アッシュ fe。 【FE風花雪月】アッシュの育成論とお茶会・贈り物の好み|ファイアーエムブレム風花雪月

FE風花雪月 攻略 アッシュ おすすめ兵種&スキル

アッシュ fe

主人公 女性• 蒼月の章 新たな大司教となったベレスの傍らには、常に一人の騎士が控えていた。 大司教より側近に取り立てられ、のちに彼女の配偶者となったアッシュである。 聖教会は、フォドラを統一したファーガスと歩調を揃え、孤児の救済事業に尽力。 貧しい子供たちに寝床と食事、そして学問を与え、幸福な生を歩めるようにと手厚い支援を行なった。 この事績は、大司教の夫であるアッシュの助言あってこそといわれているが、本人はそれを鼻にかけることもなく、愛する伴侶と共に過ごす日々を楽しんでいたという。 愛し合う彼らは、長く厳しい戦いを、互いに支え合って生き抜いてゆく。 やがて、すべての戦いが終わった後、二人は人々の救済と世直しのため旅に出る。 たとえ巨悪を打ち破ろうと、救いを求める者がいなくなるわけではない。 そんな人々を一人でも多く救う、それが二人の信じた正義だった。 彼らの旅路を記した物語は残されていないがフォドラの各地には、仲睦まじい二人の逸話が数多く伝わっているという。 翠風の章・銀雪の章 統一王国の玉座に座ったベレスの傍らには、常に一人の騎士が控えていた。 女王の側近の任を与えられ、のちに彼女の配偶者となったアッシュである。 統一王国はセイロス聖教会と歩調を揃え、孤児の救済事業に尽力する。 貧しい子供たちに寝床と食事を、必要であれば学問を与えて、幸福な生を歩めるようにと手厚く支援した。 この事績は、王婿アッシュの助言あってこそといわれているが、本人はそれを鼻にかけることもなく、愛する伴侶の傍らで、彼女に仕える日々を楽しんでいたという。 イングリット• 蒼月の章 戦後、ファーガスに新たな王が立つと、イングリットはガラテア家を飛び出して王都フェルディアに参じ、王家に騎士として仕えた。 そしてアッシュもまた、故郷のガスパール領を離れ、王家の騎士となる道を選ぶ。 ある物語では、彼らは愛し合う夫婦として描かれている。 真実を知る術はないが、彼らが命の限り共に戦ったこと、そして互いに無二の存在であったこと、それは確かである。 蒼月以外の章 イングリットは接収されたガラテア領の存続を嘆願し、その新たな領主に任じられた。 そんな彼女を支えようと、アッシュはガラテア領へと赴く。 そこで彼が直面したのは、かつてガラテア領を出奔したイングリットに向けられる、民の冷ややかな視線だった。 アッシュはイングリットを献身的に支え、手を携えて領内の改革と農業技術の向上に尽力する。 彼らの姿を見て、徐々に領民の態度も軟化していった。 やがて愛し合うようになって二人は、領民の盛大な祝福を受けて、素朴ながらも賑やかな婚儀を催したという。 カトリーヌ• 蒼月の章・銀雪の章 レア支援A以上? アッシュは騎士の位に叙され、ガスパール家の家督相続を認められた。 一方でカトリーヌはセイロス騎士を辞し、大司教の座を退いたレアと共に、赤き谷で暮らすようになる。 ある若く賢明な城主の噂がカトリーヌの耳に届き始めた頃、一人の青年が彼女を尋ねて赤き谷に現れる。 今や立派なガスパール城主へと成長したアッシュであった。 彼はカトリーヌの前に跪き、結婚を申し込んだ。 カトリーヌは躊躇するが、他ならぬレアの後押しもあって結婚を承諾。 赤き谷を旅立ち、アッシュと共に歩み始める。 翠風の章・銀雪の章 レア支援A未満? 戦後、アッシュは騎士の位に叙され、後継者のいなかったガスパール家の家督相続を認められた。 彼はセイロス騎士団を辞したカトリーヌに結婚を申し込むが、彼女は領民の心情を思えばこそ無理な相談だと拒絶する。 アッシュはカトリーヌへの想いを捨てきれず執念とも呼べる情熱を傾け、セイロス聖教会の協力を得て西方教会の陰謀と真実を暴く。 彼の情熱に根負けし、カトリーヌはとうとうアッシュと結婚。 ガスパール領の民は初めこそ戸惑ったが、カトリーヌの気さくな人柄を見て、徐々に彼女を受け入れていった。

