スイート ポテト バター なし。 卵不要のレシピも有り!しっとり甘いスイートポテトレシピ特集

スイートポテトのバターは無塩?

スイート ポテト バター なし

さつまいもの出回る時期になると食べたくなるスイートポテト。 ケーキとはまた違ったほっこりした食感は、寒くなりだす季節にぴったりのスイーツです。 そもそもスイートポテトとは英語でさつまいもの意味。 でも日本ではさつまいもをつぶして卵と砂糖と混ぜて作ったお菓子を指します。 それもそのはず、スイートポテトは意外にも日本で生まれたお菓子なのです。 この記事では、スイートポテトの基礎知識に加え、形色々のスイートポテト、アレンジのレシピ、オーブン不要のレシピ、卵なしのレシピにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 スイートポテトのカロリーについて スイートポテトは、さつまいもの濃厚な甘さやバターの香りが魅力のスイーツです。 もともと高カロリーのさつまいもで作る上、卵、砂糖も加わるので、決してカロリーは低くありません。 ただ高カロリーだからと言って避けてしまうのはあまりにももったいない食べ物でもあります。 さつまいもに含まれる代表的な栄養素は、食物繊維、ヤラピン、ビタミンB群。 食物繊維はじゃがいもの約3倍の含有量を誇ります。 またさつまいもを切った時に出てくる乳液状のものはヤラピンと言って、唯一さつまいもだけが持つ栄養素。 これは腸の蠕動運動を促し便を柔らかくする効果があります。 豊富な食物繊維と合わせてさつまいもが便秘に効果的だと言われるわけですね。 ビタミンB群は美容には欠かせない栄養素。 カロリーを抑えてうまく工夫して作れば、これらを効率的に摂取できて楽しめるスイーツでもあるのです。 スイートポテトを作るコツについて スイートポテトを作るにはまずよいさつまいもを選ぶことから始めます。 さつまいもは見た目がふっくらして色が鮮やかなものを選びましょう。 切り口から蜜が染み出して黒い染みがあるものは糖度が高いです。 甘くないさつまいもだった場合はただ砂糖を加えるよりも手間はかかりますが、低温でじっくり焼いてから使うと甘みが増します。 低温で加熱することでデンプンが糖分に変わり、水分が抜け甘みが凝縮されるのです。 またさつまいもは熱いうちにつぶします。 冷めると固くなってしまいうまくつぶせません。 甘みをつける時はさつまいもによって甘さが違うので、砂糖は味見をしながら加えましょう。 生地ができあがったら裏ごしします。 裏ごしすると口当たりは滑らかになりますが、ほっこりした口当たりが好きならそのままでもOK。 火の通った生地なので、軽く焦げ目がつけば完成です。 さつまいもさえあれば、冷蔵庫にあるもので気軽に作れるスイートポテトのレシピです。 作り方は、まずレンジ加熱したさつまいもを熱いうちにマッシュにします。 そこに牛乳、砂糖、バターを加えてよく混ぜたら好きな形に整え卵黄をハケで塗り、トースターで10分。 取り出してもう一度卵黄を塗ったら2~3分焼いてできあがり。 2度塗りすることで照りツヤがアップします。 つくれぽ500件越えの人気レシピ。 ココットに絞り入れて華やかに仕上げたスイートポテトのレシピです。 作り方は、柔らかくしたさつまいもを砂糖、バターなどと一緒にブレンダーで滑らかにします。 絞り袋に入れてココットに形よく絞り出したら、照り用の卵を塗りゴマを散らして、オーブンで焼きあげたら完成。 このスイートポテトは卵黄だけでなく全卵を使う作り方なので、無駄が出ないのもうれしいですね。 秋冬の定番食品として人気が高い野菜のさつまいも。 秋の終わりから翌年の春先にかけて旬を迎えますが、年間を通して比較的手頃な値段で買うことができる家計の強い味方です。 適度な食べごたえと甘味が特徴のさつまいもは、シンプルに石焼きイモにしたり、大学イモやスイートポテトといった素材を活かしたスイーツとして召し上がる方が多いかと思いますが、お菓子だけではなく、ご飯ものや汁物の具にしたり、主菜おかずまでバリエーションは豊富でかなり自由にアレンジがききます。 さつまいもを使ったレシピは本当にたくさんありますが、さつまいもの人気料理レシピの中から編集部がおすすめしたいレシピを、ご飯・おかず・サラダ・煮物・天ぷら・スープ・スイーツのカテゴリに分けて紹介しています。 その濃厚な甘さからスイーツの材料としても人気のあるさつまいも。 旬は秋から冬にかけてですが、保存が利くので年中出回っています。 紅はるかや、シルクスイートなどその種類もさまざま。 レシピも数多くあります。 さつまいもスムージーもその1つ。 食べ応えがあるので置き換えダイエットにもぴったり。 いろいろな作り方を覚えると、もっとさつまいもスムージーを楽しめますね。 この記事では、さつまいものダイエット効果や栄養に加え、フルーツ入りさつまいもスムージーのレシピ、野菜入りさつまいもスムージーのレシピ、さつまいものほほットスムージーのレシピ、乳製品入りさつまいもスムージーのレシピにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるスムージーレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。 無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください! チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

