アクセラレータ ラストオーダー 関係。 ラストオーダー(打ち止め)とアクセラレータの関係を考察!なぜ一方通行を慕うのか? | マジマジ情報局

「非人類学園」,「とある科学の一方通行」コラボでラストオーダー参戦。スキル情報が明らかに

アクセラレータ ラストオーダー 関係

2人が出会うまでの経緯 一方通行がレベル6になるための計画が発足。 御坂美琴のクローン2万体を殺せばレベル6になれると判明。 クローンを作る。 少し仲良くなる。 御坂美琴に計画を知られる。 一方通行(アクセラレータ)の前に為す術なし。 一方通行(アクセラレータ)敗北。 残り一万体を残して実験凍結。 このウイルスによってクローン全員が暴れだしてしまう危機に。 打ち止め(ラストオーダー)を助けるため、すべての能力を注ぐことに。 そのためガード出来ず、脳に銃弾が撃ち込まれる。 一方通行(アクセラレータ)は脳に傷を追うことに。 生活が不十分になる。 共に過ごしていくことに。 このような状況から、2人は一緒にいることが多いんですね。 ^^ 物語のラスボス的な立場の人からすると、アクセラレータとラストオーダーは重要な人物になります。 なので、何かと危険な目に会うことも多いようです・・・。 スポンサーリンク お互いの事をどう思っているのか考察 一方通行(アクセラレータ)はクローンを大量に処分したので、打ち止め(ラストオーダー)から憎まれててもおかしくないはず。 このような考えでしたが、 打ち止め(ラストオーダー)は憎むどころか、逆に感謝していましたね〜! 打ち止め(ラストオーダー)からすると、 本来はただの道具として終わるはずだった自分たち。 それが、こうやって生きていけるようになったのは、あの実験があったからだと。 そんな慈悲の言葉によって、 一方通行(アクセラレータ)は陥落しますね(笑) この一言によって、彼の荒んだ心は浄化されました。 打ち止め(ラストオーダー)の事を「守りたい存在」だという認識になっていきます。 なので、お互いに好意はあるんじゃないかと思われます〜! 現時点での関係性は? 自分を犠牲にして打ち止め(ラストオーダー)を守ろうとした一方通行(アクセラレータ)。 「無茶しないで!」 と必死に止める打ち止め(ラストオーダー)ですが、 それを振り払って勝ち目のない絶望的な戦いに向かいましたね! その時のセリフが涙腺崩壊ものでした・・・。 いろんな問題を乗り越えた事で、気が付けば何より大切な存在になったんじゃないかと推測しています〜! (もちろん複雑さもあると思いますが。 ^^;) 打ち止め(ラストオーダー)の方も一方通行(アクセラレータ)に対して、最初は感謝の気持ちと、助けてあげたいという気持ちだけだったと思われます。

次の

一方通行(アクセラレータ)の名言・セリフまとめ【とあるシリーズ】

アクセラレータ ラストオーダー 関係

最終ロットにして2万1体目の作られたクローンです。 「最終信号」という意味を含め「ラストオーダー」と称されてます。 成長途中に覚醒したため、10歳程度で成長が止まっています。 見た目通り、性格は子供であり、他のシスターズとは異なり明るい性格で人間味もあります。 「ミサカはミサカは~してみたり」と特徴的な口調でマシンガントークを繰り広げる一方、真理を突く発言も多く、大事な役回りな事も多いキャラクターになります。 この性格がミサカネットワークを統合する特別な個体として調整されたという説があります。 アクセラレーターに命がけで救われたこともあり、懐いており、世話を焼きに来ているラストオーダーに嫌がりながらも、二人は深い関係で繋がっていることがわかります。 ラストーオーダーはシスターズの上位個体に位置するため、あえて反乱防止のために幼女の姿で培養器より出したとされています。 他のシスターズに指令を下せるとされていますが、実際のところはコンソールのような立ち位置になります。 わかりやすくパソコンに例えて説明すると、 パソコン(ミカサネットワーク)を操るためにキーボードやマウス(ラストオーダー)という関係になります。 ミカサネットワークとは、シスターズの電気操作能力を利用して作られた脳波リンクのことで、 つまりクローン人間特有の同一振幅脳波を利用した電磁的情報網のことです。 各ミサカ達はこれにより意識を共有しており、 テレパシー(言葉だけでなく視聴覚などあらゆる情報)を送ったり、記憶のバックアップをとったりできるものになります。 よって、 シスターズを直接指示はできませんが、ミカサネットワークに指示を送ることはできる人物になります。 ラストオーダーはシスターズを間接的に従えることができるだけでなく、今作では一方通行もミカサネットワークがないと行動できないので、全て掌握している人物となります。 この能力だけ考えれば、とんでもなく強いです。 ただ、実質戦闘には介入せず、自称レベル3と主張していますが、成長段階であるが故、能力者としてはほとんど機能しないと思います。 一方通行にとっては、過去に暴走をした際、ラストオーダーの力で制御した時もあるので、今作の主人公が一方通行な時点で欠かせない存在です。 過去のラストオーダーを演じたのも全て日高さんになりますが、「超電磁砲(一期)」と「超電磁砲S(二期)で変更されたと噂されました。 その理由は、 一期の頃はまだ日高里菜さんは中学生だったという事が大きな要因でした。 そこから、二期の「超電磁砲S」では、放映時期が数年(約4年)経過しており、日高さんも声優として急成長しました。 実際に聞いてみると、かなり違いを感じます。 この声優としてのレベルが変更されたのでは?と噂された理由になります。 「とある科学の一方通行」でも日高里菜さんが継続してラストオーダーを演じる予定になっています。 まとめ 今回は「とある科学の一方通行」のラストオーダーの強さや能力、声優が変更された噂について紹介しました。 今作では、主人公並みの役であり、「とあるシリーズ」でも最も登場数も多いキャラクターになります。

