石原 さとみ 田中 みな 実。 田中みな実、“バカ売れ写真集”の出版社に激怒!「こんな会社とは仕事したくない」(週刊女性PRIME)

石原さとみ

石原 さとみ 田中 みな 実

実は、この写真集を担当したのが30代の女性編集者・Aさんだった。 「Aさんは、書籍や写真集で次々とヒットを飛ばす、有名なカリスマ編集者。 田中さんには数年前から、多くの出版社がアプローチしていたものの、なかなか首を縦に振りませんでした。 そんな彼女を口説き落としたのがAさん。 田中さんから絶大な信頼を得たAさんは、今や田中さんから仕事の相談を受けるほど。 ついには、CMや雑誌、テレビ出演のスケジュールまでAさんが管理しているといい、田中さんはそうとう心酔していますよ」(同・芸能プロ関係者) 石原さとみの仕事が急遽キャンセルになったことで…… しかし、そのカリスマ編集者がなぜ解雇されてしまったのか。 「'17年に発売された石原さとみさんの写真集『encourage』もAさんが担当していました。 しかし、今年3月に入ってから、写真集の印税未払いが発覚。 そもそも、宝島社と石原さんの所属事務所であるホリプロが、出版契約書すら交わしていなかったそうで、このことが会社とホリプロにバレたAさんは、大目玉を食らったんです」(宝島社関係者) この事件以降、宝島社とホリプロとの間には深い亀裂が生じてしまったようで……。 「石原さんが表紙を飾るはずだった、3月に発売予定の女性誌『SPRiNG』と、『リンネル』の発売が急きょ延期されました。 印税未払い騒動が影響したのは間違いありません。 雑誌はすでに完成していたので、発売延期による損害は億単位と言われています。 「確かにAさんは大きなミスをしてしまいましたが、社員を守ってあげなかった宝島社に対して、田中さんは怒り心頭。 男性誌『smart』の連載だけは、始まったばかりということもあってか、継続するようですけどね」(前出・芸能プロ関係者) 田中の出演キャンセルについて、宝島社に聞くと、 「そのような事実はございません」 と否定するが、社内からは落胆の声があがり始めている。 「写真集のおかげで、彼女と密接なつながりができたので、今後も積極的に起用していく方針でした。 雑誌2冊の発売延期に加えて、田中さん関連で見込まれた利益もなくなってしまいました。

次の

石原さとみが田中みな実に怒り心頭!? “リベンジセクシー”に意欲満々か|ニフティニュース

石原 さとみ 田中 みな 実

略歴 、第27回『ピュアガール2002』グランプリ受賞を経て本格的に女優活動を始めた。 同オーディション参加以前にも、現在の所属芸能事務所であるホリプロ系列の俳優であるに所属(5期生)し、 石神 国子(いしがみ くにこ)名義で映画『』『』へ出演しており、活動の経験がある (公式には" 石原さとみ名義"で初出演した『』をもってデビュー作品としている )。 、『』(系)の澁澤ルミ役 で連続ドラマ初出演。 同年、の『』のヒロイン・岩田冬子役に抜擢された。 以後『』(系)などの多数のドラマ、映画に出演し、知名度を上げていく。 、『』にヒロイン・役として出演。 、『』(フジテレビ系)で民放連続ドラマ初主演。 同年秋には、『』の役で舞台に初挑戦する。 、作・演出の舞台『』の役で2度目の舞台出演。 、『』(フジテレビ系)でドラマ初出演 、ヒロイン・久保秋佳奈子役を演じる。 同年秋、新作書き下ろしの舞台『』にヒロイン・田口瀧子役で出演。 、スペシャルドラマ『』()に秋山季子(の妻)役で出演。 毎年の「雑誌の日」を記念として雑誌の表紙を飾った回数の多かった女性を選ぶ「カバーガール大賞」で2014年(計36誌) 、2015年(約26誌) の2年連続で総合大賞に選ばれる。 2015年、『』(フジテレビ系)で月9ドラマ初主演。 人物 現在の芸名の由来は自らは原石であるとしてつけた「原石」を逆にして苗字の『石原』、聡明で美しくありたいとしてつけた下の名前『聡美』を平仮名表記にしたものである。 役名によるものも含め、業は未経験である。 芸能活動で歌ったことはあり、NHK連続テレビ小説『てるてる家族』では、劇中「」と「」をソロで歌った。 石原が『てるてる家族』に出演したときにその活動報告のために公式に『さとみの大阪日記』を開設。 後石原のそれ以降の活動報告のために日記はそのまま残し、『さとみ日記』として継続された。 