エクセル ドロップ ダウン リスト 解除。 プルダウン(ドロップダウンリスト)の追加と削除の方法|excelの使い方

Excelでプルダウンを解除!ドロップダウンリストを解除する

エクセル ドロップ ダウン リスト 解除

Q こんばんは。 会社内で、LANを使って各部署でexcelの同じ表に入力作業をしているのですが、部署Aでプルダウンリストを作成しても、他の部署では入力する表は同じのが表示されるのですが、プルダウンリストが出ません。 どれもバージョンは2010ですが、他の部署で開くと上に互換モードと出ています。 上記2点で仕事が進みません。 初心者で困っています。 どうしたらよいのか教えてください。 よろしくお願いします。 Q エクセル2003を利用しています。 記入フォームのために入力規則を使って、 リストによるプルダウン選択をセルに設定しました。 しかし、選択されていないと消えてしまうため 記入フォームの際、ユーザーはそのセルに移動しないと 入力するデータが、自由に書き込めるのか、リスト選択なのかが分かりません。 プルダウンであることが分かるように表示したいと考えています。 同じようなケースの代替案などもお聞かせいただけると助かります。 Q Excel2007でシートBに「123」と名前のついたリストを作り、シートAに入力規則を設定しましたが、リストにない値を入れてもエラーになりません。 シートBのリストは、 名前:123 参照範囲:シートB! ドロップダウンリストは表示され、そこから選ぶことは可能ですが、まったく関係ない値も普通に入力できてしまいます。 初歩的なことでしたらお手数掛けて申し訳ありませんが、よろしくお願いします。 A ベストアンサー こんにちは 名前の定義規則とおりであるということと公開された情報から、思いっきり想像力を働かせて思いつくことは、そのファイルでは名前の定義が混乱している可能性が考えられます。 ですので、「名前の定義」ウィンドウで、実際に登録されている定義をレビューする(あってはならない名前の重複がないことを確認する)、定義された名前を全部削除して付け直してみる(ファイルの名前付けを記録している部分が壊れている)の確認/回避手段しか思いつけません。 もしも、問題の出るファイルが使い込んだファイルであるなら、問題のでない「新規ファイル」で再構築するのが一番の早道かと思いますというアドバイスもありますが。 Q 宜しくお願いします。 会社内でエクセル2010を使っています。 サーバーにファイルをおいて「共有」の状態にしています。 エクセルファイルを作った人が開くとプルダウンのような形で文言が選択できるのですが、 私が開くとエンターを押しても何も表示されず、何でも入力できます。 普通は、プルダウンのリスト以外の文字を入力すると、入力できないというような メッセージが出るかと思いますが、それも出ません。 何でも入力できます。 プルダウンの文字を入力すると、そのセルが灰色になったりします。 終了、という文字を入力すると、その行が灰色になるのです。 書式の設定などでこうなっているのと思うのですが、私にはプルダウンのようなものから文字が選択できません。 どうしたら直るのでしょうか? 共有の状態にしているのがいけないのでしょうか。 教えてください。 宜しくお願いします。 A ベストアンサー こんばんは。 入力したセルの値を合計とかでなくて、 純粋に別のシートに自動的に表示したいのであれば、 以下の方法があります。 C1」と表示され、値が自動的に 表示されるようになります。 2.1列全てコピーしたい場合。 コピー&リンク貼り付けを使うと便利です。 そして出てきた小さな画面の左下にある「リンク貼り付け」という ボタンをクリックすると完成です。 試してみてください。。 念のためにリンク貼り付けを図解しているURLを載せておきます。 参考にしてみてくださいね。。 geocities. htm こんばんは。 入力したセルの値を合計とかでなくて、 純粋に別のシートに自動的に表示したいのであれば、 以下の方法があります。 C1」と表示され、値が自動的に 表示されるようになります。 2.1列全てコピーしたい場合。

