天昇 設定5。 【北斗の拳天昇】設定6を5万G検証しハズレの強制逆転抽選を徹底解剖【デキレ】|datemegane50|note

北斗天昇 スロット パチスロの設定判別/立ち回りポイント。設定判別や立ち回りポイント。高設定狙いを行い期待値を稼ぐ立ち回り。高設定確定演出。ヤメ時や狙い目。知っ得情報。

天昇 設定5

設定6のデキレ抽選考察 このnoteの販売から時間が経ちましたので公開しますが、実は北斗天昇、設定6だと0-399Gの当選でも激闘ボーナスに優遇が存在します。 また、400G-もアプリで出ている2倍の優遇よりもさらに優遇されています。 それを実機で計390回の検証をしました。 アプリではないので確実に正確です。 高設定示唆や確定演出などのサンプルも大量に用意しました。 わかりやすい北斗天昇をさらにわかりやすくします。 現在100部限定にしていますが、増やす可能性があります。 基本的な設定判別につきましては、こちらを御覧ください!! この部分の解析を出すと打ち手に早くヤメられてしまうので、メーカー側はこれに関してはもう1年位は出さないと思います。 このnoteでは、その未開の部分に切り込んで参ります。 よろしくお願い致します。 実機と若干違いますが、似たような挙動をします。 「ハズレ/ベル」での抽選時の強制逆転抽選 まず重要なのが、北斗天昇は有利区間開始、0Gから400GまではAT抽選が冷遇されているということと、401G以降は優遇されていることです。 なので、それぞれサンプルを分けてみました。 401G以降、有利区間引き継ぎ後が明らかに優遇されているといった数値になりました!! こう見るとかなり別格に違いますね。 401G以降、有利区間引き継ぎ後のサンプルがもし表記されている数値通りの数値なら期待度が10. 12%であるはずなのですが、 実際の数値は22. 76%となり、本来の期待値より12. 64%も上回る値になりました。 書き換えは 実質13〜14%くらいになりそうですかね。 ハズレ抽選と比較しても雲泥の差で、こちらは表記通りの抽選をしているものと推測されます。 有利区間400未満と400G以降 データ上では400G以内は優遇が弱そうでした。 400G以内は設定判別材料から外すべきです。 逆に240G+240Gなどの場合は、優遇されていると考えていいです。 1つ気になるのが、 初回240G+有利区間2回目90G…などを典型のパターンとした有利区間を400G消化せず、かつ有利区間継続時での激闘ボーナスです。 こちらは有利区間引き継ぎではあるものの、大抵の場合 有利区間を400Gは消化していないはずなんですよね。 こちらはサンプル不足でなんとも言えないのですが、「有利区間の消化G数」のみが優遇のトリガーになっているとした場合、こちらは高設定でも優遇されていないことになります。 こちらは念の為、高設定の優遇抽選による設定判別のサンプル外として扱うのが無難です。 このデータで設定判別がどう変わるのか 有利区間開始から400G未満の当選は、高設定であろうが優遇されている挙動は見えませんでした。 実機では優遇されていました また、北斗天昇は 今回の結果で「リプレイ」「バトルレベル」に関しては全設定で大きな差はないという結論に至りました。 リプレイ以外の小役も同様だと思われるので、リプレイなどの自力抽選によってATに当選した場合を省き、 「ハズレ/ベル」のみに集中したサンプルを取ることによって、制度の高い判別が可能になります!! 現時点でのサンプルによる結果では、 「ハズレ/ベル」の期待値より平均12. 有料コンテンツについて 有料コンテンツの目玉は、アプリの各設定大量データもそうですが、設定6の実機データを大量に集めた点になります。 アプリよりもさらに差がついただけでなく、0-400Gの当選にも優遇がありました。 ただ、細分化されすぎていてサンプルが分散してしまい、表としてはわかりづらくなっているので、その点にご注意ください。 」はゼロの意味です。 細かい考察をされる際にご活用ください。 もうちょっと確率が落ち着くかと思いきや、サンプルを増やすと更に出現確率が上がってしまった!