なかしま しほ チーズ ケーキ。 アースケーキ作ってみた

「なかしま しほ」さんのオートミールクッキーをアレンジして作ってみました!

なかしま しほ チーズ ケーキ

先日お邪魔したイベントで、なかしましほさんと作ったという極上ホットケーキミックスを試食させていただきました。 なかしましほさんがこだわって作ったというさすがの配合。 一般的な「ホットケーキミックスの味」ではない、極上小麦の味がしました。 これを使えば簡単に家庭でなかしましほさんの味が再現できますよ! なかしましほさん監修・最上級の国産ホットケーキミックス ナチュラルで簡単なおやつレシピが人気のなかしましほさん。 なかしましほさんが、とことんこだわって作ったのがこちらのホットケーキミックス『 』です。 北海道産小麦と北海道産バターミルクパウダーを使用して、素材の味にこだわったというこちらのおやつミックス。 ナチュラルおやつにこだわるなかしましほさんらしく、どこの小麦をどの程度使うか、小麦と他の素材をどう配合するかなど、ものすごーくこだわって作られているんだって! 例えば、いわゆる市販のホットケーキミックスは誰でも簡単にふんわりと焼けるようにたくさんのベーキングパウダーが入っているらしいんだけど、このなかしましほさん監修のパンケーキミックスは、 ベーキングパウダーの配合をとても少なくしているそうです。 というのも、ベーキングパウダーには独特の苦みがあるから。 市販のホットケーキミックスがどれも同じような味がするのはこの大量に入ったベーキングパウダーの苦味のせいなんだそうですよ。 使っているベーキングパウダーは少しでもしっかりと膨らみますし、この少量のベーキングパウダーにもアルミニウムフリーの物を使うなど、本当に味と素材にこだわりまくりのパンケーキミックスなんです。 ということで、このなかしましほさん監修のおやつミックスは、まったくホットケーキミックスぽい味がしません。 1袋170gというちょっと中途半端な量も、他のお菓子にアレンジしやすいように考えられた結果とのこと。 玉ねぎとベーコンのマフィン• バナナブレッド• ホットビスケット• じゃがいもとコンビーフのクイックブレッド• ドライフルーツのパウンドケーキ• ホットケーキミックスっぽい味が全くしなくて、まるでお店で売っているかのようなバナナマフィンでした。 こちらのおやつミックスも1度注文するとキャンセルするまで、毎月1回届きます。 もちろん1回だけでもキャンセルすることができますのでご安心を。 1回目の商品が発送された後で、次回締め切り日までにキャンセルを入れれば大丈夫。 >>詳しくは別サイトでご説明していますので参考にしてください。

次の

アースケーキ作ってみた

なかしま しほ チーズ ケーキ

実は、乳児や子どもこそ、避けた方がイイものだったようです・・ トランス型脂肪酸の問題点は、現代の食生活の中で1日に十数グラム以上という単位で体内に多量に入ってくることで、食品添加物は多くて何ミリグラムの単位であることからも分かることです。 これだけの量の異物を体内に取りこみつづけるような経験は、人類の歴史上なかったことです。 トランス型脂肪酸を多く含んだ食事は、LDLコレステロールと中性脂肪を増加させ、HDLコレステロールを減少させます。 また、妊娠中、授乳期の食事の内容が赤ちゃんの成長に大きな影響を及ぼすのですが、マーガリンや揚げ物など、トランス型脂肪酸を含んでいるものを食べると赤ちゃんの成長が遅れることも分かってきています。 「狂った油」と言われているトランス型脂肪酸は、 ・加工されたチーズ、揚げた食品、ベイクされた食品 ・調理済の食品、パン、クッキー、ケーキ、スナック菓子 ・ポテトチップスなどのチップス類、クラッカーなどのパッケージ食品 ・サラダ油そしてファーストフード などから摂取されますが、 こういう話を聞くと、「お手本」になろうとするロックウォーターな人は、 あまりの簡単さと美味しさにハマってしまい、 さらに、ホーキンズ博士の意識レベル調査でも、 「家族のために作ったクッキー」は520という、群を抜いての高得点ですので、 エネルギーレベル 500:愛 500レベルは、無条件かつ不変で永久的な愛の発展によって特徴づけられます。 このレベルに達すると、物事の本質を識別する能力が優れてきます。 理性を使わずとも、問題の全体性を瞬時に認識する能力が生まれます。 どんなクッキーでも手づくりなら、子どもの情操教育に良さそうですが、 穀物の中ではトップクラスの食物繊維含有量のオートミールなら、 水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がダブルで摂れて、コレステロールや炭水化物を排出します。 一緒に食べた他の食品中のコレステロールも消化吸収しないで排出する作用 炭水化物の消化吸収を遅らせ、血糖値の急上昇を防止する作用 さて、「なかしま しほ」さんのオートミールクッキーですが、アレンジしたのは油を抗酸化なオリーブ油にして、 てんさい糖じゃない砂糖を使い、 材料はこんな感じです。 オートミール:140g 薄力粉:60g ミックスナッツ:30g ドライフルーツ:30g お砂糖:30g 塩:2つまみ オリーブ油:大さじ4 水:大さじ4 で、基本のレシピはこちらを参考にしましたが、 自分なりの簡単な作り方はコレです。

次の

アースケーキ作ってみた

なかしま しほ チーズ ケーキ

春が近づいている今日このごろ。 春のぽかぽか陽気に合わせて市場に並ぶ野菜たちも気づけば彩り豊かで見ているだけでわくわくしますね。 今日はでも人気のなかしましほさんに、甘みたっぷりの春にんじんを使ったキャロットケーキを教えてもらいます。 材料と下準備 オーブンは170度に予熱し、パウンド型にはオーブンシートを敷いてください。 にんじんは一口大に切ってからフードプロセッサーに入れ、なるべく細かくなるまで回してください。 包丁で細かく刻んでもOK。 くるみはローストしたものを粗く刻み、クリームチーズは室温に戻しておくと混ぜやすいです。 次にパンケーキミックスとシナモンを合わせてふるい入れ、へらでさっくり混ぜ合わせてください。 切るように混ぜるのではなく、ボウルの側面にヘラを入れて、底から粉を弾き出すようにすると、練らずにさっくり混ぜることができます。 混ぜすぎると粘りが出てふくらみが悪くなるので、粉気がなくなればOKです。 170度に予熱したオーブンで45分焼きます。 焼き時間の前半は生地がどんどんふくらんでいく大事な時間なので、オーブンを開けたい気持ちをぐっとがまんしてください。 竹串を刺してべたべたした生地がつかなければ焼き上がりです。 型から外して網の上で冷ましてください。 ボウルにクリームチーズを入れ、へらでクリーム状に練り、きび砂糖、レモン汁の順に加えよく混ぜてください。 冷めたケーキの上にチーズクリームを塗り、食べやすくカットすれば完成です。 やさしいにんじんの風味もありながら、 パンケーキミックスに配合されているバターミルクのコクも感じられて本当にふんわり。 お出かけの機会も増えるこれからの季節、お花見やピクニックに持っていくのもおすすめです。 ぜひ、つくってみてくださいね。 なかしまさんのおやつづくりのコツに興味のある方はやもぜひ読んでくださいね。

次の