に『さとみ日記』はへ移転され、オフィシャルブログ『Satomi Diary』として開設されたが、現在は閉鎖されている。 また、や、については全てなりすましであると発表されている。 ドラマや映画、舞台などでは、できるだけメイクは自分でするようにしている。 女優のと仲が良く度々インスタグラムなどに登場する。 大の旅行好きで、仕事の合間などを縫っては、海外へと駆け出している。 受賞歴 女優業 映画• 第28回新人賞(『』、2003年)• 第16回新人賞(同作品、同年)• 第25回最優秀新人賞(同作品、同年)• 第46回新人賞(同作品、同年)• 第13回新人賞(同作品、同年)• 新人俳優賞(同作品、同年)• 優秀助演女優賞(『』、2006年)• 助演女優賞『』、2016年) テレビドラマ• 第41回放送新人賞、最優秀新人賞(『』、2003年)• 第29回新人賞(『』、2005年)• 第74回 助演女優賞(『』、2012年)• 第80回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演女優賞(『』、2014年)• 2014 助演女優賞(『失恋ショコラティエ』、2014年)• 第87回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演女優賞(『』、2015年)• 第11回コンフィデンスアワード・ドラマ賞 主演女優賞(『』、2018年)• 第21回日刊スポーツ・ドラマグランプリ 主演女優賞(『アンナチュラル』、2018年)• 第96回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演女優賞(『アンナチュラル』、2018年)• 2018 個人賞 主演女優賞(『アンナチュラル』、2018年) その他• 2007• Women of the Year 2010• 第9回2011• 第13回 女性部門(2012年)• 第27回・芸能界部門(2014年)• 2014・女優部門• ジュエリー業界が選ぶ「第3回ウーマン オブ ザ イヤー」(2015年)• 「理想の後ろ姿のタレント」第1位(2015年)• 「キスしたい芸能人」女性部門第1位(2015年)• 「美的ベストビューティウーマン」(2015年 ・2016年 )• 「サントリードリームマッチ」始球式(2018年)7月30日「サントリードリームマッチ」始球式で5年連続の登板、リーゼントヘアーで「ハマの番長」こと三浦大輔の二段モーションを披露した。 2014年はサウスポー、2015年はマサカリ投法、2016年はトルネード投法、2017年はサブマリン投法に挑戦している。 すべり台(2005年)• (2005年、東映) - 小松原多恵 役• (2007年、東映) - 騎馬笑美子(ワラ) 役• (2008年4月19日、) - 武留守リリー(ギャル師匠) 役(友情出演)• (2008年、東映) - 早瀬ゆかり 役• (2010年、) - 良子(よしこ) 役• (2010年、) - タネ 役• (2010年、ワーナー・ブラザース映画) - 関水美夜 役• (2011年、角川映画) - 宮崎由美子 役• (2012年、角川映画) - 弥生 役• (2012年、角川映画) - 鮎川茜 役• 注文の多い料理店(2012年、角川映画) - 藤子 役• (2012年、、) - 河合やひろ 役• (2013年、角川映画) - 鮎川茜 役(特別出演)• (2014年、ワーナー・ブラザース映画) - 雲井叶絵 役• (2014年、東映) - 川辺未香子 役• (2015年3月14日公開、東宝) - 草野和歌子 役• (2015年8月1日・9月19日連続公開、東宝) - ハンジ 役• (2016年7月29日公開、東宝) - カヨコ・アン・パタースン役• (2017年7月1日公開、東宝) - お国 役• (2019年11月22日公開、松竹) - 役 テレビドラマ• 窓を開けたら(2003年3月25日、NHK) - 山本うさぎ 役• (2003年4月16日 - 6月18日、) - 澁澤ルミ 役• (2003年9月29日 - 2004年3月27日、) - 岩田冬子 役• (2004年4月3日、) - 美貴子 役• (2004年6月16日、TBS) - 泉今日子 役• BE-BOP-HIGHSCHOOL2(2005年8月17日)• (2004年7月6日 - 9月21日、) - 矢沢栞 役• (2005年1月13日 - 3月24日、TBS) - 古賀春華 役• (2005年1月9日 - 12月11日、NHK) - 静() 役• (2005年6月15日・22日・29日、TBS) - 大島幸子 役• 契り(2005年8月2日、フジテレビ) - 由衣 役• (2005年12月10日・17日、NHK) - 望月彩子 役• (2006年1月10日 - 3月21日、フジテレビ) - 美空あおい 役• Ns'あおいスペシャル 桜川病院最悪の日(2006年9月26日)• (2006年9月5日、日本テレビ) - 桜庭莉紗 役• 第一夜「衝動」(2007年2月26日、フジテレビ) - 吉村ユリ 役• (2007年4月10日 - 6月26日、フジテレビ) - 宇崎愛子 役• (フジテレビ)• 「未来同窓会」(2007年10月2日) - 松井春香 役• 「仮婚」(2013年10月12日) - 盛田成美 役• 「声が震える女」(2007年11月30日、日本テレビ) - 彦田六美 役• 第26回「まる子、ピンポンパンを踊る」(2007年12月6日、フジテレビ) - ピンポンパンのお姉さん 役• (2008年1月5日、テレビ朝日) - 大徳寺顕子 役• (2008年4月18日 - 6月20日、・) - 鮎川美沙子 役• (2008年12月26日、) - 山田エリ 役• (2009年1月12日 - 3月23日、フジテレビ) - 久保秋佳奈子 役• (2009年8月8日、TBS) - 駄菓子屋の「若いモエコ」 役• 〈単発スペシャル〉(2009年10月3日、日本テレビ) - 狭山瞳 役• 〈連続ドラマ版〉(2010年1月 - 3月)• (2009年10月24日、フジテレビ) - 下城多美 役• (2009年12月19日、テレビ朝日) - 和山椿 役• (2010年4月3日・10日、NHK) - 阿倍内親王() 役• (2010年7月 - 9月、) - 二ノ宮絵美 役• (2010年10 - 12月、テレビ朝日) - 小田霧響子 役• 第2部・第3部(2010年 - 2011年、NHK) - 秋山季子 の妻 役• (2011年7月 - 9月、日本テレビ) - 釜津田知佳 役• (2011年11月5日・12日、NHK) - 氷室夕紀 役• (2012年3月14日、) - 古田塩子 役• (2012年7月 - 9月、フジテレビ) - 夏井真琴(澤木千尋) 役• (2013年4月1日)• (2013年1月3日、フジテレビ) - 栗原みづき 役• (2013年12月16日、TBS) - 矢野布美子(青年期) 役• (2014年1月2日、TBS) - 浅岡未緒 役• (2014年1月13日 - 3月24日、フジテレビ) - 高橋紗絵子 役• 「S銅山の女」(2014年8月16日、フジテレビ) - 山辺夏美 役• (2014年10月16日 - 12月18日、フジテレビ) - 深沢美咲 役• (2015年10月12日 - 12月14日、フジテレビ) - 桜庭潤子 役• (2016年8月6日、) - 真中麻有 役• (2016年10月5日 - 12月7日、日本テレビ) - 河野悦子 役• 地味にスゴイ! DX 校閲ガール・河野悦子(2017年9月20日)• (2018年1月12日 - 3月16日、TBS) - 三澄ミコト 役• (2018年7月11日 - 9月12日、日本テレビ) - 月島もも 役• (2019年7月9日 - 9月10日、TBS) - 黒須仮名子 役• (2020年7月16日 - 〈予定〉、フジテレビ) - 葵みどり 役 ドキュメンタリー番組• 原爆 63年目の真実(2008年8月2日、テレビ朝日)• 「マイム 言葉なき感情 石原さとみ パリ」(2012年4月12日、)• 石原さとみが巡る 南ドイツ浪漫紀行〜森と人と芸術と…明日に向かう挑戦の物語〜(2012年12月30日、)• 石原さとみ 私の愛するニューヨーク(2013年10月19日、)• (2014年8月16日、)• 「戦後70年 ニッポンの肖像 - 戦後70年を越えて - 日本人は何ができるのか」(2015年8月15日、NHK総合)• 石原さとみ 28歳の旅 〜アフリカの大地に恋して〜(2015年12月28日、NHK総合)• 石原さとみ アフリカ・ケニアへ 水で命を失う子ども達 