次の

【FE風花雪月】アッシュの兵種と5年後

アッシュ fe

まとめた荷物の軽さがまるでこの一年で自分が得られたものの軽さに思えて、アッシュは目を伏せた。 ゆっくりと息を吐き出し、顔を上げ目を開ける。 赤みを帯び始めた空の眩しさに負けじと瞼を押し上げて、唇を固く結んだ。 身に着けたものはすべて、己の内側にある。 持ち物の軽さは身軽さの証だ。 そしてきっと、持てるものが増えたからこそ感じる軽さなのだ。 よし、と呟いて歩き出す。 城門の手前にある兵舎を覗けば、思ったとおり目当ての相手はそこにいた。 「グェンダル卿」 呼び掛ける前から、老将は歩み寄る気配にこちらに顔を向けていた。 相対し、姿勢を正し名を呼んだアッシュに、グェンダルもまた防具を手入れする手を止める。 束の間見詰め合い黙ったふたりの傍で、他の兵士達も雑談をやめ顔を上げるのが気配でわかった。 深く息を吸い、腹に力を籠める。 伝える言葉など決めてはいない。 ただ込み上げる想いを声にする、それだけだ。 開いた唇が震えるのをこらえて、声を発する。 「今日までご教授を賜れたこと、類なき幸甚に存じます」 一年に余る月日の感謝の積み重ねでも、言葉にすればたったそれだけで終わってしまう。 けれど飾り立てても意味はない。 本質が揺らぐくらいなら、美しい言葉など必要ではない。 ふん、と鼻で息をついた相手は再び手甲を分解し始める。 「行くか」 投げられた短い問いに、アッシュは唇を噛んで、ほどいて、頷いた。 「はい」 決別の瞬間なのだと思わずとも、ここで過ごした日々の記憶が蘇り喉の奥が熱くなる。 開戦の混乱のうちに士官学校を卒業しかつてのガスパール領に戻ったアッシュは、領地を併合したローベ家に仕えることとなった。 士官学校で多くの戦場に立った経歴を期待され、着任直後からの苛酷な前線配置となる中、今日まで生き長らえることができたのは偏にグェンダルの手腕があってのことだった。 戦地での采配、兵士を「兵力」として割り切る合理性と、同じ兵力を育て長く使うことの有用性に基づく育成。 冷徹でいてしかし日常の厳しい訓練から感じられるのは、兵力である兵士を「人」として扱う人間性の温かさだった。 十七歳で城仕えの兵士となったアッシュは、いまより体も小さく童顔なこともあり、周りからはすぐに死ぬか逃げ出すかするのではないかと言われていた。 そんなアッシュにグェンダルの指導は殊更厳しかったように思う。 追い出したいのかと穿ったこともあったけれど、あれは恐らく、アッシュに逃げ出す気など微塵もないことをわかっていて、気骨を買ってのことだったのではないだろうか。 アッシュは早い段階から小隊を任され、この長くはない間にも一将として認められそれなりの裁量を与えられるまでになった。 帝国領との境に位置し、白銀の乙女と称される不落の要塞アリアンロッドを有するこの土地でそれがどれほどのことか、どれほどの信頼を勝ち得ていたのか、今更振り返ったところで意味はない。 口を噤み立ち尽くすアッシュを、グェンダルの鋭い視線が一瞥する。 まだ何か言うことがあるのか。 そういう視線だった。 これ以上はもう何も伝えることはない。 ローベ家を、帝国側に寝返ったこの家を、見限り離れる自分には、主家への忠義を具現したようなこの男に語る言葉などありはしないのだ。 それでも何かを口にしたくなるのは、瞼に焼き付くほどその背を見詰めた老騎士との別れが惜しいからに他ならなかった。 袂を分かてば、もう二度とは戻らない。 グェンダルは自陣で感じさせる人間味とは裏腹に、主命とあらばどれほど無益な戦にも臨む。 無意味な殺戮にさえ躊躇しない。 兵を導く姿と揺るぎない忠誠心はアッシュの目指す騎士のそれでいて、だからこそアッシュは常に己の信じる正しさの形を問われている気がしていた。 何を信じ、何のために武器を振るうのか。 忠誠とは何なのか。 きっと自分はグェンダルと同じ境地にたどり着くことが、それを良しとすることができない。 この先、長い時間を掛けて信念の在処を探すことになるだろう。 そしてその最中で、迷いのない背中を何度でも思い出すに違いなかった。 グェンダルは鉄の部品を作業台に置き、煩わしそうに息をつくと体をこちらに向けた。 