次の

【決定版】エクセルのプルダウンリスト(ドロップダウンリスト)を設定・解除する方法

エクセル ドロップ ダウン リスト 解除

Excelのプルダウンリストとは プルダウンリストは プルダウンメニューや ドロップダウンメニューと言われることもあります。 プルダウンリストは以下のようにユーザーが指定・定義したリストから、値を選択して入力する方法の事です。 プルダウンを利用するメリット リストから選択するだけなのでマウス操作だけで入力が進み作業が楽になります。 あらかじめ定義されたリストなのでミスがなくなる。 書式が統一される。 リスト一覧でカテゴライズされるので集計しやすい。 Excelに入力してあるリストからプルダウンメニューを作成 プルダウンリストで入力を制限したいセル範囲を選択 1[データ]タブの 2 データの入力規則 [入力値の種類:]をプルダウンで 3[リスト]を選択 4ボタンを押してExcelのプルダウンリストが入力してある場所を指定します。 5Excelで既に作成してあるリストがある場所をワークシートを切り替えたりしながら選択します。 6場所が指定できたら Enterキーを押して決定 [データの入力規則]ウィンドウに戻ったら 7 OK 自分で入力してリストを作成する場合 Excelでプルダウンリストをまだ作成していない場合は[データの入力規則]ウィンドウで[ , ](カンマ)区切りで入力しても設定が可能です。 プルダウンリストのリスト外の値を入力した場合 データの入力規則でプルダウンリストからの入力に制限されたセルに、リスト外の値を入力すると以下のようにエラーメッセージが表示されます。 入力規則のプルダウンリストの設定を解除・クリア データの入力規則 プルダウンリスト の設定解除をしたい場合で、入力規則の制限がかかったセルが正確に把握できている時はそのセルだけを選択してもいいですが、把握できていない場合は、シートの左上をクリックし 1シート全体を選択 2 データの入力規則をクリックし 3データの入力規則が定義されていないセルが含まれている旨のアラートが表示されます。 すぐにクリアするので はい、 いいえのどちらを選択しても構いません。 すべてクリアでデータの入力規則 プルダウンリスト が解除されます。

次の

エクセルでドロップダウンリスト(プルダウンリスト)を作成するを設定する(入力規則):Excel基本講座

エクセル ドロップ ダウン リスト 解除

基本1:選択肢の数が少なく変更も少ない場合 例えば性別や血液型など、選択肢の数が少なく、また選択肢の変更もない場合は、「データの入力規則」画面の「元の値」欄にそれぞれの選択肢の値を直接入力する設定方法が一番簡単です。 リスト入力を設定したいセルを選択• 「データ」タブにある「データの入力規則」をクリック• 「設定」タブの「入力値の種類」で「リスト」を選択• 「元の値」ボックスに「, 半角カンマ 」区切りで「男,女」と入力してOKをクリック 直接入力によるリスト入力の設定 このように入力し、OKボタンをクリックすることで設定できます。 基本2:選択肢の数が多い場合はあらかじめシート上にリストを作る 選択肢にしたいデータの数が多い場合、基本1のやり方では入力が手間になります。 また後から修正することも考えると面倒ですね。 そんな時はあらかじめシート上に選択肢のリストを作成し、そのセル範囲を指定してプルダウンメニュー化することができます。 リスト入力したいセルを選択• 「データ」タブにある「データの入力規則」をクリック• 「設定」タブの「入力値の種類」で「リスト」を選択• 「元の値」ボックスを一度クリック、カーソルをボックス内に表示させる• あらかじめシート状に用意した選択肢のセル範囲を選択してOKをクリック 編集されたエラーメッセージの例 応用1:大量のリスト入力は2段階で絞り込み検索できるように データの入力規則機能を使えば、プルダウン形式のリストから入力させることができます。 しかし例えば社員数が多い会社の全社員名など、選択肢が多い場合にはそこから目当ての社員名を探すだけで時間がかかってしまいます。 そんな時は別のセルであらかじめ部署名を選択できるようにしておき、そのセルで選んだ部署の社員名のみが表示されるリスト入力を作っておけば効率的になります。 セル範囲に名前が付けられる 「名前の定義」機能 と INDIRECT関数を組み合わせることで、2段階のリスト入力を作成することができます。 「名前の定義」とは、特定のセル範囲に名前をつけることができる機能で、その「名前」が関数の引数などに使えたりするのです。 下記の例では、F1セルで部署名を選択するとF2セルで担当者名のリストが現れるよう表を作成していきます。 3つのステップで設定していきましょう。 「名前の定義」を行う画面 STEP2:1段階目のデータの入力規則を設定する• 「入力値の種類」で「リスト 」を選択• 「元の値」ボックスをクリックし、「A1:A3」(部署名すべて)を選択してOKをクリック これでF1セルに部署名のリスト入力ができます。 STEP3:2段階目のデータの入力規則を設定する• 「入力値の種類」で「リスト」を選択• そういう時には、選択肢の増減に対応できるようにあらかじめ設定する方法があります。 考え方• 担当者一覧のセル範囲に名前をつけて、その名前をリスト入力の元の値に使用する。 名前を付ける際、範囲の指定をOFFSET関数を使って指定する。 OFFSET関数の第四引数、「高さ」の指定をする時、列全体のデータが入力されているセル数から1を引いた数字を指定する(タイトルも入力されているため)。 OFFSET関数については、記事「」に詳しく解説しております。 下記シートに設定していきましょう。 名前の定義の参照範囲はOFFSET関数を使って、A列にデータを追加すると自動で参照範囲が広がる式を入力しています。 少し複雑な式ですが、可変対応できる範囲指定として、いろいろなシーンで活躍するので、日本語訳で以下のように理解しておくと便利です。 Excelのプルダウンメニューを解除する方法 プルダウンメニューを設定したセルから、そのプルダウンメニューを解除したい場合は、そのセルを選択した状態で「データの入力規則」画面を開き、「すべてクリア」と書かれたボタンをクリックすることで解除できます。

次の