シュリケンジャー 声優。 特撮声優まとめ!「スーパー戦隊」「仮面ライダー」に出演している意外な人物とは!?

忍風戦隊ハリケンジャー: 感想(評価/レビュー)[特撮]

シュリケンジャー 声優

なお、ブライが死亡する話のタイトルは「ブライ死す」でありまして、タイトルでネタバレするのは本当にやめて欲しいと思いました。 ジュウレンジャーの死の描写で特徴的だと感じたのは、死神がひく人力車に乗って死の世界へいくという描写を用いていた点です。 ブライが死の直前に一人の男の子の命を救ったことで、その子は人力車を待つ停留所からいなくなります。 男の子が生き延びたことに安堵しながら、ブライはやって来た人力車に揺られていったのでした。 また、ブライは命を落とす直前に自身の武器である獣奏剣を弟であるティラノレンジャー(ゲキ)に託しており、次の話からゲキは二刀流になります。 これは本当に燃える展開でした。 ちなみに恐竜戦隊ジュウレンジャーについてすごくどうでもいいことを述べると、「恐竜戦隊」にもかかわらず登場するのがティラノレンジャー(恐竜)、マンモスレンジャー(非恐竜)、トリケラレンジャー(恐竜)、タイガーレンジャー(非恐竜)、プテラレンジャー(翼竜なので非恐竜)、ドラゴンレンジャー(非恐竜)となっており、6名中4名がそもそも恐竜ではありません。 上記のような事件が13年前に起こり、ビートバスター(陣マサト)もそれに巻き込まれました。 実は現実世界のマサトは「分身体」と呼ばれる状態で、本体は亜空間に昏睡状態で取り残されています。 彼の退場は通常の死亡とは異なり、亜空間においてきた本体のデータの崩壊という形で訪れました。 ゴーバスターズのラスボスである「エンター」は、バックアップデータを持ち何度倒しても復活するという特性を持っており、それを克服するためにビートバスターは亜空間に存在する自身の本体へバックアップデータを流し込み、エンターを倒せる状態にしました。 ゴーバスターズは無事にエンターを撃破しますが、その代償として過重なデータによりビートバスターの本体は崩壊(=死)を起こします。 そうして、現実世界の分身体も消失することとなります。 毎話毎話ドンパチやり合うわけですから、いかにヒーローと言えど一定数の死者が出るのは仕方ないのかもしれません。 また冒頭でお伝えした通り、一般に危険職種と言われる仕事の数十倍(負傷のリスクを考慮するとさらに高い)の危険度となっています。 おそらく通常の生命保険にはまず入れませんし、住宅ローンの団体信用生命保険にも加入できないのでマイホームが欲しければ一括キャッシュでの購入以外難しいと思われます。 生命保険会社各社におかれましては、スーパー戦隊シリーズとタイアップして「ヒーローは保険に入れるの?入れたとしたら保険料はいくら?」といったような記事を掲載すればSNSでもバズる気がしますし、日曜朝にそのテレビCMを流せばファミリー層にかなり訴求できる気がしているのですが、いかがでしょうか。

次の

ガラピコぷ~の声優陣を調べてみた!TMRの西川貴教さんも!?