24時間テレビ39特別編・海外リポート完全版(2016年10月2日、BS日テレ)• 24時間テレビ40 愛は地球を救う(2017年8月26日 - 27日、日本テレビ) - チャリティーパーソナリティ• 石原さとみのすっぴん旅 in スペイン(2019年1月3日、制作、フジテレビ系列)• 石原さとみのすっぴん旅 in ギリシャ(2020年1月3日、関西テレビ制作、フジテレビ系列) 音楽番組• 第30回 (2004年12月24日 - 25日、) - パーソナリティ• (2005年4月2日 - 2010年4月4日、ニッポン放送)• (2007年1月12日、ニッポン放送) 舞台• 組曲虐殺(再演、2012年12月7日 - 2013年2月、天王洲 銀河劇場 他) - 田口瀧子 役• ) - ジュリエット 役• (2011年12月25日 - 2012年3月4日、) - 主演・星野美雪 役 CM・広告• (2003年6月 - 9月)• 「DONBURI亭」• 「牧場しぼり」(2009年4月)• キャンペーン(2010年)• 「松茸の味 お吸いもの」• 「わかめバンザイ! (2004年10月 - 12月)• 「レインボーマウンテン」(2006年1月 - 3月)• 「ふんわり鏡月」(2012年3月 - )• WEB限定スペシャルムービー『すっごい』篇(2016年3月7日より公開)• (2020年1月 - )• 「」(2007年6月)• 「」(2017年2月 - )• 「」(2007年7月)• 「コッコアポ」(2011年)• 「ようこそセガへ」(2007年8月)• 「」(2010年6月 - )• 「セブンネットのe. デパート」(2011年)• 「TAIYA CAFE」(2011年3月 - )• 「フレア フレグランス」(2011年9月 - )• 「 Primavista」(2013年2月 - )• 「リーゼ」(2015年10月 - )• 「オーブ クチュール」(2015年11月 - )• 「」(2011年11月)• 「スリーボム」(2011年11月)• 「Reveur」(2013年3月 - )• 「ゼスプリ・キウイフルーツ」(2012年5月)• 「DO Smart」(2012年7月 - )• 「組曲」(2012年9月 - )• 「ビューティー」(2012年11月)• 「」(2013年1月)• 2013年夏モデル(2013年5月 - )• 「dヒッツ」(2013年8月 - )• 2013 - 2014冬春モデル(2013年10月 - )• 2014年夏モデル(2014年5月 - )• スマートフォン「」(2014年11月 - )• 「英会話のイーオン」(2013年12月 - 2019年)• 「」(2014年2月 - )• WEB限定ムービーも2014年3月30日より公開• 「グミの精いちご」篇(2014年2月25日- )• 「変身みかん」篇(2015年2月24日- )• 「変身ぶどう」篇(2015年5月11日- )• 「ヘッドホンみかん」篇(2016年2月23日- )• 「ヘッドホンぶどう」篇(2016年5月10日- )• 「果汁グミ屋さん・イチゴ」篇(2017年2月21日 - )• 「果汁グミ屋さん・ぶどう」篇(2017年5月9日 - )• 「ガルボプレミアム 深みカカオ」(2014年10月 - )• 「ガルボ プレミアム 芳醇ミルク」(2015年9月 - )• WEB限定ムービー「ガルボレッスンプレミアム」も同時公開• 「マイナビ転職」(2015年1月 - )• 「」(2015年9月 - )• ブランドアンバサダー(2015年)• 「Find my Tokyo. 」(2016年 - )• 「門前仲町 漁師の活気」篇• 「木場 木場で水場で穴場」篇• 「清澄白河 きっとみつかる『世界にひとつ』」篇• 「麻布十番 手づくりに惚れる」篇• 「広尾 こころの洗濯」篇• 「乃木坂 アートと未来への近道」篇• 「王子 季節のお便り」篇• 「西ケ原 バラの庭園」篇• 「赤羽岩淵 タイムスリップ」篇• 「中野 エンターテインメントジャングル」篇• 「東京マラソン2017」篇• 「中野坂上 静かなお花見」篇• 「西船橋 イチゴ畑」篇• 「浦安 もう一つのテーマパーク」篇• 「妙典 ハゼ釣り」篇• 「茅場町 気風がよくなる」篇• 「東銀座 眺めても楽しい」篇• 「小伝馬町 目が肥える」篇• 「日比谷 