スイートポテトはトースターで作れる?W数と時間は?オーブンとの違いと両方なしで作る方法!

スイート ポテト バター なし

記事内容(項目をクリックすると飛べます)• スイートポテトは生クリームが無くても作れる スイートポテトに生クリームを加えるのは、口当たりの「まろやかさとコク」をプラスするためにあります。 スイートポテトを使ったレシピには、生クリームが材料として書いてあることが多いのですが、 絶対に生クリームでなければダメ!…というわけではありません。 なので生クリームの代わりとして、どんな家にもある一番手軽な代用品なら やはり牛乳です。 牛乳を使ったスイートポテトの作り方 牛乳を使ったスイートポテトは、作り方にとくに大きな違いが出るわけではなく、 レシピに書いてある 生クリームの分量を牛乳で置き換えるだけでOKです。 手元にレシピがあるならその作り方に合わせていいのですが、ただ初めて牛乳で作る場合は、生地の様子に合わせて調節してみてください。 こちらの動画ではトースターで作っていますが、牛乳で作る際の参考になります。 1、1. 5㎝ほどの幅にカットして、端は皮をむく。 水につけてアクをとる。 2、水気を切り、皿に並べて電子レンジで2分(柔らかくなるまで温める。 3、黄身を取り出しておく。 芋を皮から5ミリほど残して中身をくり抜く。 4、中身はビニール袋に入れて、皮はアルミカップの上に並べる• 5、サツマイモを袋の外側からスプーンの背を使ってつぶす。 6、袋の中(芋)にバター、砂糖、牛乳、卵黄を加え、卵黄は最後に塗る用にスプーン1杯分ほど残しておく。 7、スプーンであら混ぜしてから袋をもんで、よく混ぜる。 8、袋の端をハサミでカットし、絞り出して皮の中を埋める。 終わったら卵黄を塗る。 9、(ゴマを乗せて)トースターで焼色が付くまで焼けば完成 トースターでの詳しいW数や時間については以下の記事をどうぞ~。 スポンサーリンク 牛乳と生クリームで作った時のそれぞれの味の違い 生クリームで作るとお店で売っているようなコクのあるスイートポテトになり、 牛乳で作ると家庭料理らしい素朴な味のスイートポテトになります。 生クリームは乳脂肪分が多く含まれている分、加える事でコクがでやすく、まろやかで口当たりの良いスイートポテトになります。 一方で 牛乳を使ったスイートポテトは、分量に対して含まれている脂肪分が生クリームより少ないので、生クリームと比べてさっぱりとした味になりやすいです。 口当たりのよいスイートポテトを作りたい場合は、丁寧に裏ごしすることで、牛乳でもそれなりの食感になりますが、生クリームのほうが味に濃厚さが出やすいという特徴があります。 美味しいのはどっち? 牛乳または生クリームを利用した場合は、 どちらかといえば味に深みが出る生クリームのほうが美味しく感じることが多いみたいです。 ただ、牛乳でもサツマイモが美味しければバターや卵黄を加える事で美味しいスイートポテトになります。 生クリームは脂肪分が凝縮されているので、味に深みが出やすくなる分、 牛乳で作ったスイートポテトよりもカロリーが高くなります。 <材料>• プリン:1個(60-70g)• さつまいも:1本(100~130g)• 卵黄:1個• ( 牛乳:少々。 無くてもOK) <作り方>• さつまいもを輪切りにして、レンジで蒸します• 強で1分30秒,弱で10分レンジで加熱します• ボウルにプリンを入れ、泡立て器でよく混ぜます• 蒸したさつまいもを漉しながら、3に加えます• ひとかたまりになってきたら、成型します• 表面に牛乳で溶かした卵黄を塗ります• トースターで焦げ目をつけたら完成です• youtube.