シュリケンジャー 声優

なお、ブライが死亡する話のタイトルは「ブライ死す」でありまして、タイトルでネタバレするのは本当にやめて欲しいと思いました。 ジュウレンジャーの死の描写で特徴的だと感じたのは、死神がひく人力車に乗って死の世界へいくという描写を用いていた点です。 ブライが死の直前に一人の男の子の命を救ったことで、その子は人力車を待つ停留所からいなくなります。 男の子が生き延びたことに安堵しながら、ブライはやって来た人力車に揺られていったのでした。 また、ブライは命を落とす直前に自身の武器である獣奏剣を弟であるティラノレンジャー(ゲキ)に託しており、次の話からゲキは二刀流になります。 これは本当に燃える展開でした。 ちなみに恐竜戦隊ジュウレンジャーについてすごくどうでもいいことを述べると、「恐竜戦隊」にもかかわらず登場するのがティラノレンジャー(恐竜)、マンモスレンジャー(非恐竜)、トリケラレンジャー(恐竜)、タイガーレンジャー(非恐竜)、プテラレンジャー(翼竜なので非恐竜)、ドラゴンレンジャー(非恐竜)となっており、6名中4名がそもそも恐竜ではありません。 上記のような事件が13年前に起こり、ビートバスター(陣マサト)もそれに巻き込まれました。 実は現実世界のマサトは「分身体」と呼ばれる状態で、本体は亜空間に昏睡状態で取り残されています。 彼の退場は通常の死亡とは異なり、亜空間においてきた本体のデータの崩壊という形で訪れました。 ゴーバスターズのラスボスである「エンター」は、バックアップデータを持ち何度倒しても復活するという特性を持っており、それを克服するためにビートバスターは亜空間に存在する自身の本体へバックアップデータを流し込み、エンターを倒せる状態にしました。 ゴーバスターズは無事にエンターを撃破しますが、その代償として過重なデータによりビートバスターの本体は崩壊(=死)を起こします。 そうして、現実世界の分身体も消失することとなります。 毎話毎話ドンパチやり合うわけですから、いかにヒーローと言えど一定数の死者が出るのは仕方ないのかもしれません。 また冒頭でお伝えした通り、一般に危険職種と言われる仕事の数十倍(負傷のリスクを考慮するとさらに高い)の危険度となっています。 おそらく通常の生命保険にはまず入れませんし、住宅ローンの団体信用生命保険にも加入できないのでマイホームが欲しければ一括キャッシュでの購入以外難しいと思われます。 生命保険会社各社におかれましては、スーパー戦隊シリーズとタイアップして「ヒーローは保険に入れるの?入れたとしたら保険料はいくら?」といったような記事を掲載すればSNSでもバズる気がしますし、日曜朝にそのテレビCMを流せばファミリー層にかなり訴求できる気がしているのですが、いかがでしょうか。