でも確かに設定6でも1日10回程度しかAT消化できませんが、2回位は来る印象ありますね…。 低くても10%以上では出るのではないかと予想。 他の人の台も含め、しっかりと見逃さないように、絶対に確認しましょう。 AT終了画面より大事かもしれないレベル。 ちなみに今回の設定456サンプル合算は11. 6%となりました。 内部保持の小役レベル(+LV2以上告知) 小役レベル2以上の告知は「レバーオン抽選によって出てくる」とされています。 しかし「設定差があるかどうか」の質問に対しては未回答としていました。 同時に他のデータも集めています。 LV2以上の内部保持に関しては、少し差が見えますが分母が大きすぎて参考になりそうにありません。 気になったポイントは設定2と設定6で初期の昇舞玉の平均保持数に設定差がそれなりにあったということ。 通常時の中段チェリーによる昇舞玉の複数獲得などに設定差がある可能性が見え隠れしています。 ここ気になるけれど、仮に差があったとしても実戦でもそんなにサンプルが取れそうな項目でもないので、強制逆転抽選に集中する方向で良さそう。 昇舞玉・バトルLVについて こちらのバトルレベルの数値はボーナス開始2G目の告知も含んでいます。 一応、公式で「小役LVとバトルLVの抽選は昇舞玉1つにつき1:1で抽選」と言われているので、こちらは設定差がないのかもしれませんが…設定6のほうが若干高い結果になりました。 昇舞玉の平均保持数が関わっていそうです。 世紀末バトルと断末魔バトルによる勝率差はある? 何度か質問や、サンプル採取のご要望いただきましたが、「当選契機によっては強敵バトルの勝利期待度の差はない」そうです。 アプリの不具合(落ちて消えた)で5515回転分のデータ、15000回転分のデータのグラフ画像がぬけているのですが、詳細データには問題有りません。 奇偶示唆については…設定6は半々、他はほんのり示唆。 他の判別要素が多いので、完全無視でOK。 ポイントは設定4以上なら20%以上で何かしら出ること。 つまり5回に1回くらいは設定2を否定したり、高設定示唆が出たりする…ということ。 後述する「456枚演出」を含めたら、さらに高まるので、 全く何も出ない台はそれだけで危険です。 また、設定5示唆である「カイオウ・ラオウ」ですが、設定5でも100件集めましたが、 6. 86%と言うほどは出ません。 設定5示唆が出ないからといって設定5の期待度はさほど落ちないので、他の要素を見ながら考えていきましょう。 (設定5狙いは難易度かなり上がりそう) 設定2の有利区間400G以降or引き継ぎの恩恵 先に結論を言っておくと、設定2はほぼ強制逆転してないんじゃないか?と思われるデータになりました。 問題は 設定6で見られた有利区間400G以降ハマり時の強い優遇が設定2にも見受けられるのか!?という事。 結論から言うと 設定2にハマりによる強い優遇は見受けられませんでした!! 何なら期待値より若干下がっています…。 本来なら45. 51回当選すべき確率のところが、42回しか当選せず期待値を3. 51回下回っています。 サンプルも440回とまずまずの回数をこなしているので、現在の結論としては 設定2は設定6のように有利区間400G以降のハマり恩恵は見受けられない とみて問題なさそうです。 考えられるのは、確率のブレor計測ミス…と思った私。 設定4はふんわり優遇じゃないと納得いかなかったので、さらに5万G検証しました!! どれだけ取っても「優遇がない」という結果に終わってしまいました。 合算してみます。 と、そうなってくると次に出てくるのは「 アプリの数値が実機と違うのでは?」ということですよね!数字、全てまとめてみました。 AT初当たりが若干重く、AT獲得枚数が若干多くなる結果となりました。 機械割などは割と解析通りの数字ではあるんですが、この数字を見るとちょっとアプリは軸と仕様が違う可能性もあるのかなと思いました。 今回有料noteということで、もしアプリで大幅に仕様が違う…みたいな顛末は避けたいので、設定6の実機データ、動画で割と自分の分が残っているので、まとめてこのnoteの最後に追記します。 (必ず見てください) 細分化データは省きます。 強制逆転抽選については4%増しの14. 53%に落ち着きました。 この程度の差だと正直参考にならないですね… 4万Gで機械割102%とかなりヒキ弱?な結果に…。 このデータを見る限り、解析通り、強ATの比率と確定画面、AT終了画面の示唆から見抜くしかなさそうです。 結論、設定5の判別は設定6と比べると格段に難しい!それでも確定系は変わらず出やすいので、そのあたりの5号機よりは設定見えますけどね。 設定2ベースの設定5狙いですと、偶数示唆がかなり弱い挙動になる点もポイントです。 プロじゃない人だと見落としてやめちゃうパターンもよく見ますね。 全体的に高設定確定演出も出やすいし、挙動もわかりやすいので、早めに見きれる分積極的に狙っていい機種であることは間違いなさそうですね! 別件ですが、気になっているのは「謎V出現率」などになってきますが、まぁそもそも他の判別要素が強すぎるので、細かい要素は無視したほうが安定した立ち回りができると思います。 また別件ですが、銅トロフィー、朝イチ解析では15%になってるけどもっと出やすい気が…リセット直後は別の振り分けだったりしないかな? 設定使うホールで設定1を使うホールはめちゃめちゃ少ないので、だから何というぶぶんはありますが、例えば10台あって朝イチ1台もトロフィー出ないなら、全台設定1を疑ったほうが良い…といった考え方にはなります。 かなりの数値を集めることが出来ました。 驚愕の数値が… なんと、 400G未満でもデキレの形跡が…!! 179件ものサンプルを採取しているので、大きなズレは無いと思いますが… 通常平均の8%から、2倍近い15. 64%の当選数値になりました。 1度の激闘ボーナスでの抽選で2倍近いサンプルを何度も取ることが出来ます。 400G以降はアプリの数値よりも大きい、 本来の数値10. 85%から3倍以上の33. 51%での当選となりました。 とんでもない設定差ですね…、、設定2だとおそらく優遇はないと思われますが、1度の激闘ボーナスでの抽選で3倍近いサンプルを何度も取ることが出来ます。 こりゃ〜、なかなか2スルーしないはずですね…!! たとえ勝利しても5G目とかだとむしろマイナスすらあります。 最速判別を駆使して、完璧の立ち回りをして収支を底上げしてください。 【追記】リプ・バトルレベルの本当の優遇値 リプレイとバトルレベルの強制逆転抽選、サンプルが少ないので参考にならないとは思いますが、一応集めてみました。 もしこちらも優遇されているならわざわざ「ハズレベルで優遇」みたいにレビンさんが言わない気もするので、個人的には無視します。 現実的でない数値だけ与えられても実用性がなければ片手落ちですよね。 使いやすくかつ重要なのは以下の数値です。 これは全パターンを合算した 「ハズレ/ベル」での平均勝利率です。 設定6だと400G未満は15%程度、400G以降は33%程度で勝利。 …という全合算数値を設定差として ひっくるめ計算するという考え方がオススメです。 レベル6以上などなら流石に合算すると不都合が大きいかもしれませんので、別カウントするなどして、レベル5以下とかは全部これで見ちゃったらいいんじゃない?と思っています。 慣れたら他の台の数値もメモっておくのがオススメです。 勝ち勝ちくんはだいたい4つボタンありますよね? 後ツモや状況把握に最強に威力を発揮します。 あまり露骨にやると他の方に迷惑をかけてしまうので、注意してください。 ここに関しては絶対に落とさないように、把握しておいてください!! ハズレ/ベルをカチカチ君で数える手法は特に強いはずなので、絶対に使ってみてくださいね! ご覧いただき、ありがとうございました。 現在執筆の内容は以上となります! もしこのnoteが満足行く内容であれば、ぜひnoteに関するツイートをしてもらったり、ブログに書いてもらったり、お友達におすすめしてもらったりしてもらえるととても嬉しいです。 最後までお読み頂き、また私を信じてご購入してくださってありがとうございました。 それでは。

