お見合い 待ち合わせ 目印。 お見合い当日の流れ。待ち合わせから別れ際の挨拶まで解説!

No.51 待ち合わせには「目印」を持っていけ

お見合い 待ち合わせ 目印

早く結婚したいあなたの一番の味方 結婚相談所あおぞらマリアージュ アドバイザーの茂木 由理香です。 お見合いの待ち合わせの場所は、ほとんどが有名ホテルのラウンジ前やホテル内の目印になる場所に指定しています。 「どうしてホテル内なのですか?」とご質問がたまにあるのですが、 お見合いでの待ち合わせは、お相手様と初めて会う場所ですので出来るだけ落ち着いた場所が良いですよね。 そしてお会いした後、どこのカフェラウンジでお茶するのか迷わない為にもラウンジ前(予約が取れる時はラウンジの予約席)にしています。 私が婚活中だった時の話です、ネット婚活ですと待ち合わせ場所も自分達で決めるんですね。 男性は待ち合わせ場所を深く考える事がなく、駅の改札前や、駅近の(混んでいる)待ち合わせスポットにされる事が多かったです。 そんな待ち合わせはお相手を探すのも大変でしたし、ゴミゴミしていてお会いする前に疲れてしまいました。 そしてお茶する場所もファミレスや混んでいるチェーン店のカフェ・・・周りが気になって話も弾まない事が多かったです。 初めての出会いがそんな感じだと、お相手への印象も良くならないんですよね。 せっかくの出会いなんですから、ゆっくりとした場所で出会って、ゆっくりとお話を楽しみたいと思いませんか? ホテルのラウンジって最初は緊張するかもしれませんが、本当に居心地いいですよ!.

