用 やはり、国のトップは大事ですね。 どんなに優秀な武将や部下がいようが、王がクソでは国は滅びてしまいます。 今こそ反旗を翻すとき。 趙国にとっては、新たな戦いが始まったと言ってよいでしょう。 対して、秦軍の試みは素晴らしいものでした。 楊端和による犬戒族の説得。 王翦による大胆な作戦と出陣前の根回し。 飛信隊と玉鳳隊の覚醒。 秦国本土からも昌平君による手厚いサポート。 どれが欠けても、秦軍は趙軍に勝てなかったはずです。 トライアングルができたことにより、秦は国の領土が拡大。 趙を攻め落とす大きな一歩を踏み出しました。 長い期間、戦い続けてきましたからね。 ここらで咸陽へと帰り、宴となるのではないでしょうか。 誰が昇格するのかも気になるところ。 次回がとても楽しみです!.

次の

キングダムネタバレ640話確定!列尾を秦国が取り趙王を殺す決意を

キングダム 640話 ネタバレ

キングダム【第640話】のネタバレ 鄴陥落についての媧燐の反応 遂に鄴が陥落し、その衝撃は瞬く間に全土に広がった。 楚国王都、郢。 媧燐もマジかよと驚くが、読みが外れたわけではない。 これで秦が邯鄲の喉元まで迫ることになり、下手をすれば趙が倒れるかもしれないという李園。 しかし、媧燐は動じない。 趙にとっての脅威は、孤島の鄴が秦本土とつながってからだと言う。 そして鄴が対趙の最前線拠点となった時、本格的に危うくなると。 しかし、そんなことは邯鄲にもわかっており、誰よりあの李牧がそんなことはさせないと言うのだった。 騰と扈輒がぶつかり合う 列尾には騰の軍が進軍。 騰の軍4万に対し、扈輒軍は3万。 これで持つかという問いに、扈輒はこれだけなら持つと答える。 肝心なのは鄴で、こちら側に討って出れば、列尾は挟み撃ちにあってしまい、そうなると持ち堪えるのは不可能なのだ。 が、それは李牧が防いでくれるだろうと言う扈輒。 そして、騰を迎え撃つため、軍を展開するのだった。 羌瘣を殺される夢を見た信 目の前で羌瘣が龐煖に殺されてしまう夢を見て、目覚めた信。 すると、目の前にいた羌瘣も同じ夢を見ていたと言う。 自分に何かしたのかと疑うなか、そこへ淵がやってくる。 彼は、亜光将軍が復活し、列尾へ向かったと報告するのだった。 李牧の処刑に扈輒と舜水樹は… 亜光軍が列尾に向かっているという報告は、列尾軍と騰軍の先鋒隊がぶつかった時に伝わった。 北部軍からの報告がないことに苛立ちを見せる舜水樹。 するとそこに馬南慈から急報が届き、 李牧が捕らえられ、斬首になるという報告が入る。 自分たちの王は、どこまで愚かなのかと怒鳴る舜水樹。 扈輒もその報告を聞き、全軍を邯鄲まで戻すことを決める。 どの道、王都圏の南側は秦に奪われる。 であれば、軍の力をそのまま生かし、北半分になる王都圏に全ての兵を集め、秦に対抗しようと言うのだ。 さらに、李牧を救わなくては趙は終わると言う扈輒。 王を殺してでも、李牧を助けると舜水樹も告げた。 壁との再会 扈輒の号令の下、列尾に陣取っていた趙軍は全軍でその場を離れ、邯鄲の方向へと移動した。 騰軍はほぼ戦わずして列尾城を取り、一帯を固め、趙王都圏の出入口を秦のもとにした。 一気に鄴~列尾の線がつながり、趙軍も陣払いをして、邯鄲方面へと移動をし始める。 そして一月後、本営から兵が補充されるため、鄴攻略軍の一部が帰還を許された。 三度目の組で信たちも鄴を出る。 そして、列尾の前あたりで、同じく遼陽から帰還中の 壁たちと再会。 朱海平原と遼陽方面に別れてから、 実に69日ぶりの再会だった。