次の

【北斗の拳天昇】設定5ツモ!激荒な挙動をデータとグラフ付きでお届け!

天昇 設定5

今回は、北斗天昇を後ツモ狙いで打ってきました。 今まで打った台の中で圧倒的に激闘ボーナスの初当たりが軽かったですが、これが設定6の挙動なのか…? この日は、特にイベントとかではなく平常営業の日にマイホでハイエナ稼働に。 とりあえず、まどマギ叛逆の330回転くらいが空いていたので打とうかと思いつつ、他のシマを回ってみると北斗天昇に気になる台を発見。 1800回転くらいしか回っていませんでしたが、激闘ボーナスの初当たりが6回、真天昇ラッシュの初当たりを3回取れている台です。 回転数は少ないですが、これだけ初当たりが尖っていれば高設定の可能性も高いだろうと判断して打ってみます。 当ブログ公式Twitterアカウントです。 気軽にフォローして絡んでください! なまままも。 スポンサーリンク 北斗の拳 天昇:設定狙い 打ち始めはラッシュ直後の有利区間リセット後からでした。 なので、おそらくデキレは無いと思うので、とりあえず早めに当たってほしい所です。 世紀末ゾーン中に良いタイミングで中段チェリーを引いて…? 打っていくと、164ゲームと早い段階で世紀末ゾーンに当選しました。 この後は、有利区間継続後なので期待して打っていきますが、期待していた200ゲーム台では断末魔ゾーンにすら入らず。 ですが、なぜか300ゲーム台で断末魔ゾーンに入って、レア役無しで天井っぽい当たり方をしました。 有利区間ループ後の激闘ボーナスだからか、小役レベルは1、バトルレベルは2でしたが1戦目は確定対決、2戦目はリプレイ、3戦目ははずれでデキレっぽい突破の仕方をしました。 笑 今回は趣向を変えて世紀末モードでやってみましたが、850枚と弱ラッシュでの最高出玉?レベルの出玉を獲得できました! 確定対決で中段チェリーを引いて真天昇ラッシュをゲット! この後は、187ゲームで突入した世紀末ゾーン中に中段チェリーを引いてまたまた激闘ボーナスの初当たりをゲット! たぶんここもガチバトルだったのか、3戦目を通せずに有利区間継続です。。。 有利区間ループ後は、さすがの高設定と言わんばかりに200ゲーム台でレア役無しで天井っぽい当たり方しました。 このラッシュは、542枚とやや控え目な枚数で終了。 今まで高設定っぽい台を打ってきた感想として、なんとなく中段チェリーが良い仕事をする場面が多い気がするんですよねえ。 もしかしたら、北斗転生みたいに弱チェと中チェの比率に設定差があったりするかもしれませんね。 さすが高設定と言わんばかりの初当たりの早さと激闘ボーナスのデキレ感!笑 この後も、さすが高設定!と言わんばかりに200ゲーム台でチャンスモード天井っぽい当たり方をします。 この真天昇ラッシュでは、やたら引き強を発揮して1000枚オーバーまで来ました。 さらに、1000枚を超えた辺りから弱い保留でも勝つのが続いたので、これはもしや完走モードに入ったのか??と思いましたが、1300枚手前で負けてしまいました。 笑 ちなみに、弱ラッシュでも引きを発揮したら普通に1000枚を超えることってあるんですかね? この後も、200ゲーム台で激闘ボーナスに当選しますが2戦負け。 ですが、83ゲームで突入した断末魔ゾーンをチャンス目?で通して激闘ボーナスに当選。 恩恵の1人撃破をゲットして、2戦目ははずれで通して、3戦目はデキレっぽい赤文字開始画面からの確定対決真天昇ラッシュに当選。 かなり強い挙動だったものの、結局確定系の演出はこの終了画面での銅トロフィーのみ。 スポンサーリンク 北斗の拳 天昇:6回転 前回635回転当選 前回600回転超えで当選して有利区間を引き継いでいるので、250回転までには当たる美味しい台です。 時間が遅かったですが、ハイエナで打つなら行けるかなと思って打ちました。 あ、こっちは低設定ですよ??笑 とりあえず、天井の200ゲーム台前半で激闘ボーナスに当選。 低設定なので、自力で通さないといけないんですが、、、小役で書き換えたっぽいゲームの後に中段チェリー! すると、、、デカプッシュが出てラッシュに直行! これは良いタイミングで中段チェリーを引けましたね。 笑 おそらく低設定なので、強ラッシュに期待しましたが、800枚にも到達せずに終了。。。 2かな??笑 と、ここで閉店時間も近づいてきたのでこの日の実践は終了です。 やはり、200ゲーム台のゾーンが強くて、400ゲーム台のゾーンも抜けない印象でした。 あと、有利区間継続後は100ゲーム以内でもわりと断末魔ゾーンに当選しやすかったですね。 これが本当に設定6か分からないですが、出ている情報と照らし合わせて200ゲーム台の激闘ボーナス当選、有利区間継続後の激闘ボーナス突破率などが鍵になりそうですね。 今回もお読みいただきありがとうございました。 バナーを押してランキングアップの応援をよろしくお願いします!.

次の

【北斗の拳 天昇】これが設定6??圧倒的に初当たりの軽い台を打った結果!