歴史と文化が色づく」篇• 「竹橋 知性への架け橋」篇• 「半蔵門 いろんな日本を嗜む」篇• 「西日暮里 フォトジェニックな1日」篇• 「東京マラソン2018」篇• 「町屋 職人魂」篇• 「浅草 ワクワクする遊びが生まれ続ける」篇• 「稲荷町 話が弾む街」篇• 「田原町 ますます進化する」篇• 「和光市 みずみずしい街」篇• 「平和台 心にピース」篇• 「小竹向原 仕事の疲れに効く」篇• 「高田馬場 アジアの深み」篇• 「落合 ほかにもいろいろ落合」篇• 「東新宿 朝からゴキゲン」篇• 「後楽園 ゆっくりと時間が流れる街」篇• 「東京マラソン2019」篇• 「茗荷谷 慈愛の心に満ちた街」篇• 「北千住 明日へのチャージ」篇• 「北綾瀬 アイデアいっぱい」篇• 「綾瀬 大人ものびのび」篇• 「荻窪 ハーモニーがたくさん生まれる街」篇• 「方南町 誰かが誰かを笑顔にしてた」篇• 「東高円寺 まさかに出会う」篇• 「雑司が谷 ひと工夫が散りばめられた街」篇• 「千川 くらしとアートがつながっている」篇• 「池袋 いつもツイてる気がする」篇• 「錦糸町 世界とニッポンが、もっとつながって見える街」篇• 「押上 江戸がいまでも華やぐ」篇 劇場アニメ• (2007年12月22日、) - アンナおねえさん 役• (2011年4月29日、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント) - 水葉 役• (2011年、) - カリータ 役 ミュージック・クリップ• 撮影はの周辺で行われた。 (、2009年4月29日発売)• (、2009年8月5日発売)• (、2011年11月2日発売) ファッションショー• (2005年3月)• 第14回(2006年6月17日)• (2006年11月28日)• (2015年4月29日、) Web• 石原さとみインタビュー (2008年5月23日)• (2011年3月18日付)• (2011年3月25日付) イメージキャラクター• 第24回(2003年)• ポスター(2004年 - 2006年)• 2007年度 イメージキャラクター(2007年7月 - 2008年6月)• ツカモト 「ハタチスタイル」「苺〜一期一会〜」(2011年) その他• 東京展(2018年10月5日 - 2019年2月3日、)• 大阪展(2019年2月16日 - 5月12日、)• ・リレー - アンバサダー 書籍 写真集• 16歳 至上の原石(2003年3月25日、、撮影:、熊谷貫、原田達夫) 三部構成で、の模様や「」の収録風景も収める。 たゆたい(2005年11月16日、、撮影:熊谷貫) でのによるをはじめ、過去ののグラビア、幼少時や小学生時代のの写真を収録。 二十歳、夏(2007年8月28日、、撮影:小澤忠恭) でのロケによるグラビア等を収録。 moi-モア-(2011年5月13日、、撮影:) でのロケによる撮り下ろしグラビアをはじめ、自身初となるエッセイを収録。 encourage(2017年9月1日、、撮影:伊藤彰紀) 雑誌連載• (2012年8月号 - 2014年10月号 、) - 石原さとみのA to Z。 ( [ ]、) - Actress Style。 脚注 [] 注釈• 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2020年3月6日閲覧。 2020年3月6日閲覧。 PR TIMES 2018年9月25日. 2020年3月6日閲覧。 アサジョ. 徳間書店 2016年11月19日. 2020年3月6日閲覧。 東スポWeb. 東京スポーツ 2014年12月1日. 2020年3月6日閲覧。 allcinema. スティングレイ. 2020年3月7日閲覧。 cinemacafe. net. イード 2015年10月15日. 2020年3月7日閲覧。 近藤由美子. 2003年11月23日. 2014年4月30日閲覧。 ホミニス. JSAT 2018年7月13日. 2020年3月7日閲覧。 リアルサウンド 2020年2月8日. 2020年3月7日閲覧。 asahi. com(現:朝日新聞デジタル). 朝日新聞社 2006年9月26日. 2020年3月7日閲覧。 マイナビニュース. マイナビ 2008年8月13日. 2020年3月7日閲覧。 フジテレビジョン. 