次の

お見合い時、マスク着用で待ち合わせのポイント

お見合い 待ち合わせ 目印

喫茶店や駅で相手と待ち合わせすること、仕事でもよくありますよね。 その際、「あれ?こういうときってどうすればいいんだっけ?」とマナーに迷うことはありませんか? もしそうした迷いが全くないのであれば、あなたはマナーの達人か、自分が気づいていないだけで相手には大変失礼なことをやらかしている可能性が高いです。 待ち合わせはその日の第一印象を決めるファクターなのに、そこで悪い印象を持たれていたとすれば大損ですよね。 そこで、今回はマナー講師の永田之子さんから、喫茶店や駅で待ち合わせをするときのNGマナーについて教わりました。 うっかり恥をかかないように、以下の8つを気を付けていきましょう。 喫茶店や駅で「仕事の待ち合わせ」をするときに気をつけたいNGマナー8選 喫茶店で待ち合わせするときのNGマナー6つ まずは喫茶店で待ち合わせするときのNGマナーから。 喫茶店といえば、一般的にはリラックスする場所ですが、ビジネスシーンにおいては気の緩みは厳禁! これだけはぜひ押さえておきたいNGマナー6つを見ていきましょう。 ビジネスマナーとしてはどちらが正しいのでしょうか? 「店内で待つのもNGではありませんが、外で待つほうがおもてなしポイントが高いです。 外で待つか店内で待つかはTPO次第だといえるでしょう。 例えば、相手から『中でくつろいでいてください』と言われたときや、大雨や炎天下では、外で待つとかえって相手を恐縮させてしまう恐れもあるので店内で待つのが適切です。 店内では、上座(出入り口から遠い席や窓側、景色が美しく見える席など)は空けておき、下座に座ります。 「これもTPO次第だといえますが、基本的には相手が来るまで待つほうがおもてなしポイントが高いです。 特に、初めて会う取引先との待ち合わせでは、先に注文せずに待つほうがよいかと思います。 というのも、相手と同じものを注文することによって好感度が高まり、初対面でも円滑にコミュニケーションを進めやすい傾向があるからです。 ただし、相手から少し遅れる旨の連絡があった場合は、先に注文しましょう。 この場合、注文せずに待っていると、かえって相手の気持ちに負担をかける恐れがあります。 先に注文して、相手が到着した際に『おいしくいただいておりました』と笑顔で伝えると、相手の心が軽くなるのではないでしょうか。 先に注文するのは、コーヒーか紅茶が無難。 自分の好みで奇抜なものや高いものを注文しないようにしましょう」(永田さん) 先に飲み物を注文してよいかどうかは、相手の立場に立って判断するとよさそうですよね。 挨拶のタイミングが遅れると、相手は無視されたように感じてしまうかもしれません。 スマホチェックは待ち合わせ時間の15分前、読書は5分前には終了して、相手がお見えになるまで顔を上げて待ちましょう」(永田さん) 待ち合わせ時間が近づいたら、スマホ画面や本よりも、お店の入口に注意を向けましょう。 お店の入口に相手の姿を発見したら、どのように出迎えればよいのでしょうか? 「相手の姿が見えたら、座ったままではなく、立ち上がって挨拶するのがマナーです。 立ち上がって相手と目が合ったら軽く会釈をしましょう。 特に、初対面の相手に笑顔で自分から挨拶すると、第一印象がとてもよくなります」(永田さん) 永田さんによれば、挨拶のタイミングは2回。 相手がお店に入店してきた時点で立ち上がって1回。 そして、席に着く前に2回目の正式な挨拶をするのがよいとのことです。 挨拶は先手必勝で相手の心をつかみましょう。 このケースでは、どのように振る舞うべきでしょうか? 「遅刻がマナー違反なのは当然ですが、仮に、約束の時間より早く着いたとしても、相手を待たせてしまったことに対して、丁寧に謝りましょう。 15分前に到着したなら『今後は30分前ルールを徹底いたしますね』などと、ちょっと冗談ぽく言ってみるのもいいかもしれません」(永田さん) 時間をしっかり守りさえすれば失礼ではない、ということではなく、相手に対する気配りを常に忘れないようにしましょう。 このケースでは、『私がこちらに着席してもよろしいのでしょうか?』とお伺いしたうえで、自分が上座に座ってもよいでしょう。 一言添えることで、きちんと上座・下座のマナーは心得ているということが相手に伝わり、失礼にあたりません」(永田さん) これで「しまった! 先方が先に到着して、しかも下座に……」という事態にも、エレガントに対応できますね。 駅で待ち合わせするときのNGマナー2つ 続いては、駅で待ち合わせするときのNGマナーです。 駅でも喫茶店での待ち合わせと同様、まずは約束の時間の15分くらい前からは、スマホ画面などを気にするよりも、顔をしっかり上げて相手をお迎えする姿勢でいることが基本とのこと。 そのほか注意すべき点としては、以下のようなものがあります。 このような事態を避けるためには、どういった点に気をつければよいのでしょうか? 「まず、事前に当日の髪型と服装をお伝えしますが、私の場合、さらに目立つワンポイントを持参するようにしています。 例えば、赤い紙袋や黄色いブックカバーなどですね。 ただし、うっかり相手の競合他社のものを選ばないようにしましょう。 ただし、待ち合わせ時間が近づいているのに、飲食を続けるのはマナー違反にあたる恐れがあります。 「待ち合わせ時間の15分前には、飲みかけのペットボトルなどは鞄にしまい、テイクアウトのコーヒーなどは処分しましょう。 * 待ち合わせ時の印象がよければ、その日の商談だってきっとスムーズにいくはず。 ぜひ、今回ご紹介したマナーをしっかり押さえて、出会い頭、第一印象から「この人と仕事をしてみたい」と思われるキャリア女性を目指しましょう。

次の

会話が苦手な人でも大丈夫!「モテるあいさつ」で相手の心をググっと引き寄せよう。

お見合い 待ち合わせ 目印

お見合いの時の目印2つ お見合いの時の目印は2つ持ちましょう。 よく、「スマホとハンカチ」という人がいますが、それだとわかりずらいです。 現代は皆、手にスマホを持っているからです。 「緑色のスマホを手に持ち、ハンカチをバックに巻きます。 」だとわかります。 ほかにも、「文庫本を持ちます。 」「新聞を持ちます。 」「茶色の鞄を持ちます。 」「黄色のネクタイをします。 」などというのもわかりやすいです。 一つではなくて二つ組み合わせるとほぼ間違いなく本人にだとわかります。 プロフィール写真と似た雰囲気でお見合い場所に行きましょう 写真を頼りに行ってお見合い場所でなかなか会えないことがあります。 眼鏡をかけていたり、帽子をかぶっていて感じが変わっているからです。 髪型を変えるのも極端だとわかりずらいです。 例えば、黒髪ストレートロングの女性が茶色のカラーを付けてワンレングスにしたら、とても雰囲気が変わります。 その時は事前にお相手にその旨を伝えておくことが丁寧だと思います。 わかりやすい目印で、気持ちよくお見合いスタート 成婚カップルに聞くと、二人とも出会いの場面からよく覚えていらっしゃいます。 どんな人と会うのか、お見合は楽しみでもあります。 もしかしたら結婚するお相手ですから。 お見合いは相手を探して会うところから始まっています。 わかりやすい目印でお互い労せず会って、気持ちよくお見合いをはじめたいものです。

次の