次の

スイートポテトのバターは無塩?

スイート ポテト バター なし

スイートポテトレシピなめらかな仕上がりにするには スイートポテトレシピ、数ある中で滑らかな仕上がりするには、生クリームを使ったレシピが一番おすすめです。 美味しいスイートポテトレシピ 材料• さつまいも 200g• 生クリーム 20g• 砂糖 20g• さつまいもを柔らかかくなるまで茹でる• 2.を裏ごしする• 生クリームを入れて混ぜ、丸めて卵黄を表面に塗り、200度のオーブンで20分焼く 滑らかにするには、 つなぎの油分として生クリームを入れること、さらに裏ごしをすることがポイントです。 役目に形を整える時に、ひび割れするようであれば、油分が足らない証拠なので、生クリームを追加しましょう。 裏ごしはなくても大丈夫ですが、よりしっとりなめらかなスイートポテトを目指すならやった方が良いです。 また、さつまいもを茹でるのは、レンジでチンなどでもOK。 一番おすすめなのは、炊飯器に水少量入れ(200cc〜500cc位まで、水が多めの方がねっとりした蒸しあがりになる)、スイッチを入れて炊く方法。 さつまいもを甘く蒸すことでさらに砂糖なしでも美味しいスイートポテトになります。 研いだお米と一緒にいれたら、ご飯も炊けるので、一石二鳥で手間も省けておすすめ。 スイートポテトのレシピで、特に仕上がりをなめらかにするには• つなぎを入れる(油分を追加する)• うらごしをする この2つがポイントが、 特に、「つなぎを入れる」のが大事になってきます。 スイートポテトのレシピで紹介されているつなぎとなる材料は• 生クリーム• バター• 卵 など。 油分を追加して、さつまいもをしっとりとさせることで、なめらかな舌触りになります。 しかし、材料によってどのような差が出るのでしょうか。 スイートポテト生クリームなしで作る場合 スイートポテトを滑らかにするには、生クリームを入れるのが一番おすすめですが、生クリームなしだと、なめらかにならないのか?? さつまいもに油分を入れれば、しっとりとなめらかなスイートポテトにはなります。 ですが、 生クリームを入れた場合、「しっとりとなめらか」かつ「濃厚な味」のスイートポテトになり、生クリームなし(他の材料で作った場合)の場合は、さっぱりとした味になります。 どちらが美味しいかというのは、ほぼ好みです。 しかし、一般的に、 動物性の風味は洋菓子に合うので、生クリームなしのスイートポテトよりも生クリームありのスイートポテトの方が美味しいと言う人は多いです。 スポンサードリンク スイートポテト生クリームの代用品 では、スイートポテトを生クリームなし、または生クリーム以外の代用品で、美味しく作る場合はどうしたら良いのでしょうか。 スイートポテトレシピで、生クリームの代用として置き換えることができるのは• ホイップ レシピの分量をそのまま置き換えてOKです。 生クリームの代用で作ると、あっさりとした仕上がりになります。 生クリームなしで、風味とコクのあるいスイートポテトにしたいなら、バターを足すと良いでしょう。 (さつまいも200gあたり10g位) また、あれば、バニラエッセンスを追加するのもおすすめです。 さらに、 なめらかにしたいなら、裏ごしを2回すると、生クリームを使った時のようなしっとり感が出ます。 スイートポテトを生クリームの代用品で作る場合は、動物性油分の追加と裏ごし、がポイントです。 この一手間で、生クリームを使った時のような風味豊かな味になるので、ぜひ、試してみてくださいね。 スイートポテトレシピ滑らかに作る方法まとめ スイートポテトレシピ、滑らかに、生クリームなしでも美味しく作る方法、参考になりましたか?? 使う材料の意味が分かれば、レシピのアレンジは好みで色々できますよね。 スイートポテトの裏ごしは、ブレンダーを使うのもおすすめですよ。 秋の味覚、堪能してくださいね。 美味しいスイートポテトができますように。

次の