次の

とある魔術の禁書目録IIIで『ラストオーダー』が話題に!

アクセラレータ ラストオーダー 関係

最終ロットにして2万1体目の作られたクローンです。 「最終信号」という意味を含め「ラストオーダー」と称されてます。 成長途中に覚醒したため、10歳程度で成長が止まっています。 見た目通り、性格は子供であり、他のシスターズとは異なり明るい性格で人間味もあります。 「ミサカはミサカは~してみたり」と特徴的な口調でマシンガントークを繰り広げる一方、真理を突く発言も多く、大事な役回りな事も多いキャラクターになります。 この性格がミサカネットワークを統合する特別な個体として調整されたという説があります。 アクセラレーターに命がけで救われたこともあり、懐いており、世話を焼きに来ているラストオーダーに嫌がりながらも、二人は深い関係で繋がっていることがわかります。 ラストーオーダーはシスターズの上位個体に位置するため、あえて反乱防止のために幼女の姿で培養器より出したとされています。 他のシスターズに指令を下せるとされていますが、実際のところはコンソールのような立ち位置になります。 わかりやすくパソコンに例えて説明すると、 パソコン(ミカサネットワーク)を操るためにキーボードやマウス(ラストオーダー)という関係になります。 ミカサネットワークとは、シスターズの電気操作能力を利用して作られた脳波リンクのことで、 つまりクローン人間特有の同一振幅脳波を利用した電磁的情報網のことです。 各ミサカ達はこれにより意識を共有しており、 テレパシー(言葉だけでなく視聴覚などあらゆる情報)を送ったり、記憶のバックアップをとったりできるものになります。 よって、 シスターズを直接指示はできませんが、ミカサネットワークに指示を送ることはできる人物になります。 ラストオーダーはシスターズを間接的に従えることができるだけでなく、今作では一方通行もミカサネットワークがないと行動できないので、全て掌握している人物となります。 この能力だけ考えれば、とんでもなく強いです。 ただ、実質戦闘には介入せず、自称レベル3と主張していますが、成長段階であるが故、能力者としてはほとんど機能しないと思います。 一方通行にとっては、過去に暴走をした際、ラストオーダーの力で制御した時もあるので、今作の主人公が一方通行な時点で欠かせない存在です。 過去のラストオーダーを演じたのも全て日高さんになりますが、「超電磁砲(一期)」と「超電磁砲S(二期)で変更されたと噂されました。 その理由は、 一期の頃はまだ日高里菜さんは中学生だったという事が大きな要因でした。 そこから、二期の「超電磁砲S」では、放映時期が数年(約4年)経過しており、日高さんも声優として急成長しました。 実際に聞いてみると、かなり違いを感じます。 この声優としてのレベルが変更されたのでは?と噂された理由になります。 「とある科学の一方通行」でも日高里菜さんが継続してラストオーダーを演じる予定になっています。 まとめ 今回は「とある科学の一方通行」のラストオーダーの強さや能力、声優が変更された噂について紹介しました。 今作では、主人公並みの役であり、「とあるシリーズ」でも最も登場数も多いキャラクターになります。

次の