2020年3月7日閲覧。 BARKS. ジャパンミュージックネットワーク 2008年12月20日. 2020年3月7日閲覧。 シティリビングWeb. サンケイリビング新聞社 2012年10月31日. 2020年3月7日閲覧。 天王洲 銀河劇場. 2020年3月7日閲覧。 ORICON NEWS. オリコン 2009年4月15日. 2020年3月7日閲覧。 2015年3月4日. 2015年7月27日閲覧。 2016年3月4日. の2016年3月10日時点におけるアーカイブ。 2016年3月10日閲覧。 SANSPO. COM 2015年9月3日. 2015年9月3日閲覧。 アサジョ. 2016年1月2日. 2016年9月9日閲覧。 テレビドラマデータベース. 2020年3月7日閲覧。 中山雄一朗 2014年10月15日. シネマトゥデイ. 2015年4月14日閲覧。 2015年4月14日閲覧。 モデルプレス 2016年12月12日. 2018年4月30日閲覧。 クランクイン!. ハリウッドチャンネル 2018年10月27日. 2020年3月6日閲覧。 エンタメRBB. イード 2018年11月27日. 2020年3月6日閲覧。 「〈発表!〉第74回ドラマアカデミー賞」『週刊』第45号、、2012年11月、 36-39頁、 2012年11月18日閲覧。 「第80回記念スペシャル 発表! ザテレビジョンドラマアカデミー賞」『』第20巻19号(2014年5月16日号)、、2014年5月16日、 6-12頁。 2014年10月23日. 2015年7月27日閲覧。 web. 2017年2月16日閲覧。 TV LIFE 2016年2月10日. 2016年2月12日時点の [ ]よりアーカイブ。 2016年2月10日閲覧。 2016年5月5日. 2016年5月6日閲覧。 オリコン NEWS. 2018年4月27日. 2018年5月3日閲覧。 日刊スポーツ 日刊スポーツ新聞社. 2018年5月2日. 2018年5月2日閲覧。 第96回ドラマアカデミー賞. KADOKAWA. 2018年5月2日閲覧。 mantanweb 2018年10月25日 , 2018年10月25日閲覧。 ORICON STYLE. 2012年11月14日. 2015年7月27日閲覧。 2014年10月20日. 2015年9月21日閲覧。 財経新聞. 2014年12月8日. 2014年12月8日閲覧。 2015年8月27日. 2015年8月27日閲覧。 クランクイン! ハリウッドチャンネル株式会社. 2015年10月14日. 2015年10月14日閲覧。 クランクイン!! 2015年10月8日. 2016年3月10日閲覧。 モデルプレス 株式会社ネットネイティブ. 2015年12月18日. 2015年12月18日閲覧。 スポニチアネックス. 2016年12月21日. 2016年12月21日閲覧。 2007年12月19日. の2008年1月18日時点におけるアーカイブ。 2013年9月10日閲覧。 シネマトゥデイ 2010年6月9日. 2016年5月6日閲覧。 石原さとみ 2015年3月13日. インタビュアー:リワークス. 2015年7月27日閲覧。 2015年7月22日. 2015年7月27日閲覧。 中山雄一朗 2015年11月2日. シネマトゥデイ. 2016年3月10日閲覧。 映画ナタリー. 2016年4月14日. 2016年4月16日閲覧。 2019年3月6日. 2019年4月3日閲覧。 2005年7月8日. の2006年1月10日時点におけるアーカイブ。 2017年2月16日閲覧。 2006年6月27日. の2007年1月23日時点におけるアーカイブ。 2015年9月21日閲覧。 2007年4月5日. の2007年5月22日時点におけるアーカイブ。 2015年9月21日閲覧。 2008年2月27日. の2008年3月1日時点におけるアーカイブ。 2015年9月21日閲覧。 cinemacafe. net 2008年7月8日. 2015年7月27日閲覧。 2013年11月19日. 2014年4月30日閲覧。 2014年1月27日. 2015年4月14日閲覧。 2014年8月9日. 2014年10月19日閲覧。 石原さとみ、 2014年11月17日. インタビュアー:岩城択. の2015-04-14時点におけるアーカイブ。 