天昇 設定5

今回は、北斗天昇を後ツモ狙いで打ってきました。 今まで打った台の中で圧倒的に激闘ボーナスの初当たりが軽かったですが、これが設定6の挙動なのか…? この日は、特にイベントとかではなく平常営業の日にマイホでハイエナ稼働に。 とりあえず、まどマギ叛逆の330回転くらいが空いていたので打とうかと思いつつ、他のシマを回ってみると北斗天昇に気になる台を発見。 1800回転くらいしか回っていませんでしたが、激闘ボーナスの初当たりが6回、真天昇ラッシュの初当たりを3回取れている台です。 回転数は少ないですが、これだけ初当たりが尖っていれば高設定の可能性も高いだろうと判断して打ってみます。 当ブログ公式Twitterアカウントです。 気軽にフォローして絡んでください! なまままも。 スポンサーリンク 北斗の拳 天昇:設定狙い 打ち始めはラッシュ直後の有利区間リセット後からでした。 なので、おそらくデキレは無いと思うので、とりあえず早めに当たってほしい所です。 世紀末ゾーン中に良いタイミングで中段チェリーを引いて…? 打っていくと、164ゲームと早い段階で世紀末ゾーンに当選しました。 この後は、有利区間継続後なので期待して打っていきますが、期待していた200ゲーム台では断末魔ゾーンにすら入らず。 ですが、なぜか300ゲーム台で断末魔ゾーンに入って、レア役無しで天井っぽい当たり方をしました。 有利区間ループ後の激闘ボーナスだからか、小役レベルは1、バトルレベルは2でしたが1戦目は確定対決、2戦目はリプレイ、3戦目ははずれでデキレっぽい突破の仕方をしました。 笑 今回は趣向を変えて世紀末モードでやってみましたが、850枚と弱ラッシュでの最高出玉?レベルの出玉を獲得できました! 確定対決で中段チェリーを引いて真天昇ラッシュをゲット! この後は、187ゲームで突入した世紀末ゾーン中に中段チェリーを引いてまたまた激闘ボーナスの初当たりをゲット! たぶんここもガチバトルだったのか、3戦目を通せずに有利区間継続です。。。 有利区間ループ後は、さすがの高設定と言わんばかりに200ゲーム台でレア役無しで天井っぽい当たり方しました。 このラッシュは、542枚とやや控え目な枚数で終了。 今まで高設定っぽい台を打ってきた感想として、なんとなく中段チェリーが良い仕事をする場面が多い気がするんですよねえ。 もしかしたら、北斗転生みたいに弱チェと中チェの比率に設定差があったりするかもしれませんね。 さすが高設定と言わんばかりの初当たりの早さと激闘ボーナスのデキレ感!笑 この後も、さすが高設定!と言わんばかりに200ゲーム台でチャンスモード天井っぽい当たり方をします。 この真天昇ラッシュでは、やたら引き強を発揮して1000枚オーバーまで来ました。 さらに、1000枚を超えた辺りから弱い保留でも勝つのが続いたので、これはもしや完走モードに入ったのか??と思いましたが、1300枚手前で負けてしまいました。 笑 ちなみに、弱ラッシュでも引きを発揮したら普通に1000枚を超えることってあるんですかね? この後も、200ゲーム台で激闘ボーナスに当選しますが2戦負け。 ですが、83ゲームで突入した断末魔ゾーンをチャンス目?で通して激闘ボーナスに当選。 恩恵の1人撃破をゲットして、2戦目ははずれで通して、3戦目はデキレっぽい赤文字開始画面からの確定対決真天昇ラッシュに当選。 かなり強い挙動だったものの、結局確定系の演出はこの終了画面での銅トロフィーのみ。 スポンサーリンク 北斗の拳 天昇:6回転 前回635回転当選 前回600回転超えで当選して有利区間を引き継いでいるので、250回転までには当たる美味しい台です。 時間が遅かったですが、ハイエナで打つなら行けるかなと思って打ちました。 あ、こっちは低設定ですよ??笑 とりあえず、天井の200ゲーム台前半で激闘ボーナスに当選。 低設定なので、自力で通さないといけないんですが、、、小役で書き換えたっぽいゲームの後に中段チェリー! すると、、、デカプッシュが出てラッシュに直行! これは良いタイミングで中段チェリーを引けましたね。 笑 おそらく低設定なので、強ラッシュに期待しましたが、800枚にも到達せずに終了。。。 2かな??笑 と、ここで閉店時間も近づいてきたのでこの日の実践は終了です。 やはり、200ゲーム台のゾーンが強くて、400ゲーム台のゾーンも抜けない印象でした。 あと、有利区間継続後は100ゲーム以内でもわりと断末魔ゾーンに当選しやすかったですね。 これが本当に設定6か分からないですが、出ている情報と照らし合わせて200ゲーム台の激闘ボーナス当選、有利区間継続後の激闘ボーナス突破率などが鍵になりそうですね。 今回もお読みいただきありがとうございました。 バナーを押してランキングアップの応援をよろしくお願いします!.

次の