次の

天空忍者シュリケンジャー

シュリケンジャー 声優

一刻も早く大いなる力を集めようと、ナビィに具体的な占いをするよう詰め寄るが、出ないときは出ないよ、とナビィも困り顔。 マーベラスはバスコの件で苛立っており少し乱暴気味。 そんなマーベラスをルカが止めると、ガレオン内に見知らぬ男が紛れ込んでいるのに気付く。 彼はボウケンジャーのボウケンレッドだった明石暁。 以前、大いなる力を託していた明石チーフ。 鎧にサインを書きながら、ゴーカイジャーにプレシャスの回収を頼み出す。 プレシャスとは現代の科学の力を秘めた危険な秘宝。 今回回収するプレシャスは「黄泉の心臓」というものだった。 その頃、ギガントホースではバリゾーグがインサーン率いる部隊が位置についた事をワルズ・ギルに報告していた。 一方でマーベラスは今はそんな暇無いと言って依頼を断っていた。 すると明石チーフは納得し、自信がないなら仕方ないと応える。 その言葉を聞いたマーベラスは立ち上がると、仕方なく受けることにする。 それから早速プレシャスを探しに現場に向かうとインサーンと出会う。 インサーンも黄泉の心臓を狙っていた。 そこでジョーたちはゴーミンの相手をすることにすると、マーベラス、明石チーフ、ルカは先を急ぐことに。 ジョーたちはゴーカイジャーに変身すると戦闘開始。 ゴーカイシルバーが『ここは忍者でいきましょう』というとシルバーはシュリケンジャーにゴーカイチェンジするが、ジョー、ハカセ、アイムはニンジャブルー、ニンジャブラック、ニンジャホワイトにゴーカイチェンジ。 忍者に間違いはないけど鎧はモヤモヤしてしまう。 一方でマーベラスたちはプレシャス探しを続行。 慌てるマーベラスを尻目に明石チーフは『慌てるなって言ってるだろう。 急ぐのと慌てるのは違うぞ』と言うとマーベラスをトラップから救う。 そんな明石チーフもルカから助けられるのだった。 その時ふとアカレッドとの冒険をマーベラスは思い出すのだった。 それから目的の洞窟にたどり着くと中からボロボロのスゴーミンが現れては倒れる。 洞窟の中でもゴーミンが倒れており何かがあると警戒しながらマーベラスたちは奥に進む。 しかし、そこは行き止まり。 そんななか、明石チーフが指示をすると重さを使った仕掛けに気付く。 だが一人でも動くと扉は閉まってしまう。 そこでマーベラスは天井の壁をゴーカイガンで撃つと巨大な岩を落として扉を開けたままにする。 ところが扉の奥には既に誰かがおり、プレシャスの力を使っていた。 その者はジャリュウで、リュウオーンを黄泉の心臓で蘇らせたのだった。 リュウオーンはジャリュウ一族の長で爆発に巻き込まれて一度は死んだが、プレシャスの力で蘇った。 そんなリュウオーンは力を試すと言うと洞窟を破壊して明石チーフたちを生き埋めにしようとする。 一方でジョーたちの戦いの場ではインサーンも自ら手を下そうとしていた。 けれどもそこにリュウオーンが現れるとジョーたちをまとめて攻撃する。 更にリュウオーンは力を発揮すると、黄泉の心臓が吸収されたと知りインサーンは撤退。 残ったゴーカイジャー相手に戦いを挑み出すのだった。 その頃、マーベラスは目を覚ますと何とか無事だったが閉じ込められたまま。 マーベラスは明石チーフにお前の言う冒険って意味ねえなと言うと、明石チーフは『お前たちは今まで数々の冒険をしてきたんだろ。 その冒険は宝以外に大事ななにかをもたらしてきたはずだ。 お前たち自身の。 冒険者は目の前に困難が立ちはだかった時こそ心が震え立つ。 冒険する喜びこそかけがえのない宝なんだ』と言う。 その言葉を聞き、アカレッドと冒険した時を再び思い出すマーベラス。 その時ボウケンレッドのレンジャーキーを見つけており、それを思い出すと明石チーフに対して説教臭え奴だと言う。 それから、プレシャスをどうするか聞かれると明石チーフはリュウオーンの身体に吸収されてしまった以上は破壊するしかないと言う。 だがマーベラスはまだ終わってないと言うと海賊の流儀を見せる事に洞窟を脱出しようとする。 その頃、ジョーたちは変身が解けながらもリュウオーンと戦っていた。 そこに現れるのはマーベラス、ルカ、明石チーフ。 マーベラスは目の前に困難が立ちはだかった時こそ心が奮い立つらしいぜと言うとゴーカイジャーの6人は改めて変身。 リュウオーン相手に派手に戦いだす。 戦いの中、ゴーカイシルバーが好きを作ると五人でゴーカイスクランブルを発動。 しかし、黄泉の心臓を得たリュウオーンは強く、押し返されてしまう。 それならばと、ゴーカイチェンジしてボウケンジャーになる6人。 ナックルキャノン、シューターハリケーン、サガストライク、ハンマーブレイク、スクーパーファントム、レッドゾーンクラッシュで一気に攻撃。 