2016年3月10日閲覧。 ORICON STYLE. 2016年6月28日. 2016年6月29日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2016年8月11日. 2016年8月11日閲覧。 まんたんウェブ 株式会社MANTAN. 2017年6月2日. 2017年6月2日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2017年9月12日. 2017年9月12日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2019年3月28日. 2019年3月28日閲覧。 ORICON NEWS. 2020年4月7日. 2020年4月8日閲覧。 シネマトゥデイ. 2020年2月5日. 2020年2月5日閲覧。 2014年8月16日閲覧。 2015年7月27日. 2015年9月21日閲覧。 、2016年10月1日閲覧• 、2018年12月27日閲覧• 、2019年12月11日閲覧• 、2019年1月2日閲覧• 2004年11月1日. の2005年3月5日時点におけるアーカイブ。 2017年2月16日閲覧。 2005年4月9日. の2006年2月15日時点におけるアーカイブ。 2017年2月16日閲覧。 2006年9月1日. の2007年1月2日時点におけるアーカイブ。 2015年9月21日閲覧。 2008年8月13日. 2015年7月27日閲覧。 石原さとみ 2012年10月31日. インタビュアー:塩谷真奈美. シティリビングWeb. 2015年9月21日閲覧。 シアターガイド 有限会社モーニングデスク. 2013年11月12日. 2017年10月31日閲覧。 スポーツ報知 報知新聞社. 2017年10月31日. 2017年10月31日閲覧。 ファッションプレス 株式会社カーリン. 2017年12月9日. 2017年12月9日閲覧。 2019年8月21日• 2009年4月8日. 2013年11月12日閲覧。 2009年2月4日. 2014年10月19日閲覧。 2014年4月24日. 2014年4月30日閲覧。 2016年3月8日. 2016年3月10日閲覧。 2020年1月8日• 2017年2月15日. 2017年2月16日閲覧。 クランクイン!! 2015年4月13日. 2015年4月14日閲覧。 PR TIMES 2013年2月22日. 2013年12月11日閲覧。 PR TIMES 2015年10月9日. 2016年3月10日閲覧。 PR TIMES 2015年11月25日. 2016年3月10日閲覧。 2013年2月27日. 2014年10月19日閲覧。 TOKYO HEADLINE 2012年5月24日. 2014年4月1日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年12月11日閲覧。 2013年5月21日. 2013年9月10日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年9月10日閲覧。 2013年8月1日. 2013年9月10日閲覧。 2013年10月10日. 2013年12月11日閲覧。 Smartザテレビジョン 2014年5月14日. 2014年10月19日閲覧。 navicon 2014年11月19日. 2015年4月14日閲覧。 2013年11月28日. 2013年12月11日閲覧。 2014年2月23日. 2015年9月21日閲覧。 2015年3月30日. 2015年9月21日閲覧。 navicon 2014年2月25日. 2016年5月10日閲覧。 Adver Times 2015年3月4日. 2016年5月10日閲覧。 CMソングMAX 2015年5月12日. 2016年5月10日閲覧。 CMJapan 2016年2月22日. 2016年5月10日閲覧。 CM Watch 2016年5月10日. 2016年5月10日閲覧。 2017年2月20日. 2017年2月27日閲覧。 CMソングMAX 2017年5月9日. 2017年5月14日閲覧。 2014年10月19日. 2014年10月19日閲覧。 2015年9月15日. 2015年9月21日閲覧。 