傍らに立つアッシュの顔を見上げ、厳めしい顔に何の表情の色も足さずに告げる。 「次にまみえる時には命の取り合いだ」 当然の事実だった。 威圧する風ではなくとも、その言葉は胃の腑に重く圧し掛かる。 「ここにいる全員がお前を殺しに掛かり、お前もこのうちの幾人もを殺すだろう」 親しく言葉を交わした相手を、共に戦った相手を、この手に掛ける日が必ず来る。 斬り掛かられることよりも斬り付ける想像の方が恐ろしく、震えが走る背筋を伸ばす。 そんなことはもう何度も、何度も考えた。 それでも、自分は、覚悟を決めたのだ。 「王国のために戦いたい」 たとえここまで生かしてくれたあなたと、仲間達と敵対するのだとしても。 「王族も絶やされた国のために、我らを殺すか」 「殿下は存命であると考えます」 処刑されたと触れ回られたところで、刎ねた首を晒されないのであれば信じることはできなかった。 絶望を植え付け権力の移行を明らかにするに最も効果的なその首を、反発を避けるためだけに隠すというのは理解し難い。 ならばその首自体がないのだとは、誰でもが思い付くことだ。 「王国の、殿下の一矢となる道のほか、私には望む行く先はありません」 忠誠を誓う先はもう、この場所に来る前から決まっていた。 「忠義のためならば、……あなたの喉元に刃を突き付けることも厭いません」 く、と老将の喉を鳴らしたのは噛み殺された笑いだった。 微かに細められた目は笑みに似ていて、けれど別の感情をこらえているようでもあった。 「突き付けても意味はない。 掻き切ることができた者が勝者だ」 わかっています。 その言葉が一瞬喉に詰まった。 「わしは躊躇せんぞ」 「……わかっています」 吐き出した言葉の重さを補うように深く深く息を吸い込めば、嗅ぎ慣れた油の香りが肺を満たす。 このありきたりな香りが今日という日の記憶に挟む栞になるのだ。 あまりに容易く思い出されて嫌気が差す日もあるかもしれない。 繰り返し過ぎて磨り減ることを惜しく思う日も来るのかもしれない。 どちらであっても、もうこの場所には、この時間には戻らない。 後悔はしない。 顔を上げ部屋の中を見回す。 全員がアッシュを見ている、その表情は様々だ。 彼らの誰ひとりとして憎いわけではない。 今日まで生きられたのはひとりではなかったからだ。 助け、助けられて来た。 それでも、次に会う時にはこの場にいる全員が敵になる。 自身が信じるもののために命を賭け刃を交える。 苦しくないわけではない。 それでも、後悔はしない。 見渡した後の視線を目の前に戻す。 強い目の光を見詰め、胸を張った。 「今日まで、……ありがとうございました」 皆の耳に届くように声を出し、深く頭を下げた。 ふん、とまたグェンダルが鼻を鳴らす。 顔を上げると老将はもうこちらを見ていなかった。 最後にもう一度その場にいる皆の顔を見回し、背を向ける。 扉まではほんの数歩だ。 別れの扉を開くと隙間から橙色の光と夕暮れの乾いた風が滑り込んで来る。 「アッシュ」 名を呼ばれ振り返る。 最初のうちは「小僧」としか呼ばれなかった。 名前で呼ばれる頻度が上がる度に、認められているのだという気がして嬉しかった。 完全に「小僧」を封印させることができなかったのが心残りといえばそうかもしれないと、思う気持ちは既に懐かしさに似ている。 武骨な指が、手の中の金属を弄ぶように転がす。 磨かれた表面が鈍く反射する橙の光にふと視線を引き寄せられたアッシュは、その時の老騎士の表情を見てはいなかった。 「わしの死に場所を用意してみせろ」 その声は城塞都市の全兵を統べる将のものではないように思えた。 戦い傷付き疲弊し、なお武器を下ろすことのできない騎士の、甲冑の内側から漏れ聞こえた声とでも言えばいいのだろうか。 一個人の声で、けれど騎士以外の何者にもなり得ないその人の言葉を、アッシュは確かに聞いた。 受け入れる意味から目を逸らさずに、はい、と力を籠めて答える。 グェンダルは手の中の光を見たままこちらを向くことはない。 戦わねばならないのなら、その命が騎士としてしか終わることができないのなら、あなたが望むのなら。 ほんのわずか上がったその口の端に浮かんだのは、自嘲であり、初めて感じる対等な親しみのようでもあった。