それでも黄泉の心臓を守るリュウオーンだが、レッドが囮になるとリュウオーンを捕まえ仲間のミキサーヘッドで動けなくさせる。 そしてレッドが黄泉の心臓を掴み取るとリュウオーンから無理矢理引き剥がし明石チーフに投げ渡すのだった。 だが、それでも黄泉の心臓のパワーが残っているリュウオーンは立ち上がると、ゴーカイシルバーがゴールドモードに変身。 ファイナルウェーブでトドメを刺す。 しかし同時にリュウオーンの再生能力が暴走すると巨大化。 そこで豪獣レックスとデカゴーカイオーが出動。 様々な攻撃を繰り出すが、リュウオーンは一筋縄では倒せない。 するとレッドがボウケンジャーの大いなる力を使うことを提案し、ちょっとした冒険をすることに。 ダイボウケンが現れてリュウオーンを攻撃し、最後はゴーカイアドベンチャードライブで撃破するのだった。 その後、戦いが終わりガレオンに戻ったマーベラスたち。 ナビィは随分とうなされ、具体的で結果に繋がる占いを出そうと頑張っていた。 するとマーベラスはあんまり結果を急ぐなと言いショートして焼き鳥になると忠告する。 それを聞き酷いよと言うナビィ。 ルカがちゃんと謝りなさいと言ってはマーベラスとナビィはじゃれ合うのだった。 そんなゴーカイジャーと別れた明石チーフは飛び去っていくガレオンを見ながら『これでいいんだろアカレッド』と呟くとプレシャスを抱えて立ち去るのだった。 という事で、今回は第21話。 今回登場した敵は「リュウオーン」 ジャリュウ一族の創造者。 黄泉の心臓の力で強化復活し暴れた。 声優は、森田順平さん。 俳優としての活躍も印象的な森田さん。 今回のレジェンド枠である『轟轟戦隊ボウケンジャー』でも同じく創造王リュウオーンの声と人間体を担当。 それから、ジャリュウ リュウオーンに仕える竜人兵だが彼の復活の際に全滅してしまう。 声優は、西脇保さん。 こちらもボウケンジャー本編でジャリュウの声を担当してました。 今回登場したレジェンドは、明石暁(ボウケンレッド) 演じたのはもちろん高橋光臣さん。 「ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦」に続いてテレビシリーズに登場となりました。 そのため、映画の内容を受けての登場という事でボウケンジャーの大いなる力を得たゴーカイジャーとの再会となりました。 映画ではほぼ絡みのなかった海賊と冒険者ですが、そこは流石のチーフであり先輩の高橋さんらしく、すぐにゴーカイジャーの面々とも仲良くなり現場を盛り上げていたそうです。 撮影のテストのときや合間では常に「何か面白いことをしてやろう」、と正に冒険心をむき出しにもしていたとか。 「宝を探す」というボウケンジャーとゴーカイジャーの共通点にはもともとご自身もピンときていた様子で「また何か探すときはいつでも呼んでください」と「ゴーカイジャー」でまだまだちょっとした冒険をする気満々のチーフでもあったようです! それから、ボウケンジャーといえばマーベラスを赤き海賊団に誘いレンジャーキーを託した赤い戦士=アカレッドが初めて登場したのが「ボウケンジャーVSスーパー戦隊」 正確には胸のマークとベルトのバックルが異なりますが、アカレッドがゴーカイジャーに登場する前のアカレッドが見たい方はそちらもご覧ください。 ということで今回は、いつの間にやらガレオンに潜り込んでいた世界最高のトレジャーハンターである轟轟戦隊ボウケンジャーの元ボウケンレッド・明石暁から死んだ者を蘇らせる「黄泉の心臓」というプレシャス=危険な宝物を回収するように頼まれるのが物語の始まり。 船長であるマーベラスの機嫌は最悪ななか、海賊と冒険者のコンビは果たしてうまくいくのか?!というもの。 そして、黄泉の心臓を狙うのはボウケンジャーだけではなく、ザンギャックのインサーン率いる回収部隊、更にはジャリュウ一族という驚きの展開に! ゆえに珍しくゴーカイジャーが戦った敵がザンギャックに直接関係ないパターンなのも面白いところです。 他のレジェンド回でもレジェンドが出た作品を観ていた人には嬉しい演出がありますが、今回のボウケンジャーでは復活したリュウオーンという当時の敵が登場するのが見どころだったりもします。 それから、轟轟戦隊ボウケンジャーはゴーカイジャーからちょうど5年前の作品で、スーパー戦隊シリーズ30作記念作品として制作された冒険をモチーフにした作品。 プレシャスと呼ばれる危険な宝物を保護することを目的とした戦隊で正義を標榜せず敵を倒すことを目的としないちょっと変わった作品だったりもしました。 次回は『星降る約束』.

次の