ハル 総合商社の女 ドラマ 出演者。 ドラマ「ハル ~総合商社の女~」の原作は?主題歌や放送地域を調査

第8話/最終回「ハル ~総合商社の女~」(ドラマ)を見逃し動画無料フル視聴しよう【社運を賭けた大事業】

ハル 総合商社の女 ドラマ 出演者

【前回のおさらい】海原晴と和田寿史が元夫婦であることが、公の場で明らかになったシーンから始まった。 それは高山雄一郎の耳にも届いた。 社長が直々に晴を引き抜いたこともあり、和田に晴のことを、社長派なのではないかということを高山は疑い、和田本人に問うていた。 その一方で、社内で公募した新規事業の最終選考に残った青柳悠馬の企画を、自分の手柄のために、必ず勝ち取るようにも厳命を下していた。 そんなときに、週末に開催される、勉強会に参加することを決めた、晴は父親としての側面での意見をした和田より、ある提案を持ちかけるのだった。 その内容は晴に受け取ってほしいものがあるという、和田切実な思いが籠ったものだった。 中身としてはそれは晴にとっても予想外のものであった。 様々な困難はまだ続く。   動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。 お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。 自己責任でご視聴ください。 そんなある日、新規事業の立ち上げを目指して実施された社内公募の最終選考3本の中に、青柳悠馬(白洲迅)の企画が残ったという。 経営企画部の本部長でもある高山は部で総力を挙げ、是が非でも勝ち取るよう厳命を下す。 翌朝、和田は青柳に最終選考の結果を伝え、企画部のみんなの知恵を借り、企画をブラッシュアップしようと提案するが、青柳は「みんなには黙っていてほしい」と意外な言葉を放つ。 晴はそれを快諾するが、和田にその間、涼(寺田心)を預かってほしいとお願いし…。 勉強会で大きな刺激を受けた晴は、早速新規事業を提案。 それは青柳も考えていた『社会課題解決型ビジネス』だった。 その話を聞いた青柳は、自らの出した企画の重役プレゼンの準備に加え、幾つもの案件のアシストをしているにも関わらず、さらに晴の企画も手伝いたいと手を挙げる。 実は、和田は晴と離婚する際に養育費はいらないと言われていたが、離婚後もずっと毎月コツコツと涼のためにお金を貯めていた。 そして通帳を確認した晴は、通帳の一番最初の入金額が涼が生まれたときの体重であることに気づく。 そんなある日、青柳の社内起業重役プレゼンの日が近づく中、PFIを実施することになった奈良空港建築事業の入札に五木商事も参加することになり、経営企画部ではそのためのプランを練るミッションを任せられる。 一方、副社長の高山から呼び出された一乗寺は、厚生労働大臣でもある自分自身の父親が今回のミッションに関わっていることを告げられる。

次の

中谷美紀主演『ハル 〜総合商社の女〜』最終回のまとめ

ハル 総合商社の女 ドラマ 出演者

女優のが、テレビ東京系ドラマBiz『ハル 〜総合商社の女〜』(毎週月曜 後10:00)の第6話に、経営難に陥っているアパレル会社「ファンソフィー」副社長・久保田英里子役でゲスト出演することが発表された。 同ドラマは、大手総合商社に勤めるシングルマザー・海原晴()が一般 常識にとらわれることなく、経営企画部・部長補佐として膨大な各部門や系列会社の諸問題を解決するために奮闘する姿を描く。 第1話ではラーメンチェーン店の再建、第2話はシンガポール支店とタッグを組んで大規模な医療買収に着手し、きょう4日放送の第3話では関連会社の敵対的買収の阻止に挑む。 意外に知られていない商社の実態をひもとく側面も見どころの本作。 第6話(25日放送)では、重役会議で経営難に陥っているアパレル会社「ファンソフィー」を売却すべきとの判断が下る。 高山雄一郎()から急ぎ売却の方向で動くよう指示された和田寿史()が、会議で晴に意見を聞くと「確かに厳しい数字」と意外な反応。 晴は経営方針を確認するため副社長の久保田英里子(国仲)を訪問するが、簡単にブランドイメージは変えられないと反発を受ける。 第6話には、五木商事より出向中のファンソフィー商品開発部主任・上原麻美役でも出演する。 なお、第4話(11日放送)では、子会社の映画会社「スターバレー」の経営改革に挑む。 映画の企画を社長に却下され、会社の方針に不満を抱えているスターバレー社員・若林隼人役に。 青年実業家で急成長中のIT企業、フューチャーモビリティ社長・金子陽介役に。 五木商事から出向したスターバレー社長・飯島利彦役に。 第5話(18日放送)では、経営企画部に、ベトナムに進出する五木鉄鋼の名を現地で広く認知させて欲しいという命が下る。 矢島智明()は著名人とのスポンサー契約を提案。 賛同した晴は話題のベトナム人天才女流棋士グェン・ランを候補に挙げる。 グェン・ランの代理人・寺尾紀之役でが出演する。

次の

ハル

ハル 総合商社の女 ドラマ 出演者

【前回のおさらい】海原晴と和田寿史が元夫婦であることが、公の場で明らかになったシーンから始まった。 それは高山雄一郎の耳にも届いた。 社長が直々に晴を引き抜いたこともあり、和田に晴のことを、社長派なのではないかということを高山は疑い、和田本人に問うていた。 その一方で、社内で公募した新規事業の最終選考に残った青柳悠馬の企画を、自分の手柄のために、必ず勝ち取るようにも厳命を下していた。 そんなときに、週末に開催される、勉強会に参加することを決めた、晴は父親としての側面での意見をした和田より、ある提案を持ちかけるのだった。 その内容は晴に受け取ってほしいものがあるという、和田切実な思いが籠ったものだった。 中身としてはそれは晴にとっても予想外のものであった。 様々な困難はまだ続く。   動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。 お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。 自己責任でご視聴ください。 そんなある日、新規事業の立ち上げを目指して実施された社内公募の最終選考3本の中に、青柳悠馬(白洲迅)の企画が残ったという。 経営企画部の本部長でもある高山は部で総力を挙げ、是が非でも勝ち取るよう厳命を下す。 翌朝、和田は青柳に最終選考の結果を伝え、企画部のみんなの知恵を借り、企画をブラッシュアップしようと提案するが、青柳は「みんなには黙っていてほしい」と意外な言葉を放つ。 晴はそれを快諾するが、和田にその間、涼(寺田心)を預かってほしいとお願いし…。 勉強会で大きな刺激を受けた晴は、早速新規事業を提案。 それは青柳も考えていた『社会課題解決型ビジネス』だった。 その話を聞いた青柳は、自らの出した企画の重役プレゼンの準備に加え、幾つもの案件のアシストをしているにも関わらず、さらに晴の企画も手伝いたいと手を挙げる。 実は、和田は晴と離婚する際に養育費はいらないと言われていたが、離婚後もずっと毎月コツコツと涼のためにお金を貯めていた。 そして通帳を確認した晴は、通帳の一番最初の入金額が涼が生まれたときの体重であることに気づく。 そんなある日、青柳の社内起業重役プレゼンの日が近づく中、PFIを実施することになった奈良空港建築事業の入札に五木商事も参加することになり、経営企画部ではそのためのプランを練るミッションを任せられる。 一方、副社長の高山から呼び出された一乗寺は、厚生労働大臣でもある自分自身の父親が今回のミッションに関わっていることを告げられる。

次の