次の

キングダム640話ネタバレ最新話『列尾攻略戦に鄴からの援軍が?!』

キングダム 640話 ネタバレ

2020年4月30日 木 発売号のヤンジャンに掲載予定のキングダム641話のネタバレ最新確定速報をお届けします。 前話 では、李牧が捕まり斬首される予定との情報が列尾に入ります。 扈輒はすぐさま列尾を離れ王都へと向かうために全軍兵士の撤退を命じまス。 そして趙の南部を全て秦が奪う形で鄴攻めは決着しました。 ついに鄴攻めも終わろうとしてますが、信が将軍になるところを早く見たいものです。 641話もどんな展開になるのか楽しみですね。 今回は「【キングダムネタバレ641話最新話確定速報】鄴が完全に落ち苗字が李と決まりついに信が将軍になる?」と題し紹介していきます。 鄴が陥落した641話ですが、ここで鄴攻めを振り返ってみませんか? これまでの話を読み返したいと思われる場合は、単行本を電子書籍でお得に読みましょう。 電子書籍でしたら 売り切れも気にせず、外に出ることなく すぐに無料で読むことができます。 さらには無料で今までのキングダムのアニメもイッキ見できてしまいますよ。 今すぐ読み直したいと思ったら下のリンク先で、おすすめのサイトを紹介していますのでチェックしてください。 キングダム641話ネタバレ最新話考察 飛信隊や壁も秦国内に戻っていきますね。 戻るのは政のいる咸陽(かんよう)でしょうか。 そうなるとここから論功行賞が行われると思いますが、誰が鄴攻めの第一功になるのか?そして龐煖(ほうけん)を倒した信がどれだけ評価されるのか?ここでの評価が気になるところですね。 論功行賞の昇進の行方は? 「朱海平原の戦い」~「鄴の攻略戦」を終えたのちに行われる論功行賞では、今回の信の事を考えると、将軍への昇進はほぼ確定ではないでしょうか。 何しろ、信は趙峩龍と龐煖の首を討ち取りましたからね。 ただこのキングダムの世界観では、千人将あたりはちらほらいますが、二千人~三千人への昇進はかなり厳しいため、難しいかもしれません。 しかし、それでも今回の李信の功は王賁や王翦よりも大きく、評価されるべきものだと思いますがどうなのでしょうか? おそらくですが、信は政から直に労われる第三位に食い込むのが妥当ではないかと考えています。 キングダム641話のツイッターの予想・感想 龐煖(ほうけん)が信に倒された場面。 武神と恐れられた龐煖。 そして信にとっては王騎や麃公(ひょうこう)将軍を倒した憎っくき相手。 それを王騎の矛で倒せたことは信にとって大きな出来事だったに違いありません。 趙の将マジであのクソ叩き斬ってくれんかな。 来週位は、論功行賞来るか? 信の将軍任命は絶対痺れる!! — ナマケモノ vtuber憧れ 6bic0R 確か最近は壁!と呼び捨てにしていたと思うんだけど、信は疲れすぎて赤ちゃん返りしたのか、壁のあんちゃ~ん!とか今週言ってておかしいんじゃね? — 菅井英明 Ambient・和メロディー SugaiHideaki 史実で行くなら李牧はまだ死なない。 その前にとある人物を討ち破る。 その人物はそこで退場の可能性。 ここからネタバレを含みますので注意してください。 飛信隊の咸陽凱旋 鄴攻めを終えて信たち飛信隊が咸陽へ戻ってきました。 飛信隊もすでに人気のようで、町の人たちからも信、田有、楚水などの名前が上がります。 飛信隊のメンバーの周りには多くの人が詰めかけ、ねぎらいます。 その様子を政も橋の上から眺めよくやってくれたと昌文君と話します。 兵士たちは各自武功に見合った褒章を受け取ります。 信の家へ皆で向かう 信はなかなか自分の家には帰っておらず、大工にお金だけ預けていたようです。 皆にはすごい豪邸なのではと言われています。 田有がその家がちょうど完成して予算がオーバーしたとのことでしたが、すごい完成度のと信に伝えます。 それを聞いた飛信隊のメンバーは皆信の家が見たいと言い、皆で信の家を見に行くことに。 信はボロイ小屋の前に連れてきて、飛信隊のメンバーも驚愕します。 その小屋を見て信は田有に木材が変わったのかと聞き、開けるとき以前より良くなっていると言います。 それを聞いた飛信隊のメンバーは、自分の家より古くて小さい、ここに金を書けたのか、悪徳すぎると心の中で思います。 しかし田有が何言ってるんだと、家はあっちだと信の首を左に向けます。 その先にはとてつもなく大きいお屋敷が建っていました。 これには飛信隊のメンバーも信自身も驚きます。 信の家で宴会! そこで急遽信の新居で宴会をすることになりました。 皆はそれぞれ家族などを呼びにぎやかな宴となりました。 3日後には信は王宮に行くこととなっており、そのことについて話します。 渕は信が今回の武功だったら将軍になれるのではと目を輝かせています。 尾平もに身だと鼻水を流しながら喜んでます。 我呂は桓騎や楊端和がいることからまだ先だと考えます。 河了貂は王宮に付いていっていいか信に聞き了承を得ます。 政と王宮で再会 王宮で政と昌文君、信と河了貂が再会します。 すごい活躍だったと政は信に言います。 しかしながら将軍になるには問題があるということを信に伝えますが、信はそりゃないだろと信と河了貂は政に詰めかけます。 その問題とは名前のことでした。 将軍になるには信は苗字を持つ必要があるようです。 そこで政は信に苗字をあげるから考えろと言います。 信は急に言われてもわからないと言いますが、政の苗字「嬴」と言いますが、昌文君に即座に却下されてしまいます。 そこで政に考えてもらうように言いますが、政も思い浮かばないというのでした。 漂の苗字 ここで政は漂の時も同じように悩んだことを思い出します。 昌文君に早く決めるように言わる漂は焦りながら考えます。 そこで政が食べているものが何か聞きます。 政は李 すもも と答え、それを聞いた漂は李でお願いしますと決めてしまったのでした。 その回答に昌文君は驚きますが、それを聞いて政はわかったと言い昌文君はさらに驚いていました。 それを聞いた信は漂のことを思い出して、自分も李信にすると言います。 昌文君と河了貂は驚きますが、信と政は納得したような顔で李信となったのでした。

次の