次の

アッシュのユニット性能・育成法を考察する【FE風花雪月】

アッシュ fe

HP 力 魔力 技 速さ 幸運 守備 魔防 魅力 35 35 25 55 50 40 20 35 25 他の学級の弓兵候補であるベルナデッタやイグナーツとほとんど同じ成長率をしている。 しかし、アッシュは他の2人と比べて紋章や個人スキルが圧倒的に劣っており、弓兵候補の中ではぶっちぎりで最下位。 わかりやすくランク分けすると ベルナデッタ>イグナーツ>アッシュとなり、イグナーツとアッシュの間には「越えられない壁」という文字がデカデカと存在する。 まぁそんな弓兵の中では最弱のアッシュだが、青獅子の学級には他に弓兵候補がいないので仕方なく弓兵として運用していく。 いちおう風花雪月の弓兵はステータスが低くても射程の長さでカバー出来るのでアッシュでもそこそこ活躍してくれる。 ただ序盤はステータスを気にしなくても活躍するが、第2部になるとディミトリやフェリクスなど主力達のステータスと比べると大きく劣っていることがとても多い。 なので、レベルアップの際は弓兵に必要な 力や速さが上がっているかをしっかり見よう。 上がらない場合は天刻の拍動で時を戻し、次のマップでレベル上げをした方が良い。 風花雪月では強いボウナイトがいれば便利な場面が多く、特に踊り子と組み合わせて遠距離魔法を使ってくる敵を潰せるステータスがあれば攻略がグッとラクになる。 ー スキル ー 個人スキル 生きるための知恵 鍵が無くても、扉や宝箱を開けられるようになる 見てわかる通り盗賊の兵種スキル。 盗賊のユニットがいればけっこうお世話になるけど、キャラの個性である個人スキルがこの程度だと明らかにしょぼい。 さらに風花雪月では マイユニットがいつでも輸送体を使えて扉の鍵や宝の鍵をいつでも取り出せるから使う機会が無さすぎる。 おすすめスキル• 他の学級の弓兵たちもこのスキルがおすすめなんだけど習得が遅すぎるのが大きな問題。 ー おすすめ兵種 ー• アーチャー• スナイパー• ボウナイト アッシュの基礎成長率を見た場合ウォーリアーにすれば化けそうだが、他に弓兵がいない青獅子の学級だとそんな余裕もない。 風花雪月の弓兵は強力で部隊に1人は欲しいのでアッシュに任せるのが一般的。 ただ、弓兵は強さの代償に成長率ボーナスが技以外はほとんど貰えないので、ドーピングは確実に行った方が良い 特に力 そして、最上級職であるボウナイトになれば機動力と相まってステータスが貧弱なアッシュでも活躍するので成長率が渋くても 根気強く育てていけば必ず見返りがある。 だからしっかり育てよう。 まぁ実際はビジュアルがカッコいいシャミ姉貴に弓兵として頑張ってもらうんだけどね。

次の