てんしょう あべし。 北斗の拳 天昇(北斗天昇) スロット

北斗の拳 天昇 スロット新台|初打ち感想 評価 評判まとめ

てんしょう あべし

概要 と同じく中国拳法の流れを汲んでおり、北斗と対を成す南斗を宿星とする拳法。 歴史の影に隠れ、「陰」の存在として受け継がれてきた一子相伝のに対し、「陽」の存在として幅広く伝承されてきた。 公式ガイドブックや『』の内容によると、 元々はの伝承者争いに敗れた一派と在野の優秀な武術家達が集い、 北斗に対する「南斗」の号を名乗ったのが発祥とされている。 その門戸は一子相伝の北斗と違い広く開かれており、結果として様々な新流派・分派などが生まれ、 最盛期には1000以上の流派が存在していたが、流派どうしの対立・統合に加え、 核戦争が起こった為に伝承者が死亡・壊滅した流派もあり、最終的に 『北斗の拳』本編時点では生き残ったのは108だった為に「南斗108派」と呼ばれる。 多くの流派が存在するが、その中でも抜きん出て実力の高い流派が リーダーシップを握っており、「」「」と呼ばれる。 核戦争による文明の滅亡という未曾有の事態を前にこの南斗六星の中でも仲間割れが発生し、 戦乱・混乱に乗じてその力を振るい勢力を拡大したがったシン、サウザー、ユダらと 平和を望み、争いを収めるためにのみ武力を使う事を望んだレイ、シュウ、ユリアという形で二分された。 時勢が時勢だっただけに、南斗とは関係ない武術家たちも前者に加わったものが数多くおり 3流派がその力を強め、レイやシュウは抵抗勢力として戦う事となった。 最終的にはこの内乱と北斗の乱に巻き込まれる形で5流派の伝承者が全員死亡。 南斗五車星も海のリハク以外は全員命を落としており、 更に第二部では残った108派のうち戦える者もの使い手であるによって壊滅させられ、 事実上南斗聖拳の名を次ぐ流派は消滅させられている。 北斗神拳の象徴がであるように、南斗聖拳の象徴はである。 各流派の伝承者の中には、その紋章の入った備品を所持している者もいる(ハーン兄弟は巨大な旗印を所持していた)。 南斗最強の拳を自負する南斗鳳凰拳の伝承者・や、南斗孤鷲拳をはじめとする南斗108派の数多くの流派を修めているは、己こそ南斗の中心と誇示しているためか、それぞれ国名や国章に南十字星を使用している。 特徴 「内側から相手を破壊する」北斗神拳に対し「外側から相手を破壊する」事を真髄としており、 手刀を用いて、相手を切り裂いたり、貫いたりする技が主体となっている。 複数流派で似通った技が使用されていたりする事も多い (例外として、南斗鳳凰拳は最強の一子相伝の拳と言われており、前進制圧のみを信条とするなど特殊な拳である)。 平たく言うと南斗聖拳は基本的にオープンソースであり、流派によっては 南斗聖拳をベースに武器や道具を用いた戦法が組み込まれている場合もある。 南斗無音拳であれば鉄爪、南斗双斬拳なら手裏剣、 南斗双斬拳は4本の剣を2人で高速で投げあう・・・など、武器術を重視している流派も存在する。 また、南斗の人間の部下などが勝手に南斗聖拳を名乗っているというケースもしばしばあるようで、 アニメ版ではとかとかとかを 使ったトンデモ拳法が登場している。 南斗五車星の面々が使う拳法は前述の108派には入らないオリジナルの 南斗聖拳ベースのもので、それぞれ自らの二つ名と近い技を使う。 主な流派とその使い手 南斗六聖拳 南斗108派の中でも特に強力な拳として恐れられている流派。 とは別にを象徴としており、各伝承者はそれぞれ一星を宿星とし、その天命に導かれている。 六聖拳をはじめとする強力な流派には鳥類に関連する名前が与えられている事が多い。 その他の六聖拳の使い手 原作、サウザーの回想シーンに登場。 南斗鳳凰拳先代伝承者であり、サウザーの師。 新劇場版『ケンシロウ伝』に登場。 南斗孤鷲拳の使い手であり、シンと伝承者の座を争った男。 南斗孤鷲拳先代伝承者であり、シンとジュガイの師。 『レイ外伝 蒼黒の餓狼』に登場。 南斗水鳥拳先代伝承者であり、レイの師。 南斗水鳥拳の使い手であり、ロフウの妻。 南斗五車星 南斗最後の将であるユリアを守護する5人の拳法家。 流れを汲んでいるような技はあるが、南斗聖拳の一派ではなく、108の流派にも含まれない。 () その他の流派 ここでは原作含め、派生作品の流派及び使い手も記述する。 南斗無音拳 (GOLANの指導者) 南斗比翼拳 (ユダの側近) 南斗双斬拳 、(聖帝軍の二人組) 南斗双鷹拳 (賞金首の兄弟) 南斗飛燕拳 、(『』に登場) 南斗流鴎拳 (『』に登場) 南斗翡翠拳 、(『』に登場) 南斗紅雀拳 (『』に登場) 南斗神鳥拳 (『』に登場) アニメオリジナルの流派 どれもの配下が使い、個性的なのが特徴。 でなくても「 火薬 を始めとする武器 に頼って何が拳法だ」 ただし南斗百斬拳、南斗翔天拳は例外。 と突っ込みたくなる気になる。 サザンクロス編以降は原作者からの監視が入ったからか、オリジナリティ溢れる拳法は鳴りを潜めている。 流派が不明な南斗の使い手 との対戦にて、彼の不意をついて南斗の拳(手刀)を放つ。 以降『』等でもこの名称が使用されている。 曰く、ともにを学んだという。 『』では、レイと同じくを修得しようとしていたらしく、と結託しレイから伝承者の座を奪おうとしていた。 関連タグ• 関連記事 親記事.