2015年1月23日閲覧。 2015年8月26日. 2015年8月26日閲覧。 2015年9月10日. 2015年9月10日閲覧。 ナリナリドットコム Narinari. com. 2016年4月1日. 2016年4月1日閲覧。 ぴえろ公式サイト. 2016年5月4日閲覧。 2011年10月27日. の2011年10月27日時点におけるアーカイブ。 2014年4月30日閲覧。 2015年4月29日. 2015年7月27日閲覧。 プレスリリース , , 2003年7月15日 , 2013年9月10日閲覧。 プレスリリース , 産経新聞社, 2018年9月26日 , 2019年2月15日閲覧。 SANSPO. COM 産経デジタル. 2019年2月15日. 2019年2月15日閲覧。 スポーツ報知 報知新聞社. 2019年3月20日. 2019年3月20日閲覧。 2003年3月24日. の2003年12月11日時点におけるアーカイブ。 2016年5月6日閲覧。 小松芙未 2011年5月14日. シネマトゥデイ. 2015年9月21日閲覧。 2012年7月26日. 2015年9月21日閲覧。 2014年9月9日. 2015年9月21日閲覧。 外部リンク ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - ホリプロ• - ホリプロスクエア• 15 (ホリプロTHE 1990オーディション)• 16 (第1回飛び出せ! 日本男児)• 17 (上の娘部門グランプリ)・(下の娘部門グランプリ)• 26 (美・笑・女)• 27 (ピュアガール2002)• 28 (ラブミュージックオーディション)• 30 (メモリアルオーディション2005)• 36 (次世代声優アーティストオーディション)• 42 特別賞受賞者• 第1回審査員特別賞• 第2回審査員特別賞 ・高田橋久子• 第3回審査員特別賞• 第9回審査員特別賞• 第11回アクトレス賞 ・ボーカリスト賞 ・グラビアスター賞 小林明子• 第14回井森賞• 第16回審査員特別賞• 第18回ミスフライングレディ賞 演技賞• 第20回審査員特別賞• 第21回審査員特別賞• 第21回ピュアガール賞 ・• 第25回審査員特別賞 ・• 第29回審査員特別賞 ・• 第29回ヤングサンデー賞• 第30回準グランプリ• 第32回審査員特別賞• 第33回特別賞• 第37回審査員特別賞• 第40回ソフトバンク賞• 第41回審査員特別賞• 第42回審査員特別賞 関連項目.

次の

石原さとみ『アンサング・シンデレラ』新型コロナで放送延期の可能性が!|ドラママ

石原 さとみ 田中 みな 実

「コトの発端は4月9日発売の『週刊文春』が報じた、田中の60万部超初写真集『Sincerely yours…』を手掛けた女性編集者が、石原サイドとの金銭トラブルで所属出版社を解雇されたという報道です。 石原は、みな実の写真集にばかり力を入れ、自身の写真集は未払いという状況に激怒しているというのです」 芸能記者 文春によると、石原はこのトラブルが原因で、同出版社から3月下旬発売予定だった2つの雑誌の表紙を撤退したほど。 この女性編集者は田中の相談相手になっているほど親密とされるだけに、石原が怒りを増幅させるのも当然か。 「『encourage』で石原は、キューバロケに挑み、水着や胸の谷間も披露。 しかし、約15万部でした。 しかも、みな実の初写真集は『encourage』とカメラマンらも同じで、売り出し手法も似ていたことにおかんむり。 今後、石原とみな実は共演NGになりそうな雲行きです」 同・記者 最近、石原は踏んだり蹴ったりだ。 4月9日スタート予定だった主演連ドラ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』 フジテレビ系 も、新型コロナウイルスのあおりで初回放送が延期となった。 「そんな状況だけに、石原は、そのタッグをぶっつぶすためのリベンジセクシー写真集の発売を決意したとか。 破局やドラマ延期などでイライラは爆発寸前で、そこに今回の金銭トラブル報道です。 「石原のバストトップは女優界屈指の美しさで、色はピンクで少女のような小ぶりともっぱら。 もし、神秘のベールを解禁した写真集を仕掛けたら、100万部は確実でしょう」 同・関係者 実現を切に願うのみ!.

次の