次の

パチスロ北斗の拳~天昇~

てんしょう あべし

純増6. 3枚) 50枚あたりの回転数 約50. 基本スペック• 通常時はリプレイ以上でポイントを獲得。 1000pt到達で世紀末ゾーンへ移行• その他規定G数でCZ突入• 七星チャージ• レア役を契機に突入するポイント獲得特化ゾーン• 世紀末ゾーン• 1000pt獲得から移行• 継続ゲーム数:15G(バトルに1度も発展しなかった場合はもう1セット継続)• 滞在中にCZ突入抽選を行い最終的にバトル勝利でCZ突入• 滞在中はリプレイを除く全役でバトル発展を抽選• ハズレやベルでのバトル発展は一度のみで以降発展抽選を行わない• 世紀末ゾーン中バトル発展抽選 小役 発展率 ハズレ・ベル 12. 世紀末ゾーン中バトル発展契機別勝率 契機役 勝率 ハズレ・ベル 20. 断末魔ゾーン• 規定G数消化から移行(200・400・600Gで期待)• 継続ゲーム数:15G(バトルに1度も発展しなかった場合はもう1セット継続)• 滞在中は全役でバトル発展を抽選(ハズレやベルでのバトル発展は一度のみで以降発展抽選を行わない)• 断末魔ゾーン中バトル発展抽選 小役 発展率 ハズレ・ベル 12. 勝利期待度は初回と2回目以降で異なる• 断末魔ゾーン中バトル発展契機別勝率 契機役 初回 2回目以降 ハズレ・ベル 12. 又バトル発展時にモード天井に到達している場合は勝利に書き換え• カウントダウン~バトル中の勝利書き換え抽選 小役 当選率 弱チェリー 10. サミートロフィー• 激闘ボーナス終了時の次レバーON、真・天昇RUSH終了時に出現の可能性あり• 今作では銅(設定2以上)から出現の可能性あり• 真・天昇RUSH終了画面• 真・天昇RUSH終了画面でボタンをPUSHした際に出現したキャラで設定を示唆• 出現するキャラは選択したモードによって異なる• 修羅モード• シャチ:設定2否定• カイオウ:設定5に期待• バット:設定4以上• 世紀末モード• ジャギ:設定2否定• ラオウ:設定5に期待• トキ:設定4以上• バトルボーナス開始画面• 北斗揃いから突入するバトルボーナスのラウンド開始画面の背景色で設定を示唆• 金背景:タイミング不問で設定4以上• 獲得枚数表示• AT中の獲得枚数表示で「456枚突破」で設定4以上、「1999X枚突破」で設定5以上確定• 北斗シリーズ最新作です。 純増6. 3枚、目押し不要の押し順タイプのAT機です。 その他減少区間なしとの事ですが、セット間のインターバルでは減少区間が無いだけで詳細は不明ですが、通常時には何らかの仕組みが入っていると思います。 ま~これは規定上やむを得なく「見せ方」がどうなっているかが機械の面白さにも繋がると思います。 又偶奇でCZ突入率に差があったり設定6のAT突入時の期待枚数に特徴があったりとお店の運用スタイルも試される機械だと思います• 個人的に北斗シリーズはあまり好みではないのですが、6号機全体の評価にも影響する可能性のある機械だと思うので注目しています。 設置店検索 パチトラ提供•

次の

北斗の拳 天昇(北斗天昇) スロット 新台 天井 ゾーン 設定判別 解析 評価

てんしょう あべし

com』へご訪問頂きまして誠にありがとうございます。 『スロット解析. com』はパチンコスロット業界で店舗管理をしているサイト管理人が運営しているサイトです。 このページではスロット新台6号機の「 パチスロ北斗の拳~天昇~ 」の ・天井恩恵 ・小役確率 ・ステージ ・昇舞魂 ・ポイント ・世紀末ZONE ・断末魔ZONE ・激闘BONUS などの解析情報ページへのリンクを見やすいように一覧表にまとめて掲載しています。 700Gでの激闘ボーナスからAT非突入だった場合、次回は200G台で激闘ボーナスに当選するモードに移行している模様。 チャンスモードなのかどうかは不明 そのため、700GでAT非当選後の台が空いていたら積極的に狙っていこう!! 5 通常ステージ 荒野ステージ 役割 設定変更時とAT終了時に突入し100G継続 恩恵 ・七星CHARGE高確率抽選 ・昇舞魂高確率抽選 ・滞在中の激闘BONUS当選で強敵1人以上撃破獲得。 通常時は荒野ステージという特殊なステージがあり、ここに滞在中は様々な恩恵がある。 設定変更後とAT終了後に突入する、いわゆるAT後のゼロゲームヤメを阻止するための措置である。 ステージの天候が、「雨」や「雪」などに変化した場合、通常モードB以上の滞在が確定。 さらに天候変化が頻繁に起こるほど高モードにいる可能性が高まる。 七星CHARGE 七星チャージは世紀末ゾーン突入の為の「世紀末ポイント」を貯めるための特化ゾーンである。 リゼロでいうところの異世界体操ね。 突入契機 レア役での抽選又は荒野ステージ中の抽選 ゲーム数 7G 抽選 成立役によって世紀末ポイントを獲得。 レア役で大量獲得チャンス。 断末魔は滞在モード示唆の役割があるので忘れずにタッチしよう。 100G以内はモード示唆が発生しやすいぞ。 断末魔でのモード示唆 あべし!! 通常B以上 ひでぶ!! 通常C以上 ヘブン!! 3 設定2 調査中 設定3 設定4 設定5 設定6 CZ世紀末ZONE CZ世紀末ゾーン概要 突入契機 世紀末ポイント 液晶右下表示 が1000pt到達 ゲーム数 15G 抽選1 滞在中全役でバトル抽選。 バトルに1度も発展しなければセット継続濃厚のようなのでおそらく突入=バトル発展は確定。 バトル前やバトル中のレア役などで勝利抽選を行っており、 レア役以外<スイカ、弱チェリー<チャンス目<強チェリーの順で勝利期待度が高い。 世紀末ポイント 世紀末ゾーン突入のために貯めるポイント。 通常時のリプレイやレア役でポイント獲得。 1000ポイント到達で世紀末ゾーン突入確定! 世紀末ゾーン中の抽選【NEW】 世紀末ゾーン中は全訳でバトル発展抽選を行っている。 レア役以外のハズレやベル成立時もバトル発展抽選を行っている。 またバトル発展時には同時に勝利抽選が行われており発展契機により勝利確率も変化する。 世紀末ゾーン中のバトル発展率 小役 発展率 ハズレ・ベル 12. 0% 弱チェリー 25. 0% スイカ 25. 0% チャンス目 50. 0% 強チェリー 50. 0% バトル前兆中~バトル中の勝利書き換え抽選 弱チェリー 10. 0% 強チェリー 100% スイカ 10. 0% チャンス目 15. 0% 勝利抽選はバトル開始時に行われているが、バトル中にも成立役によって勝利書き換え抽選が行われているぞ。 断末魔ゾーン中は「強敵図柄を狙え」カットインが発生し、リール上に停止した強敵図柄の数が多いほど期待度アップとなる。 断末魔ゾーンも突入=バトル発展濃厚か? 内部モード 通常時は4つのモードに分類され、モードごとに断末魔ゾーンに突入しやすいゲーム数テーブルが異なる。 モード示唆演出として、天候が変化すれば 雨や雪など)通常B以上濃厚。 高モード滞在時ほど天候変化が頻発しやすい。 また七星チャージ終了後にサブ液晶をタッチしたときに雑魚の断末魔が上がればモード示唆。 【あべし】…通常B以上、【ひでぶ】…通常C以上、【ヘブン】…チャンス。 断末魔は100G以内だと発生しやすくなっている。 世紀末ゾーンと断末魔ゾーンからの突入が全体の約9割を占める。 残りの1割は直撃ATフラグとなっている。 4:5:1の割合) 断末魔ゾーン中の抽選 断末魔ゾーン中は、毎ゲーム全役でバトル発展を抽選。 レア小役や強敵絵柄停止時はバトル発展確定だ。 バトル発展時はカウントダウン演出を経てバトル開始となる。 断末魔ゾーン中のバトル発展率 ハズレ・ベル 12. 勝利期待度はバトル発展契機と発展回数によって異なり、初回発展は2回目以降の発展よりも若干勝利期待度が高い。 またハズレ・ベルでのバトル発展は1度のみで2回目以降のバトルはレア役以上でしか発展しない。 断末魔ゾーン中のバトル発展時勝利抽選 小役 初回 2回目以降 ハズレ・ベル 12. 0% 強チェリー 100% スイカ 10. 0% チャンス目 15. 0% 断末魔ゾーン中もバトル中は勝利書き換え抽選を行っている。 モード天井からの断末魔ゾーン中は必ず勝利確定となる。 4 設定2 調査中 設定3 設定4 設定5 設定6 昇舞魂 昇舞魂とは北斗天昇を打つうえで無視できない重要な要素である! 激闘ボーナス当選時に小役レベル、バトルレベルと呼ばれるものが存在し、バトル&小役レベルを上げる役割を担うのが昇舞魂である。 激闘ボーナスの突破には小役レベルが重要な役割を果たすため、小役レベルを上昇させるアイテムである昇舞魂は本機のなかでもかなり重要な要素なのである。 昇舞魂獲得契機 レア役成立 レア役による抽選。 強チェリー=獲得確定。 世紀末pt1000到達 世紀末ポイントが1000pt到達時に必ず1個以上獲得 荒野ステージでの抽選 荒野ステージ中は昇舞魂が溜まりやすい 激闘BONUS当選時 激闘BONUS当選に抽選 激闘BONUS 激闘ボーナスとは強敵とのバトルを3回行い、そのすべてに勝利すればATへと突入するATへのメインルートである。 まず最初に説明しなければならないのが【小役レベル】と【バトルレベル】である。 また通常ゲーム中や激闘ボーナス中に【撃破】アイコンを獲得することがあり、文字通り撃破アイコンの所持数分のバトル勝利が約束される。 激闘ボーナス概要 突入契機 CZクリアなど 抽選 バトル3回勝利でAT突入 ベルナビ回数 バトル毎に3回のナビ(初戦のみ4回)。 最終戦まで継続で合計10回のベルナビ。 勝利抽選区間 バトル開始Gを含めて6G間 バトルレベル バトルレベルはバトル突入時の最初のレバーONで抽選される数値に影響するレベルである。 サブ液晶上 の【1stバトル開始時勝利抽選】のレベルがこれに該当する。 バトルレベルはバトルが終わる毎にレベル1までリセットされるため、主にバトル間のインターバル時に昇格抽選が行われる。 バトルレベルの昇格抽選はバトル開始までの間のレア役と【強敵図柄を狙え】で主に行われ、強敵図柄がリール上に止まるほどレベルアップしていく。 ベルナビが3回出現するとバトルへ突入するのでその間に出来るだけレベルを上げる。 小役レベル 小役レベルはバトルレベルのようにリセットはされずに全バトルを通して基本的に変動はしない。 バトル突入後の5G間の小役によるAT当選率に影響するレベルである。 サブ液晶上の【全バトル共通勝利抽選】のレベルがこれに該当し、その下には小役毎の勝利期待度が表示されている。 リプレイ45%、レア役70%など) 小役レベルを上げるには昇舞魂が必要であり、基本的には昇舞魂1個につきレベル1の上昇。 昇舞の刻 激闘ボーナス突入後はまず昇舞魂を使ってレベルを上げる【昇舞の刻】へと突入する。 ここで通常時に貯めた昇舞魂を消化し、バトルレベルか小役レベルに変換する。 バトルLvと小役Lvの振分は1:1だ。 バトルレベルや小役レベル以外にも、【1体撃破】や【真天昇RUSH直撃】などを獲得する場合もあり。 強敵バトル準備中 強敵バトルへの突入契機はベルナビ3回となり、ナビが3回くるまでの準備中はバトルレベルを上げる抽選が行われている。 バトルレベルはバトル毎にリセットされるが小役レベルは1stバトルから最終バトルまで固定となるので昇舞の刻ではそれだけ小役レベルを上げられるかが勝利のカギを握る。 バトルレベル10、またはバトル勝利が確定している状態で強チェリーが成立すると真天昇RUSH直撃となる。 1バトル中に強チェリーが2回成立でもAT直撃?! 強制勝利抽選 激闘ボーナス中はバトルレベルと小役レベルでの勝利抽選以外に毎ゲーム【 強制勝利抽選】を行っている。 強制勝利抽選は高設定ほど優遇されている模様。

次の